デジタルキッズカードゲーム「ガンダムトライエイジ」および3DSゲームソフト「ガンダムトライエイジSP」のWikiです。


BUILD G5弾(BG5弾)

BG5-064M
ステータスHP+1800アタック+800スピード+1200
バーストディフェンスそういうものを使う意味が分かっていない!バーストLv3
スキル息の合った援護ラウンド1にGパワー+2。
ラウンド2のみ仲間全員のスピードを20%増加する。
備考3組目のWパイロットカードで登場。ステータス合計値は3800。
ステータスはアタックが一番低い技巧型。開幕必殺等でうまく立ち回ろう。
バーストは2枚の間を埋めるディフェンス。スキルは当然の如くGパワーゲインで、レアリティの格差か+2どまりだが、ディフェバでGパワーゲインは本カードと対極の割振りであるアタック全振りドモン位しかなく、高レアでは本カードが初となる。
また、ラウンド2に全体のスピードアップが入るため、重要な局面での一押しができサポートとして非常に優秀。
ただ、アタックが平均以下なので高いアタックの機体に乗せても障子スキルを持ったEXミッションの雑魚(とりわけ黒獅子道場改)をタイプ上の有利を衝いた上で落とせないこともあるため、通状攻撃で仕掛ける場合はロックオンする相手は良く考えよう。
対人戦環境だとラウンド2が天王山のため相手との差を開くにはうってつけといえる。
専用機のGルシファーは同弾P、CPともに火力をアビリティに依存するタイプ(しかもどちらも確率発動)で、サポートとしての役割を果たしつつ、あわよくば大ダメージも・・・という運用になるか。専用機にこだわらないなら、守りをしっかり固めて裏方に徹するか、火力を補って戦力にするのか、方向性を決めて運用してやろう。

VS IGNITION 03(VS3弾)

VS3-063R
ステータスHP+1400アタック+800スピード+1600
バーストアタックラライヤ、止めて!やめてください!バーストLv2
スキル勝ち気な少女
絶妙な連携
攻撃時、ずっと相手のスピードを20%減少させる。【毎回】
ラウンド2からずっと仲間全員のスピード+600。
備考複座祭り第2弾の4組目はララノレが再登場。2年半越しのR落ちとなり、これによりBG6弾までの複座はすべて2枚目が出揃う形となった。
アタックの数値はMと同じだが、バーストの関係でHPとスピードへの振り方が変わっている。高スピードのアタックバーストとなったので、BG5弾Pクリム繚乱4弾Mザザが無ければ対戦・ネットマッチでの活躍は難しいだろう(ラウンド2以降は様々な手段があるが、攻防が重要なラウンド1に限れば先の2枚のみ)。ミッションはアタックが高めの機体と組ませたい。
スキルは攻撃時の発動のため、追加攻撃系に乗せるとよい。なまじアタックが低いのを逆手にとってバシバシ敵の能力(狙撃系(専用機のルシファーなら狙撃持ちのBG6弾M版がある。持ってない人は超狙撃持ちのビルドMS版(アビリティスイッチ2回目)でも代用可)なら攻撃と同時にスピードとアタックを同時に下げられ、電刃系ならスピードをかなり下げられる。この手のスキルの開祖であるB5弾Mレーン参照)を減衰させてやろう。

キャラクター解説

登場作品ガンダム Gのレコンギスタ
福井裕佳梨(ラライヤ)
寿美菜子(ノレド)
年齢不明
「G−レコ」全パイロットに共通して現時点で設定なし
階級不明(ラライヤ)
なし(ノレド)
別バージョンパイロットラライヤ・マンディ(同時出撃可能)
ラライヤ・アクパール(同時出撃可能)
専用機G−ルシファー
特記事項パイロット名及びセリフのカラーはラライヤはホワイト(通常のパイロットと同様のカラー)、ノレドはレッド表記。
ラライヤ単体版は個別に存在する。過去の例に倣って別キャラ扱いとして同時出撃可能。
G−セルフの全武装パックとの専用機補正は無い。

記憶を取り戻す前はこちら

記憶を取り戻したラライヤは自らの名がラライヤ・アクパールであること、
トワサンガから地球に送り出されたレイハントン家の人間を探すため、
ドレッド艦隊の先遣隊の偵察員として単独で降下してきたことをメガファウナのクルー達に明かす。
記憶喪失時の幼児のような振る舞いやチュチュミィとの触れ合いはなくなった。
(アニメジャパンG−レコ質問コーナーではチュチュミィはフラミィ(家族同然だった近所のお姉さん)の代わりであったと答えており、
 記憶を取り戻したと同時期に彼女と再会したため、チュチュミィは彼女の中でその役目を終えたものと思われる)
記憶を取り戻したあとはメガファウナのパイロットとして活躍。
もともと軍人ということもあってか落ち着いた女性としての側面も見せ、ノレドと共にベルリを叱咤し、精神的に支える存在となった。
鹵獲したモランや1000年以上改修を続けて使用されてきた作業用MSネオドゥに搭乗したほか、ベルリ休養時にはG−セルフにも搭乗。
地球圏に戻ってからはジット・ラボから奪った(技術者やテン・ポリスのMSも同行しているためラ・グー総裁の了承を得ている可能性あり)G−ルシファーに搭乗。
巨大MAユグドラシルとの戦闘ではG−セルフG−アルケインの突破口を開く活躍を見せた。

地球に降りてからはアーミィやジット団との乱戦状態の中、キャピタル侵攻のため進軍していた大統領派のアメリア艦隊と遭遇。
立場上アメリア軍に手を出せない(彼女が直接手を下すと停戦命令及びその後の指示が出せなくなる)アイーダに代わり、
暴走したアメリア艦隊を力尽くでも止めるという役割(見方によっては汚れ役)を果たし、アイーダも彼女に労いと感謝の言葉をかけた。
争いが終結した後はクレッセントシップで世界一周の旅に出た。


ノレド・ナグベルリのガールフレンド。
セントフラワー学園の生徒でありチアガール。ルインと同じくクンタラ出身でもある。
記憶喪失のラライヤの事実上の世話係で、記憶が戻ってからは同世代の友人として接する。

当初はメガファウナでのベルリに対する人質という立場であり、キャピタルに帰りたがっていたが、
キャピタル内でアーミィの力が強くなったことでベルリがメガファウナを帰る場所と思うようになったこと、
アーミィがラライヤの身柄を欲しがっていたことなどから、彼女もベルリ、ラライヤと共にメガファウナへと帰ることになる。

ラライヤが手から離れたあとは自分の役割に悩み、クルーの手伝いなどをしていたが、
マスクのG−セルフ強奪作戦に参加し、結果的にメガファウナに置き去りにされた旧友のマニィ・アンバサダの影響もあってMSの操縦訓練をするようになる。
訓練の際にジーラッハに搭乗したほか、クレッセントシップの船外活動でザンスガットに搭乗していたと思われる描写がある。
地球圏での戦いではG−ルシファーにナビゲーター兼ガンナーとして搭乗。
ラライヤをサポートしつつ、得意のパチンコを思わせる正確な射撃でトワサンガの軍艦クノッソスを後退させるなどの活躍も見せた。

戦後はクレッセントシップの世界一周の旅に同行しつつ歴史政治学の勉強をしていたが、
日本で降りたベルリに置いてけぼりを食らい、号泣することになる。
その際にベルリからチュチュミィの世話を頼まれた。

Menu

メニュー(9/17更新・DW03)

トップページ

概要・遊び方
カードデータ説明
イグニッションカード
ヴァリアブルカード
戦場
モビルスーツアビリティ
ハイパーアビリティ
パイロットスキル
パイロットハイパーアビリティ
バースト
必殺技

ICカードでの遊び・対人戦等
階級・アバター
バトルパートナー
Gオーダー
機体レベル
パーツ
AGEシステム
ビルドMSシステム
ビルドMS一覧
ビルドMS開発リスト
マルチフレームシステム
フレームMS一覧
対戦ルール
(OA1弾で「ACEバトル」、OA3弾で「コストバトル」、DW1弾で「デルタバトル」、追加)

一人用ゲームモード紹介
ミッション系統
ミッション概要
オペレーションモード
クロニクルモード(VS弾)
チャレンジモード
クロニクル保管庫
※過去(VS弾まで)について保管
疑似対戦系統
ネットワークマッチングモード DW1弾より
ランクアップバトル
SPライバル
エンブレム

カードリスト
DW03カードリスト
DW03IGN
DW03CP
プロモーションカードリスト

バージョンアップ履歴
登場MSリスト
登場パイロットリスト
登場予定・敵MSリスト
関連商品
用語集BGM
セリフ集

3DSゲームソフト
ガンダムトライエイジSP
概要など
「SP」専用メニュー

編集にはIDが必要です