デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。

カード枚数が多いため簡易目次を設置しました。
無印弾 BG弾 鉄華繚乱弾 VS弾 OA弾 DW弾 プロモーション

機体解説

出典作品機動戦士ガンダムAGE
形式番号AGE-2DB
頭頂高18.3m
本体重量31.1t
武装ツインドッズキャノン、ビームサーベル、カーフミサイル
解説ガンダムAGE−2のGウェア。
両肩にドッズキャノンを装備し、高い射撃能力を得た。
専用機パイロットアセム・アスノ
キャプテン・アッシュ
キャプテン・アッシュ(MoE)
アセム・アスノ(追憶のシド)
本館

3弾P・03-004

証言タイトル「『ガンマン』の『ガンダム』」
内容AGE−2ノーマルが高い攻撃力で一点を攻めるモビルスーツとするだろ?
AGEシステムが提案した『ダブルバレット』は、両肩のドッズキャノンを自在にあやつって、一度に多くの敵を攻撃できる新Gウェアなんだよ!」
インタビュー人物ディーヴァ整備兵
備考新たなAGE−2の力について。
単機で複数の敵機を攻撃すると言えば、この機体が思い浮かぶか。

3弾M・03-005

証言タイトル「双銃は戦を操る『タクト』のように」
内容「手にしたライフルが一丁増えただけで、こうも戦い方が変わるのか!
どこから攻めても狙い撃ちにされそうなほど、あのガンダムには隙が一切感じられん……」
インタビュー人物ヴェイガンモビルスーツパイロット
備考

3弾C・03-006

証言タイトル-
内容「もちろんAGE−2にもタイタススパローのようなGウェアは存在し、人々を守るための新たな力となった。
ガンダムの機体特性を理解して、最適な答えを提案するAGEシステム。
それは無限の可能性と表現できよう」
インタビュー人物民間モビルスーツジャーナリスト
備考

3弾CP・03-068

証言タイトル-
内容「シルエットが変わるだけだって?
本当にそうならどれだけ楽か!
ウチのもそうだが、それぞれの形態に意味があるからこそ変形するんだ。
見ろよオレの愛機を……
ヤツが変形しなきゃ、ここまでやられなかったさ」
インタビュー人物ヴェイガンモビルスーツパイロット
備考変形・トランザムキャンペーンより。
高速機動形態について。ヴェイガン系も変形するが微妙なバクトなどもいる。

4弾M・04-012

証言タイトル「絶対破壊の『テリトリー』」
内容「エリートXラウンダー部隊『マジシャンズ8』を窮地に陥れた存在だな。
我が軍が優勢であったことに慢心していたのは認めよう、そこに弁解の余地はない。
しかし、ガンダムの領域に侵入した瞬間の広範囲攻撃……いったい誰が予想できようか?」
インタビュー人物ヴェイガン幹部
備考ダブルバレットは単なる一強力なMSから現実に存在する米空軍F-22戦闘機の如く戦場を『支配』する機体に仕上がっている。

4弾C・04-013

証言タイトル-
内容「サイドバインダーの武装ばかりに目が行きがちだけど、近接戦闘に欠かせないビームサーベルや、カーフミサイルという補助武装があるからこそ、メインウェポンであるドッズキャノンが活きてくるんだよ」
インタビュー人物ディーヴァクルー
備考ところが本編ではの典型、ダブルバレット。本ゲームでは演出技がサーベルとなっておりある意味劇中そのままだった。
ところが本ゲームだとのちにリンク先の機体で逆をやらかすことに……

5弾C・05-009

証言タイトル-
内容AGE−1を使用したはじめての戦闘で、アセムはビームサーベル二刀流で戦ったんだって?
AGEシステムはそれをよく覚えていたんだろう、ダブルバレットのツインドッズキャノンには、そんなアセムの戦い方に合わせたギミックが備えられたのさ」
インタビュー人物ディーヴァ乗組員
備考肩部サーベルについて、劇中展開から修正。

BG1弾R・BG1-033

証言タイトル「どちらでも『使える』」
内容「脚に装備されてるカーフミサイル、ところで『カーフ』の意味って知ってるかい?
……英語で『ふくらはぎ』って意味なんだぜ、勉強になったろ?
肩のツインドッズキャノンもそうだけど、これらの武装は変形した高速航行形態時でも効果的に運用できるようにレイアウトされているのさ」
インタビュー人物AGEシステムの担当者
備考武装レイアウトについて。
AGE−2の武装はサーベルを除き、MS形態及び可変形態双方の状態で使用可能になっているのが強み。

BG6弾C・BG6-031

証言タイトル「常識外の『光』」
内容「こればかりは身についてしまった感覚なんだ、銃口からは同じ口径の弾丸しか発射できないだろ?
ビーム兵器にしても大抵はそうさ、そう思っていたんだ。
だがな……
ガンダムの銃口からは常識の範囲を優に超えたビーム光が放たれていた。
それは刃になって、私の部隊を一薙ぎで……」
インタビュー人物ヴェイガンのパイロット
備考カードイラストの表面に描かれているバインダーソードで切り裂かれるヴェイガン側の視点から。
ものすごい強力である分、受ける側からすればとんだ初見殺しの装備と言える。
ビーム・ライフルの銃口からビーム・サーベルが発振出来るのはガンダムでは最早常識といえる。
???それで言い訳つくだろ!帰っちまえ!
???想像しなさい!

鉄華繚乱2弾C・TKR2-022

証言タイトルアセム向けの『AGE−2』
内容AGE−2は本来Xラウンダーに対応した進化として提示されたものなんだ。
けど、アセムはその力を……持ってなかったろ?
でも、なーんの問題もない。
元々反射神経と直観に優れていたアセムに合わせてシステムが出した次の答えが、ダブルバレットってワケ。
いいところをしっかり見てるんだよ、AGEシステムはさ」
インタビュー人物ディーヴァの乗組員
備考

VS3弾R・VS3-025

証言タイトル『ダブル』バレット
内容「ダブルバレットの左右バインダーに装着されたツインドッズキャノンは、単体でもハイパードッズライフルを上回る火力なんだ。
さらにバインダーの基部は、強力なツインビームサーベルとして使用することもできる。
アセム二刀流の戦い方が得意だから、AGEシステムはそれを理解したうえで提示したんだろうね」
インタビュー人物ディーヴァの整備兵
備考

VS5弾C・VS5-022

証言タイトル願いは時空を『超える』
内容AGE−FXが誕生した今、すでに旧式と呼ばざるをえないけど……
高速戦闘用のAGE−2には、まだまだ可能性が残されていると僕は思うんだ。
例えばAGE−2に遠距離兵器のファンネルを装着すれば、FXとはまた違うアプローチで運用することができるはずさ。
誰か僕のこの想い、受け止めてくれる人はいないかな〜!?」
インタビュー人物ディーヴァの乗組員
備考>例えばAGE−2に遠距離兵器のファンネルを装着すれば〜
彼が語った運用法は次弾より登場するガンダムAGEIIマグナムに繋がることになる。
他に可変機にファンネルを装備したガンダムと言えばガンダムハルートが挙げられる。
尤も、AGE−2にはちゃんとフェニキスウェアというXラウンダー対応用(つまりアセムでは無理)のファンネルを装備したGウェアが存在する。

OA2弾R・OA2-033

証言タイトル『無双』AGE−2
内容チャンピオンが愛機に選ぶくらいだよ、AGE−2の素地の高さは折り紙付きさ。
特に複数の相手と同時に戦うことを前提に生まれたダブルバレットウェアは、多数の敵が出現する無双ミッションで大きなアドバンテージを得られるんだ。
アニメで見ていたガンダムの性能を実感できるなんて、本当にGBNってすごいよね!」
インタビュー人物白いパイロットスーツのダイバー
備考生憎と本ゲームでは無双持ちのAGE−2はこの時点では存在しない。
証言者のダイバールックはおそらく純白のAGE−2に乗るアセムのパイロットスーツを模したものであろう。

DW2弾ヴァリアブルM・DW2-036

証言タイトルアセムの『ため』に
内容「ダブルバレットは、本来Xラウンダーに対応するために進化したAGE−2を、その能力に目覚めていないアセム用に作り直した、という考え方がしっくりくるだろうね。
誤解しないでくれよ?
これは決してネガティブな意味じゃなく、反射神経と直観力に優れるアセムの能力を最大限に生かすための"確かな"進化なんだ」
インタビュー人物AGEシステムの担当者
備考ガンダムAGE−2 ノーマルからヴァリアブル。
実際、ダブルバレットウェアに換装して以降のアセムの戦いぶりは無双と言っても差支えがなく、アセム本人のメンタル面も復調したこともあり今まで手も足も出なかったゼイドラと互角の勝負を演じているほか、敵Xラウンダーを撃破している。

DW5弾CP・DW5-080

楽曲タイトルMUSIC No.2『僕たちのトライエイジ
歌詞走り出せ ガンガンガンガガーン
ガンダム魂 無限大
立ち向かえ ガンガンガンガガーン
小隊(チーム)の絆は伊達じゃない
とべ(翔べ)! トライエイジ

果てしない宇宙(そら)の中へ
翼広げ 舞い上がれ
明日を導くために

カードに刻まれた力を解き放て
重なる君の願い 必殺技を決めろ
新たなる時代に 僕たちの世代に
その掌(て)にはガンダム
無敵のカード ガンガンガンダム
トライエイジ!

「当たれ!」
スタッフWord by(作詞):なかの★陽
Music by(作曲):小林ズンバ
Vocal by(歌唱):古谷
備考トライエイジ・ベストヒットキャンペーンより。

PR-059

証言タイトル-
内容「どうです、両腕からあらゆる方向に光弾を放ち続ける姿は、戦場にいるすべてのUE(アンノウン・エネミー)を撃ち落さんばかりの勢いでしょう?
赤い翼のガンダムAGE−2、それがダブルバレットです」
インタビュー人物連邦軍技術者
備考ジョイントアクションプロモ…
あれ、時代が逆戻った?間違い探しのような1枚。先行して書かれていたのだろうか。

PR-073

証言タイトル-
内容「生きた人間同士の戦いはそれぞれの想いがぶつかり合うからな、そりゃあ疲れるさ。
ただ、そこにはAI相手のシミュレーションでは決して味わえない熱さがある。
あのガンダムも敵ながら……いい熱気を帯びていたよ」
インタビュー人物ヴェイガンパイロット
備考

PR-075

証言タイトル-
内容「赤い翼に収められたツインドッズキャノンは、そのままでも攻撃可能ですが、実は取り出してからが本番なんですよ。
AGEシステムからすれば、カタナを抜いた後の鞘にも役割を導き出した、ってところでしょうか」
インタビュー人物ディーヴァクルー
備考てれびくんプロモ。バインダーソードの事が書かれている。

編集にはIDが必要です