アイドルマスターシンデレラガールズに登場する藤原肇の情報Wikiです。

ユニット一覧

ユニット名メンバー備考
Age16藤原肇・今井加奈・高森藍子アイドルLIVEツアーinUSA 2012/11/14〜26
アイドルLiveツアーinイタリア 2013/3/14〜3/26
LIVEツアーカーニバル in ドイツ 2013/8/29〜9/10
D・L・F藤原肇・柳清良・首藤葵第3回ドリームLIVEフェスティバル
2013/10/9〜16
浴衣祭り12's藤原肇・奥山沙織・海老原菜帆新春LIVEツアーカーニバル
2013/12/26〜2014/1/8
月下氷姫鷺沢文香・藤原肇第5回ドリームLIVEフェスティバル
2014/1/30〜2/6
桜朔夜藤原肇・高峯のあ・鷹富士茄子ひな祭りLIVEツアーカーニバル
2014/2/26〜3/10
水彩のハルモニア松山久美子・藤原肇・涼宮星花第6回ドリームLIVEフェスティバル
2014/3/31〜4/7
フィッシュパラダイス藤原肇・浅利七海・首藤葵第5回アイドルLIVEロワイヤル
2014/6/17〜6/23
岡山親善大使乙倉悠貴・藤原肇第7回アイドルLIVEロワイヤル
2014/10/10〜20
織田の重鎮桃井あずき・藤原肇戦国公演 天魔の乱
2014/11/7〜11/12
ロワイヤル・デュオ藤原肇・相原雪乃アイドルLIVEロワイヤル バレンタインSP
2015/2/9〜17
肇と美紗希の女子力レッスン藤原肇・衛藤美紗希花見DEドリームLIVEフェスティバル
2015/3/31〜4/8
川の釣り人藤原肇・浅利七海・浜口あやめ御伽公園 ふれあい狼と小さな赤ずきんちゃん
2015/4/9〜16
饗宴幻夜藤原肇・桃井あずき・楊菲菲浴衣DEドリームLIVEフェスティバル
2015/6/30〜7/8
ピュアリーツイン with 肇浅野風香・藤原肇・奥山沙織第15回ドリームLIVEフェスティバル
2015/8/31~9/8
山紫水明藤原肇・依田芳乃第16回ドリームLIVEフェスティバル
2015/9/30〜10/8
湯めぐり娘藤原肇・遊佐こずえ・ケイト第17回ドリームLIVEフェスティバル
2015/10/31〜11/8
バレンタインロワイヤル藤原肇・相原雪乃・大和亜季第14回アイドルLIVEロワイヤル
2015/11/9〜11/16
エンジョイメーカー藤原肇・関裕美・西島櫂夏祭りDEドリームLIVEフェスティバル
2016/6/30〜7/7
お月見団子座談会藤原肇・丹羽仁美・難波笑美アイドルLIVEロワイヤル お月見SP
2016/9/21〜9/29
パストデイズ・シンガーズ藤原肇・村上巴・長富蓮実第25回ドリームLIVEフェスティバル
2016/10/31〜2016/11/6
乙女神楽・急藤原肇・安部菜々・道明寺歌鈴第26回ドリームLIVEフェスティバル
2016/12/31〜2017/1/9
NH NETWORK藤原肇・高峯のあ第27回ドリームLIVEフェスティバル
2017/1/31〜2017/2/7
Four Wind Colors藤原肇・喜多見柚・原田美世・乙倉悠貴第28回ドリームLIVEフェスティバル
2017/3/31〜2017/4/9
ビビッドカラーエイジ藤原肇・今井加奈・高森藍子第23回アイドルLIVEロワイヤル
2017/5/19〜2017/5/16

各ユニットごとの記事とメンバーのその時のカードの画像、備考の詳細情報の追加(出現した精確な期間、その後の登場)お願いします
※日時の表記はイベント全体開催時間であり、実際に見られる期間はもっと限られている。
ユニットメンバー:藤原肇、高森藍子、今井加奈
ビビッドカラーエイジ
・肇が最初に組んだユニット、同じメンバーで複数回組んでいるが毎回ちょっとユニット名が違った。
 なお肇が3回同じユニットを組んだのはこの2人だけである。
 →4回になりました。
・当時はアイドル同士の掛け合いがないため、台詞は全て加奈が担当。
・加奈曰く肇はドイツでコーヒーカップを見ていたらしい。備前焼以外にも関心があることは後に別のユニットでも言及された。
・加奈はメモとして、肇は技術として、藍子は写真で記録するという中々ロマンあるつながり。
・安直すぎるユニット名だが、当時共通衣装ユニット以外は現在ほど凝っておらず、
 メガネユニットやメイドユニットなどかなりストレートな名前が多かった。
 それを差し引いても歳とったらどうするんだとかネタとして話題にされ、発想の浅さはカワイイボクと142'sといい勝負。
・余談だが彼女達でテーマ統一しようとすると和服も水着もバレンタインもクリスマスも喫茶店おやすみ中も誰かしら噛み合わない。
 →2017年5月31日でようやく着物(浴衣)統一フロントが組めるようになった。
・同系統に三好紗南、早坂美玲、森久保乃々による14歳組ユニットA-14がある。
・イギリスツアー(USA・イタリアの間)の際にURL解析されたライバルユニットまとめの画像にAge16があがっているが、
 実際には登場しておらず解析者のミス・画像のみ存在していた・なんらかの理由でお蔵入りになった可能性がある。
 

※初期のスクリーンショットが保存できてないため捜索願います。
アイドルLIVEツアー in USA(ユニット16名義)
加奈「私たちアメリカでLIVEってどうなるかドキドキで… でも、するからには精一杯頑張ります!」
LIVE画面加奈「みんなでがんばります!」
Win加奈「LIVEに勝ててビックリしちゃいました! でも、とても嬉しいです!」
Draw加奈「いい勝負ですね。とても胸がドキドキしてます。でも、楽しいです!」
Lose加奈「次こそは勝てるように、もっともっとレッスンをしますから!」

アイドルLIVEツアー in イタリア(Age16名義)
加奈「イタリアのお菓子、持ちきれないほど買っちゃいました☆日本のみんなへのお土産です!」
LIVE画面加奈「えへへ、あまいのいっぱい!」
Win加奈「えへへ、あなたたちにも少しおすそわけしますね!」
Draw加奈「あれ? なにか買い忘れた気が…。すこし待っててください!」
Lose加奈「お土産いっぱいで、LIVEにも勝てて、嬉しいこといっぱいです!」

LIVEツアーカーニバル in ドイツ(AGE16名義)
加奈「3人で歌いながら、ドイツのお勉強もしています!ちゃんと成長したところ、見せなくちゃ!」
LIVE画面加奈「えーと、メモを開いて…」
加奈「そんなにすぐは生かせないですね。でも、これも勉強ですから!」
加奈「肇さんはコーヒーカップばっかり見てるんです。ドイツの、キレイですよね」
加奈「こういう歌が流行ってるんですって。調べておいてよかったぁ!」

ユニットメンバー:藤原肇・柳清良・首藤葵
・そのままDreamLiveFestivalの略だと思われる。
 同名のユニットは同系列イベントごとに違うメンバーで結成されており、固有名ではない。
・メンバーは第3回ドリームライブフェスティバル登場のアイドル。同イベント登場の残り1名は松山久美子。
 藤・柳・葵・松と全員に植物の名が入っている。
・清良、葵はこれがユニットとしては初参加。
肇「たとえ器の色や形は違っても、私たちアイドルの願いはひとつです」
肇「代わりのいない自分を夢見て!」
肇「完成度ではみなさんが上ですね。でも追いかけていきますから!」
肇「焼き物は、同じ型のものはひとつもありません。私たちもですね」
肇「清良さん、葵ちゃん、そしてあなたと歌い…新境地が見えました」
ユニットメンバー:藤原肇・海老原菜帆・奥山沙織
・新春ツアーでも同メンバーでユニットを組んでいる。
・台詞にあるように菜帆は熊本、沙織は秋田と都会から離れた出身で集まっている。
 確かに岡山は真ん中の方であるが、肇の実家は岡山の山奥である(ぷちエピソード1より)
菜帆「浴衣で行った地元のお祭り、懐かしいです〜。今日はまったりと」
肇「そうですね。地方出身の3人らしく、なるべく素朴に歌えたら…」
菜帆「民謡もいいですね〜」
肇「郷土ごとの色を、鮮やかに」
菜帆「強いですね〜。熊本の民謡大会でも、私、なかなか勝てなくて〜」
肇「うまい人、いますよね。やはり一芸に打ち込む人は…違います」
菜帆「沙織さんの発声、いいですね〜。秋田はお祭り多いんですか〜?」
肇「教えてください、沙織さん。少しずつ…形を整えていけたら…」
菜帆「いい感じでした〜。南国、北国、真ん中、うまく混ざった感じで〜」
肇「真ん中…?ふふ、そうですね、この中だと…岡山は真ん中ですね」
ユニットメンバー:鷺沢文香・藤原肇
・ユニット名の元ネタは月下氷人と思われる。縁結びの神や仲人のような意味。
・黒髪ロング、敬語口調、「…」が多い台詞と共通点が多い。おまけに2人ともフリトレでの価値が高い。
文香「…似合わない姿かも知れませんが…喜んでくれる人がいるなら」
文香「…LIVEの時は…明るく」
文香「…私を変えてくれたのは…たくさんの人たちの支えと声援です」
文香「…少しずつでも…変わっていく努力を…みなさんの為に」
文香「…すみません…緊張で…戸惑ってしまって」
ユニットアイコン
ユニットメンバー:藤原肇・鷹富士茄子・高峯のあ
・正式な読み方がわからず未だに人によって違う「おうさくよ」「さくらさくよる」「さくらさくや」など
・朔は新月の古い呼び方。新月の夜に見る桜といったところだろうか
・引き分けの台詞を見るに茄子とのあに励まされたのだろうか?
・月下氷姫から2回漢字の造語ユニットが続いたため「肇のセンスでは?」という疑惑が浮上した。
・ユニットメンバーの名字に「ふじ・たか」が揃っている。
・5thアニバーサリーアイプロにおける物理報酬の1つのである日めくりユニットカレンダーに選出された。しかし、
 ユニット名は『桜朔月』として掲載され皆困惑した。後ほど運営に確認をしたら誤植でしたという、まさかの謝罪文が送られて来る顛末となった。
肇「女の子のお祭りだから、いつもより女の子らしく…アイドルします」
肇「私たちのひな祭りを…」
肇「みなさん、とても素敵でした。私も…もっと頑張らないと…」
肇「あのお二人とも?私は落ち込んでませんから…頑張りましょう」
肇「私たちらしいLIVEステージ…できましたよね。みなさんのお陰です」

ユニットメンバー:藤原肇・松山久美子・涼宮星花
・ハルモニアとはギリシャ語で調和、或いは調和の女神を指す。ハーモニーの語源。
・命名はピアノ趣味の久美子かバイオリンの趣味の星花のセンスだと思われる。
・ライバルユニット画像ではわかりにくいのだが、肇は船乗り、久美子は南国の海、星花は水中をイメージしたステージ背景のイラスト。
 水彩とは全員水関係であることを意味している。
肇「陶芸の気構えは、ステージにも通じる気がするんです。多分、コツは…」
肇「心のまま、流れるように…」
肇「ゆるっと行き過ぎてしまいました…。芯がなかったようですね」
肇「もう少し関係を寝かせると、私たち…いい色になるかも…?」
肇「3人でうまく流れに乗れました。自然といい形になるものですね」

ユニットメンバー:浅利七海・藤原肇・首藤葵
・釣り趣味と料理人というどちらかというとバラエティ寄りの構成。
・初の肇が最年長となるユニットだが、台詞を見れば分かる通り全然ハンドルは切れてない。
・フィッシュパラダイスだがお魚天国というよりお刺身天国。
・葵と肇は別ユニット2回目だが今回も会話ならず。
肇「3つの、異なる海の色…。それが合わさって生まれる色もきっと」
七海「今日は3匹まとめ売りれす〜。安いよ、安いよ〜。歌もつけるよ〜」
肇「この音色はたとえるなら…」
七海「海鮮丼みたいなもんれす〜」
肇「参りました…。私たち3人、うまく合わせられませんでしたね…」
七海「ネタと酢飯と汁物がバラバラれした〜。葵さん、作り直して〜」
肇「まだ色がボンヤリしていますね。さらに鮮明に見せるには…」
七海「ワサビが足りないみたいレス。上からドバーッとぶっかけましょ〜」
肇「お互いの色に踏み入らないように…うまく奏でられました」
七海「ナワバリは大切れすよね。アユとか食らいついてきますから〜」
ユニットメンバー:乙倉悠貴・藤原肇
・岡山出身2名によるユニット。親善大使系は他にも宮城や京都などがある
・悠貴は新人恒例ユニットのネクストニューカマーを除けば初のユニット参加
・岡山アイドルはあと1人瑛梨華がいるのだが、同イベントではキャシーと組んでいるため不在。
悠貴「わぁ、肇さん、同じ県の生まれなんですかっ?教えてください!」
肇「同郷のよしみですね。みなさん、岡山を宜しくお願いします!」
肇「震えないで、悠貴さん」
悠貴「はいっ!肇さんっ!」
悠貴「力が…出ませんでした。生野菜、もっと食べないとダメなのかな」
肇「苦手なの?じゃあ器あげますね。美味しそうに見える、備前の皿」
悠貴「そっちはかわいいですねっ。都会生まれだったらそうなれた?」
肇「純朴さも…色になりますよ。誰にも真似できない色に」
悠貴「すごい、尊敬ですっ!里帰りしたら遊びにいっていいですかっ?」
肇「なら迎えにいきますね。山奥だから、みんな迷ってしまうから」
ユニットメンバー:桃井あずき・藤原肇
・あずきが柴田勝家、肇が丹羽長秀役。共に織田四天王として数えられた武将。夜桜小町の衣装で刀でも振るったのだろうか。
・丹羽長秀は器用でどんな任務もこなし、四天王で唯一権力を保ったまま没した堅実な武将である。一応性格を加味して肇チョイスなのか。
 なお史実では当然本能寺にいないし、後の権力争いで柴田勝家を破る側である。
 というか戦国公演は史実を気にしていたらやってられない内容なので気にしないのが懸命。
 ちなみに長秀は愛知あたり出身だし佐和山城(滋賀)の城主で別に岡山由来とかはない。
・あずきが敬語なのは相手側が武田信玄だったり伊達政宗だったり名だたる武将相手だからだろうか。
 なお柴田勝家は非常に勇猛な武将とされており、浅井市が没した後のお市の君の夫となったのだが……ツッコミどころは挙げればキリがない。
 もうひとつ余談を書くと浅井長政の武家官位は浅井備前守。
あずき「まんまと乗せられて来ましたねっ!誘導大作戦は成功ですっ!」
肇「ここまで来られた時点で、完全な失態なんですけどね…」
肇「仕方ないです…勝家ちゃん」
あずき「撃退大作戦ですねっ!」
あずき「作戦失敗!?この勝家、相手の戦力を読み間違えましたっ!」
肇「いえ、それは私の責任です…ここまでとは…無念です…」
肇「手強いですね…流石という他は無いのでしょうか…」
あずき「しかし、それだけで殿の元へはたどり着けませんよっ!」
肇「悪く思わないでください…これも我が殿のためなんです…」
あずき「長秀ちゃんは真面目だね。ほらほら、勝どきあげないとっ♪」
ユニットメンバー:藤原肇・衛藤美紗希
・これまでのある程度練られたユニット名とは趣がだいぶ異なる。
 女子力という肇の口からは出なそうな言葉といい、美紗希のセンスかユニット名自体は別にあると思われる
・特にどちらが先生というのは決まっていない様子。同じ女子力でも美紗希は現代的、肇は古き良き日本人女性としてのものだろう。
・余談だがレッスン系ユニットは後に【留美のフェアレディレッスン(和久井留美・桐生つかさ・大沼くるみ)】【礼と千奈美のフェアレディレッスン(篠原礼・小室千奈美・冴島清美)】【セイラーマリナーのセクシー講座】などがある
美紗希「肇ちゃん、チョー可愛いんですけどぉ?その魅力、アピッてこうね!」
肇「美紗希さんも素敵です。華やかで、綺麗で…女子力もあって」
美紗希「かわいくいこぉ☆」
肇「美しいステージを…!」
美紗希「くやし〜。でもでも、肇ちゃんと楽しめたからいいかなって☆」
肇「美紗希さんの、強くて挫けない心、私も見習っていきますね」
美紗希「まだ終わりじゃないし☆次の歌はぁ、あたしたちのとっておき」
肇「次は、より良い形を!心にある理想を、ステージで再現します」
美紗希「勝ったねぇ☆あたしぃ、そんな予感してたんだぁ」
肇「ふたりのLIVE、イメージ通りに形作ることができました!」
ユニットメンバ:藤原肇・相原雪乃
・アイドルLIVEロワイヤルバレンタインSPにて登場。
 これまでイベントレアでの登場がなかった肇にとって初となる同イベントつながりユニット
・登場したのは後半ラウンド1日目(2/13)であり、14日が誕生日である雪乃を祝う内容となっている。
 肇が誕生日関連の祝いをするのは現在までで雪乃だけである。
・ほっとするような、はダジャレだろうか
雪乃「甘い一時を感じてもらえるようなLIVEをいたしますわ」
「ほっとするような、でも楽しいLIVEにしたいですね」
肇「私たちのバレンタインLIVE…」
雪乃「とくとご覧あれ!」
雪乃「LIVEはバレンタインチョコレートのように甘くはなかったですわね…」
肇「大事な時間だから…気合が空回りしてしまったかもしれません」
肇「そういえば…みんなでお祝いしてくれますか?せーのっ!」
雪乃「えぇっ?わたくしの誕生日を?…素敵なプレゼントに、感謝を!」
雪乃「歌とダンスのハーモニー、楽しんでいただけたようで何よりですわ♪
肇「ふたりでがんばったからこそ、繋がった結果ですね。ふふっ」
ユニットメンバー:藤原肇・浅利七海・浜口あやめ
・ツアー系ユニットとしては2回目。だが全く本筋には関わってこない。
・七海と組むのも2回目。今回は普通に釣りの話なのでちゃんと噛み合っている。
・ファンタジー系の公演で明らかに現代風の格好をしているが気にしてはいけない。
・特訓前の肇がライバルユニットとして登場したのは初めて。
あやめ「この川のヌシは、あやめたちが釣り上げてみせます!」
七海「こんな大物だって釣れるんれすよ〜。釣りなら負けないれす〜
肇「みなさんもがんばって」
七海「大物釣ってくださいれす〜」
肇「大物を釣り上げたみたいですね、おめでとうございます」
七海「七海たちに釣りで勝った賞品に、こっちの大物もあげるれす〜」
あやめ「実は、この川のヌシの肝は薬になるのです。ニンッ!」
肇「身体の弱いお婆さんに薬が欲しいと、依頼されたんです」
七海「七海が釣り上げたれすよ〜♪ さっそく魚拓をとるれす〜」
あやめ「さすが七海殿! 魚拓の墨はあやめが準備しますよ。ニンッ!」
ユニットメンバー:藤原肇・桃井あずき・楊菲菲
・浴衣DEドリームLIVEフェスティバルにて結成されたユニット
・久々の漢字ユニット。やはり肇のセンスか?
・肇ちゃんの衣装は「夢の使者」、あずきは「湯けむり大作戦」、菲菲は「繚乱の舞姫」である。3人とも煌びやかな衣装を身に纏う。
・年齢的には肇ちゃんが16歳で一番お姉さん。セリフから2人を支えられているような雰囲気が見られる。
あずき「夏をあずきたち(※)のものにしちゃおう大作戦、開始〜!」
菲菲「了解ダヨー!今晩のLIVE、ふぇいふぇいたちの色で染め上げるヨー」

※登場時はあたしたちだったが、後にあずきたちに訂正される。
あずき「作戦開始だよ、肇ちゃん☆」
肇「はい!心に火を灯します!」
あずき「さ、作戦失敗?いやいやっ、プランBに変更!ここからここから!」
肇「大丈夫、また作戦を練り直しましょう。何事も辛抱が大事です」
菲菲「チョット休憩。ふぇいふぇい、お茶いれたヨー。熱くなりすぎも危ない」
肇「素敵な器…フェイフェイちゃんの故郷の陶磁器は、目標のひとつです」
あずき「鮮やか〜に勝ったね!これで夏もファンの心もあずきたちのもの!」
菲菲「アズキの作戦と、ハジメの火加減、そしてふぇいふぇい…完璧ネ!」
ユニットメンバー:浅野風香・藤原肇・奥山沙織
・第15回ドリームLIVEフェスティバルで結成。風香・沙織のピュアリーツインに肇がゲストに呼ばれた。
 ピュアリーツインのユニットとしては4回目にあたり、3回目は雪乃が入っている。
・沙織が19歳、風香と肇が16歳であるが2人とも肇がいることを心強く言っている。
 同じ地方出身、初めてのCoタイプゲストだからだろうか。恐らく肇自身も心強く思っていると思うのだが。
新たな色のファッションなら全員が眼鏡をかけているプライベートシーンもありそう。
風香「今日は肇さんが加わって、とても華やかなLIVEができそう…」
肇「お二人と共に…綺麗な花を咲かせられるよう、頑張ります」
沙織「わだすたちの想い…」
肇「ファンへ…しっかり、届けます」
沙織「ちょっと緊張してるみてぇで…落ち着いていつも通りに…」
肇「私も…いつも通りにリラックスを…。お二人と、手を取り合って…!」
風香「肇さんといると、いっそう心強いですね! ねぇ、沙織さん!」
沙織「わだす、風香ちゃんと肇ちゃんがいると、心がほっとします…!」
肇「私たちの想い…届いたみたいです。イメージをひとつにできました」
風香「ステージ上では必死ですけど、みんな…ついてきてくれたから…!」

ユニットメンバー:藤原肇、依田芳乃
・第16回ドリームLIVEフェスティバルで結成
・肇ちゃんの衣装は「小さな息吹」、芳乃は「湯浴みの踊子」である。2人とも幻想的な衣装で2人にとてもマッチしている。
・肇ちゃんは岡山出身、芳乃は出身は鹿児島だが初登場エリアは岡山エリアだったので共演を待ち望んでいたPも多かっただろう。
・山紫水明とは自然の風景が清浄で美しいこと。日の光の中で山は紫にかすみ、川は澄みきって美しい意から。
 (新明解四字熟語辞典より)まさに2人にピッタリのユニット名だろう。
芳乃「ほぉー。そなたからは、穏やかな大地の気を感じますなー」
肇「穏やかな大地の気…?あぁ、それはもしかしたら…」
芳乃「…くんくん」
肇「…土の匂いのこと…?」
肇「心が乱れてしまいました、土を捏ねる時のように…集中を…」
芳乃「己の気持ちと向き合うためにー静かな時を過ごしませー」
芳乃「大地の気を我が身にー、そなたもともに、ゆだねませー」
肇「ええっと…土と真剣に向き合う、ってことでしょうか…?」
芳乃「大地の気はー、やはり身が安らぐ心地となりましてー 」
肇「土がお好きなら、こんど私の実家で陶芸やってみませんか?」

ユニットメンバー:藤原肇・遊佐こずえ・ケイト
・紅葉温泉ガチャつながりのユニット。
・こずえもどちらかというと日本人離れした容姿のためグローバルな雰囲気になっている。
・きけー
ケイト「Yeah! 今日は和風のステージから、エモーショナルなLIVEを届けマース!」
こずえ「おうたー…うたうよー…みんなー…きいてー…きけー…
肇「土を練るように、真心を…」
こずえ「やさしくー…うたうねー…」
こずえ「きれいなおうたー…ずーっときいててもー…いいなー…」
肇「確かに、思わず聴きいっちゃいました。いい勉強になりましたよ」
こずえ「どっちもすてきー…でも…もっとー…すてきになれる…よねー」
ケイト「Yes、コズエの言う通り、私たちはどっちも、成長の途中デスネ」
肇「ケイトさんの熱い声と、こずえちゃんの甘い声…相性バッチリでした」
ケイト「ノンノン…ハジメのエモーショナルな歌声も、忘れちゃいけマセン♪」
ユニットメンバー:藤原肇、相原雪乃、大和亜季
・第14回アイドルLIVEロワイヤルで結成されたユニット
・過去のイベント、アイドルLIVEロワイヤルバレンタインSPで登場した3人、詳しくはゲーム内イベントメモリーから。
・肇の衣装はロワイヤルNP、雪乃はエレガント・ロワイヤル、亜季はV・ジェネラルである。
 肇と雪乃は同衣装・2回目のメンバー。
・バレンタインロワイヤルでの衣装カラーはピンクで統一されていたため、完全にお揃い衣装。最高かよ。
・登場時期は11月だったがチョコも溶けるような情熱的な想いを魅せてくれた。
肇「こうしてまた…皆さんでLIVEができること、嬉しく思います…!」
亜季「同感であります!あの時よりも、さらに力強く…であります!」
雪乃「私も…お二人と同じ想い…」
肇「行きましょう!三人で!」
肇「つい力を込めすぎてしまって…想いが空回ってしまったみたい」
雪乃「ホロ苦いチョコのように悔しい気持ちは…明日への糧としましょう」
亜季「今日のLIVEは、さらなる盛り上がりを見せているであります!」
雪乃「バレンタインLIVEよりも熱く…チョコレートも溶けるくらいに情熱的に…」
肇「雪乃さんの歌声…まるでチョコのように、心を溶かしてくれますね」
雪乃「甘い気持ちをたっぷり込めましたわ。想いが伝わるように…」
ユニットメンバー:藤原肇・関裕美・西島櫂
・(第2回)夏祭りDEドリームLIVEフェスティバルで結成されたユニット。同名のイベントは2回あり、愛梨上位の方。
・裕美のみ特訓後衣装であり、特訓前後混在の珍しいユニット。
・裕美はあまりお祭りの経験がないようだが、肇も浴衣祭りの台詞曰く久々のようである。
 櫂は金魚すくいが得意とのことなので本人の性格もあり慣れてるかも
裕美「お祭りって、あまり来たことなくて…楽しめるかな」
肇「なら、一緒に回りましょう。その方がきっと楽しいですから…」
裕美「楽しむことも、大事…!」
櫂「みんな気持ちはひとつ!」
裕美「精一杯歌ったから…疲れたけど、気持ちいいかも…」
櫂「次は金魚すくい勝負しよっか! 自信あるから、裕美も見てて!」
肇「友達同士で、お祭りを歩く楽しさ…やっぱりいいものですね」
櫂「あたしたちも普通の女の子だもんね。よしっ、何で遊ぼっか?」
裕美「お祭りって、いいね…今日は夜更かししてもいいかな」
肇「お祭りは、夜もいいものですよ。今日はたくさん楽しみましょう」
ユニットメンバー:藤原肇・丹羽仁美・難波笑美
・月見にちなんだご当地トークユニット。 サトイモ型団子やしずく型団子については外部リンク参照
・きび団子の話になってしまうが、現在のきび団子は漢字で書くと「吉備」。後に備前国などのを含む岡山の古い地名。
 元々はサトウキビのような黍を主原料とした団子で桃太郎に出てくるのはこっちの方(それでも諸説あるらしいが)。
 後に吉備の地名と語呂合わせで混ざり今の求肥製の団子となった。現代では黍の粉を風味付けに使う程度。
・実際のところ岡山のお月見団子も三色団子がメジャーなようだが、
 肇のプッシュぶりを見るに藤原家ではそうだったか、肇の地元アピールの可能性が高い。 
仁美「月見団子・御当地合戦!アタシの名古屋では、しずく型の三食団子!」
肇「えっ。月見団子といえば、キビ団子ですよね…?岡山だけ…?」
仁美「笑美ちゃん、大阪は?」
笑美「餡子をのせたサトイモ型やー!」
仁美「ここで、みんなの団子を食べ比べてみよう!会場のみんなもね!」
笑美「ああ、甘いのあかん人には、フツーのサトイモもあるでー。ほくほくや!」
肇「またひとつ、世界が広がりました…あ、こっちも美味しい…」
笑美「せやろ♪いやー、仕事で団子食べられるなんて幸せやなぁ!」
仁美「うんうん、お雑煮と同じく、お団子も地域ごとで違うのよね☆」
肇「でも、一番ポピュラーなのはキビ団子ですよね?ち、違いますか…」

ユニットメンバー:藤原肇・村上巴・長富蓮実
・第25回ドリームLIVEフェスティバルにて結成されたユニット
・肇ちゃんの衣装は「憧憬の絵姿」、巴は「紅染まる情景」、蓮実は「フューチャースイートピー」である。
・肇ちゃんの出身は岡山県、巴は広島県、蓮実は島根県出身で中国地方ユニットでもある。
・3人の歌う懐メロは当時の人たちだけでなく、今の若い人たちにも響くことだろう。
肇「古いものに宿った真心は、今に繋がっています。それは歌も同じ」
巴「今日はうちらが選んだ懐メロを中心に送るぞ!温故知新じゃな!」
肇「それでは、聴いてください」
蓮実「私たちの、スウィート・メモリーズ…」
肇「蓮実さんの歌、自然に理解できます。私も歌いたくなるような…」
蓮実「きっと、これがアイドルソングだからでしょうね。古くて、大切な歌…」
巴「肇が選んだ歌もたいしたもんじゃのう。素朴なのに、響くわい」
蓮実「肇さんのお祖父様の頃から歌い継がれてきた歌ですものね…」
肇「巴ちゃんの演歌、みなさんが涙を流してます!すごい…!
巴「うちらの背負った思い、全部込めて歌ったからのう…よか!」
ユニットアイコン

ユニットメンバー:藤原肇、安部菜々、道明寺歌鈴
・第2回ドリームLIVEフェスティバル新春SPにて結成されたユニット。
 急は舞楽・能楽の構成形式の序破急であり、同イベントで他に2つ乙女神楽ユニットがある。
・肇ちゃんの衣装は「小さな息吹」、菜々さんは「ぽかぽかウサミン」、歌鈴ちゃんは「おてんば神楽」である。
・Cuの2人が17歳なので肇ちゃんが最年少になる。とてもそうは見えない。
・ライバルユニットなので関係ないがセンターの[小さな息吹]藤原肇の特技はCoCuの攻守UPなので相性バッチリ。
肇「新年を祝う、めでたい神楽…私たちも舞わせていただきます」
菜々「ウサミン星のスペシャルアレンジを効かせた、カワイイ神楽で〜す!キャハッ♪」
肇「お願いします、歌鈴さん」
歌鈴「はいっ、神楽は慣れてます!」
肇「歌鈴さん、最後まで凛とした姿でしたね。とても…素敵です」
歌鈴「LIVE初め、それも神楽でドジるわけにはいか…ひゃあっ!?」
菜々「歌鈴ちゃん、おみくじください!はたして今年のナナの運勢は…?」
歌鈴「は〜い♪ええと…小吉?つまり、さらに上がれますよ!」
肇「一心不乱に舞うことで、見えてきました。今年の私の、器の形…!」
菜々「それは、よかったですねぇ♪神楽は腰に優しくて、ナナも安心!」
ユニットアイコン

ユニットメンバー:藤原肇、高峯のあ
・第27回ドリームLIVEフェスティバルにて結成されたユニット。言及はないがNoa・Hajimeの略だと思われる。
クワイエット・ズィール衣装での参加は初であり、 「サイバー路線のユニットがくるのでは?」という多くのPの予想が的中した。
・のあと肇は桜朔夜から約3年ぶりのユニット。
 桜朔夜の際は肇の台詞しかなかったので会話は初。
・言葉遣いが難解なことで有名なのあだが、理解してか或いは独自解釈してか肇は上手く言葉を返している。
 肇自身テンション次第で語彙力堪能になるのでついていくだけの知識は持ち合わせているか
・会話ではフルネームで呼ばれているが他のアイドルの呼ばれ方からして呼び方は名前呼び捨てで問題ないだろう。
・のあは第3回総選挙の台詞で自身を"器"と例える台詞がある。器というワードは肇の台詞でも頻出する単語。意味深。
・2人とも台詞の「…」が多い。
のあ「…光と情念の海、そこへ還るわ…己が身と心を旋律に変えて…」
肇「良き器から注がれる、水のように、涼やかに…光を浴びて…」
のあ「これが…人の心の輝き」
肇「ペンライト…まるで、光の渦」
のあ「この会場は、ひとつのネットワーク…私たちと…観客は繋がっている」
肇「歌が繋いでくれる縁、ですね。はっきりと感じています…」
のあ「藤原肇…共に駆け往く光点。私の記憶に刻み…留める」
肇「のあさんとのステージ…私、新しい着想を得られたみたいです!」
のあ「貴方の思いは…見えざる器となり、人々の心を受け止めたわ」
肇「見えざる器…私が?またひとつ、成長できたのかも。ふふっ」
ユニットアイコン

ユニットメンバー:藤原肇・喜多見柚・原田美世・乙倉悠貴
・第28回ドリームLIVEフェスティバルにて結成されたユニット。
・2017年頃から既存ユニットに追加メンバーが合流した新ユニットが多く出来ているが、
 悠貴と組んだ岡山親善大使に対し柚(埼玉)美世(石川)と少なくとも土地繋がりではない。
・ひとことで春と言えど様々な様相があり、3属性4人でそれぞれを体現している。
 実は美世の衣装は秋イベントのもの
・直訳すると4つの風・色……ん?
柚「じゃじゃーん!春の妖精、登場♪みんなの注目集めちゃうよー!」
悠貴「客席のみなさんがよく見えますっ。期待にこたえますねっ!」
美世「準備OK! スピードアップしよ!」
肇「鼓動が高鳴ります…!」
美世「ドライブ中の景色みたいに、たくさんの色を見せようね!」
柚「うん!時には元気に、時には優雅に…キメてみせるよ♪」
柚「春ってたのしーね!ワクワクして、いーっぱい、遊びたくなる!」
肇「生命力にあふれた柚さん、素敵ですね。では私は、艶やかに…」
肇「春ならではの音、匂い…私たちの想いを届けられたでしょうか」
悠貴「はいっ!笑顔の中にたくさんの春、見つけましたからっ!」
ユニットアイコン

ユニットメンバー:藤原肇・今井加奈・高森藍子
Age16
・第23回アイドルLIVEロワイヤル(第6ラウンド)にて結成されたユニット。
 構成はAge16と同一だが、最後の登場から3年9ヶ月ぶりでユニット名も一新されたため別項目として扱う。
・元々Age16という名前自体他にも16歳アイドルがいるのにどうなんだ、ユニット名安直すぎ
 という声があり再登場時のユニット名変更を望む声もあったがそれが叶った形になる。
・vividは元々鮮やかな原色・躍動感ある色使いを意味する単語だが転じて躍動的・鮮やか・鮮明なといった意味で使われる。
 カラーは肇の発言に多く見られる「色」でもあり、エイジはAge16から引き継ぎ。
・16歳という人生でも大事な時期をただ懸命に謳歌し記憶に確かに残す、普通の少女達のユニット。
・ゲームは異なるがアイドルマスターミリオンライブ!にvivid color(歌:高山紗代子)という歌がある。
肇「今日という二度と来ない日を、私たちの色で染め上げます!」
藍子「昨日よりも鮮やかな私たちを、見逃さないでくださいねっ」
加奈「また三人で歌えるんだ!」
肇「彩りのステージ…幕開けです!」
肇「加奈ちゃん、藍子ちゃん…お二人の色が、眩しくて…」
加奈「わたしには、肇ちゃんの色も眩しいです!無いモノねだり、かも♪」
加奈「藍子ちゃんのステップ、軽やかでお花みたい!コツを教えて♪」
藍子「遠くのお客さんの所まで歩いていけたらって思って♪えへへっ」
藍子「衣装もステージもカラフルで、まるで私たちみたい♪それに、客席も…!」
肇「互いの色が混じり合って新しい色が生まれる。…きらきら、と」
ユニットアイコン

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます