東方紅魔郷の2面(STAGE 2 湖上の魔精 〜 Water Magus)ボス曲(チルノのテーマ)。

チルノのテーマです。
やっぱり、頭の悪い少女をイメージしてます。
その割には明るいんだか暗いんだか分からない曲に仕上がって
なんとも。ハイスピードにしっとりしたメインメロディとか。
まぁ、2面だし(ぉ
 ―東方紅魔郷 MusicRoom
頭の悪そうな曲を作りたかったので、まず曲名から頭を悪くしました。
言葉の響きや文字の見た目がなんか頭悪いです。
その割にピアノメロディは、ちょっとエキゾチック感も混ぜて、
個人的に萌え萌えです。
 ―東方紅魔郷 おまけ.txt
チルノのテーマです。
古のバカ^H^H可愛い曲がかっこよくなりました。妙にかっこよくなってしまってどうかなぁ。
と言うつつも、メロディ自体は頭悪そうですよね。この曲は、東洋風で軽く激しく、少女風で悩みのない感じが詰まっています。
こうなると東洋風というよりは東方風といった感じで、いつの間にか私のお得意中のお得意パターンになってしまっています。
 ―東方花映塚
  • おてんば(御転婆)
    • 若い女性が恥じらいもなく、活発に行動すること。おきゃん*1[大辞泉]。
頭のほうはあまり良くありません。そもそも子供です。
 ―東方紅魔郷 おまけ.txt チルノ

9.バカ
 ―東方花映塚 マニュアル 画面説明
    • 「御転婆」は当て字で、語源は諸説ある。
      女の子が出しゃばって足早に歩くことを「てばてば」と言い、接頭語「お」が付いた「おてば」から成ったとする説。
      「御伝馬(おてんま)」という宿駅で公用に使われた馬は、餌も十分与えられ、普通の駄賃馬よりも元気良く跳ね回るので、そこから転じたとする説など。
    • 中世末期から近世にかけ、機敏なさまは「てばし」「てばしこい」と言ったため、この「てば」が語源となり、「てばてば」や「おてんば」が生まれたと考えられる。
      • オランダ語「ontembaar(オンテンバール)」説もあるが、「おてんば」が18世紀中頃から使われているのに対し、18世紀初頭には「てんば」が使われている*2
    • 東方シリーズの「恋」という字は、「大火力」とか「力押し」といったイメージ。
      • チルノは妖精の中では突出した力の持ち主。
      • 恋符」を使う魔理沙の信条は「弾幕は火力だぜ」。
  • おてんば恋娘の冒険
    • ドラゴンクエスト検第2章のタイトル「おてんば姫の冒険」

備考
  • ^H
    • バックスペース。「バカ^H^H」は「^H^H」が「バカ」を消しているという意味。

登場

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます