租税など税金の全般や税務実務から税理士のことまで税に関するWIKIです。

はじめに


税金 税務(税理士)WIKIは租税(税金)の全般説明や税務実務から税理士のことまで税に関するWIKIです。
みなさんの参加をお待ちしています。


租税(税金)とは?

人間及び商売、財産、所得、商品、取引等から公共部門(国や地方公共団体など)が公共サービスを提供するための資金調達を目的として、私人から強制的に徴収する金銭その他の財貨・サービスです。
現代社会においては、ほとんどの国の政府が「お金(その国で使用されている通貨)」による納税方法を採用し、税金(ぜいきん)とも呼ばれています。

日本国民には納税の義務がある(日本国憲法第30条)。日本の国税庁はWebサイト内の「税の学習コーナー」において「会費のようなもの」と説明されています。

租税(税金)は、大きく国税と地方税(県税、市町村税)に分けられます。

他に国民健康保険税や税金に分類されていないが基礎年金などは、義務化されていますので実質的に税金となっています。

詳しくは税金とはをご覧下さい

租税(税金)の種類

日本国内で経済活動をしている限り、個人、法人、団体に限らず原則として必ず税金が掛かってきます。
税金には大きく分けて法人にかかるものと個人にかかるものがあります。

個人にかかる税金ですが、サラリーマンなど給与所得者と個人事業主とで掛かる税金が異なり、個人事業主は法人のような営利活動に対する税金にも税金がかかります。

給与所得者に掛かる税金
個人事業主に掛かる税金
法人に掛かる税金

また税金は固定死産税のように資産などにも掛かります。
そのほかにも国民健康保険税などの社会保障にも掛かります。
見方を変えれば年金や失業保険などの社会保障も義務化されていますので税金と呼べるでしょう。
社会保険
社会保険とは、社会保障の分野のひとつで、国民が生活する上での疾病、高齢化、失業、労働災害、介護などのリスクに備えて、事前に強制加入の保険に入ることによって、リスクが起こった時に現金又は現物給付により生活を保障する相互扶助の仕組みのことです。
年金保険
介護保険
雇用保険
労災保険
失業保険
医療保険(国民健康保険)

税金のおおまかな使い道


税金は、特にその使途を特定しないで徴収される普通税と、一定の政策目的を達成するために使途を特定して 徴収される目的税とに区分され、所得税法人税消費税普通税にあたります。
普通税は政府が予算案を提案し国会が審議して使い道が決定されます。

目的税としては、国税では地方揮発油税や電源開発促進税などがこれに該当し、地方税では水利地益税や国民健康保険税などがこれにあたります。




税金の用途(予算)

タグ

Menu

税金の用途(予算)

AD


税理士紹介コンシェルジュ

メンバーのみ編集できます