冷戦時代の核実験や民間防衛をめぐるカルチャー

民間防衛ブックレット


冷戦時代、各国政府は民間防衛ブックレットを制作し、時に全戸配布し、時に希望者配布し、時に在庫だけを作った。民間防衛に反対する地方自治体がその立場を説明する反民間防衛ブックレットを制作したこともある。時に誠実に、時に誤認を誘うように、時に凝ったイラストで、時に素っ気ないイラストで、わかりやすい説明がなされた。

Protect and Survive(1980)家庭用核シェルター(1981)民間防衛なぜ必要か(1981)英国警報監視機構(UKWMO)国土防衛の農場主水素爆弾(1957)水爆(1958)基礎訓練マニュアル:核戦争(1950)世帯主のための核攻撃に対する防護についての助言(1963)誰にもチャンスがある(1961)家庭と職場の放射性降下物防護(1062){}民間防衛入門(1964)もし戦争が起きたらhttps://image01.seesaawiki.jp/a/e/atomicage/6EgYErsy5e.pdf(1952)もし戦争が起きたら(1961)もし戦争が起きたら(1983)もし戦争が起きたら(1987)もし戦争が起きたら(1989)もし戦争が起きたら(2018)原爆が落ちたら(1951)水爆と皆さん(1954)核戦争を生き残る(1951)核攻撃を生き抜く(1957)カナダ生存への11ステップ(1961)カークリーズと爆弾(1983)リーズと爆弾(1983)ブリストルと爆弾(1984)サウスヨークシャーと爆弾(1984)スイス民間防衛(1969)|デンマークもし戦争が起きたら(1962)ハルと爆弾(1984)オペレーションドアステップ(1953)ネバダ実験場での原爆実験の影響(1955)非常事態への備え(2004)ネバダ実験場ガイド(2005)

ここでは、そんな核の時代のカルチャーを日本語で楽しむ...





コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます