デジタルキッズカードゲーム「ガンダムトライエイジ」および3DSゲームソフト「ガンダムトライエイジSP」のWikiです。


DELTA WARS 02(DW2弾)

DW2-092CP
ステータスHP+2300アタック+1600スピード+1400
バーストディフェンスここが正念場だぞ!バーストLv3
パイロットアビリティ絆カウンターシバ・ツカサをパートナーとして発動。
撃破された時復活、連携カウンター攻撃を行う
スキル陰の立役者アシストをした時、追加ダメージ+2500。【毎回】
ACE効果-
備考未参戦パイロット緊急参戦キャンペーン第2弾にて登場。ステータス合計値は5300。
HPの高いステータスに、ディフェンスバースト&アシストスキルと素直にアシストに回しやすい物となっている。しかし、対戦等でスキルを生かすなら、強襲かこちらは逆襲、決戦、縛撃持ちと組ませて共撃に呼び出される使い方が無難となるか。
そのアシストスキルは【毎回】の追加ダメージ+2500と今までのアシスト時追加ダメージのダメージ量としては最大となっているので、ACEバトルあたりでは活躍が見込める。
専用機のガルバルディリベイクは登場しないので、OA3弾Cグシオンリベイクフルシティの裏面に機体のことが語られていることから、当のOA3弾Cにある程度のアビリティレベルがあるならTKR3弾CPの反撃あたりがいいだろう。グシオンリベイクにはあまり良いのは無いので、マルチフレームシステムで逆襲あたりをセットすると良いだろう。

キャラクター解説

登場作品ガンダムビルドダイバーズ
ガンダムビルドダイバーズRe:RISE
田丸篤志
年齢不明だが、最終話でお酒を手にしていたことから、20歳以上なのは確か。
専用機ガルバルディリベイク
ロードアストレイダブルリベイク
回想シーンではガルバルディβを使用している。
証言
特記事項

フォース・ビルドダイバーズのメンバー。
リアルでの本名はナナセ・コウイチ
THE GUNDAM BASEで働く店員ナナセ・ナナミの兄。
リアルではケイワン(本名を捩ったもの)というネームでガンプラビルダーとしては高名な存在であった。

元々GPDでシバ・ツカサ達と切磋琢磨していたが、GBN稼動と同時に仲間達がGPDから離れていき、引きこもり気味の生活を送っていたが、ナナミの頼みで、GBNのレンタル用のガンプラを作る仕事をしていた。

ガンプラ作りを教えてもらうのが目的でリク達に説得されていたが、ストーカー同然の手口でしつこく食い下がった為、ナナミに文句を言っていた。
その後、自宅でGBNにダイブし、バトルデータを見た際考えを変え、メンバーに加わることになった。
いよいよフォース(GBN内のチームの事)結成となったときに、ダイバーランクがFだったことから、結成は持ち越すことに。
次の話で、Dランクに昇格したことで、フォースを結成。フォース名はビルドダイバーズと命名し、新人フォース向けのイベントミッションに挑むことに。
5人でのイベントだったが、ビルドダイバーズは5名でサラも入っていたが、彼女はバトルには参加しないメンバーだった為、アヤメに加わってもらうことに。
THE GUNDAM BASEの店員になっていて、色々アドバイスをしていた。
また、リク達が修復していたガルバルディβのガンプラをベースにして、ガルバルディリベイクを作り上げる。
フォース戦では、BPD時代に培った作戦立案能力をフルに活かして前線で指示を出しロンメル率いる第7機甲師団のダミーフォース・第7士官学校を相手に勝利する。

初勝利からちょっとして次の相手を選ぶ際、マギーからの勧めでベアッガイフェスに行くことに。
そこで出会った、フォース・アークエンジェルのカナリステアからイベントの話を聞き参加することに。
コーイチはユッキーと行動するが、イベントの際は、モモの救援を受けていたが、こちらも宝箱を発見するも「ハズレ」を引いた為、「早く来てよ!!」と急かされる羽目に。

バトランダムミッションに挑む際、相手がフォース・百鬼でリーダーがオーガだったことを知り、リクはサラとの約束もあり、トランザムは使わず、今の集大成をすべてぶつけると言ってミッションに挑むことに。
アヤメと共に、前線で百鬼の進攻を止める役割で、オーガが接近しひるむが、そのまま通過しローズと対決する。
途中、アヤメにリクの援護に向かうように頼み、自身はローズを抑えることに専念、そのまま対戦が終了する。

ビルドダイバーズにも有志連合参加のメッセージが届き、リク達も参加することに。
出撃後は包囲部隊に加わっていた。
第11話も同じような状態だったが、第12話でアヤメのRX−零丸が中破して漂っているのを発見し、安全な場所まで運んでいる。その後、リクがトランザムを起動させ、攻撃が効かずに距離をとった瞬間にビグ・ザムに率先して攻撃を仕掛けた。
撃破後はダブルオーダイバーエースの光の翼の現象について聞いていたが、モモに却下された。

AVARON主催の慰労会には参加せずアヤメを探していたが、フォースネストを改装することになった際、サラからリアルのリクが別の場所に居ることを聞きログアウトし、リクにいる場所に向かう。
到着した時には、半壊したダブルオーダイバーエースを手にするリクがいた。
去っていく人影を見つけたコウイチは、その人影を追いかけそれがツカサと知り話をするが、物別れに終わる。
その後、ツカサの事で謝罪するが、GPDをプレイしたことで何かを得たと言うことで感謝していると告げた。
ガンダムベースに戻ると、アヤメのリアル・フジサワ・アヤがいて、照れながらも自己紹介をしていた。
ダブルオースカイのデビュー戦に、ロータス・ミッションを選び、シャトルを担当。
その前に、作り直したアヤメのRX−零丸をほめていた。
シャトルを自作しミッションに投入。モモと2人で操作していた。

次はGBN内の島の所有権をめぐり、シャノアール・ネオとフラッグ戦を行うことに。
フラッグ戦では後衛を担当し、防御に徹する。
その後も何度か撃破されるが、追い詰められた時には防御に回り撃破され待機状態になる。
結果はモモが取ったため、ビルドダイバーズの勝利となる。

サラが電子生命体・ELダイバーであることを、出会った鳥の姿のメインプログラマー・ミス・トーリから聞いた時はショックを受けていた。
リク達がGBNでサラを探し回っている間に、サラ用のボディを作り上げ、ツカサにサラの転送プログラムを組むように頼む。
一応完成するがシミュレーションの結果、成功率が5%と低いものの、方法があるということで有志連合にも連絡するが、GBNが消滅すると言うこと却下され、サラ奪還の為対決することに。
レイドバトルの日に、シャノアール・ネオと個人参加でマギータイガーウルフが加わり奪還作戦の変則フラッグ戦が開始されることに。
しかし、作戦はロンメルに読まれていた為、激しい攻撃にさらされることになった。

フラッグ戦勝利後、メインタワーに戻ってくるが、レイドボスがバグの影響で強化されタワーに巻きついていた為、倒すことに。
その際、ツカサがアストレイノーネームで援護に駆けつけ、かつてのコンビネーションが復活した。

その後、リアルでおつかれ会をすることになり、リアルでは初めてマギー、オオガミ・コタローキスギ・キョウヤと出会う。
リュック・アルジェが現れた時は、驚いていた。
マギーのお店・アダムの林檎で楽しく騒いだ後、最後はGBNにダイブし、新しいエリアに向かうのだった。

続編のRe:RISEでは自宅でELダイバーのサルベージを行っており、作中ではメイをサルベージしてサラと引き会わせている。

ロータスチャレンジVerエルドラでは、1stエリアで待ち構え、ハンマープライヤーでモモカプルを打ち出すことに戸惑っていた。ミッション後はアヤメと共にパルと会話をし、エクスヴァルキランダーのギミックを褒めていた。

パルがエルドラでの戦闘時に、戦闘前にデュビアスアルケーガンダム対策を兄や仲間(コーイチにタイガーウルフ、その場に居合わせたオーガ)に聞いていた際、アドバイスを送っていた。

アルスがGBNに侵攻してきた際の総力戦では、ツカサとともにロードアストレイダブルリベイクで出撃。
息の合ったコンビネーションを見せながら、メイとともにアルスの戦艦を一隻沈めている。

Menu

メニュー(08/31更新・EB02)

トップページ

概要・遊び方
カードデータ説明
イグニッションカード
ヴァリアブルカード
ブーストカード
戦場
モビルスーツアビリティ
ハイパーアビリティ
パイロットスキル
パイロットハイパーアビリティ
バースト
必殺技
機体特殊系統

ICカードでの遊び・対人戦等
階級・アバター
バトルパートナー
Gオーダー
機体レベル
パーツ
AGEシステム
ビルドMSシステム
ビルドMS一覧
ビルドMS開発リスト
マルチフレームシステム
フレームMS一覧
対戦ルール
(OA1弾で「ACEバトル」、OA3弾で「コストバトル」、DW1弾で「デルタバトル」、追加)
ハロショップ

一人用ゲームモード紹介
ミッション系統
ミッション概要
オペレーションモード
クロニクルモード(VS弾)
チャレンジモード
特訓モード
クロニクル保管庫
※過去(VS弾まで)について保管
疑似対戦系統
ネットワークマッチングモード DW1弾より
ランクアップバトル
SPライバル
エンブレム

カードリスト
EB02カードリスト
EB02IGN
EB02BST
EB02CP
プロモーションカードリスト

バージョンアップ履歴
登場MSリスト
登場パイロットリスト
登場予定・敵MSリスト
関連商品
用語集BGM
セリフ集

3DSゲームソフト
ガンダムトライエイジSP
概要など
「SP」専用メニュー

編集にはIDが必要です