怪文書とは謎の文章を示す。

概要

 一般的には
中傷的・暴露的な内容で、出所・筆者不明の文書。
 (weblioより引用)
 といったような出所が不明な中傷文のことを示すのだが、ソシャゲなどで怪文書と言われたら一般的には、運営が出した声明でありながらツッコミどころが多すぎて、何言ってるんだコイツ?となるような意味が分からない文章…つまり文章として怪しい物を怪文書と呼ぶことが多い…ハズ。

事例

その1

 幻魔特区RELOADEDの開催前に運営からユーザーに向けて送られた長文の事。ポエム、思い入れ とも。
 新イベントの情報解禁かと思いきや、運営の自己満足の長文が提示されただけなのでユーザーは大いに落胆した。
 全文はこちら

 「思い入れがあります」と言う割には復刻したスザク1,2,3にハードやエクストラの追加もなく(3は元からハードがあった)*1、未クリアの人がプレーする程度であった。一応1〜3の最後の隠しクエストをクリアするミッションがあったが、それだけである。
 むしろ喰牙RIZE2の家栗とギルフェスが来た事の方が喜ばれていた感が強い。

その2

 そろそろ正月レイドも終わり、新イベントの告知が来ると思われていた2020年1月10日のTwitter更新にて
先ほど社内を歩いていたら、気になる張り紙が…!('ω')ノ
屋台や特別公演など、楽しみいっぱいのお祭りみたいです!
 というツイートと正月なのに盆踊りという季節感どこ行った!という怪文書が公開。

 …しかし、我々はまだ、知らなかった。本当に盆と正月が同時に来るイベントが開催されるということを。
 全文はこちら

 むしろ一番突っ込むべき所は、社内で撮った写真を勝手に載せている所ではないだろうか…。
 ちなみに季節感が突っ込まれている原因はウィズのアプリでの更新はヨミチの画像のみで社内画像ではなかったため。
 というかコロプラ社内はこんなイベントの画像貼ってあるのか・・・。

その3

 バレンタインイベントはどうなるかと言われていた2020年2月10日、聖サタニック女学院3の開催前の告知の告知の告知の告知の告知で突然ラブレターと思われる物が公開。
 海の見える丘の桜の樹の下の小さな教会の夏祭りの星の綺麗な夜に約束のあの場所で待っています。と、最早何がなんだか意味が分からない文章であり、怪文書と言われた。のが文章として成立させるにはあまりに多すぎる。
 この時点ではサタ女だと思った人は相当少なかったようである。

 ガチヨ氏のイベントお漏らし?おせにゃん収録?ツイートも一緒くたに怪文書扱いされたりされていることがあるが彼女はどこまでいってもただの声優であり、非公式であるため、怪文書とまで呼ぶのは・・・。

大進化解放祭

 大進化解放祭の運営セレクションの運営の御言葉は比較的怪文書が多い。
 文章としては怪しくはないのだが、明らかに運営が黒ウィズをプレイしてないような声明や、過去に宣言したことを忘れ去ってそうな声明を出したりと枚挙に暇がない。

レジェンド

タグ

どなたでも編集できます