MTG(Magic: The Gathering)を始めたい、始めたばかりという方向けに、基本的なルールや情報をまとめています。

特定の1枚のカードに対する俗称、愛称のうち、特に有名なものを集めました。
複数のカードの総称や、その他のMTG用語は用語集をご覧ください。


あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 数字 英文字

アメボ
《アメーバの変わり身》(Amoeboid Changeling)のこと。英語名からアメーボイドとも。不気味なのか愛らしいのかよく分からない強烈なイラストが人気。
アンセム
《栄光の頌歌》(Glorious Anthem)のこと。全体強化エンチャントの代表格として、類似の効果を持つ他カードの愛称としてもしばしば使われる。
おにぎり
《鬼斬の聖騎士》のこと。日本語名から。また大分前のセットの話題であれば《Phyrexian Devourer》を指すかも。こちらは、イラストから。
ガイド
何の前触れの話題もなく使われた場合は多分《ゴブリンの先達》(Goblin Guide)のこと。
神ジェイス
《精神を刻む者、ジェイス》のこと。マジック史上最強レベルのプレインズウォーカー・カードであり、異常な強さとカード名に含まれる「神」の文字から。
神チャンドラ
《反逆の先導者、チャンドラ》のこと。4つの忠誠度能力を持つ4マナのプレインズウォーカーである点が「神ジェイス」こと《精神を刻む者、ジェイス》と共通することから。なおこのカードも神ジェイスほどではないものの強力で、全く名前負けしていない。
カメコロ
《カメレオンの巨像》(Chameleon Colossus)のこと。プロテクション(黒)を持つ高パワークリーチャーとして黒デッキ愛好家から恐れられる。
《出産の殻》のこと。モダン環境を支配する強カードだったが2015年1月、ついに禁止カードにされてしまった。
乾杯さん
《血の贈与の悪魔》のこと。イラストから。また普通使い手にも強烈な不利益を与えることが多いデーモンにしては、「毎ターン1枚ドローし1ライフ失う」という随分生ぬるいデメリット(なのかどうかすら怪しい)の愛嬌もあって人気を集めた。
カンパニー
《集合した中隊》(Collected Company)のこと。2016年前半のスタンダードを席巻した強カードで「禁止カード寸前」と言われ続けたが、何とかスタンダード落ちまで寿命を全うした。
貴族B
《ファルケンラスの貴種》のこと。既に存在する他カード名と同じ《ファルケンラスの貴族》と誤植されてしまった日本語版を揶揄して呼ばれるようになった。
キッチン
《台所の嫌がらせ屋》のこと。モダンの強カード。
クリコマ
《謎めいた命令》(Cryptic Command)のこと。こちらもモダンの強カード。
コラコマ
《コラガンの命令》(Kolaghan's Command)のこと。タルキール龍紀伝発売直後は目立たなかったが、その後徐々に評価を上げて、モダンの定番カードとして定着した。
サージカル
《外科的摘出》(Surgical Extraction)のこと。
サンテフェ
《時を解す者、テフェリー》のこと。「3マナのテフェリー」から。
ジャイグロ
《巨大化》(Giant Growth)のこと。
スネアー
《呪文嵌め》(Spell Snare)のこと。
スネオジェイス
《記憶の熟達者、ジェイス》のこと。イラスト、特に髪型から。
スリップ
《悲劇的な過ち》(Tragic Slip)のこと。イニストラードブロックの最人気コモンの一つ。
ソープロ
《剣を鋤に》(Swords to Plowshares)のこと。マジック初期に存在した単体除去呪文の代表格で、あまりに強すぎて今日でもエターナルやカジュアルのフォーマットでしか使えない。「けんすき」とも。

前触れの話題なくマジックで谷と言えばほぼ間違いなく《変わり谷》のこと。
たまくつ
《魂の洞窟》のこと。超優良土地。
チアミン
《血編み髪のエルフ》のこと。ジャンド(黒赤緑)デッキの中心カードとして活躍しまくった結果、かつてモダンで禁止カードにされていた。2018年2月、5年ぶりに禁止解除となった。
乳首さん
《ラル・ザレック》のこと。どう見てもイラストから。
何の前触れの話題もなくマジックで月と言えば多分《血染めの月》のこと。ごくまれに、《蒼ざめた月》の方を言うのかもしれない。
デイジャ
《審判の日》(Day of Judgment)のこと。ラスゴこと《神の怒り》と並ぶ全体除去呪文の代表格。
デルバー
《秘密を掘り下げる者》(Delver of Secrets)のこと。《思案》との凶悪なシナジーによって2012年の環境を席巻し、「白青デルバー」「青赤デルバー」など様々なデッキタイプの語源となった。
トロフィー
《暗殺者の戦利品》(Assassin's Trophy)のこと。《大渦の脈動》、《突然の衰微》に次いで3代目となるモダン黒緑除去呪文の代表格。
なべ
《平和な心》のこと。カードに印刷された日本語名が字体の関係で「平和なべ」に見えることから。
西風さん
《西風のスピリット》(Zephyr Spirit)のこと。モダン枠つまりミラディンブロック以降では空前絶後の弱カード。カード名もイラストも一見して弱くは見えないため一層衝撃的。
沼アナさん
《闇の領域のリリアナ》のこと。3つの忠誠度能力全てに「沼」という文字が現れる不思議なカード性能から。闇アナさんとも。
沼渡りさん
沼渡りを持つクリーチャーの内、さん付けで呼ばれるのは間違いなく《囁く者、シェオルドレッド》のこと。対戦相手にとって残酷極まりない他の二つの能力に対して、おまけのように沼渡りがついていることが、怪物集団に君臨する割に可愛げもある女帝という独特な印象から。
ネクサス
《運命のきずな》(Nexus of Fate)のこと。
バイアル
《霊気の薬瓶》(Aether Vial)のこと。モダンのマーフォークやゴブリンなど高速デッキの定番カード。
ハサミ
《アーティファクトの魂込め》のこと。イラストから。
バナナ
《黄金牙、タシグル》のこと。イラストにバナナが乗った皿が描かれているのと、背景ストーリーのコラム「Uncharted Realms」でバナナの好みにうるさそうなシーンが描かれたのが受けた。
腹パン
《はらわた撃ち》のこと。
パルス
《大渦の脈動》(Maelstrom Pulse)のこと。モダンにおける除去呪文の代表格であり、代名詞的な存在として対戦シーンを例示する際などにしばしば登場した。
蛮行
《集団的蛮行》のこと。高い汎用性のため多くのデッキに投入される、モダンの強カード。
ヒッピー
《惑乱の死霊》(Hypnotic Specter)のこと。「対戦相手にダメージを与えるたび、対戦相手はカードを捨てる」という能力を持つクリーチャーの元祖にして代表格。このカードが元となって、以降この能力はクリーチャータイプが「スペクター」のクリーチャーの定番となった。
ヒム
《トーラックへの賛歌》(Hymn to Tourach)のこと。マジック初期に存在し、現在のカード水準では考えられない凶悪さの手札破壊呪文として有名なソーサリー。2016年「エターナルマスターズ」収録時に初めてこの正式な日本語名もついた。
ファイクル
《ファイレクシアの十字軍》(Phyrexian Crusader)のこと。ミラクルこと《ミラディンの十字軍》と対になっている。
プッシュ
《致命的な一押し》(Fatal Push)のこと。2017年「霊気紛争」での収録直後からモダンに定着した強力な単体除去呪文。
ベルチャー
《ゴブリンの放火砲》(Goblin Charbelcher)のこと。モダンやレガシーなど複数のフォーマットでコンボパーツとして活躍している。
ボブ
《闇の腹心》のこと。MTG公式大会の一つ(当時)「インビテーショナル」の2004年優勝者褒賞によって作られたカードで、俗称は優勝者のファーストネームから。モダン屈指の強カード。
ポンダー
《思案》(Ponder)のこと。
ミラクル
《ミラディンの十字軍》(Mirran Crusader)のこと。ファイクルこと《ファイレクシアの十字軍》と対になっている。後のアヴァシンの帰還で奇跡(Miracle)というキーワード能力が登場したため、混同をさけるためあまり使われなくなった。
ヤンパイ
《若き紅蓮術士》(Young Pyromancer)のこと。若パイとも。
ラスアナ
《最後の望み、リリアナ》(Liliana, the Last Hope)のこと。
ラスゴ
《神の怒り》(Wrath of God)のこと。全体除去(リセット)呪文の代表格。
ラブル
《ゴブリンの熟練扇動者》(Goblin Rabblemaster)のこと。基本セット2015の最人気カードのひとつ。
ラベジャー
「Ravager」(荒廃者)の語を含むクリーチャーは多数いる中で、前振りの話題なく使われた場合は《電結の荒廃者》を指していることが多い。
ランパン
《不屈の自然》(Rampant Growth)のこと。土地サーチカードの代表格。
リンリン
《未練ある魂》(Lingering Souls)のこと。イニストラード・ブロックの最人気アンコモンで、モダンの白黒トークンでも定番カード。
レコナー
《ボロスの反攻者》(Boros Reckoner)のこと。ギルド門侵犯の強カードで、2013年を代表する一枚との評価も多い。
何にも前触れの話題がなく輪といえば大半の場合《忘却の輪》のこと。
ワムコ
《ワームとぐろエンジン》(Wurmcoil Engine)のこと。6マナ6/6接死絆魂、死亡するとさらにトークン2体に分裂するという驚異の強クリーチャー。
JK
《覇者、ジョー・カディーン》のこと。今ひとつ構築戦向きではない微妙な強さと、背景ストーリーとほとんど関係が無いキャラクターの割りにはイラストとフレーバー・テキストが必要以上に格好良いことがあいまって、インターネット上で不思議な人気がある。
MM
《精神的つまづき》(Mental Misstep)のこと。
QPM
《クァーサルの群れ魔道士》(Qasali Pridemage)のこと。モダン最強のコモンクリーチャーとの評価を集める強カードで、モダンやレガシーで活躍している。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます