八雲藍のスペルカード。八雲紫のスペルカード、罔両「八雲紫の神隠し」のEasy版という位置付け。


  • 式(しき)
    • 藍は紫の式神。
  • 式輝(しき)
    • 式+輝く。
  • 天狐(てんこ)
    • 1000年生きた狐は、四尾金毛の天狐になり地上と天界を行き来できるようになる。
      『玄中記』によると、狐はこれ以降は天界で試験を受けて合格することで力を増して行くらしい。
      • また、上記の地上と天界を行き来する様子に基いて、流星の事を『天狐(あまつきつね)』と呼ぶ。
  • プリンセス天狐(プリンセステンコー)
    • イリュージョニストのプリンセステンコーこと2代目の引田天功(ひきたてんこう)。脱出イリュージョンで有名。
  • Illusion(イリュージョン)
    • 人体瞬間移動脱出マジックなど、派手なステージショーの手品のこと。
    • 本来の意味は幻術。幻想。

備考
  • 天狐
    • 『玄中記』によると並みの狐から天狐に至るまでに3段階の位が存在する。
      位の高い順に以下の通りになる。
      • 空狐(くうこ)
        能力が高くなった気狐
      • 気狐(きこ)
        実体がなくなった狐
      • 野狐(やこ)
        化ける狐。特に野狐は人間に害を与える狐の意味が強い。
  • プリンセス
    • 有名な九尾の狐こと白面金毛九尾の狐は、
      玉藻前、妲己、華陽夫人と時の権力者に取り入って王妃や皇后の地位を得ている。
      王女・皇女とは少々ニュアンスが異なるが、高位の女性という点では共通。

弾幕

  • 姿を消して、自機の位置に現れ、蝶弾をばら撒く。
    出現と同時に回避した自機の位置に向かって流星を模した大玉弾と中玉弾の塊をばら撒く。

登場

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます