デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


機体解説

出典作品機動戦士ガンダムSEED DESTINY
形式番号ZGMF-X56S/α
頭頂高18.4m
本体重量78.3t
武装高エネルギービームライフル、ヴァジュラ・ビームサーベル、機動防盾、エクスカリバー・レーザー対艦刀、他
専用機パイロットシン・アスカ
ルナマリア・ホーク
本館

B4弾P・B4-023

証言タイトル「奇妙な『デジャヴ』」
内容「強奪された3体の新型を追うもう1機のモビルスーツは最初赤い色をしていたんだが、飛来してきた新たな翼と合体して、今度は青い色に変化した……
そこで俺は思い出しちまった。
翼の生えた青い機体が強奪された新型と戦うって、昔に同じようなことをウチが仕掛けたんだって」
インタビュー人物ザフト軍の士官
備考「衝撃」の名を持つガンダム、新たな戦火の中へ飛び立つ。
証言内容は2年前のガンダム強奪事件とダブらせたもの。このシチュエーションの為とはいえ、ザフト軍の警備やセキュリティに突っ込んではいけない。

B4弾C・B4-024

証言タイトル「『衝撃』のガンダム」
内容「コアスプレンダーと呼ばれる小型戦闘機がコックピットとなり、上半身のチェストフライヤー、下半身のレッグフライヤーと合体することでインパルスは完成するんだ。
シルエットシステムという武器換装機構も取り入れられていて、フォースシルエットはビームライフルをメインとした高機動戦闘仕様なんだよ」
インタビュー人物ザフト軍の開発担当者
備考本機の合体機構と換装機構シルエットシステムについて。

B5弾M・B5-034

証言タイトル「使える『者』がいるからこそ」
内容「フォースシルエットは機動性を重視した仕様なんだけど、ソードシルエットに設定されているレーザー対艦刀『エクスカリバー』を装備させることも可能なんだ。
単純に考えりゃ高機動戦闘と対モビルスーツ戦闘の両方をこなすことが出来るお得な仕様だけど、シンの操縦技量があるからこそ成立しているのさ」
インタビュー人物ミネルバの乗組員
備考

B8弾C・B8-032

証言タイトル「無敵を『墜とした』」
内容「そりゃあ、後に作られた兵器の方が優れているのは当たり前さ。
だけど、相手が相手だけに驚くしかないよ。
オレ自身、あのフリーダムってモビルスーツの強さを実際に味わったからこそ断言できる……
シンのインパルスは間違いなく大金星をあげやがったぜ!!」
インタビュー人物ザフトの兵士
備考第34話より。フリーダム撃墜について。

BG1弾CP・BG1-080(未)

証言タイトル「『』」
内容「」
インタビュー人物
備考

BG4弾C・BG4-019(未)

証言タイトル「『』」
内容「」
インタビュー人物
備考

鉄血の2弾R・TK2-027(未)

証言タイトル『』
内容「」
インタビュー人物
備考

鉄血の3弾C・TK3-022(未)

証言タイトル『』
内容「」
インタビュー人物
備考

鉄華繚乱1弾R・TKR1-030(未)

証言タイトル『』
内容「」
インタビュー人物
備考

鉄華繚乱2弾CP・TKR2-081(未)

証言タイトル『』
内容「」
インタビュー人物
備考

VS4弾C・VS4-016

証言タイトル『一瞬』で
内容「一瞬でも目をそらせば、それを悔いる間もなくあの世へ連れて行かれる……
それが戦闘なんだ。
敵機の性能を一瞬でたたき込んで、一瞬で対応策をはじき出し、一瞬で行動に移す。
しかしザフトの新型は、そんな戦闘中に機体を換装し、一瞬で性能を変え……
自分は今、こうして病院のベッドからあなたにその話をしている。
ああ、生き延びられたのは幸運だったとしか言い様がない」
インタビュー人物地球連合軍の元パイロット
備考

DW4弾ヴァリアブルP・DW4-021

証言タイトルデスティニー『シルエット』を経て
内容「デスティニーの当初の開発コンセプトは、インパルスがシルエット交換によって獲得した多様性を1機の機体に集約させることにあったの。
そのためインパルスをベースとして、各シルエットを統合した新シルエットの開発が進められていたんだけど……
結果、ゼロから開発した方がより高性能機になるというデータが取れて、新規機体であるデスティニーの開発へとシフトしたいったのよ」
インタビュー人物ザフトの女性開発者
備考デスティニーガンダムへヴァリアブル。

DW4弾CP・DW4-083(未)

証言タイトル『』
内容「」
インタビュー人物
備考

VPR-025(未)

証言タイトル『』
内容「」
インタビュー人物
備考

編集にはIDが必要です