デジタルキッズカードゲーム「ガンダムトライエイジ」および3DSゲームソフト「ガンダムトライエイジSP」のWikiです。

開発系統:アクシズのMSの一覧。
ビルドMSシステムで呼び出し、開発する。
ここでは初期性能を記載することとし、チューンアップ後の性能等については稼働後情報まとまり次第となります、ご了承ください。

キュベレイ

ビルドMSMSカードありタイプアタッカー
ステータスHP 2400アタック 2000スピード 2100
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技クイーン・レクイエム3700コスト5MSアビリティ逆襲
適性宇宙◎地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器打撃必殺武器ビームパイロットハマーン・カーン
ビルドアクションラウンド1のみ仲間全員のスピード+500BAコスト2BA最大コスト4(OA2弾まで)
7(OA3弾〜)
開発可能機体キュベレイMk−II(プル搭乗機)チューンアップ5回以上
キュベレイMk−II(プルツー搭乗機)チューンアップ5回以上
プルツー使用回数5回以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ5回以上(鉄血の1弾から)
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/必殺スタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ガンナー/速烈
30回チューン(2回目)ディフェンダー/ファンネル
備考ネオ・ジオンルートへの開発の始点となる機体。ZZガンダムジ・Oなら10回(他機体開発の途中)、キュベレイパピヨンなら5回チューンで開発できる。BG5弾からバトルパートナー「ミネバ・ラオ・ザビ」のプレゼントとしても開発可能。鉄血の2弾からはミッション「ハマーンの罠」にて該当機を撃破し、設計図をドロップすることで開発可能だった。鉄華繚乱1弾以降は「戦士、再び・・・」にて当該機を撃破し、設計図をドロップすることで開発可能。
機体性能は、HPが少し高めで初期アビリティの逆襲を生かしやすい。チューン傾向が必殺チューンと全ステータスが平均的に伸びていくので、追加アビリティの速烈、ファンネルともそれなりに生かしやすい。
専用パイロットのハマーンは壁スキル(半減スキル)持ちのカードが多く、こちらの場合は逆襲が生かしやすい。ステータスは低いが、4弾Cはディフェバなのでなおさら生かしやすいし、2回目のファンネルでバースト封じに対抗することも出来る。Z2弾CとZ4弾Mはスピバなのでラウンド1でダメージを受けて、ラウンド2からは先手とってからの逆襲の乗った攻撃が可能だし、1回目の速烈が有効利用できる。こうなると、やはり初期BA最大コスト4(OA3弾以降は7)のままでは生かしにくいので、可能なら60回チューンしたい。
通常はここからクィン・マンサまで進めていくことになるが、Mk−IIへの開発で赤い方はプルツーのパイロットカードが必要となるが、鉄血弾に入り、プルツーのカードは不要となった。開発時期が黒い方と同じなのでのでチューンアップを進める際には用意して平行して開発してしまおう。BG1弾からはチューンと同時にプルツーを使えば、同時に開発可能だったが(プルツーを使い忘れると、ズレる)、鉄血弾ではチューンするだけで同時開発となった。

キュベレイMk−II(プル搭乗機)

ビルドMSMSカードありタイプガンナー
ステータスHP 1600アタック 2300スピード 2500
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技プリンセス・ブルームブラウ3300コスト4
Hアビリティファンネルファンネル発動時武器属性ビーム
適性宇宙◎地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットエルピー・プル
ビルドアクションステージが宇宙の時、ずっと必殺技コスト-1BAコスト1BA最大コスト4(OA2弾まで)
7(OA3弾〜)
開発可能機体キュベレイMk−II(プルツー搭乗機)チューンアップ5回以上
プルツー使用回数5回以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ5回以上(鉄血の1弾から)
ハンマ・ハンマチューンアップ10回以上
クィン・マンサチューンアップ15回以上(グレード4解放必須)
開発系統「アクシズ」レベル20以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ15回以上(鉄血の1弾から)
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/スピードスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/反撃
30回チューン(2回目)ディフェンダー/不沈
備考主にキュベレイから5回チューンで開発可能で、BG3弾からバトルパートナー「リィナ・アーシタ」のプレゼントとしても開発可能。鉄血の2弾からは「ハマーンの黒い影」にて該当機を撃破し、設計図をドロップすることで開発可能となった。
ステータスはスピードとアタックが高く、追加アビリティは反撃と不沈。チューン傾向はスピードチューンでアタックもそれなりに伸びるので、ファンネルと反撃はそれなりに生かせるが、不沈は厳しいか。
ビルドアクションはノイエ・ジール(P)と同じものだが、必要コストが低い完全上位互換となっている。
B6弾まではここからハンマ・ハンマとクィン・マンサに繋げるのが一番の近道だったが、B7弾ではローゼン・ズールからハンマ・ハンマが、クシャトリヤからクィン・マンサが条件なし5チューンと非常に簡単に(しかも他のビルドMS開発のついでに)作れてしまうので開発のためのチューンがほぼ不要となった。鉄血弾に入り、プルツー用の開発にプルツーのカード、クィン・マンサの開発に系統レベルは不要となった。

キュベレイMk−II(プルツー搭乗機)

ビルドMSMSカードありタイプディフェンダー
ステータスHP 1800アタック 2300スピード 2300
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技プリンセス・ブルームロート3300コスト4MSアビリティ速烈
適性宇宙◎地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器打撃必殺武器ビームパイロットプルツー
ビルドアクションラウンド1のみ敵全員のアタック-500BAコスト2BA最大コスト4(OA2弾まで)
7(OA3弾〜)
開発可能機体キュベレイMk−II(プル搭乗機)チューンアップ5回以上
キュベレイチューンアップ10回以上
クィン・マンサチューンアップ15回以上(グレード4解放必須)
開発系統「アクシズ」レベル20以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ15回以上(鉄血の1弾から)
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/アタックスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/電刃
30回チューン(2回目)ガンナー/ファンネル
備考主にキュベレイから5回チューンで開発可能。
初期ステータスはプル機そっくりだがこちらはHP+200、スピード-200されている。ビルドMSの「赤い機体」の定番らしくアビリティは速烈で、それらの中では必殺コストも軽い点が優れているだろうか。追加アビリティは電刃とファンネル。アタックチューンなのでどちらも十分使える。
この系統の全機に言えることだが、ファンネルはBA以外に、例の落とし穴(スピバと組ませるとバーストバトルで封じられる)に陥るので、使うならBG5弾Pクリムを僚機のパイロットに入れて置くのがベストだが、持って居ない人が多いと思われるので、スピバとは組ませないほうが良い。
ビルドアクションは試作1号機(ティターンズ仕様)以来のラウンド1の敵アタック減少系である。減少量は控えめだが、必要コストも少ないのが利点。
プル機と違ってここからではハンマ・ハンマに繋がらず、クィン・マンサの開発待ちとなるので先にプル機の方から開発していくのが無難である。

Menu

メニュー(5/17更新・DW01)

トップページ

概要・遊び方
カードデータ説明
イグニッションカード
ヴァリアブルカード
戦場
モビルスーツアビリティ
ハイパーアビリティ
パイロットスキル
パイロットハイパーアビリティ
バースト
必殺技

ICカードでの遊び・対人戦等
階級・アバター
バトルパートナー
Gオーダー
機体レベル
パーツ
AGEシステム
ビルドMSシステム
ビルドMS一覧
ビルドMS開発リスト
マルチフレームシステム
フレームMS一覧
対戦ルール
(OA1弾で「ACEバトル」、OA3弾で「コストバトル」、DW1弾で「デルタバトル」、追加)

一人用ゲームモード紹介
ミッション系統
ミッション概要
オペレーションモード
クロニクルモード(VS弾)
チャレンジモード
クロニクル保管庫
※過去(VS弾まで)について保管
疑似対戦系統
ネットワークマッチングモード DW1弾より
ランクアップバトル
SPライバル
エンブレム

カードリスト
DW01カードリスト
DW01IGN
DW01CP
プロモーションカードリスト

バージョンアップ履歴
登場MSリスト
登場パイロットリスト
登場予定・敵MSリスト
関連商品
用語集BGM
セリフ集

3DSゲームソフト
ガンダムトライエイジSP
概要など
「SP」専用メニュー

編集にはIDが必要です