デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


機体解説

出典作品機動戦士ガンダム00
出典作品GNX-603T
頭頂高19.0m
本体重量70.4t
武装GNビームライフル、GNロングバレルビームライフル、GNビームサーベル、
GNバルカン、GNクロー、GNシールド
解説国連軍初の量産型モビルスーツ。
ソレスタルビーイングで運用されていたガンダムと同様の武装を有する。
専用機パイロットセルゲイ・スミルノフ
ソーマ・ピーリス
パトリック・コーラサワー
ダリル・ダッジ
マリー・パーファシー
本館

0弾M・00-035

証言タイトル「歴史を『変えた』ジンクスとは」
内容「量産機としての印象が強いモビルスーツではあるが、ガンダムに引けを取らぬ良好な機体性能と、各国から選りすぐったエースパイロット達の操縦技術によって、ジンクス単機でも驚異的な力を持っていたと言えよう」
インタビュー人物民間モビルスーツジャーナリスト
備考パイロット側がDW1弾当時まで低レアどまりにもかかわらず量産機としては珍しい(無印弾ではガフランLを除くとほぼいない)高レア機。その性能について。
裏面の画像は後にコンプリートモードでも使われるようになった。

0弾R・00-036

証言タイトル-
内容「戦いは力であり、その力こそジンクスというモビルスーツである。
ソレスタルビーイングのガンダム達に辛酸をなめ続けてきた我々が、遂に勝利の美酒を味わう時が来たのだ!!」
インタビュー人物人革連兵士
備考内容から、スローネを追い払った時のものと思われる。
証言者はおそらく荒熊中佐の部下。

0弾C・00-037

証言タイトル-
内容「正々堂々。うむ、良い言葉じゃないか。
正々堂々と、物量で攻めればいいのだよ。
我ら国連軍の力を結集したこのモビルスーツは、ソレスタルビーイングにとって文字通りの『ジンクス』となる」
インタビュー人物国連軍幹部
備考あくまで「正攻法の力攻め」であって「正々堂々」ではない。証言者は「数の暴力」という言葉を知らないらしい。
???卑怯者ォ!(中略)多勢に無勢で、嬲り殺しかぁっ!!
鉄血2期のラストを見ればなおのことである。

3弾C・03-042

証言タイトル-
内容「GN−Xはソレスタルビーイング壊滅のため……
いわばガンダムを倒すことだけを想定して作られたモビルスーツだ。
それにしても恐るべきはこの大出力。
疑似とはいえ『太陽炉』はここまでのものだったのか」
インタビュー人物ユニオンモビルスーツパイロット
備考

5弾C・05-043

証言タイトル-
内容「自分も含め、各国の軍隊から選抜されたパイロットに与えられたジンクスは、頭部のサブコントロールシステムが基本操縦面をサポートしてくれる。
おかげで他国間での操縦方法の違いからくる、新たな操縦訓練を必要としないのさ」
インタビュー人物国連軍パイロット
備考新型機配備から来る機種転換訓練を必要としないのもこの機体の強み。

Z2弾C・Z2-039

証言タイトル「『立場』が変われども」
内容「ELSの襲来がきっかけとはいえ、ガンダムをせん滅するために造られたGN−Xの後継機が、そのガンダムたちと共闘することになるとは。
だが、ソレスタルビーイングの連中も感じたはずだ、GN−Xがここまで頼りになる存在ということをな」
インタビュー人物連邦軍のメカニックマン
備考GN−Xの後継機は、GN−XIVの事である。

B2弾C・B2-035

証言タイトル「GN−Xの『礎(ベース)』は」
内容「経緯はよくわからんが、この新型モビルスーツの設計ベースになったのはガンダムスローネって言うソレスタルビーイングの機体らしいな。
まあ簡単な話だよ、ガンダムに対抗するにはこっちも同じ強さのモノを用意すりゃいいだけだ。
例えそれが相手の技術だったとしても、戦争に技術屋のプライドなぞ必要ないのさ」
インタビュー人物ユニオンのパイロット
備考必要ないと言われた技術屋のプライドだが、それにこの男の執念が合わさりGNフラッグを生み、マスラオへ発展しスサノオへと昇華、さらにブレイヴへと繋がっていく……
ビリーが聞いたら気を悪くすることは容易に想像がつくだろう。

B2弾CP・B2-070

証言タイトル「『荒熊』に認められるには」
内容以前搭乗していたティエレンに比べあまりにも技術レベルが高いようだが、わたしは自分の目で見たものしか信じないというのが信条でね。
実際にこのGN−X(ジンクス)を動かさんことには、自分の命を預けるに値するモビルスーツであるかは判断できんのだ……
頭が固いといわれればそれまでだがな
インタビュー人物セルゲイ・スミルノフ
備考開放!GNドライヴキャンペーンより。
その性能の高さはチームトリニティが操るスローネシリーズを撃退したことで証明され、しかもその性能に唸った(その時のが専用勝利セリフ「やはりこの機体・・・すごい(すぅんごぉい!)」)ようだ。
今までガンダムに苦しめられていた彼らに勝利の美酒を与えることとなった。

VS3弾R・VS3-014

証言タイトルガンダムと『GN−X』
内容「本来GN−Xはソレスタルビーイングのガンダムに対抗するために造られたモビルスーツだった。
ガンダムの技術をさらに取り入れ、やがてGN−Xは世界を混乱から守るために、ガンダムと共に戦うように……
それじゃまるで、ミイラ取りがミイラになったようだって?
はは、その解釈は面白いな、私も良い考え方だと思うよ」
インタビュー人物地球連邦軍の幹部
備考

OA2弾R・OA2-029

証言タイトルGBNの『GN−X』といえば
内容「わっ、GN−Xって言えば、GBNでも最近噂のオーガというダイバーがいるんだ。
赤鬼みたいな姿でさ、使う機体もオーガ刃−Xってパワフルなガンプラなんだよね。
付いた異名が『獄炎のオーガ』……
最近僕もミッションで見たけど、強さに対して貪欲なプレイスタイルは迫力満点だったよ〜」
インタビュー人物猿の姿をしたダイバー
備考未参戦機体のオーガ刃−Xについて。

OA3弾R・OA3-028

証言タイトル技術者は『笑った』
内容「まさしく既存のモビルスーツとは一線を画す性能です。
しかし実際に太陽炉技術を扱って、その全貌を知るたびに笑いがこみ上げてしまいました。
優れた性能に?
……いえ、今までこんな強力なまで力を持ったガンダムに、我々は必死に抗ってきたという馬鹿らしさの方が強いかもしれない」
インタビュー人物AEUの技術者
備考

DW1弾R・DW1-024

証言タイトル尽きることのない『力』
内容「ステージが違う、レベルが違う、何もかもが違う……!
太陽炉がモビルスーツにもたらせる力とは、疑似とは言えこれほどまでのものだったか。
この機体が制式に配備されれば、ソレスタルビーイングの崩壊もいよいよ現実味を増すだろう……
もし私が墜とされたとしても、GN−Xの力は尽きないのだ」
インタビュー人物ユニオン軍のパイロット
備考

DW5弾C・DW5-020

証言タイトル崩壊の『序曲』
内容「ジンクスの性能は、プトレマイオスのガンダムには"やや"劣るという。
しかしそれが何だというのだ?
向こうは4機、こちらは言うまでもない。
古来から戦いの趨勢は数で決まるのだ……
我々を、この世界をかき乱し続けたソレスタルビーイングの時代は終わったのだよ」
インタビュー人物国連軍の幹部
備考そもそもソレスタルビーイングのメカの詳細な名前はヴェーダによって固くガードされているのになぜトレミーの名を知っているかは謎。
設定に即した場合だと「ソレスタルビーイングの輸送艦」と表記した方がしっくりくる。
証言者は恐らくこの後アロウズ入りするものと思われる。

EB4弾C・EB4-018(準備中)

編集にはIDが必要です