MTG(Magic: The Gathering)を始めたい、始めたばかりという方向けに、基本的なルールや情報をまとめています。

ファットスタック(Fat Stack)は2人対戦〜多人数戦用のカジュアル・ルールです。2008年に書かれたこちらの公式記事にも記載があり、昔から遊ばれている物のようです。タワーマジックと同様、適当に寄せ集めたカードの束で気軽に遊べます。

ファットスタックの基本的な遊び方

  • 手持ちの適当なカードを持ち寄ってライブラリーを2つ作る。片方には各種の土地と、マナを生み出せるカード(《極楽鳥》、《金のマイア》、《ラクドスの印鑑》など)だけを入れる。もう片方にはそれ以外のカードだけを入れる。2人対戦ならそれぞれ最低60枚ずつぐらいあれば良いです。
  • 全てのプレイヤーはライブラリーと墓地を共有する。
  • プレイヤーはカードを引くとき、どちらのライブラリーから引いても良い。
これ以外は通常の構築戦と同じです。

バリエーション

タワーマジックなど他のカジュアルルールに比べ、ファットスタックは土地事故の不愉快から逃れにくい欠点があります。
せっかく楽しむためのカジュアルじゃ言うてるのにそりは悲しいので、次の追加ルールもあります。
  • ゲーム開始時に、各プレイヤーは土地のライブラリーから5枚*1を「統率領域のような場所」に置き、手札同様に使って良い。
これなら土地事故の危険を大幅に減らせます。

カード選び

適当なカードの束でも十分楽しい遊び方ですが、カードの強弱が若干独特なので、気づいたことをまとめてみます。
  • タワーマジックでは大活躍する多色カードも、ファットスタックではお邪魔者になりがちです。多色カードは強い物を厳選した方が良いと思います。
  • ダブルシンボル(マナコストに同じ色マナを2つ含む)以上のカードは、ファットスタックでも使いにくいです。ダブルシンボルのカードは《セラの天使》、《センギアの吸血鬼》など重い物に絞った方が良いです。

Battle Box(The Danger Room)

上のバリエーションをさらに突き詰めた感じの亜種に、欧米で2011〜2012年頃に考案されたらしい Battle Box または The Danger Room と呼ばれているカジュアル・ルールがあるようです。
  • 土地以外の手持ちの適当なカードの束を持ち寄ってライブラリーを作る。
  • 各プレイヤーは10枚の土地カードを「統率領域のような場所」に置いてゲームを始める。10枚の土地は全プレイヤー統一すること。例えば基本土地5色×2枚ずつでも良いし、基本土地5枚+友好色ギルド門5枚などもOK
  • 各プレイヤーは毎ターン1枚まで統率領域(のような場所)にある好きな土地を戦場に出してよい。
  • ライブラリーと墓地は、全プレイヤー共同でも各自別々でも可
  • 初期手札は4枚(または6枚案も)
このルールだと土地事故の危険を完全遮蔽できるのに加え、タワーマジックと異なりトリプルシンボルまでのカードも普通に使える点が素晴らしいです。
11マナ以上のカードやクアドラシンボルのカードは絶対に使えませんが、よほどのこだわりがない限りそれは諦めましょう。
ライブラリーに入れるカードは、タワーマジック同様ライブラリー削りやサーチ/シャッフルを行う物が完全NGな他、マナ加速や土地破壊などマナ基盤をいじるもの全般も禁止が推奨されています。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます