デジタルキッズカードゲーム「ガンダムトライエイジ」および3DSゲームソフト「ガンダムトライエイジSP」のWikiです。



BUILD G1弾(BG1弾)

BG1-052M
ステータスHP+1000アタック+2200スピード+400
バーストスピード俺はティファを助けたいんだッ!バーストLv3
スキル我が道を行くラウンドが進むたびにずっと必殺技+1200【毎回】
背景BG1弾PGX
備考「炎のモビルスーツ乗り」がついに参戦。本弾M主人公の一人。ステータス合計値は3600。
スピードバーストながら攻撃的なステータスと、ミッション時は最終ラウンドに必殺+2400に達するスキルが驚異的な1枚。専用機補正もつければ+2900、Z3弾Mシローなどの全体必殺アップ持ちと組ませれば、ラウンド2時点でもコスト+1されるが+2200、専用機補正もつければ+2700になる。大火力機の火力強化を推し進めるもよし、低コスト機の燃費を極大化するもよし。
但し、スピードバーストゆえにバーストバトルをする機会が多くなりがちなのでそこを注意したいのと、スピード補正が低いので乗る機体はやや選ぶ点に注意。

BUILD G2弾(BG2弾)

BG2-050C
ステータスHP+500アタック+800スピード+1300
バーストディフェンスなめんなよ、こっちはハナっから命がけ!バーストLv1
スキル持ち前の強運HPが半分以下の時、ダメージを30%に軽減する【1回限り】
背景BG2弾MGX
備考Cに落ち3種バーストが揃った。
スキルは「命がけの底力」系。

鉄血の4弾(TK4弾)

TK4-059C
ステータスHP+1400アタック+600スピード+1000
バーストアタック過ちは繰り返させない!バーストLv1
スキルチャンスは逃さない!必殺技で攻撃すると、クリティカル発生。【毎回】
背景鉄4弾RGX
備考スペシャルカードパック14に封入されたのもつかの間、排出カードでも登場した。コロニーショップ大会に参加できない人にとっては、鉄血弾初獲得となる。
ステータスはHPとスピードが高めのアタックバースト。スキルは必殺技発動時にクリティカル。アタックが低いので、低コストの必殺技を連発した方が使えるが、バーストバトルに注意。

鉄血の6弾(TK6弾)

TK6-057R
ステータスHP+600アタック+900スピード+1900
バーストアタック俺はティファを助けたいんだッ!バーストLv2
スキル揺るぎなき信念ラウンド2のみ仲間全員のHP1000回復、スピード+500。
背景鉄6弾CGX
備考初R。
スキルはBG1弾R部長鉄2弾Rセシリーと同じ物で彼の場合はアタバ。これでバースト3種類すべてが揃った。
ステータスはスピード特化型のアタバ。同時排出の赤凸GXとの相性も良い。また、SPパックプロモの闘気持ちを使えばメインが更に張り易くなるが、若干アタック補正に難がある為、他のパイロットやBAでフォローしてやろう。
後の鉄華繚乱2弾ではビルドMSで最後の愛機・ガンダムDXが登場。排出P(繚乱2弾Pの方)はやや噛み合いがよくない(ステがフラットになりすぎる)が、ビルドMS版は高スピード+スピード重視の突撃・決戦持ちとかなり相性がよいので活用したいが、高い必殺コスト(現状ビルドMSで唯一の必殺コスト9)という欠点をどうするかも考えておきたい。なお、現在は開発ミッションが配信終了しているので注意。

鉄華繚乱3弾(TKR3弾)

TKR3-053R
ステータスHP+700アタック+1000スピード+1800
バーストスピードあいつのためにも、負けられないんだー!バーストLv2
スキル仲間への想い味方が撃破されると、ずっとアタック、スピード+1000。【毎回】
背景繚乱3弾Mダブルエックス
備考ガロード単独でRで登場。
スピードの高いスピードバーストと使いやすいものとなっているが、スキルが味方撃破依存と使いにくいのが難点。
背景のTKR3弾MDXとの組み合わせは、スピードに尖りアタックもそれなりになるが、HPが低いままなので、仕留め損なったら諦める位の思い切った運用法が必要となる。

VS IGNITION 02(VS2弾)

VS2-059C
ステータスHP+1000アタック+1400スピード+1000
バーストアタック撃つしかないのか・・・!バーストLv1
スキル最後の一撃最終ラウンドに必殺技+800。
背景VS2弾Pダブルエックス
備考VS弾初登場。
アタックが高くHPとスピードが同数値となっているが、スピードが1000と少々高めなので、先制&迅雷が少々使いにくい。スキルもミッション向けとなっている。

プロモーションカード

BPR-068設定画流用プロモ
ステータスHP+700アタック+1500スピード+400
バーストアタックなめんなよ、こっちはハナっから命がけ!バーストLv2
スキル燃え上がる闘志先攻を取ると、追加ダメージ+1000【毎回】
背景ガンダムX(該当イラスト無し)
備考スペシャルカードパック10に封入。ステータス合計値は2600。
排出はまたも高レアのみの模様であり、BG1弾で手軽に使いたいときに…といってもこちらは大会に出場してSPパックから引き当てるしかない為、どちらにせよ面倒なのがネック。次弾でRやCを期待した方がよいかもしれない。
性能としてはよくあるアタック重視のアタックバースト、更にC相当でバーストLv2を持つ例外バースト持ちだが、スキルが先攻時の追加ダメージなのにスピード補正が一番低いというどっかの誰かさんと同じ欠点を抱えている。更に愛機で相性がよいのはPレア版…と活躍させるのには苦難の道のりが待っていたが、BG2弾で稀代の先制狩り機のGXが排出されたため、使い勝手が良くなった。
TPR-019プロモ
ステータスHP+900アタック+1200スピード+2000
バーストスピード過ちは繰り返させない!バーストLv3
スキル生き残る意思HPが半分以下になると、ずっと防御力が大きくアップする。【1回限り】
背景SPパック14GX
備考スペシャルカードパック14に封入。ステータス合計値は4100。
ステ配分は鉄血2弾Mリディとほぼ一緒(HPが100高いだけ)だが、スキルはHP半分以下での防御大アップとかなり趣が異なる。前述のリディと同じ使い方をしているとスキルが死にやすく、HP補正が3桁でスピードバーストとスキルを生かしにくい材料が揃っており、うまく使うにはGオーダーやビルドアクションの手助けも必要になってくるか。
搭乗機は同パックに同時収録の闘気ガンダムX…と行きたいが、スキルが全くかみ合っていないのが難点(基本的な使い勝手はいいので原作ファンならいっそ無視して乗せるのもいいかも)。BG1弾P突撃ガンダムXも同様にスキルは噛み合わないが、最大追加ダメージを狙いやすいので攻める分には扱いやすい組み合わせだろう。
専用機にこだわらないなら、BG1弾P∀ガンダムや鉄血1弾PHI−νなど、高いHPを持つ機体に乗せて耐えつつ戦うというのもよいだろうか。その際、要所でHP回復を仕込めるとスキル発動→防御アップ→HP回復という流れを作れ、高まった防御力を存分に発揮できる。
ちなみにカードイラストでは宇宙服を着ているのだが、彼が初めて宇宙へ出たのはダブルエックス搭乗以降なので、少々違和感のある組み合わせとなっている(以降はXに搭乗しておらず、X自体も既にディバイダーへ改修済)。鉄華繚乱弾にてDXも登場したが、このカードと相性よく使えそうなのがVS2弾Pのみとなっている。

キャラクター解説

登場作品機動新世紀ガンダムX
高木渉
年齢15歳
別バージョンパイロットガロード・ラン&ティファ・アディール(同時出撃可能)
ガロード・ラン&パーラ・シス(同時出撃可能)
専用機ガンダムX
ガンダムXディバイダー
ガンダムDX
ガンダムDX(Gファルコン装備)
特記事項

「機動新世紀ガンダムX」の主人公。
自称「炎のモビルスーツ乗り」。明るい性格で負けず嫌い、その一方でナイーブな面を持つ。
父親は旧連邦軍の技術者だったが第7次宇宙戦争で死亡し、母親も戦後の混乱で死に別れたことで戦災孤児となる。

バルチャーとしてモビルスーツ狩りやジャンク屋などで一人生計を立てていたが、北米のセントランジェの町でティファ・アディールという少女をジャミル・ニート率いるバルチャー艦「フリーデン」から奪還するよう依頼され、艦内に潜入し、ティファを連れ出す。
しかし、ティファに一目惚れしていた事と依頼人であるライク・アントの顔を見たティファのおびえた表情を見て、依頼に背いてティファと共に逃走し、放棄されていたガンダムX(以下GXと表記)と運命的に出会う。
事前にフリーデンの艦長室の金庫を破った際に手に入れたGコントロール・ユニット(Gコン)を盗み出していたおかげでGXを起動させることに成功し、追手を撃破することに成功した。
しかし、今度はフリーデンから追われることとになるものの汚い戦い方(GX項参照)でなんとかその場を凌ぐ物の
GXの噂を聞きつけた大多数のMS乗りたちに襲われ、ティファの力で敵を一掃。
しかし、大多数の死者の怨念を聞いて発狂、そして気絶しまい身動きが取れなくなったところをジャミルにとっ捕まってしまい、フリーデンの独房に収監されることとなった。
またこの時、手製の睡眠薬で看守(本業は操舵手)のシンゴ・モリを眠らせて誰にも気づかれることなく(スニーキング・ミッション)船外へ出て、花を摘んで船に戻って安静中のティファにお見舞いとして届けた上でシンゴが目を覚ます前に自分の独房に戻るという前作の工作員かくやの行動を行っている。

そんなある時、保護した旅人が敵の工作員でティファを攫われてしまうも
GXでティファを助けたいとジャミルに請願(BG1弾Mのバーストセリフはこの時の物)、GXを託される
強敵との死闘があったものの、ティファの導きとジャミルの助力でティファを救出することに成功。
そしてフリーデンの正式なクルーになった。

アルタネイティブとの戦いから少し後、仕事でヘマをしてしまいその清算のために発電所でパーツ取りにGX単機で行ったものの
後から警告にやってきたジャミルを負傷させてしまったこと、
何よりもティファに「会いたくない」と言われてフラれたと勘違いしてしまい
(この時ティファは人生初の口紅にチャレンジしたもののある人物に否定されてしまってふさぎ込んでしまったため、これについてはタイミングが悪かったとしかいいようがない)
それらが引き金となって脱走してGXを競売(オークション)で売ろうとしていた。
しかし、未練があったため、なんだかんだで元鞘に収まる事となった。

ティファへの愛情は凄まじく、普通の人なら諦めるところを
彼の場合は「愛しの彼女を救うために地球から単身で宇宙に赴く」ほどで
「もう会えない」というティファのNT的予測を尽く持ち前のバイタリティと愛の力で覆すという常人離れの離れ業をやってのけており
ファーストニュータイプ・DOMEもこの事について言及している。

人工ニュータイプであるカリス・ノーティラスとの対決ではGXのサテライトキャノンを破壊される程の完敗を喫して一時自信を失うが、ジャミルの叱咤による導きとキッドの手で改修されたガンダムXディバイダー、持ち前の操縦センスと順応性、そして自身の努力と工夫によって辛くもこれを打ち破った。

パイロットとしての腕や操縦センスは天才的(「粗削りだがセンスがいい」ジャミル評)で、ビットやミサイル撃ち落とし、高機動MSのスラスター部やワイヤーカッターの先端モーター狙撃、超々遠距離射撃等、特に射撃において極めて高い技術を有する。
適応能力はガンダムシリーズ1といっても過言ではなく、PONといきなりコロニー内および宇宙に出ても僅かな時間で適応しまうほどで、宇宙革命軍の教育大隊の指揮官であるランスロー・ダーウェル大佐も舌を巻くほどに驚嘆していた。
しかし、相手が悪すぎたこともあって、この戦いで瀕死に陥ってしまうも反革命軍政府に助け出されており、しばらく行動を共にしている

カリスとの戦闘以降も、フロスト兄弟や各地のエースパイロットを集めたニュータイプ候補生(4人の刺客)等の強敵達と幾度となく戦い、かつて第7次宇宙戦争でジャミルのライバルだったランスローとも渡り合う実力を身に付け、カトック・アルザミール大尉との交流やエスタルドでの戦いを経験したことで次第に世界に目を向けていくようになり、一人前の男としても成長してゆく。

フロスト兄弟との最終決戦に勝利した後は、ティファと共に新たな旅に出て、始まりの地であるセントランジェに足を運んだ。

後日談を描いた「あなたと、一緒なら」では、北米大陸のサウスフェニックス自治区を拠点に、ティファと共にジャンク屋で生計を立てている模様。


余談だが、声の担当の高木渉氏は、2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」に小山田茂誠役で、俳優として出演していた。
こちらの方でも愛の力で記憶を失っていた自身の嫁(主人公の姉)の記憶をよみがえらせる奇跡を起こしている。

Menu

メニュー(9/17更新・DW03)

トップページ

概要・遊び方
カードデータ説明
イグニッションカード
ヴァリアブルカード
戦場
モビルスーツアビリティ
ハイパーアビリティ
パイロットスキル
パイロットハイパーアビリティ
バースト
必殺技

ICカードでの遊び・対人戦等
階級・アバター
バトルパートナー
Gオーダー
機体レベル
パーツ
AGEシステム
ビルドMSシステム
ビルドMS一覧
ビルドMS開発リスト
マルチフレームシステム
フレームMS一覧
対戦ルール
(OA1弾で「ACEバトル」、OA3弾で「コストバトル」、DW1弾で「デルタバトル」、追加)

一人用ゲームモード紹介
ミッション系統
ミッション概要
オペレーションモード
クロニクルモード(VS弾)
チャレンジモード
クロニクル保管庫
※過去(VS弾まで)について保管
疑似対戦系統
ネットワークマッチングモード DW1弾より
ランクアップバトル
SPライバル
エンブレム

カードリスト
DW03カードリスト
DW03IGN
DW03CP
プロモーションカードリスト

バージョンアップ履歴
登場MSリスト
登場パイロットリスト
登場予定・敵MSリスト
関連商品
用語集BGM
セリフ集

3DSゲームソフト
ガンダムトライエイジSP
概要など
「SP」専用メニュー

編集にはIDが必要です