「40チェインで◯%ダメージアップ」のアンサースキルを持つ精霊群の事。
 おおむね5周年記念アルドベリク&ルシエラが元祖とされるグループ。
 ガチャ産ではASとSSが自己完結しているパターンがほとんどであり、複数枚起用する事で40チェインに達するのが早くなるために尚更強くなる事もある。

 2018年から始まった蓄積系がSSでのインフレの象徴とするならば、こちらはASのインフレの象徴と言える。

ガチャ産

セカンドファスト斬撃勢

 アルドベリク&ルシエラ(5周年)、シリス(BONO1)、ゼラコピ(メアレス4)、コノハ(八百八町)、リュオン(BONO2)、ケネス(ウィズセレ)が該当。
 セカンドファストなので覇眼結晶、Lカウント大魔術とも相性が良い。

 これらの精霊に共通する点として20チェイン溜まるまでASが発動しないという致命的な欠点が存在する。
 逆にこの欠点をカバー(ex:スキルチャージor別の手段でのチェイン稼ぎ)できるならばチェインの暴力で敵を殲滅できる。また当然チェイン解除にも弱い。
 このスキルに対抗してチェイン数が一定以上で怒る敵が登場したが、その数はあまり多くない。

チェイン付与パネルリサーブ勢

 リフィル(6周年)、ソウヤ(フェアリーコード)、イーニア(UWG)、リザ(ぽっっ神)が該当。
 SS1の効果は2ターンしか持たないがリサーブするパネルが2つであるため、実質無限にチェイン付与パネルを踏む事ができる。
 また2色であるため、一応パネル爆破や特殊パネル変換、パネル連結との併用も可能。
 他にも複数枚起用しても40チェインに達する速さが変わらないのも斬撃勢とは異なる。この場合は片方をEX-ASで使用するなどする事になると思われる。

 上記のセカンドファスト斬撃勢よりASの威力が落ちる代わりに、ノーチェインでも一応攻撃力が上がる事が利点であり欠点でもある。
 また、パネルリサーブであるために敵によるパネルリサーブに弱い。上書きもできるが、敵のパネルリサーブは良い効果である事もあるため一概に敵のリサーブが悪いとは言えず、安易な上書きは逆にこちらの首を締める事になりかねない。

その他

 LtoLで40チェイン勢になった精霊も存在する。というか20チェイン勢全員こっちに来るんじゃね?
 現在はミュール(スザク3)、アルドベリク(GP2016)が該当。

配布

チェインガード勢

 フリーダ(MARELESS)、ハリールース(シュヴァルツ)、エルロウ(黒ウィズダンジョンの相互進化)、ネオン(クロデブ3)が該当。
 スキルを見ての通り自力でチェインを稼げるタイプではないので、上記に上げたガチャ産と併用する事になると思われる。

どなたでも編集できます