Diablo Emblemは2022年3月18日(金)〜4月28日(木)開催のイベント。
 略称(通称)はディアブロ、ディアボロ、ディアエンなど。
 正式名称はディアブロエンブレムである。ディアボロじゃないしエムブレムでもない
 久々の新作イベントである。
開催前
 発表は2021年年末のおせにゃん#129の時に9周年イベント(とある悪魔の物語)が用意される予定という形で紹介があった。
 その後3月4日のおせにゃん#130での正式な公開があり、その時の情報によると、ガチャ精霊は3体、第2弾は月末予定(3/31)とのこと。
 つまりフェアリーコードでいうプレリュードみたいな扱いのような感じだろうか…。
 そして3月15日に近日、3月16日に前日譚、3月17日にPVが公開され3月18日に開催となった。

 本イベントは久々の完全新作イベントである。
 どのくらい久々かというと1つ前の完全新作イベントは2020年10月19日に公開されたソウルバンカー*1、その1つ前は2019年11月14日のからふる!エニグマフラワーズ*2その前が、10月9日のARES THE VANGUARD、1月19日のFairyChord Preludeと簡単に6周年まで遡れるくらいには少ない。
 そのため、非常に楽しみにする人も少なくなかった。
 また、15日の情報でソロモン72柱がモチーフだと判明し、72柱の1名であるベリアル(ガッカリーズの1名)やアスモデウスが話題になったりならなかったりもした。
開催後

イベント内容

  • 本編(2022年3月18日(金)16:00〜4月28日(木)15:59)

良かった点

悪かった点

LtoLが無かった

 なかった。大進化解放祭も延期+進化数50から30程度に減少させさらにLtoL機会を奪っていくというのか…。

賛否両論点

レッジ型の死亡?

 シャロームの純属性強化がレッジ型のエンハンスより効果値が高く、ステアップ上限が高いためレッジ型がほぼ完全に死亡状態になっている。
 一応1回目使用時点ではHPだけはレッジ型のほうが勝ってはいるが、HPが欲しいだけならレッジ型でなく、サクト型のほうを使えばいい話でレッジ型特有の利点がほぼ消えた。
 ただでさえエンハンスはGA2020アリエッタの強エンハンスを消したりすることがあるのでないほうが強いとまで言われているというのに…。

一応本編ネタバレ

その他

石の数

 前日譚で3つ、PVで1つ、クエストで5×2つ、PT報酬で1+1+1+1+1+1+1+10(17個)、君の本で4+10個、超高難度で1個の合計46個?

超高難度バグ

 開始から1日程度だけ、超高難度を攻略するとなぜかエピローグのストーリーが流れるというバグが発生していた。

元ネタについて

基本本編関係ないので折りたたみ

ガチャ

 今回は3体。
 周年イベントのためかダンタリオンのみ10個目の潜在に特殊な潜在を持っている。
 3体とも、クロディラ4のエニィ&クラン以来のワイドイラスト仕様となっている。

千貌の魔神 ダンタリオン

 水 AS:攻撃・快調攻撃 SS:限界突破 EX-AS:全体化・集約
 水版ユッカ&ミコト。ダンさん。弾さんではない。
 潜在の魔神紋章は敵を倒すたびにAS強化フィールド(効果値200、最大2000)と10体撃破で継続10ターンの基礎ステアップを付与するもの。
 基礎ステータスアップはステアップではないので限界突破とは関係は無いのだが、単純にステが上がるのは美味しい。

 作中で紹介されていた彼の能力は大体原典通り。
 ゴエティアでは作中で自称している通り序列71番目の魔神にして大公爵なのだが、悪魔の偽王国には記述がないという実は立場が割と微妙な魔神だったりする。

天籠の魔道士 シャローム

 水 AS:攻撃強化・分散攻撃 SS:純属性強化 EX-AS:貫通
 新種の純属性強化。
 1度にHP3000攻撃8000(上限12000)と何とも言えない数値しか上がらないが、20%以下だと12000上昇する。
 最大値が高いのも攻撃が8000上がるのも限界突破と相性が良いが、HPがそんなに上がらないのと分散なのが玉に瑕。

 前日譚でシャロームは挨拶の言葉だと言っていたが、ヘブライ語の「こんにちは」に当たる。

獄炎の不死鳥 フェネクス

 火 AS:属性特効連撃 SS:連鎖強撃/狂暴化 EX-AS:連続化・チェインプラス
 火版元帥。

 フェネクスはいわゆるフェニックスのこと。
 序列は37番もしくは68番(ゴエティアなのか悪魔の偽王国なのかで序列が変わる)。
 もともとはエジプトの民間信仰の神鳥で、死にそうになると自ら燃えて復活する鳥として知られているたぶんベンヌあたりが元ネタでそれが変な感じに伝わってフェニックスに、そしてそのフェニックスを悪魔化させたものがフェネクスである。遊戯王になるとラーの翼神竜になる。
 一応ゴエティアの最初のほうの作品にはフェニックスとフェネクスは別物とあるのだが、同じ作者が書いた後の作品だと一緒扱いされてたりする。GABAGABA
 ちなみにキリスト教は他の宗教の神を貶める傾向にあるのだが、フェニックスは再生と復活の象徴ということで復活したキリストの影響で割と神聖視されていたりする。

 戦闘狂であり、人間を巻き添えにすることを厭わない無差別攻撃を行う、同盟を組んだ仲間を平気で裏切る、弱者をいたぶる戦い方をするなど悪魔であることを考慮してもかなりのクズっぷり。
 というか完全に本作ではヴィランポジションで登場しておりガチャ産じゃなく配布で登場しててもおかしくないほど。3月31日開始の本作の続編イベントではまた立場が変わっていそうなのだが…。

報酬精霊

 今回は無し。
 ミニイベントだからだろうか?

報酬結晶

 今回は3つ。
 報酬精霊が無いため、ドロップ周回はこちらとなっている。
 …周回要素無くてもいいのに。

天命のグリモワール

 種族が魔族と術士の味方全体のHPを300アップ。

 共闘結晶の上位互換。HPだけしか上昇しないので注意。

獄炎剣

 純属性<火>の味方全体の攻撃力を500アップ。

 いつもの。

無貌なる刃

 敵を倒すたび、自分にアンサー攻撃ダメージアップの効果を付与(20体で上限値:1200、継続ターン:永続)、20体倒すとさらに基礎ステータスアップの効果を付与(攻撃力:3000、HP:3000、継続ターン:10)(基礎ステータスアップの効果は敵スキル<のろい>による影響を受けず、重複しない)

 文章なげええ!長すぎて一時期表示がバグってた。
 要約すると1体倒すごとに自身のみのAS強化(複属性封印強化のあれ)60(最大20体の1200)が発生、20体倒すとおまけのステアップである。
 ステアップだが基礎ステアップなので反転時は無効だし、限界突破も乗らないのには注意。

超高難度

 全5戦のクエスト
 クイズカーニバル同様、限界突破の接待クエスト。
 グレートクイズカーニバルと比べると、あちらは属性反転のせいでほぼ純属性必須だが、こちらは反転が無いので融合や3倍属性などでもクリア可能。ただし難易度はどちらも変わらない感じ。
 接待精霊こそシャロームとダンタリオンだが、その2人に加えて連鎖強撃元帥や爆裂連鎖クレティアがいると恐ろしく簡単にクリアすることができる。

LtoL

 なし?
 ちなみに各周年時のLtoL状況(3月中盤におけるLtoL解放)は、6周年時(2019年)はスザクとフェアリーコードプレリュードのLtoL。7周年時(2020年)はタケル、クラヴィル、ミラノと機械と少女2のLtoL、8周年時(2021年)は無し(大進化解放祭でとぼけられた?)という状況である。
 5周年時はLtoLは無かったものの、少し前の3月9日に魔道杯総合の一斉LtoLや進撃の巨人コラボの進化があった。(後この頃は大進化解放祭の取り決めによるイベント開催時のLtoLにおける決まりがなかった)
 まだわからないが無いとした場合は今回大進化解放祭無しで何故ないのかについては謎。

関連項目

タグ

どなたでも編集できます