「何をそんなに機嫌よくしているのかね?」
メインデータ
画像
名前ランゴバルト・エック・ワライア・ロベルバド
種族人間種(人間)
分類現地出身
異名
役職帝国魔法学院』魔法学科第二年次*1の生徒(貴族)
住居帝都アーウィンタール
属性
カルマ値:?
種族レベル人間種のため種族レベル無し
職業レベル魔法詠唱者
?.Lv
サブデータ
誕生日身長
年齢青年性別
趣味家族側室の三男
登場web声優

概要

 ランゴバルト・エック・ワライア・ロベルバドは、帝国魔法学院の魔法学科に通う貴族の学生である。大貴族ロベルバド家の側室が産んだ子供(三男)。本来貴族で三男など長男が無事なら邪魔者でしかないが、兄弟で唯一魔法の才能を持っていたことで家の力を行使できている。

 学院ではジエット・テスタニアを何らかの理由で虐めており、ジエットが昇級試験でチームを作れないように他の生徒に圧力をかけていた。ジエットは自分がアルシェの恩恵を受けていることが気に入らないのだろうと考えている(理由は記載されていない)。

外見

 それなりの家柄のため、将来は羨望されるような地位に登れる片鱗を示している。整った顔立ちであちこちに品の良さを感じさせる。

性格

 貴族に相応しい慇懃で好青年然とした態度を取っている。平民を見下しており、自分の近くにいることすら不快に感じる事がある。ジエットに対しては家の権力を使い、ジエットを孤立させるように追い詰めていく陰湿なイジメを続けていた。具体的に本人がジエットをどう思っているかは不明。ランゴバルトの事を調べたジエットは碌でもない男と評している。

 貴族の三男が本来どのような扱いを受けるかよく理解してるため、魔法の才能を磨き、コネクション作りに奔走している。学院にいる有力な貴族家の顔と名前は必死に覚えるなど*2、努力家の一面がある。

強さ

 学院の生徒の中で権力や魔法の力は群を抜いており、第1位階を使いこなし第2位階は時間の問題とされている。

 大貴族ロベルバド家の爵位は不明。公爵令嬢のフリアーネには敵わないため、少なくとも公爵ではない。

作中の動向

 作中ではイジメの一環でジエットと一緒にいたネメルに声をかけて登場した。丁寧ながらも悪意が見えるようにジエットに接して、彼の昇級試験のメンバーに圧力をかけたことを暗に告げた。

 しかし、帝国の生きる伝説フールーダ・パラダインが入学し、ジエットのメンバーに加わったことで立場が逆転。イジメを行っていたランゴバルトは、フールーダの影響を恐れたチームメンバーから外されてしまう。

 昇級試験を受けれなければ留年や落第に留まらず、もしフールーダと敵対した場合、就職はほぼ不可能。最悪、家の名を汚したために殺されるかもしれない未来に絶望する。
 そんな時、近くで独り言を呟いていた青年が試験を受けれない状況に陥っていると知り、損得を考えずに青年をメンバーに誘った。以後、モモンと名乗った青年の形容し難い常軌を逸した行いでランゴバルトは地獄に落ちるのだった。

装備

  • 自分用の鎧*3

スキル

魔法

  • 第一位階を使いこなす

関連項目

ジエット・テスタニア
気に入らない平民。昇級試験が受けれないように根回しを行い、ジエットの幼馴染であるネメルに手を出している。
ネメル
末端貴族の少女。遊び半分で手を出している。理由はジエットと仲が良いからだとジエットに伝えたことがある。
フリアーネ・ワエリア・ラン・グシモンド
生徒会長。公爵家令嬢で学院では三指に入る実力者。あらゆる面でランゴバルトより格上の存在。かつてのライバルの頼みでジエットを気にかけてあげている。
父親
現ロベルバド家当主。ランゴバルトの肉親というより上司と部下、貴族の使える道具の関係。
長男
次期当主。魔法は使えないが優秀。
モモン(アインズ)
藁をも掴む思いで昇級試験に誘った。見た目は平民だが計り知れない権力がある。

その他

-

このページへのコメント

オバロ大百科のとこでこいつのSSがあったと思うんだがどこにも見当たらん

0
Posted by 名無し 2021年03月07日(日) 20:37:05 返信数(4) 返信

骸骨と共にぼっちが行く
シャルティアになったモモンガ様が魔法学院に入学したり建国したりする話【帝国編】

タイミング的にこの2つのどちらかだろうか
違ったら大百科のバックアップが旧PCにあるので見てみます

0
Posted by  tanaka203 tanaka203 2021年03月07日(日) 21:24:05

バックアップから探しました。大百科に掲載された作品は下記の2つです。
場所はオーバーロード大百科の掲示板(http://nigun-love.bbs.fc2.com/)です。
掲示板はログが流れており、過去ログの閲覧方法が不明です。
もしかしたらスレのURLの末尾にあるスレ番号をいじれば出るかもしれませんが、量があまりに膨大です。

オバロ二次スレなら内容を覚えている人がいるかもしれません。私は読んだことがないのでわからないです。


タイトル:ランゴバルド外伝
作者:匿名
場所:オーバーロード掲示板

あらすじ:ひょんなことからアインズと係ってしまい、ナザリックによる支配地域の統治を任されるまでに出世したランゴバルトも天寿を全うする時が来た。
一話完結。


タイトル:ランゴバルトの日常
作者:ランゴスキー
場所:オーバーロード掲示板

あらすじ:ナザリックによる統治が一周年を迎えた支配地域の記念式典にアインズが訪れる。
代官として統治を任されているランゴバルトは歓待を任される。
歓待に失敗すれば即、死が訪れる。胃がキリキリしながらも準備を整えるランゴバルト。
一話完結。

0
Posted by  tanaka203 tanaka203 2021年03月07日(日) 22:36:18

パスワードは「nigun-love」「nigun2」「nigun-san」あたりだと思うので、連絡用メールアドレスが分かればもしかしたらログインできるかもしれません
バックアップには連絡用のメールアドレスはありませんでした。
たぶん項目内部じゃなくてページ最下部の余白にメールが記載されているパターンだったんだと思います。

0
Posted by  tanaka203 tanaka203 2021年03月07日(日) 22:51:01

大百科の掲示板にありましたね……
2つあり、
1つが天寿を全うしてアインズ・ウール・ゴウンの側近としてのストレスから解放されたランゴバルトがウィッシュアポンアスターで永遠の命と共に復活する話
もう1つが、三大欲求のないアインズに対する献上品を考えるために四苦八苦して温泉を献上して褒められる話
でした。

完全に私の記憶が頼りですが間違っていないと思います。

0
Posted by 名無し 2022年07月28日(木) 21:20:46

ランゴバルドは、父親が10日間程若返りしていた事を知らない雰囲気だけど、父親はどうやって10日間をのりきったのだろうか?
旅行か仕事を理由にして、若返り期間中ヒャッハーしていたのかな?

0
Posted by 名無し 2020年11月13日(金) 21:39:39 返信

>ネメルに手を出している
って一文で一瞬エロい意味かと

0
Posted by 名無し 2020年11月08日(日) 22:46:49 返信

おわったかな
ゲスだけど陰ながら努力をしている姿がわかるから嫌いじゃない

0
Posted by  tanaka203 tanaka203 2020年11月08日(日) 20:37:35 返信

現地出身(モンスター)とは?

3
Posted by 名無し 2020年11月08日(日) 20:15:17 返信数(1) 返信

クソッタレというクソを垂れ続けるモンスターです
ありがとうございます

0
Posted by  tanaka203 tanaka203 2020年11月08日(日) 20:36:37

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

データベース


どなたでも編集できます