デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。

カード枚数が多いため簡易目次を設置しました。
無印弾 Z弾 B弾 BG弾 鉄血弾 OA弾 DW弾 EB弾 プロモーション

0弾M・00-043

証言タイトル-
内容「上も下もない宇宙空間で、戦場を完全に把握、いや支配していたんだ……。
ジオンの赤い彗星ってのは、全身に目がついている化け物なんじゃないのか?」
インタビュー人物連邦軍モビルスーツパイロット
備考

0弾C・00-044/PR-029

証言タイトル-
内容「あれほどの地位を築いても、一切動じないところは流石かと。
もはやあのお方にとって、軍の階級はまったく意味がないのかもしれませんな」
インタビュー人物ジオン軍兵士
備考

1弾C・01-059

証言タイトル-
内容「仮面の下の素顔は私も見たことはありません。
噂では大きな火傷の跡があるとか、目の病気を患っているためだとか、美男子すぎて女兵士の混乱を防ぐためだとも……。
まったく予想がつきませんね」
インタビュー人物ジオン軍兵士
備考仮面の下の素顔の噂について。
仮面で素顔を隠す本当の理由は・・・

2弾C・02-058

証言タイトル-
内容「ジオンの赤い彗星はモビルスーツの操縦技術だけでなく、体術もかなりの技量を持っていると聞きました。
やっぱりパンチやキックのスピードも、3倍速いのかなぁ?」
インタビュー人物連邦軍女性兵士
備考こんなに早くからネタとして扱われるシャアなのであった。「赤い」やら「3倍」やら取り上げやすい事象は多いのだが。

4弾C・04-061

証言タイトル-
内容「シャア・アズナブルのおかげで宇宙世紀……
いや、もっと広く受け取ってもらってもいい、戦場において「赤」というカラーリングに特別な意味合いが生まれてしまった。
キミだってわかるだろう、今の世界を見れば」
インタビュー人物軍事研究家
備考

5弾C・05-059

証言タイトル-
内容「さすがの「赤い彗星」も地球の重力には勝てず、堕ちてしまったものだと思っていたが、まさか海の底でも彗星の尾を伸ばし続けていたとはな……
よくよく運の強い男だよ」
インタビュー人物ジオン軍幹部
備考同弾Cシャアザクの続き。
本弾から参戦の水陸両用MSにかけてシャア復帰に対する反応。

5弾CP・05-070

証言タイトル-
内容わたしは良い友を持った。
シャアはわざわざ手柄を立てさせるために、このポイントへ木馬をおびき出すお膳立てまでしてくれたのだから。
十字勲章授与のあかつきには、彼と……そして愛するイセリナとともに受け取ろうと考えているんだ
インタビュー人物ガルマ・ザビ
備考トライエイジ「絆」キャンペーンより。
パートナーのガルマから。
最期の出撃までずっとこの考えのままで友を疑うことをしなかった。

Z1弾P・Z1-048

証言タイトル「意味を超えた『通名』」
内容「宇宙世紀という歴史を振り返る上で、『赤い彗星』シャア・アズナブルの名は確実に外せないでしょう。
数多くのモビルスーツパイロットたちが活躍してきた心高ぶる武勇伝も、それらは時代の一部でしかありません。
彼は世界に多大な影響を与え、時代をも動かそうとした男なのです」
インタビュー人物民間の軍事研究家
備考宇宙世紀をメインにしたジオンの興亡弾最初のPパイロットの裏面。まるで彼を題材にしたドキュメンタリーの冒頭のような証言である。

Z1弾C・Z1-049

証言タイトル「若さゆえの『過ち』?」
内容「赤い軍服をまとう仮面の男……って本当の話?
どうせウチの連中みたいに筋肉質でアゴなんか割れてるようなガチガチのムサイ男が勘違いしちゃってるんでしょう?
(写真を見せる)……!!あら、イイ男じゃない……」
インタビュー人物ジャブローの女性士官
備考>筋肉質でアゴなんか割れてるような〜
証言者が想像したシャアはPSゲーム版の実写シャア(通称「ケツアゴシャア」)のような人物だろうか?

Z2弾C・Z2-045

証言タイトル「幻の『赤』」
内容ガルマ・ザビの件もあり、いったんは戦場から姿を消していたシャア・アズナブル。
だがそれがなければ、彼の乗機として専用のグフや、ドムなども用意されていたのだろうか……。
こういう考察や想像を楽しめるのも、彼が赤いモビルスーツに搭乗していたゆえかな」
インタビュー人物民間の軍事研究家
備考最初の放映当時に刊行された絵本でグフ、小説版ではリック・ドム、ゲーム「ギレンの野望」シリーズではギャン、果てはガンダムまで専用機が存在している。

Z3弾C・Z3-046

証言タイトル「抱く『思い』とは」
内容「このごろの大佐はニュータイプの少女……
ララァ・スンでしたか、あれにベッタリです。
言い過ぎではなく、全ての行動決定に対して彼女の存在を念頭に置いているようにも思えます。
あのような小娘になにを求めておられるのか……
純粋に女性として、はたまた母性を……
はは、赤い彗星に限ってそれはないか」
インタビュー人物ジオン軍の兵士
備考いや、そのまさかだったりする。
カードにおける登場機体がジオングからか後半のシャアについて。同弾のアムロはマチルダ関連であった。

B1弾C・B1-045

証言タイトル「かき乱す『存在』」
内容「必死だったジオンの中でも、大佐は常に冷静を保たれていた。
あのお方にとって戦争の勝敗はどうでもよく、お父上を葬ったザビ家への復讐という別の目的があったからなんですが……
ただ、連邦の白い奴が関わった際に限っては、とたんに冷静さを欠いていたようにも見えます」
インタビュー人物元ジオン軍の士官
備考

B3弾C・B3-043

証言タイトル「『偽り』の名」
内容「シャア・アズナブルは偽名だった。
本当の名前はキャスバル・レム・ダイクン
ジオン共和国の創始者、ジオン・ズム・ダイクンの息子なのだよ。
名を変え、ジオン公国軍へ身を投じた彼は、父を暗殺したザビ家への復讐を内部から果たした。
一年戦争でジオンは負けたが、シャア自身は勝利したといっていい」
インタビュー人物エゥーゴの幹部
備考

B6弾C・B6-044

証言タイトル「なら『シャアさん』は?」
内容「シャア・アズナブルがガンプラビルダーだったら、やっぱり3倍の速さでガンプラを作るのかな?
けっきょく時間が間に合わなくなって、足のパーツを組み上げる前に完成したとか言い切っちゃいそう!
あと、赤いガンダムマーカーをお店が開けるくらい常にストックしてるよ、きっと!」
インタビュー人物ガンプラ好きの子供
備考同弾Cアムロの続き。

B8弾R・B8-045

証言タイトル「彗星を知らぬ『世代』」
内容「知ってるさ、ジオンのシャア・アズナブル……
赤い……赤い……
そう!彗星だったよな。
地球に星を落とそうとしたんだろ、こいつは?
めちゃくちゃなヤツだよな、あんな仮面を付けて。
ああ………そういえば、うちにもいたぜ。
シャアとは逆に口を隠してる中尉様がね」
インタビュー人物ベスパの兵士
備考一年戦争から73年後の「Vガンダム」の時代から。クロノクル・アシャーのようなパイロットが居る時代だった。
あたかも仮面をつけた状態で石ころ(アクシズ)を落とそうとしているような物言いであるため、正しく伝わっていないようにも取れる。

BG1弾C・BG1-046

証言タイトル「『赤い』意味」
内容「『ジオンの武人』なんて言葉があるくらいだし、もっと歳のいった無骨な男性を想像していたけど、赤い彗星がこんなに若くてスマートな美男子だったとは。
血気盛んで年中怒りすぎて、いつも顔が真っ赤に紅潮しているんじゃなくて、着ている制服自体が赤かったんだ……
それにしてもこの服、本人が望んでオーダーしたのかな?」
インタビュー人物連邦軍の兵士
備考

BG3弾C・BG3-044

証言タイトル「隠す気は『無い』」
内容「ジャブローへの潜入任務ですから、そりゃあ準備は怠りません。
敵に察知されないために、あらゆる状況を想定した秘匿性の高い装備を身につけるわけです。
もう自分がなにを言いたいのか、大体想像が付いているかとは思いますが……
黒ずくめの我々の中に、1人だけ真っ赤な人がいましてね」
インタビュー人物ジオン工作部隊の隊員
備考

BG4弾C・BG4-042

証言タイトル「『少年』のシャア」
内容「赤い彗星も所詮は人の子ってね、大佐だって可愛い子供の頃があったはずさ」
「確かにそうでしょうけど、自分には全く想像つきません」
「モビルスーツだけでは無く、自身の優れた身のこなしも素養だけで生み出せるものでは無いからなぁ」
「ふむ……あれで意外と、壮絶な幼少期を過ごしてきたのかもしれん」
インタビュー人物ジオン公国軍の兵士たち
備考

BG6弾R・BG6-045

証言タイトル「出来すぎな『復讐』」
内容「シャア・アズナブル?ああ、赤い彗星の。
わざわざ宇宙まで上がってもらって残念だが、彼に会いたければもう一度地球に降りるこったな。
あんな大層な色のザクを与えられても、ガルマ様を守り切れなかったんだ、今までが出来すぎていたのさ。
彗星は地球に堕ちたなんて……ハハハ、上手いことを」
インタビュー人物ジオン公国軍の兵士
備考証言の時系列は第12話「ジオンの脅威」でシャアが左遷された後と思われる。

鉄血の3弾R・TK3-043

証言タイトル『英雄』の所業
内容「赤い彗星を見たって奴がいてな。
言ってやったのさ、ア・バオア・クーじゃ赤くない機体に乗っていたんだ、そりゃきっとキマイラ隊の真紅の稲妻だろ……ってね。
だが、そいつが見たのは本人……
赤いノーマルスーツで、歩兵用のバズーカを持っていたそうだ。
生身であっても、連邦へ一矢報いようとするなんて……
ガルマ様を見殺しにしたなんて噂もあったが、やはりジオンの武人だったんだな、彼は」
インタビュー人物ジオン公国軍の元兵士
備考>生身であっても〜
だが、そのバズーカはガルマの姉であるキシリアに向けられていた。

鉄血の5弾C・TK5-043

証言タイトル下から『見上げ』れば
内容「もちろんお会いしたこともありませんが、ジオンでシャア大佐の存在を知らない人間なんていませんよ!
ルウム戦役からその名を轟かせ、赤い彗星という異名を重ねてなお、それらに違わぬ戦果を挙げていった……
まさに雲の上の存在です。
ア・バオア・クーで行方不明になったんですよね?
ジオンのために殉じられたのでしょう、最後の最後まで」
インタビュー人物元ジオン公国軍の兵士
備考実際はご存知の通り生きていた
同弾Cバーナード・ワイズマンに続く。

鉄血の6弾C・TK6-045

証言タイトル『感心する』男
内容「久しぶりだな、あれから色々調べたよ。
赤い彗星は化け物じゃ無く、人間の姿だってことをね、ハハ、最近はああいうエスパーじみた芸当ができるのを、ニュータイプって呼ぶんだろう?
新しい型……誰が最初にそう名付けたかはしらないが、まったくよくできた言葉だよ。
モビルスーツ自体新しい兵器だが、あの新しい戦い方は、常人が生みだせるレベルではない」
インタビュー人物連邦軍のパイロット
備考0弾Mの続き。

OA1弾R・OA1-052

証言タイトルシャアの『流儀』
内容「ジオンの赤い彗星は、モビルスーツに乗る時もノーマルスーツを絶対に着ないそうだ。
連邦軍では考えられないことだが、堕とされて宇宙に投げ出される心配が無いほど操縦技術に自信があるのか……
それとも、単なる目立ちたがり屋なのか。
いずれ相対するかもしれない身としては、後者の方がありがたいのだがね」
インタビュー人物地球連邦軍のパイロット
備考

OA4弾CP・OA4-084

証言タイトル仮面の『シャア』
内容シャア・アズナブルと言えば、ガンダムのライバルキャラのアイコンとして仮面を印象付けた、重要なキャラクターですよね。
オリジンじゃ確か、士官学校の友人に作ってもらったという設定になっていて、その新事実に僕も唸らされたものです。
それにしても、仮面にフィーチャーして話をするというのは、とても珍しい試みですね?
インタビュー人物クジョウ・キョウヤ
備考仮面の男キャンペーンより。
>士官学校の友人
アニメ版のオリジンではリノ・フェルナンデスがシャアに仮面を渡している。

DW5弾C・DW5-049

証言タイトルその名さえ『なければ』
内容「……赤い彗星の2つ名は、果たして本当に彼にとって必要なものだったろうか?
それがなければ、本来彼が望む復讐は驚くほど密(ひそ)やかに、容易に果たせていただろう。
シャア・アズナブルは良くも悪くも人々に影響を与えすぎる人間だったんだ。
時代の表舞台に出るべくして出てしまう、放っておいてもらえない人間さ」
インタビュー人物サイド3のルポライター
備考

EB1弾R・EB1-046

証言タイトル『相手』は思いを馳(は)せる
内容「シャア・アズナブル最後の機体は、我が軍のガンダムと戦って相打ちになったという報告を聞いた」
アムロ・レイの生存は確認できたが……」
「つまり、赤い彗星の噂もついに終焉を迎えた、というわけだ」
「敵ながら喪失感を覚えるよ。
振り返れば……彼の存在あっての一年戦争だったからね」
インタビュー人物地球連邦軍の士官たち
備考しかし、一年戦争の終戦から7年後、シャアは再び歴史の表舞台に姿を現す事になる。

PR-081

証言タイトル-
内容「大佐が頭角を現し始めたころの自信に満ちた物言いは、よくある若者の青臭さから来ていると思われていたようです。
ですがそれに見合う実力と結果を示し、もはや異論を挟む者は誰一人としていなくなりました。」
インタビュー人物ジオン軍兵士
備考兵士たちの彼に対する印象の移り変わりを示した証言。

BPR-081

証言タイトル「兄妹(きょうだい)なら『わかる』」
内容「まったく、驚いたよな」
「ああ、まさかセイラさんと、ジオンの赤い彗星が兄妹(きょうだい)だったとはね」
「じゃあ、あの仮面の下の顔は、少なくともセイラさんに似ているってことだよな?」
「……」
「……」
「(2人声を合わせて)
……きっと、すごい男前なんだろうな〜」
インタビュー人物ホワイトベースの乗組員たち
備考

編集にはIDが必要です