MTG(Magic: The Gathering)を始めたい、始めたばかりという方向けに、基本的なルールや情報をまとめています。

[Q]《精神叫び》で土地をめくったときは、+0/+0で修整なし?
[A]そうなります。残念。

[Q]《天使の監視者》と3/3人間をコントロールしているとき、両者が3点ずつのダメージを受けた。《天使の監視者》も破壊される?
[A]破壊される。人間が破壊された時点で《天使の監視者》の「破壊されない」状態がなくなり、かつ3点のダメージは残ったまま。したがって、その次の状況起因処理で破壊される。

[Q]《マルコフの刃の達人》の二段攻撃の1回目でプレイヤーにダメージを与えたとき、2回目は既に+1/+1カウンターが乗った状態で攻撃するのか?
[A]そうです。そして2回目の攻撃後さらにカウンターが乗って+2/+2の状態になる。

[Q]《憎悪縛りの剥ぎ取り》をコントロールしているとき、不死クリーチャーが墓地から戦場に出た。
テキストに書かれている「自身のパワー」とは、不死で乗る+1/+1も含む?

[A]含む。従って、例えば《憎悪縛りの剥ぎ取り》自身が不死で戻ってきたときの「自身のパワー」とは、4ではなく5。

[Q]《降霊術》ってコピーを出したターンに追放されるのなら、攻撃には使えないじゃない?
[A]そうです。速攻を持っていないクリーチャーをコピーしても、そのターン内に追放されてしまうので攻撃には使えない。その代りに、相手のターンのアップキープにも出せるので、ブロックには使える。またどちらかと言えば、「戦場に出たとき〜」「戦場を離れたとき〜」の誘発型能力を使い回す用途と考えるのがいいかも。

[Q]《神秘の回復》が墓地にあるとき、フラッシュバックで自分自身を対象に唱えて、手札に戻すことはできる?
[A]できない。対象を選ぶタイミングではこの呪文自身は既にスタックにあり、墓地にはありません。

[Q]《ケッシグの狼の地》の起動型能力をX=0つまり(赤)(緑)で使い、トランプルを付与できる?
[A]できます。

[Q]《地下牢の霊》がクリーチャーAのアンタップを抑えている状態で、《士気溢れる徴集兵》にコントロールを奪われ、ターン終了時に自分のコントロールに戻ってきた。クリーチャーAはどうなる?
[A]アンタップ制限は外れる。公式FAQに記載。

[Q]《絡み根の霊》が第一メインフェイズに除去呪文で破壊され、不死で戦場に戻ってきた。速攻を持っているから、そのターンにすぐ攻撃できるよね?
[A]その通り。攻撃できます。なんていやらしい奴なんだ!!

[Q]《戦争の伝令》の「攻撃するたび」カウンターが乗るということは、ブロッククリーチャー指定ステップに入る前に既にカウンターが乗っている?
[A]そうです。したがって、1回目の攻撃でダメージを与える際、既に実質4/4になっているということ。

[Q]《聖戦士の進軍》をコントロールしているとき、戦場に出たばかりのクリーチャーにも+1/+1カウンターは乗る?
[A]乗ります。

[Q]《天使の墳墓》が戦場にいるとき《暁の天使》を出した。墳墓は+1/+1の修整を受けて4/4飛行警戒のクリーチャーになれる?
[A]はい。墳墓と天使の能力は同時に誘発し、コントローラーがスタックに積む順番を決められる。スタックに乗せる順番を天使、墳墓の順にすれば、先に墳墓の能力が解決されて墳墓はクリーチャーになり、次に天使の能力が解決されて+1/+1の修整を受けられる。

[Q]《歓喜の天使》の黒でないクリーチャーを強化する能力は、無色のアーティファクトクリーチャーも強化する?
[A]強化する。無色は「黒でない」。同じ表記を持つ《破滅の刃》と同じ。

[Q]対戦相手のターンに《雲隠れ》で《ボーラスの占い師》を明滅させた。
ライブラリーの上から3枚の中に奇跡を持つカードがあった。奇跡コストで唱えられる?

[A]唱えられない。「手札に加える」のは「カードを引く」こととは違う。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます