純狐

  • 純狐(じゅんこ)
    • 中国夏王朝伝説における后羿(こうげい)の妻。玄妻(げんさい)、眩妻(げんさい)、玄狐(げんこ)ともいう。
      • 純狐は初め后夔に嫁ぎ息子伯封を設けた。伯封が后羿によって征伐され、純狐は后羿の妻になった。
        その後純狐は后羿の臣下寒浞と共謀して后羿を謀殺し、寒浞と結ばれ二人の子を設ける。
      • 中国神話における羿(げい)は、嫦娥を妻としており、九つの太陽を射落としたという伝説をもつ。(后羿射日)
        嫦娥に裏切られ、最後は弟子によって殺される。

備考
  • 中国神話において、嫦娥は羿を裏切り、不死の薬を一人で飲んだ。
    その後、月に逃げ、ヒキガエルになり、月光殿と呼ばれる月の宮殿に幽閉されている。(嫦娥奔月)
    • この宮殿には仙法を学んだ罪で月の都で超巨大な(それこそ世界樹レベルの大きさの)モクセイの木を手入れする男もいる。

二つ名

  • (無名の存在)(紺珠伝)*1
    • 『老子道徳経』の一節「無名天地之始 有名萬物之母」
      • 書き下し文「名無きは天地の始まり。名有るは万物の母。」
      • 現代語訳「天地が始まった時、名前はなかった。名前が存在するようになり、物は区別されるようになった。」

能力

  • 純化する程度の能力(紺珠伝)
インタビュアー (純化する程度の能力とは)何かの性質を突き詰めるということなんですか?
ZUN  言ってしまえば神の力です。モノに名前がつく前にあった、純粋な力。
     名前がついてしまったら、神としての性質は無くなる。
     その純粋な部分をずっと持っているし、他に与えることができる。
     神を生むくらいの力です。
(東方外來韋編 壱 ZUN氏インタビューより)

種族

  • 神霊

見た目

  • 服の模様、震え凍える星から展開する翼のようなもの
    • 九尾の狐
      • 妖狐の内、長い年月を掛けて妖力を増やし、九本の尾をもつようになったもの。
        尾の数が多いほど強力とされるが、神格化していくと逆に尾は減るともいわれる。
        (関連:八雲藍Extra Stage 妖怪の式の式
      • 中国神話における白面金毛九尾。動物達の長である瑞兽のうちの一体だったり、天界より遣わされた神獣として語られる一方、人々を誑かす恐ろしい怪物という伝説もある。
        獸がおり、その性質は狐のようであり、九つの尾を持っている。この狐を食した者は蠱害(呪い)を受けることがない。
  • カラーリング
    • 玄妻の「玄」という字には「黒」「赤・黄のまじった黒色」という意味がある。春秋左氏伝には「髪が黒々としていて美しく、鏡にして映せるほどで、玄妻と名付けられた」とある。
    • 中国の歴史学者顧頡剛と童書業は、中国古代史研究の論文集「古史辨」第七冊下編《夏史三論》において、「眩妻は即ち左伝でいう玄妻、純狐は黒狐で、やはり玄妻に他ならない」としている。
  • 髪飾り
    • 大拉翅(だいろうし)。
      中国の宮廷の女の中で流行った髪飾り。大拉翅以外にも宮廷風の服を着ているが、それぞれの衣装の時代にはばらつきがある。
    • 例えば、服と大拉翅は17世紀頃に中国大陸を統治した満州族特有のもの。

スペルカード

登場

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます