(Hecatia Lapislazuli)

ヘカーティア・ラピスラズリ

  • ヘカーティア(Hecatia)
    • ヘカテー(Ἑκάτη、Hekátē)。ギリシャ神話に登場する巫女神。
      エピソードによって冥界の女神、豊穣と多産の母神、辻(交差点)の監視神、月の女神、魔女の王などさまざまな神格として描かれる。このことから、三つの体をもち、天上、地上、地下の三世界へ力を及ぼすとされる。
      さらに最高神ゼウスからポセイドンのテリトリーである海洋での活動も認められている。
      月の女神としては満月を象徴するセレネ、満ちゆく三日月を示すアルテミスと並び
      欠けゆく月・新月(闇夜)を司るとされる。
      また三位一体(三相一体)の女神としても有名で、新月、半月、満月という月の三相、
      天界・地上・冥界という世界の三相、過去、現在、未来という時の三相を表す。
      その正体は定かではないが、月(特に新月)・海洋・多産の関連性
      (新月時には海は大潮となり、あらゆる生物の出産・産卵が盛んになる)
      その名前の意味(遠くからはたらきかけるもの)から、
      月が地上にもたらす潮汐力を神格化した存在だという説がある。
      その信仰は異端とされたキリスト教の影響下でも盛んで、現在にいたるまで続いている。
      • ティア(Thia)
        ヘカーテ+ティアと綴れば、彼女が関連している可能性も浮上する。
        ティアは月の女神セレネの母。
        また小天体の衝突により月が誕生したとする説(ジャイアント・インパクト)において
        衝突した天体を指す仮の呼び名でもある。
        関連:スペルカード月「ルナティックインパクト」
  • ラピスラズリ(Lapislazuli)
    • 瑠璃(るり)。青色の宝石。
    • ラピスラズリは歴史上非常に高価な絵の具として利用されており、キリスト教絵画においてはマリアの服と天空にのみ使用された。
      • 東方紺珠伝。

二つ名

  • 地獄の女神(紺珠伝、三月精第4部)
    • ヘカテーはペルセポネー(冥府の王ハーデースの后)の従者として冥府に下ったとされる。
      なお、ギリシャ神話で地獄に相当するのはタルタロスであり、こちらは冥府よりもさらに地下深くにあるとされる。

能力

  • 三つの身体を持つ程度の能力(紺珠伝)

種族

  • 神様

見た目

  • 鎖で繋がれた地球、月、赤い地球(異界)
    • 三つの体で、それぞれの世界の地獄を司っている。
ヘカーティアの帽子の上には球が乗っている。これはヘカーティアの身体が何処に存在するかによって変わり、異界に相当する幻想郷では赤色、地球では青色、月では黄色になる。また髪の色も同様に変わる。
(東京ゲームショウ2015でZUN本人が公言)
頭に乗っている大きな珠を替えると、全身別の身体に入れ替わります。
3つの身体それぞれ、性格や能力も変わっているんでしょうけど、よくわからない奴です。
(東方Project人妖名鑑 宵闇編 ZUNコメントより)
  • 青色、黄色、赤色に変化する髪
    • それぞれ地球、月、異界での体の髪色。
  • Tシャツに書かれた単語の意味は、「地獄へようこそ」だが、正確にはtoが抜けている。
  • 「3つの天体をつなぎとめ縛りつける」外見
    • 「重力」そのものを具象化か。

スペルカード

登場

このページへのコメント

秋穣子に続く二柱目の裸足の女神

2
Posted by 名無し(ID:tqgExRq19Q) 2020年01月20日(月) 09:03:33 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます