カルサナス都市国家連合
 
詳細
タイプ12の小国家連合*1
リーダー各都市長
種族主に亜人*2、各都市の1種族の割合は4割(ベバード除く)
人口平均40万人、最多60万人
建国不明(後述)
首都各都市
所在地バハルス帝国の北東
Media
登場作品web 書籍
※登場初期(14巻時)

概要

 カルサナス都市国家連合は、12の都市(小国家)で出来た共同体である。バハルス帝国の北東に位置する。種族は様々で亜人の都市もあり*3、冒険者組合も存在している*4
 ジルクニフの好みの女性らしいベバードを治めるカベリア都市長がいる*5

歴史

 元々は数百年前にあった巨大な国家が崩壊し、各都市が中心になった14の小国家が乱立。併合と分裂を繰り返し、「大議論」と呼ばれる討論が行われた結果、現在の12の小国家で運命を共にする連合になった。具体的な年代は不明。

競技大会

 過去の恨みを解消する目的で、5年に一度、競技大会が行われる。各都市で順繰りに行われるらしい*6。16の種目があり、中でも「コネリエ」と呼ばれる仮想戦場・殴り合い競技などで呼ばれる競技が最も人気がある。
 
コネリエ
 都市が選出した10人の強者が、『平和の戦記』というマジックアイテムが保護したフィールド内で戦う*7。最も派手な競技のため非常に人気があり、この競技だけは必ず見るという者が多い。人気のためにミスは些細なものでも許され無い。

 40年前のオークネイス大会では存在を疑われていた亡霊が発生。競技中に暴動が起き多数の死傷者が出た。警戒を緩め十分な対策を立てなかった「オークネイスの運営」は無能の代名詞となった。各都市の首脳部はオークネイスの運営はこのミスを除き、そこまで悪く無かったと判断している。 

社会

 人口は各都市(占有地含む)で平均約40万人。最も多い都市は60万人ほど。種族は各都市、都市内でも様々で、1種族が都市に占める割合は多くても4割。ただしベバードだけは違うらしいがどのように違うかは不明*8

軍事

 人間で剣技に長ける者をあげる会話で、ワーカーのグリンガムが「勇者様」「闇騎士」の二人を出した*9
 考察になるが、この会話だと、冒険者とワーカーには「冒険者の〜・ワーカーの〜」とつくので、この二人は国家所属またはフリーの傭兵かなにかと思われる。web版では、ギルド(冒険者組合)に所属する最高位がAクラスである。*10

 外敵に東に広がる草原を支配している「騎馬王」がいる。

都市

※下記は本文で記載された順番を並べている。競技大会のオークネイス大会から40年後がベバードのため、競技大会の順番とは関係ないと思われる。 
  • カルクサーナス
  • ペポ・アロ
  • 東ガイツ
  • 西ガイツ
  • ヴェネリア
  • 大リスタラン
  • オークネイス
  • 新オークネイス
  • グランウィッツ
  • リー
  • フランクラン
  • ベバード

主な人物

リ・キスタ・カベリア
 ベバードを治める現都市長。女性。4年後にベハードで開催される予定の競技大会に頭を悩ませる。上級内務員の時、バハルス帝国でジルクニフと謁見したことがある*11
リ・ベルン・カベリア
 ベバードの前都市長。キスタの祖父。80歳近くになるまでベバードをつつがなく統治した偉人。近隣から「ベバードの古烏」と呼ばれている。足が悪い。

関連項目

  • 銀糸鳥
    • バハルス帝国から都市国家連合へホームを移した。

その他

  • 勇者様と闇騎士は、web版だと同じシーンで、グリンガムが冒険者とワーカーのカテゴリーで「勇者さま」「ダークロード」と呼んでいる。*12

このページへのコメント

競技大会の開催時期っていつだろう?
個人的には秋の収穫祭の頃だと思うけどどうだろう
・農家が一段落
・暑がり寒がりにも優しいスポーツの秋
・本編の主な舞台である帝国や王国にとっては例年の戦争の時期だから話題に出なくて当然
理由はこんなところ

0
Posted by 名無し 2020年11月18日(水) 07:00:35 返信

恐らくカットされる国の一つなんだろうな。
悲しいな

0
Posted by 名無し 2020年11月02日(月) 00:00:11 返信数(4) 返信

14巻では幕間にも少し登場しだけおそらく本編でこれ以上語られ方はないだろうね。
都市国家連合に移動した銀糸鳥なんてアインズ的には現地の珍しい冒険者チームとしてそこそこいい思い出できただろうに

0
Posted by 名無し 2020年11月02日(月) 11:10:42

主要舞台以外にも世界があるんですよー的な味付けの部分かと…

1
Posted by 名無し 2020年11月02日(月) 17:03:15

オウガバトルや幻想水滸伝で見たような設定と関連キャラクターだけ存在する系のやつ
FFやドラクエみたく世界中回るお話なら出てこれたのにねぇ

0
Posted by 名無し 2020年11月03日(火) 06:36:03

キャラや国の設定だけ提示して、後は御自身でお楽しみくださいって言うのはとてもTRPGのサプリメント的かなと。

MMOとTRPGの良いところどりと言うか、武器として成立する魅力のある部分を上手に落とし込んで書籍版に仕上げている気がしますね、オーバーロード。
TRPGもサプリメント(追加ルール、世界観の新規設定などを記した書籍)を読んで、TRPGとして遊ばないまま満足しちゃう事も多いので、いっそオーバーロードの副読本みたいなものを出して欲しいような気がします。

0
Posted by 名無し 2020年11月03日(火) 06:51:35

歴史の項目のコネリエの欄、最後の一文の「そこまで悪く無かった判断している。」に脱字がありました。”と”が抜けてます。

0
Posted by 名無し 2020年08月19日(水) 23:12:23 返信数(1) 返信

ありがとうございます修正しました

0
Posted by  tanaka203 tanaka203 2020年08月20日(木) 07:42:23

東ガイツと西ガイツ

…適当な勘だけど、元ネタは現実に存在していた「東西ドイツ」のことなんだろうか。

3
Posted by 名無し 2020年05月04日(月) 16:03:57 返信

息子さんは早世したのかな

1
Posted by  tanaka203 tanaka203 2020年04月12日(日) 13:36:47 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

データベース


メンバーのみ編集できます