デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。

カードリスト>証言シリーズ>各時代のパイロット

概要

鉄血の1弾における証言シリーズで、映像作品(「鉄血」とOVA、一部の映像作品除く)の主人公がこれに該当する。
証言の法則性はタイトルが「○○年の『パイロット』」となっており、一部のパイロットは各時代のガンダムの続き(デスティニーガンダムビルドストライクガンダムは除く)となっている。

収録カード

アムロ・レイ

カードページへ
証言タイトルU.C.0079年の『パイロット』
内容「そういう意味じゃ、パイロットも画期的だった。
サイド7に住む民間人の少年、さらに言えばガンダムの開発者、テム・レイ大尉の息子さん……偶然に乗ることになったとはいえ、運命のいたずらとしか表現しようがないだろ?
けど……後のガンダムにも、そういうドラマチックなことは多々あってね。
今じゃ正規兵が乗ること自体、珍しいくらいさ」
インタビュー人物サイド7の元技術者
備考各時代のパイロットより。
同弾Mガンダムの続き。

カミーユ・ビダン

カードページへ
証言タイトルU.C.0087年の『パイロット』
内容の名を知らしめたのは、パイロットを担当したカミーユ・ビダンの功績に因(よ)るところも大きいわ。
民間人がパイロットになるなんて、みんな彼にアムロ・レイを重ねていたみたいだけど……彼は嫌だったでしょうね。
自分が成(な)した功績に、余計な理由を付けられちゃたまらないわ。
RX−78があったからZが生まれたんじゃない、礎こそあれ、ZはZで生まれたものなのよ」
インタビュー人物Z計画の女性スタッフ
備考各時代のパイロットより。
同弾CZガンダムの続き。

ジュドー・アーシタ

カードページへ
証言タイトルU.C.0088年の『パイロット』
内容「また軍人でもない坊主がガンダムに乗るなんて……ってね、当のこっちからすれば、そんな運命めいたことをどうこう言える余裕は無かったんだ。
ティターンズとの戦いで、アーガマの主戦パイロットはほとんど残っていなかったからな……そこにハマーンのネオ・ジオンだろ?
あんな形でもジュドーたちと出会えて、心から感謝しているのさ」
インタビュー人物ネェル・アーガマの乗組員
備考各時代のパイロットより。

アムロ・レイ(CCAバージョン)

カードページへ
証言タイトルU.C.0093年の『パイロット』
内容「パイロットも原点回帰さ。
ああ、一年戦争で活躍した英雄、アムロ・レイだよ。
昔の彼の戦果は嫌と言うほど知っているが……
実際に会って話せば、ジオンの人間を恐怖に陥れたような凄みは一切感じられなかったな。
ただ、得も言われぬ自信はあふれてくるんだ。
この人と一緒なら、少なくとも負けることはないってね」
インタビュー人物ラー・カイラムのメカマン
備考各時代のパイロットより。
同弾Cνガンダムの続き。

バナージ・リンクス

カードページへ
証言タイトルU.C.0096年の『パイロット』
内容1号機に登録されたのは、バナージ・リンクスっていう民間人の少年だそうね。
その……RX-0は正常に稼働してるの?
ええっ、彼は普通の人間なんでしょ?
あ……『普通の』って、変な言い方よね。
ごめんなさい、今のは聞き流して。
もしバナージ君がニュータイプだというのなら……
RX-0とは、とても皮肉な関係性って言えるわ」
インタビュー人物UC計画の女性スタッフ
備考各時代のパイロットより。

シーブック・アノー

カードページへ
証言タイトルU.C.0123年の『パイロット』
内容F91のパイロットは……驚くなよ、フロンティアIVの学生さんなんだぜ。
機械科に通ってるからって、はいモビルスーツにどうぞってワケにもいかんよなぁ。
そこは色々あったからなんだが、こんなこと普通は……
へ?なんだよ、ガンダムってのは、そういうパターンが良くあるのか?
もったいぶって損したぜ……」
インタビュー人物スペース・アークの乗組員
備考各時代のパイロットより。
同弾RガンダムF91の続き。

ウッソ・エヴィン

カードページへ
証言タイトルU.C.0153年の『パイロット』
内容「子供がモビルスーツに乗っている?
だからなんじゃ、あんたが代わりに乗ってくれるとでもいうのか?
……なんてな、ちょっと意地悪を言ってしまったかの。
みなまで言わんでも分かっとるよ、じゃがウッソが居なければ、今ごろわしら全員が焼け野原の一部になっとったわい。
生きていくために戦う……そういう時代なんじゃよ」
インタビュー人物カミオン隊の一員
備考各時代のパイロットより。

ドモン・カッシュ

カードページへ
証言タイトルF.C.0060年の『ガンダムファイター』
内容「ガンダムファイトはガンダムだけじゃ始まらないだろ?
ネオジャパンのシャイニングガンダムを操るガンダムファイターは、ドモン・カッシュっていうニューカマーさ。
眉間にずっと力入れてるみたいな奴だけど、コトが起これば一気に熱く爆発する……
オレから言わせりゃ、メリハリの利いた最高のエンターテイナーだね」
インタビュー人物ガンダムファイト雑誌の編集者
備考各時代のパイロットより。

キラ・ヤマト

カードページへ
証言タイトルC.E.71年の『パイロット』
内容「よく勘違いされるんだが、いいモビルスーツというのは、誰が乗っても平均以上の力を出せる機体のことだ。
そういう意味じゃ、フリーダムは完全に人を選ぶ機体だと言っていい。
キラ・ヤマト……コーディネイターの枠ですら収めきれない能力を持った少年、彼ほどの力があってようやく、その真価を発揮するのさ」
インタビュー人物エターナルの乗組員
備考各時代のパイロットより。
同弾Cフリーダムの続きでパイロットの解説。

刹那・F・セイエイ

カードページへ
証言タイトルA.D.2312年の『ガンダム』?
内容「パイロット……ああ、こっちじゃ呼び方が少し違ってね。
ソレスタルビーイングのガンダムに乗る人間は、ガンダムマイスターって呼ばれているんだ。
ガンダムを操る職人ってことさ。
もちろん、ダブルオーを操る刹那も……ん?あいつの場合はガンダムか……?
あーいや、こっちの話。
ややこしくさせて申し訳ないね、忘れて忘れて」
インタビュー人物ソレスタルビーイングの一員
備考各時代のパイロットより。

フリット・アスノ

カードページへ
証言タイトルA.G.115年の『パイロット』
内容「複雑な心境だって?ああ、そういうことね。
フリットのやって来たことを直(じか)に見れば、そんな感情は出てきやしないさ。
今まで対抗手段のなかったUE(アンノウン・エネミー)に、一矢どころか反旗を翻すことが出来たんだから。
だけど、やっぱりあいつの根は子供だ。
戦いだけで学べないところは、俺たち大人がしっかり教えてあげなくちゃな」
インタビュー人物ディーヴァの乗組員
備考各時代のパイロットより。

カミキ・セカイ

カードページへ
証言タイトルGBFT(ガンダムビルドファイターズトライ)の『ビルドファイター』
内容「聖鳳学園、トライバーニングガンダムのカミキ・セカイ君」
「全くのノーマークだったのに、今じゃこの会場で彼の名前を知らない人間はいない」
「ただ強いんじゃないわ、見る人の心に火を付けるような熱いバトルをする人……」
「いつか戦ってみたいね、次の選手権に向けて……僕たちも今から特訓だっ!」
インタビュー人物選手権の出場チーム
備考各時代のパイロットより。

ベルリ・ゼナム

カードページへ
証言タイトルR.C.1014年の『パイロット』
内容「ええっと、ベルリ・ゼナムはキャピタル・アーミィの人間で……」
「違う違う!キャピタル・ガードだよ。
その養成学校の候補生って」
「ああ、そうだった!そこで二階級も飛び級したすごい才能をもってるんだよな」
「そんなベルリがG−セルフを動かすことができて、なんだかんだで協力的でさ。
俺たちも助かってるワケよ」
インタビュー人物メガファウナの乗組員たち
備考各時代のパイロットより。

編集にはIDが必要です