デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


機体解説

出典作品機動戦士ガンダムSEED
形式番号GAT-X303
頭頂高18.86m
本体重量79.6t
武装60mm高エネルギービームライフル、ビームサーベル、スキュラ、他
解説ザフト軍に強奪された地球連合軍の試作型モビルスーツ「G兵器」の1機。
変形機構を持つ強襲攻撃タイプ。
専用機パイロットアスラン・ザラ
アスラン・ザラ(DESTINYバージョン)
本館

2弾M・02-020

証言タイトル「イージスは『狩猟』する」
内容「高空から飛来する鷹ってところかしら、イージスの戦い方は。
あのセンサーに睨まれたら最後、狙われたモビルスーツはただの『獲物』でしかないって聞くわ。
戦場じゃ出会いたくないタイプだけど、噂になるほどのお手並み……
一度はこの目で確かめたいところね」
インタビュー人物連合軍女性モビルスーツパイロット
備考連合軍へのMS供給開始時期からするとすでに撃墜されている可能性も…

2弾R・02-021

証言タイトル-
内容「よくも連合はこんなモビルスーツを作り上げてくれた。
イージスの可変機構は複雑でメンテナンスが大変だが、それだけの戦果をたたき出すだけにこちらもやり甲斐がある」
インタビュー人物ザフト軍整備兵
備考

2弾C・02-022

証言タイトル-
内容「5機が試作されたG兵器の中でもイージスは特別な1機だ。
さすが指揮官が搭乗することを前提に作られただけはあるが……
まったく、この技術の結晶をザフトに奪われてしまったことが残念でならない」
インタビュー人物連合軍幹部
備考

3弾M・03-040

証言タイトル「『女神の盾(イージス)』は3つの顔を持つ」
内容「イージスは3つの形態を持っている。
あなたも知ってる人型のモビルスーツ形態と、高機動戦法を可能とする巡航形態、そして対艦船用に用意された、いわゆる握撃形態にね。
……ふふ、今のあなたではまだ使いこなせそうにないわ」
インタビュー人物ザフト軍女性整備兵
備考証言タイトルは同弾Mストライクと対。
本弾で追加されたハイパーアビリティの「変形」についてだが、本機はEB弾現在未だ実装されていない。

3弾C・03-041

証言タイトル-
内容「モビルスーツは備えられた武器のほかに、最後の攻撃手段ってのが残されてる。
まあ褒められたモノじゃないが……『自爆』ってやつさ。
戦争はこんなことまで許容しちまう、悲しい行いなんだよ」
インタビュー人物地球連合軍兵士
備考

4弾C・04-039

証言タイトル-
内容「頭頂部にある大型センサーは、この機体がG兵器の指揮官機として開発された証なんだ。
高い処理能力による戦況分析や、いかなる状況にあっても各機に指示が行えるよう、通信機能が大幅にアップしているのさ」
インタビュー人物イージス開発担当者
備考頭頂部センサーについて。
以後ジャスティスなどに受け継がれる「長い鶏冠」の系譜。

B1弾R・B1-029

証言タイトル「偶然の『一致』」
内容「地球連邦軍から強奪したG兵器の1機ではあるが、こいつが指揮官用として造られていたというのは面白い話でな。
わがザフト軍のエリートたちが袖を通すことのできる赤い制服と……
同様のカラーリングで彩られている。
まるではじめからザフトのためにあつらえたようだろう?」
インタビュー人物ザフト軍の幹部
備考

B3弾C・B3-026

証言タイトル「誰でも『考える』?」
内容セイ君がイキのいいガンプラを作ったそうじゃないか。
ストライクをベースにしたビルドストライク
なるほど、ならばこっちは相方のイージスガンダムをベースに、ビルドイージスを作るしかないな!
……え?それはただの真似になっちゃうからやめとけって?」
インタビュー人物イオリ模型の常連
備考「キット&ビルト」では烈風ガンマが操るイージスガンダムエンペラーが登場している。

BG2弾R・BG2-021

証言タイトル「『弾けた』とき、アスランは」
内容ストライクパイロットって、アスラン・ザラの親友なんだろ?
自分の知る限り、今までの戦闘はどこか一歩引いたような雰囲気があったが、
今回ばかりは完全に一線を越えていた。
ニコル・アマルフィの死が彼をそうさせたのかもしれないな……
聞けば、弟のようにかわいがっていたらしいじゃないか」
インタビュー人物ボズゴロフ級の乗組員
備考南太平洋上の最終決戦のバックグラウンド。
同弾RAストと対になっている。

鉄血の5弾R・TK5-026

証言タイトル『怪物』級の一撃
内容「モビルスーツが変形するのには色々理由があるが、イージスはなんたって強力な武器を使用できるのが大きい。
580ミリ複列位相エネルギー砲『スキュラ』って呼んでる大口径のビーム砲だ。
月面第8艦隊の戦艦3隻を瞬く間に撃沈したんだから、その威力も納得できるだろう?」
インタビュー人物ザフトの整備兵
備考本ゲームでは登場しない砲撃形態とスキュラについて。

鉄華繚乱5弾C・TKR5-013

証言タイトル管制と『強襲』
内容「イージスは他のGAT−Xシリーズの管制を担う……
つまり戦場では後方に配置されるべき機体のはずなんだけど、大推力のモビルアーマー形態で相手の中枢へ一瞬で肉薄し、強烈な一撃を放つ強襲能力を持ってるんだ。
矛盾している?
……いや、その矛盾を可能にするパイロットが操ることを前提としているんだろうね、まったくとんでもないモビルスーツさ」
インタビュー人物ザフトのメカニックマン
備考

VS4弾R・VS4-006

証言タイトル『管制の』GAT−X
内容「イージスはとは構造が根本的に違っていて、独特なのさ。
こいつに使われているX300系フレームは、モビルスーツからモビルアーマー形態への変形を可能にする。
敵機をモビルアーマー形態のクローアームで捕捉して、腹部固定580mm複列位相エネルギー砲『スキュラ』の零距離射撃で撃破……
そう、戦闘のやり方も独特ってね」
インタビュー人物地球連合軍のメカニックマン
備考『追憶の』GAT−Xより。

DW2弾ヴァリアブルP・DW2-024

証言タイトル『融合』の先に
内容「イージスの後継機がジャスティスであることは君達も知ってのことだろうが……
ジャスティスは結果的にザフトと連合の技術融合が果たされたモビルスーツになった。
これが意味することは1つ。
今回で戦乱が収まらなければ、今後より強力な機体が戦場に現れることになるだろう
進化の速度は加速してしまったのだ」
インタビュー人物ザフトの技術者
備考ジャスティスガンダムへヴァリアブル。
変態じみた多脚型MAの可変機構があるぶん、ZGMF-X11A リジェネレイトがイージスの後継機としての意味合いが強い(そしてこの機体がインパルスへと発展していく)。
そもそもこれらの祖とするドレッドノートの時点で連合・ザフト双方の技術が融合した機体といえる。

編集にはIDが必要です