デジタルキッズカードゲーム「ガンダムトライエイジ」および3DSゲームソフト「ガンダムトライエイジSP」のWikiです。


VS IGNITION 03(VS3弾)

VS3-080SECタイプディフェンダー
ステータスHP 5000アタック 4200スピード 1000
必殺技ゼロ・オー6400コスト6MSアビリティ逆襲+1
適性宇宙○地上〇水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットリボンズ・アルマーク
備考002ndシーズンを締めくくった、ソレスタルビーイングの始まりともいえるガンダムがR2とともにSECで参戦。ステータス合計値は10200。
ステータスはR2のHPとスピードをそっくりそのまま入れ替えたようなものとなっており、アビリティ発動に適した配分と言えるが、いつもの如くスピードが低いのは閃烈で封じられたり、余分なダメージを負って撃墜が避けられない点は要注意。
地形適正は、見た目そっくりの機体と同じ適正で★は作れないが、全適正強化すれば砂漠固定ステージ以外のアクシデントは回避できる。アビリティの運用上、基礎アタックの下がる森林だけは回避したい。
パイロットは専用のリボンズだと本弾Mがステータスがかみ合い、スキルは必殺毎回半減と対戦&ネットマッチでは常用する組み合わせではないが、はまった時は非常に強力なのでうまく使ってやりたい。
ミッションでは適当に使っていても高いHPとスキルで非常に頑強だが、頑丈すぎて逆襲のダメージボーナスがとりにくく、火力が伸び悩むという点はあるが、うまく削り要員などで使ってやりたい。
それ以外は定番のBG6弾CPティエリアTKR1弾M石動の防御0コンビに、アビリティ封印のVS2弾Mトロワ、後攻クリ確のTK3弾Mトビア6弾MジジットB1弾Mジュドーなどのディフェンスバースト+壁スキル持ちが無難となってくるが、先攻ディフェンスバースト封じや戦迅、バースト封印持ちデュアルアームズ機やGオーダーなどのバースト封印手段の前では手も足も出ずに…ということも想定されるので、うまく僚機でカバーしたい。
また、1撃もらってスピードバーストで、という方法も悪くないが、前述の通り、基礎スピードが低すぎるのでICが育っている人でないとうまく活用できなかったりする(適正に○以上が無いので加速しにくいのも拍車をかける)ので、無理に狙う戦術ではないが覚えておきたいところ。プレイして手札が揃えばスピードダウンやアタックダウン手段を駆使しつつ狙えるし、スピバではなく鉄血4弾Pヒイロ、繚乱2弾Pムウ、繚乱4弾Pガエリオ2期など、スピードが上がるディフェバで奇襲するのもよいだろう。
また、ネタになるが中の人繋がりでアムロを乗せるのもいいかもしれない(おすすめは5弾CPZ1弾MBG1弾R)。
余談だが、カードイラストのポーズは0弾Pガンダムと殆ど同じ(本機の方がやや猫背めに見える)になっており、意識している事が伺える。

OPERATION ACE 03(OA3弾)

OA3-088ANNIV.タイプガンナー
ステータスHP 2200アタック 3000スピード 3500
必殺技ゼロ・オー5600コスト5
MSアビリティ急襲
乱射
乱射発動時武器属性ビーム
適性宇宙○地上〇水中▲森林○砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器ビーム専用パイロットリボンズ・アルマーク
ACE効果-
備考SEED&00特集弾のような様相の中で、OA3弾のアニバーサリー3枚目に選出。X1以来の、SEC機体のアニバーサリー落ち(正規のライバル機枠でもあるリボガン涙目)でもある。ステータス合計値は8700。これで系統:CBのWアビリティ持ちは3枚目になった。
乱射としてはHPが低いので、急襲で相手を撃破してから使うことになりそうなのでミッション向けといえる。
専用パイロットのリボンズは本弾Mでも良いが、低レアなら例外バーストながら必殺クリ確と急襲が噛み合わないB2弾Cよりは、ディフェバ封じを持つ繚乱4弾Cのほうがお勧め。アタック補正は低いので乱射との相性は良くないが、急襲だけでは倒しきれない相手をこれで補うこともできる。
対戦で使うならエースバトルでエース指定したならまだしも、エース指定してなかったり、それ以外のルール(本カードがアニバなのでコストバトルではなくチームバトル前提)なら耐久が致命的になるので同弾PレティシアSPパック17ウッソ繚乱1弾Mヒイロなどの壁持ちスピバを乗せると安定するだろう。
一方で防御を捨てて攻めに特化させる場合はまずはアタックアップ+全攻撃クリ格のOA2弾Pウインドが挙がり、次にOA1弾Mユッキーなら追加ダメージでダメージを拾うことが出来る。特にACEバトルの場合は敵ACEに仕掛ける場合も急襲+スキルで有効打が取れるだけでなくむしろこっちが本番ともいえる乱射(ACEに指定しない場合実質1500×3)と効果的にダメージを与えることが出来る。後はウインドの下位互換になるOA1弾Mゼハートだが、こちらは絆カウンターがあるので気休めではあるが保険がかけられるようになっている。後は例の2人対策でスコアタでおなじみの3割アップ組のアタバが挙げられる。追加攻撃で狩られやすいのが難点だか、元から耐久は低めなのであまり受けには期待せず、攻め特化させた方が良いものの縛撃は鬼門と言えよう。
また、前回と同じようにネタになるが、中の人繋がりでアムロを乗せるのもいいかもしれない(おすすめはB5弾P鉄血の1弾M鉄血の6弾POA2弾M。低レアには良いのが無い)。
余談だが、カードイラストのポーズは、本機のデザインを手掛けた大河原邦男氏(機体解説の項を参照)が過去に描いたビームサーベルを引き抜いたガンダムの設定画と同じポーズである。ちなみに、アニバーサリーの機体に同じポーズをした機体がいる。

機体解説


登場作品機動戦士ガンダム00 2nd Season
開発系統ソレスタルビーイング(成長傾向:標準型)
その他特殊系統ガンダム系・太陽炉搭載機
格闘武器ビーム・サーベル打撃
射撃武器ビーム・ガンビーム
ディフェンダー通常武器:格闘武器
ビルドMSVS3弾
特記事項GNドライヴを組み込んだ実戦配備型(ACD)での参戦。
(GN粒子貯蔵タンク装備時は背部にコーン型スラスターを装着していない。)

ソレスタルビーイング(CB)ののガンダム。
デザインモチーフは初代ガンダムがモチーフ(水島監督が「この世界の0となるガンダム」+初代という内容でオーダーしたらしい)となっており、
デザイナーも初代ガンダムを手がけ、ガンダムシリーズと縁が深い大河原邦男氏が担当している。
(本ゲームではトライゼータゴッドマスターF91RRドライオンIIIのif機のデザイナーでおなじみ)

後の全てのガンダムおよび太陽炉(GNドライヴ)搭載機の礎となった機体であり、
太陽炉の周辺機器やコーン型のスラスターが大型であるなど、まだ技術的に未熟な部分が見受けられるが、
GN粒子による慣性制御による高い機動性やビーム兵器の搭載など、
機動兵器・ガンダムとしての基本的な能力はこの段階で確立している。

武装はビームガンとビームサーベル、そしてシールドとオーソドックスなものとなっている。
まだ試作段階であるため、後のガンダムや太陽炉搭載機などの武装に見られる「GN」の文字が冠されていない。

また、背部の太陽炉から放出されるGN粒子を
巨大な光の翼状に展開することで、機体の防御や電波撹乱、そして威嚇の効果を持つGNフェザーの機能が備わっているが、
粒子消費量に難があるということで、後の機体には搭載されていない。
※ファーストシーズンの1stオープニングでエクシアがそれっぽいことをしているため、案外、機能が残されているのかもしれない(演出の都合と言ってしまえばそこまでだが)


幼少期の刹那(ソラン・イブラヒム)が目撃した際はグレーであった(ロールアウト時の機体色で、マイスターが決定した後にカラーリングが行われる。
エクシアもワンカットのみロールアウトカラーが出ている)が、改装に伴い、カラーリングもトリコロールに変更された。
また、コーン型スラスターの形状が実戦配備型とは異なっている。

その後は第2・第3世代機の開発のためのデータ収集に貢献し、1stシーズン時はCBのサポート組織であるフェレシュテに保管され、太陽炉はアストレアなどの第2世代機に使い回される。

その後、太陽炉搭載型MSはこの機体を起点としてアストレアを起点とする第2世代機と
リボーンズガンダムへと行きつく後継機1(アイ)ガンダムとおおまかに2つの系統に分けられている。
スローネを起点とする疑似太陽炉搭載機は別系統

2ndシーズンではCBに返還され、太陽炉はツインドライヴシステムのためにダブルオーの左肩に搭載された。
アロウズ及びイノベイターを名乗るイノベイドたちとの最終決戦に備え、グレー基調からトリコロールに変更された状態でプトレマイオス2(トレミー)に搬入され、CBの砲撃手兼予備マイスターであるラッセ・アイオンが搭乗。アリオスやGNアーチャーとともにトレミーの防衛にあたった(太陽炉はこの時ダブルオーに移設されていたため、粒子貯蔵タンクで稼働している)。
その後、粒子が尽きて放棄されていたところをリボンズが発見。
ダブルオーライザーから奪取した左肩の太陽炉(本機が元々装備していた方)を搭載して再起動したが、最後は刹那が駆るガンダムエクシアリペアIIと交戦し、GNソード改に胴体を貫かれ爆散、討ちとなり、太陽炉も失われた。

ガンダムビルドダイバーズでは17話のミラーミッション・第2関門「炎の千本ノック」の
出題者としてバッティングラム野球帽を装備した本機体(ロールアウトVer)が登場。
読売巨人軍カラーで塗られており、これについては
オーと王貞治氏(現福岡ソフトバンクホークス会長兼GM)を掛けたこと(しかもオーガンダムも氏の打法である一本足打法を取っている)と
・オーガンダムのマイスターであるリボンズ・アルマークの中の人(蒼月昇=古谷徹)ネタで巨人の星の主人公「星飛雄馬」役のネタ
2つのネタが統合された要素で仕上がっており、ユッキードージに強襲弾を見舞っている。


※装甲の付け替えで素の0ガンダムも再現可能
また、本機のバリエーションとして、
GNフィールドを展開する機能を持つ増加装甲ををまとったフルアーマー0ガンダムが存在する。
最終決戦を前に0ガンダムとともにトレミーに搬入されるも、
実際は粒子貯蔵タンクで出撃したため、粒子消費量が激しいこともあり使用されることはなかった。
ちなみにデザインモチーフはFA−78−1 フルアーマー・ガンダム(リンク先はTB版)。


上位演出技:ゼロ・オー
動きが殆どGダイヴ・スラッシュに似ている。
初代を参考にした機体故か。
トドメ演出は00 1st season第1話にて、
ソランを救った後にGNフェザーを展開しながらこちらにふりむいたシーンの再現。
そうか・・・君にとって僕は神か

Menu

メニュー(11/2更新・OA04)

トップページ

概要・遊び方
カードデータ説明
イグニッションカード
戦場
モビルスーツアビリティ
ハイパーアビリティ
パイロットスキル
パイロットハイパーアビリティ
バースト
必殺技

ICカードでの遊び・対人戦等
階級・アバター
バトルパートナー
Gオーダー
機体レベル
パーツ
AGEシステム
ビルドMSシステム
ビルドMS一覧
ビルドMS開発リスト
マルチフレームシステム
フレームMS一覧
対戦ルール
(OA1弾で「ACEバトル」、OA3弾で「コストバトル」、追加)

一人用ゲームモード紹介
ミッション系統
ミッション概要
オペレーションモード
クロニクルモード(VS弾)
チャレンジモード
クロニクル保管庫
※過去(VS弾まで)について保管
疑似対戦系統
ビルドダイバーズモード OA1弾より
ランクアップバトル
EXダイバー
エンブレム

カードリスト
OA04カードリスト
OA04IGN
OA04CP
プロモーションカードリスト

バージョンアップ履歴
登場MSリスト
登場パイロットリスト
登場予定・敵MSリスト
関連商品
用語集BGM
セリフ集

3DSゲームソフト
ガンダムトライエイジSP
概要など
「SP」専用メニュー

編集にはIDが必要です