デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。

カード枚数が多いため簡易目次を設置しました。
無印弾 BG弾 鉄血弾 鉄華繚乱弾 OA弾 プロモーション

0弾M・00-052

証言タイトル-
内容「へぇ、今のそうなのか。
とにかく昔からガンダムに対して異常にこだわっているガキだったよ。
オレの知る限り、あのときの戦いで……
ふん、この先は言えねぇな」
インタビュー人物元KPSA兵士
備考初期は「示唆している」系の文面も多かった印象。

0弾C・00-053/PR-032

証言タイトル-
内容「あのガンダムのパイロットか。
「天は二物を与えず」というが、彼の白兵戦技術は二物以上の価値を持っているのさ。
まったく、天を恨むしかあるまい」
インタビュー人物元連邦軍モビルスーツパイロット
備考

1弾C・01-064

証言タイトル-
内容「理想が高すぎて、何でも一人でやろうとする聞き分けのない子だったって聞くよ。
その後は知らないけど、周りにいる仲間の存在に気付いて、お利口になったんじゃない?」
インタビュー人物元ソレスタルビーイング構成員
備考

2弾C・02-065

証言タイトル-
内容「しょせん鉄のカタマリ同士の戦いさ、中にいる敵パイロットの顔なんざ普通は見えない。
だが、ヤツみたいに揺るぎない信念で動く相手だと伝わってくるんだよ……
鋼の意志と、その表情がな」
インタビュー人物アロウズモビルスーツ小隊長
備考正確には「Eカーボンの塊」である。

3弾C・03-063

証言タイトル-
内容「……あのソレスタルビーイングのパイロット、以前とは変わったな。
モビルスーツでの戦い方に感情が見えるようになった
必勝を期すため、こちらもそれ以上の気概を持って挑まねば!」
インタビュー人物アロウズモビルスーツパイロット
備考

6弾C・06-065

証言タイトル-
内容「彼にとっての『ガンダム』という言葉は、モビルスーツとしてのガンダムではなく、もっと大きな意味を持っていたんです……
ふふっ、思い出しちゃった。
わたしだって最初は面食らいましたよ、それを理解するまではね」
インタビュー人物ソレスタルビーイング女性構成員
備考

BG6弾C・BG6-052

証言タイトル「一難去って、『また……』」
内容ダブルオーライザーになっての初戦、ツインドライヴの状態を気にかける負担が減り、ガンダムの使い勝手は確かに良くなったんだが……
刹那はオーライザーに乗る沙慈君の状態を気にかけねばならなくなってしまった。
ははは、良い経験になったと思うぜ?
敵と斬り合うだけでは絶対に学べないことだ」
インタビュー人物ソレスタルビーイングのメンバー
備考

BG6弾CP・BG6-070

証言タイトル「不死身の男に聞く『刹那』」
内容ガンダムのパイロット?いや会ったこともないし……
だから想像してみろって?しょうがねぇなあー。
元AEUのエースと呼ばれたこの俺に"マグレ"だとしても勝った野郎だ、歴戦の勇士なのは間違いないだろう。
その証に顔には傷が入ってて、俺よりは数段落ちるが男前……ってところか?
これでもかなり美化してやってんだ、感謝してもらいたいね!
インタビュー人物パトリック・コーラサワー
備考ガンダムマイスターキャンペーンより。

鉄血の1弾C・TK1-059

証言タイトルA.D.2312年の『ガンダム』?
内容「パイロット……
ああ、こっちじゃ呼び方が少し違ってね。
ソレスタルビーイングのガンダムに乗る人間は、ガンダムマイスターって呼ばれているんだ。
ガンダムを操る職人ってことさ。
もちろん、ダブルオーを操る刹那も……
ん?あいつの場合はガンダムか……?
あーいや、こっちの話。
ややこしくさせて申し訳ないね、忘れて忘れて」
インタビュー人物ソレスタルビーイングの一員
備考各時代のパイロットより。

鉄血の2弾C・TK2-060

証言タイトル『革新』への道
内容「一度歪んでしまえば、元に戻すのはそう簡単じゃないわ。
この世界も同じことよ、国連軍との戦いが終わっても、未だその根は歪み続けている。
刹那がマイスターの1人として、再びガンダムのシートに座ることは必然だったのでしょう。
以前と違うのは、戦いの中で彼自身が革新する道を探しているように感じる……
ということかしら」
インタビュー人物ソレスタルビーイングの女性メンバー
備考

鉄血の6弾C・TK6-063

証言タイトル彼の『偉業』に
内容「おいおい、そんなことになってたのかよ。
ガンダムに対して異常にこだわってたガキがそのまま成長したら、そのこだわりも大きくなったってか?
当時はおかしなことを言うヤツだって思っちゃいたが、そのガンダムで世界を救ったっていうあんたの話が本当なら……
あいつに感謝しなくちゃいけねぇな、へへ」
インタビュー人物元KPSAの兵士
備考0弾Mの続き。

鉄華繚乱1弾P・TKR1-067

証言タイトル『饒舌』な男
内容無愛想で無口、無鉄砲……
はは、無い無い尽くしだな、あいつは。
でもさ、聞き心地が良いだけの言葉を吐くんじゃなく、たとえ痛みを伴ってでも自らの行動で現実を語る……
そうやって刹那はソレスタルビーイングの理念を自分なりに体現してきたのさ。
そう考えれば、誰よりも饒舌な男だろ?」
インタビュー人物ソレスタルビーイングの構成員
備考

鉄華繚乱5弾M・TKR5-058

証言タイトル足らない『言葉』は
内容「口下手な人間ほど、会話の大切さをよくわかってるって思うんだ。
内からあふれるたくさんの言葉……
それを外へ出すことで相手はどう受け止めてしまうのかを悩んで……
結局は上手く伝えきれずに、誤解を招くこともある。
まったく損な性分だけど、だったら刹那を手本にすればいい。
今のあいつはそういう言葉を、すべて行動で表しているのさ」
インタビュー人物ソレスタルビーイングのメンバー
備考

OA1弾R・OA1-061

証言タイトルガンダム『マイスター』
内容「普通のモビルスーツとガンダムは、明らかに違うステージの存在なの。
こっちじゃガンダムのパイロットは『ガンダムマイスター』って呼んでる。
マイスターは職人の名人、巨匠って意味ね。
だからこれからは、彼のことを刹那名人って呼んでもらってもいいわよ……
ふふっ、面と向かってあなたが吹き出さずにいられるならね」
インタビュー人物ソレスタルビーイングのメンバー
備考

PR-103

証言タイトル-
内容「ガンダムのパイロットは、ここじゃ「ガンダムマイスター」と呼ばれているわ。
刹那・F・セイエイもその1人……
16歳という若さでガンダムエクシアを完全に乗りこなすマイスターだったのよ」
インタビュー人物ソレスタルビーイング構成員
備考

DPR-061(準備中)

編集にはIDが必要です