総合報酬とは、魔道杯において累計ポイント数のランキング上位のみが得られる精霊である。
 なお、魔道杯当初は総合報酬はなかったので、実質一番良い報酬であるデイリー上位を総合報酬として取り扱う。総合報酬が登場したのは夏彩の魔道杯から。

 2016年3月の3周年記念で最終進化がSS以下止まりだったものが全てLまで進化するようになった。
 クイズ解答数777億回突破記念として2013〜2016年の総合報酬LtoLが発表され、2013年と2014年分は進化開放された。
 その後2018年3月8日に2015年と2016年の総合報酬もLtoLが実施された。

 基本的にピーキーなスキルが多いため使いづらいが近年はガチャ産精霊のテストとして入ったりするため使いやすい精霊も増えてきている。
 実際ガチャ産と遜色ないキャラも時々見かけ、こういう時になるとボーダーが上がる事が多い。

 2020年3月から、総合報酬は60万ptsで入手できるが、EX-ASのためには25000位以内で得られる進化素材を入手する必要があると発表。EX-ASを捨てれば60万ptsで得られるため、総合ボーダーは下がる可能性が出てきた。
 もし25000位ボーダーが60万pts未満*1になった場合、進化素材はあるが本体がないというどうしようもない事態になることも一応ある。ただどれだけ総合報酬に魅力がなくても累計の栗ボを取りに行く勢が昔に比べそれなりにいると思うのでそうそう起こりそうにはないが…

2013年

2014年

2015年

2016年

2017年

2018年

2019年

2020年

魔道杯精霊名コメント
はじまりの塔フォーミュまさかの精霊強化の新バージョン。継続回復、起死回生、HPダウン、攻撃力アップの4つ。
しかし現在は単色がやや不遇なので活躍はしづらいかも。
EX-ASは連続化・ガード。そのせいかASでの回復が7と少ない。
アレスアテナGA2019リレイのマイナーチェンジ版。
パネルカウントの数が80(約2倍)必要だが最大効果値は約1.4倍程度になっている。
それ以上に目を引くのがEX-ASでリーダーに設定して3色を解くだけで全体に効果値3600をばらまくという異常な数値を叩き出す。*42色の場合は1500まで下がるので3色パネチェンor3色リザーブが必須となっている。
余談だがAS・SS共にアイギスという盾の名前が付いているが、どちらもガードでもダメブロでもなく攻撃スキルである。
盾の名を与えられた攻撃兵器…あれ…この感じどこかで…?*5
奇想天外ナナ&ウイスプ今回から総合25000ではなく累計60万PTを取れば貰えるようになった。ASはエンハンス、SSは1回限定のパネル爆破、EX-ASは連続化+ch+1となっている。
全体的に弱くね?と言われているのはナナだからかそれとも累計になったからか…。
おでかけホリー火光のHP100%時のみ強化される統一なのだが強化されてガチャ産の通常と同レベルと言う案の定の「60万pt達成で全員貰える」事による弊害が発生。
持っている人がほとんどいないとはいえ夏ミカエラの劣化…というかもはやイベント配布レベルとまでいわれている。
一応おせにゃん#93では累計になったことによる弱体化はないと宣言しているが発言者があの詐欺師なので…。
EX-ASは最大460%のエンハ。どちらかと言えば神族術士が更に強化という事もあり反転向け。本人EX-ASだから反転強化掛からないけど。
無糖ネーヴェASは分散攻撃。EX-ASは味方全体のHP消費するガード貫通、属性弱体化またはSPスキル封印時はさらにダメージアップしダメージブロックを貫通。
SSは補食大魔術で1クエスト1回の制約付きだが、捕食を1クエストで2回以上使う状況はまずないので気にならない。効果値もロレッティを上回っている。ただロレッティの方が発動が1T早くステータスも高いという差はある。
SS・EX-AS共に状況は限定的だが最大効果値はガチャ産をも凌駕しており、ナナ&ウイスプやホリーよりは強い印象。
父の日スバル&ケイトリンSS1の撃破強化はディートリヒ&ジークと上昇幅が同じで全体付与、SS2の一閃斬撃大魔術はトドメ時さらにチェインプラスの効果付きとがっかりスキルにしては高性能。
ASは連撃で20ch勢。EX-ASだと全体化とダメブロ貫通且つ40ch勢となる。

魔道杯最上位

タグ

どなたでも編集できます