MTG(Magic: The Gathering)を始めたい、始めたばかりという方向けに、基本的なルールや情報をまとめています。

[Q]戦場に出てすぐ(召喚酔い状態)のクリーチャーは、長久の能力を起動できる?
[A]できない。長久はコストにタップシンボルを含むので、召喚酔いの影響を受ける。

[Q]《アイノクの盟族》が3/3のクリーチャーをブロックした状態で長久の能力を起動したら、3/2先制攻撃になるから敵を一方的に破壊できる?
[A]いいえ。長久は「ソーサリーとしてのみ行う」なので、戦闘中には起動できない。

[Q]《ドロモカの命令》の一番上の効果で、《勇壮な対決》の格闘で味方が受けるダメージを軽減できる?
[A]いいえ。《稲妻の一撃》などの火力呪文と異なり、格闘をさせる呪文はその呪文自身がダメージを与えているわけではないので、軽減できない。

[Q]自分も対戦相手もクリーチャーを戦場に出していない。対戦相手はエンチャントを出している。《ドロモカの命令》の2番目の効果でエンチャントを生け贄にできる?
[A]いいえ。「〜の命令」は必ず2つのモードを選ばなければならず、それぞれ適切な対象が取れなければならない。つまり2番目のエンチャント生け贄以外のどれか一つの適正な対象、具体的には「スタック上のインスタントかソーサリー」「自分のクリーチャー」「相手のクリーチャー」の内、最低どれかが対象に取れなければ、2番目のモードも唱えられない。

[Q]《先頭に立つもの、アナフェンザ》が対戦相手の除去呪文で破壊された。アナフェンザは自身の能力によって追放される?
[A]はい。追放されます。

[Q]《先頭に立つもの、アナフェンザ》と相打ちになったり、全体除去呪文を受けたりして同時に破壊された他のクリーチャーカードも、追放される?
[A]はい。追放されます。

[Q]《先頭に立つもの、アナフェンザ》と《ズーラポートの殺し屋》が戦場にいるとき、他のクリーチャーが破壊された。殺し屋の「死亡するたび〜」は誘発する?
[A]そのクリーチャーがトークンでない場合、アナフェンザの能力は「対戦相手の墓地に置かれるなら、代わりに〜」だから一瞬も墓地に置かれていないので「死亡するたび〜」は誘発しない。《血の芸術家》なども同様です。
そのクリーチャーがトークンの場合、トークンはクリーチャー・「カード」ではないからアナフェンザの能力は有効にならず、一瞬墓地に置かれて、消滅する。つまり「死亡するたび〜」は誘発します。

[Q]《先頭に立つもの、アナフェンザ》が戦場にいるとき、クリーチャー化している土地や、信心が足りない神様が墓地に行く場合どうなるの?
[A]追放されるかどうかは、それが「クリーチャー・カードであるか」どうかではなく、墓地に置かれる「直前」の状態で判断します。つまり、クリーチャー化している土地やプレインズウォーカーは追放されます。信心が足りない神様はクリーチャーではないため、追放されずそのまま墓地に置かれます。

[Q]《前哨地の包囲》のカンの能力で土地をめくった。この土地を戦場に出すことはできる?
[A]はい。「プレイする」という語は、呪文を唱えることと土地を戦場に出すことの両方を指す。

[Q]《大いなる狩りの巫師》とクリーチャーAの2体で攻撃した。Aはプレイヤーにダメージを与えたが、巫師は敵クリーチャーにブロックされて死亡した。Aの上に+1/+1カウンターは置ける?
[A]はい。(1) 戦闘ダメージを与える。(2) 「戦闘ダメージを与えるたび〜」という能力が誘発する。(3) 状況起因処理で致死ダメージを受けたクリーチャーが墓地に置かれる。の順番に処理するので、(2)の段階では巫師はまだ戦場にいるから、問題なく誘発する。

[Q]3/3の味方クリーチャーAと2/2の敵クリーチャーBを対象に《凶暴な殴打》で格闘させようとしたとき、対戦相手がBに《レインジャーの悪知恵》で呪禁を付与した。対象不適正となってBは破壊できないが、Aは+2/+2の修整を受けられる?
[A]受けられます。ただし、Aの方が対象不適正になった場合には、+2/+2の修整も受けられません。

[Q]《苦しめる声》1枚しか手札を持っていないとき、手札を捨てずに《苦しめる声》を唱えることはできる?
[A]いいえ。手札を捨てるのは「追加コスト」なので、払えなければ唱えること自体ができない。

[Q]《苦しめる声》を《軍族の雄叫び》で2回コピーした。追加コストとして捨てるカードは何枚?
[A]1枚。「コピーする」ときに追加コストはかからないので、元の呪文の分1枚だけでOK。《爆片破》のアーティファクトを生け贄にするコストも同様です。

[Q]変異で裏向きの《僧院の群れ》を、攻撃している状態で表向きにした。このターン引き続き攻撃できるか?また飛行は持つ?
[A]両方ともYES。表になることで防衛と飛行を持つが、引き続き攻撃でき、飛行か到達を持つクリーチャーにしかブロックされない。

[Q]《爪鳴らしの神秘家》や《マルドゥの戦叫び》のマナを貯める能力はスタックに乗る(マナが貯まる前に相手は対応して何かできる)?
[A]はい。これらは「マナを引き出す目的でタップするたび〜」という誘発条件ではないので、「マナ能力」ではなく、したがってスタックに乗る。前スタンダードの《炎樹族の使者》と同じです。

[Q]《抵抗の妙技》で「色を1色選ぶ」のは唱えるとき?解決するとき?
[A]解決するときです。対戦相手は選ばれた色を知っても、それが効果を生じるまでの間に何もすることはできません。これに限らず、白に定期的に現れるプロテクション付与系の呪文は大体そうです。

[Q]《冬の炎》の選択肢(モード)を選ぶのは唱えるとき?解決するとき?
[A]こちらは唱えるときです。《冬の炎》や「〜の魔除け」のようなモードを選ぶ呪文は、唱えるときにモードも宣言します。選んだモードが対象をとる場合、その対象も指定します。対戦相手は選ばれたモードを知ったうえで、それが解決されるまでの間に、別の呪文を唱えるなどの対応ができます。

[Q]《ティムールの魔除け》の3番目のモード「パワー3以下のクリーチャーではブロックできない」を解決した後に戦場に出たパワー2のクリーチャーは、ブロックできる?
[A]いいえ。「このターン、」という語句がある場合は、その呪文の解決時に戦場にいなかったクリーチャーにも効果が適用される。

[Q]《ティムールの魔除け》の3番目のモード「パワー3以下のクリーチャーではブロックできない」を解決した時点ではパワーが4で、ブロッククリーチャー指定ステップ時点ではパワーが2になったクリーチャーは、ブロックできる?
[A]いいえ。これも上と同じで、「このターン、」という語句がある場合は、その呪文の解決時どうだったかという状況は見ない。

[Q]《龍鱗の加護》のルール文章に「それをアンタップする」とあるが、元々アンタップ状態のクリーチャーも対象にできる?
[A]対象にできる。これに限らず、《霜のブレス》などタップする/アンタップする系の呪文は、元々タップ/アンタップ状態のクリーチャーも対象にでき、タップ/アンタップ状態のまま、追加の効果も適用できる。つまり加護の場合はアンタップ状態のままで、カウンターを乗せることができる。

[Q]《切翼の宴》のルール文章に飛行を持つクリーチャー1体を対象とし〜とあるが、飛行を持つクリーチャーが戦場にいないため、対象を指定せずに鼓舞2だけを行える?
[A]できない。「対象とする」という語句がある場合は、適切な対象が取れなければ呪文を唱えること自体ができない。つまり切翼の宴の場合は、飛行クリーチャーが戦場にいてかつ対象に取れなければ、唱えること自体ができない。

[Q]鼓舞を行う呪文を唱えたとき、タフネスが最小の味方クリーチャーがその呪文の色のプロテクションを持っている。+1/+1カウンターはそれの上に置くの?
[A]はい。鼓舞は対象を取らないので、プロテクションの影響は受けない。

[Q]鼓舞を行う呪文を唱えたとき、タフネスが最小の味方クリーチャーが複数いる。対戦相手は、あなたがどれに+1/+1カウンターを乗せるかの選択を知った上で、カウンターが乗る前に火力呪文を撃つなどの対応ができるか?
[A]いいえ。その選択はあなたが鼓舞の「解決時」に行い、+1/+1カウンターはすぐに乗る。対戦相手はその間に割り込んで何かすることはできない。

[Q]《炎跡のフェニックス》の墓地から戦場に戻る能力が誘発した状態で、戦場にいる唯一のパワー4以上のクリーチャーが、対戦相手の除去呪文で破壊された(獰猛条件を満たさなくなった)。この後赤マナを払えばフェニックスは戦場に戻れる?
[A]いいえ。フェニックスのこのルール文章だと、獰猛条件は誘発時と解決時の両方でチェックされる。誘発時と解決時の両方で獰猛を達成していなければ、フェニックスは戦場に戻れない。

[Q]《荒野での交渉》を唱えたら、相手の手札が全て土地だった。あなたが戦士をコントロールしているなら、この場合も対戦相手は2ライフを失う?
[A]はい。ちなみに相手が手札を1枚も持っていないのが分かっている状態で唱えて、2ライフ失わせることもできます。

[Q]《実在への書き込み》で予示したカードが、ライブラリー上で1番上にあったカードか、2番目にあったカードかを、対戦相手に教えてあげる必要はある?
[A]いいえ。それは開示しなくてよい。

[Q]《クルフィックスの狩猟者》などでライブラリーの一番上を公開している状態で《実在への書き込み》を唱えた。ライブラリーの上から2枚目のカードも、予示の選択を行う前に対戦相手に公開する必要がある?
[A]はい。

[Q]《クルフィックスの狩猟者》などでライブラリーの一番上を公開している状態で《実在への書き込み》を唱えた。ライブラリーの上から2枚を取った段階で、3枚目のカードを表向きにし、自分も対戦相手も3枚目のカードが何であるか知った上で、残りの処理を行うことになる?
[A](自信なし)多分3枚目のカードは処理が終わるまで公開しなくてよい、と思います。

[Q]再生能力でダメージを取り除いたクリーチャーは、《頭巾被りの暗殺者》の2番目の能力の対象にできる?
[A]はい。それは「このターンダメージを与えられたクリーチャー」に該当する。

[Q]タフネス1のクリーチャーAに《先祖の復讐》をつけたら、Aも先祖の復讐も即座に墓地に行くが、+1/+1カウンターを乗せる能力は誘発する?
[A]はい。先祖の復讐は確かに戦場に出たので(一瞬だけど)、能力は誘発する。

[Q]《始まりの木の果実》をつけた2/2のクリーチャーが、呪文で-3/-3の修整を受けて墓地に行った。得られるライフとカードはいくつ?
[A]ライフもカードももらえない。ちなみにマイナスになってもライフを失ったり、カードを捨てたりする必要はないです。

[Q]《始まりの木の果実》を敵クリーチャーにつけてから除去呪文で破壊した。ライフとカードをもらえるのはどちら?
[A]あなた(果実のコントローラー)です。

[Q]クリーチャーを1体もコントロールしていない状態で《待ち伏せクロティク》を唱えたらどうなるの?
[A]「他の」クリーチャーがいなければ何も起きない。クロティクも戦場にそのまま残れます。

[Q]《マルドゥの悲哀狩り》の「墓地にあるクリーチャー・カード」とは、相手の墓地も含む?
[A]はい。この種の効果はカードによって「いずれかの墓地」と書いてある場合と、単に「墓地」と書いてある場合があるが、意味は同じ。

[Q]《乱撃斬》の「このターン、ダメージは軽減できない」は、《乱撃斬》自身以外のダメージにも適用される?
[A]はい。戦闘ダメージなど《乱撃斬》以外のダメージも全て軽減できない。

[Q]《龍詞の咆哮》を唱えたときドラゴンを手札から見せて、戦場でもドラゴンをコントロールしている。対戦相手に6点のダメージを与えられる?
[A]いいえ。「ドラゴン・カードを公開したかドラゴンをコントロールしていたなら」の両方を満たしてもダメージは3点。倍になることはない。

[Q]《龍詞の咆哮》を唱えたときドラゴンを手札から見せて、《霜歩き》を対象に唱えた。対戦相手に3点のダメージを与えられる?
[A]いいえ。霜歩きは呪文の対象になったことで墓地に置かれるため、龍詞の咆哮は対象不適正となり、打ち消される(解決されない)。したがってプレイヤーへの3点ダメージも発生しない。

[Q]《双雷弾》を《霜歩き》と他の2/2のクリーチャーAを対象に唱え、霜歩きに0点、Aに2点と割り振れば、両方とも墓地送りにできる?
[A]いいえ。「割り振る」火力呪文は各対象に最低1点を割り振らなければならない。0点を割り振ることはできないため、上のようなことはできない。

[Q]《溶岩との融和》の「次のあなたのターンのターン終了時まで」というのは、自分のターンに唱えたら、そのターンが終わり、対戦相手のターンが終わり、その次の自分のターンの終了時まで?
[A](自信なし)英語の「Until the end of your next turn」を素直に読めば、多分そうだと思います。

[Q]クリーチャーAをコントロールしている状態で《祖先の像》を戦場に出したら、能力が誘発したタイミングでAが除去呪文で破壊された。祖先の像自身を手札に戻さなければならないか?
[A]そうなります。踏んだり蹴ったりというやつですな…

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます