民間防衛>英国動画・音声

BBC 核攻撃のときの予定原稿と予定音声


2008年10月、1970年代に核攻撃を受けた時にBBCが放送する原稿が公開された。(その後、2016には、戦時放送体制の運用を定めたBBC War Bookが公開された。)

同時に公開されたHarold Greenwood郵政通信相の1974年6月の書簡によれば、誰が原稿を読むべきか議論があった。
Mr Greenwood said recorded announcements by an unfamiliar voice would not reassure listeners. "Indeed, if an unfamiliar voice repeats the same announcement hour after hour for 12 hours, listeners may begin to suspect that they are listening to a machine set to switch on every hour... and that perhaps after all the BBC has been obliterated," he said.

Greenwoodは聞きなれない声の録音されたアナウンスでは、リスナーを不安にさせるだろうと述べた。「実際、聞きなれない声で同じアナウンスが1時間おきに12時間にわたって放送されたら、リスナーは毎時放送するように設定された機械からの声を聞かされていると疑い始め、おそらくはBBCが跡形もなく破壊されたと思うようになるだろう」と言った。

BBC nuclear bomb script released (2008/10/03) on BBC


まさしく、予定原稿はBBCがまだ存在していて、放送を続けていることを知らしめることが目的だった。
Scripts were written to reassure the public the BBC was "still there"

予定原稿は、BBCが未だ存在していることを大衆に確信させるように書かれた。
BBC nuclear bomb script released (2008/10/03) on BBC

The Cabinet Office recommends adding in live local commentary to reassure listeners that they are not being fobbed off with a cassette recorder.
内閣府は地方政府は聴取者に対して、カセットレコーダーによる偽装ではないことを確信させることを推奨していた。
Scripts reveal BBC plans to reassure listeners in event of nuclear attack


予定音声

予定音声の全体は公開されておらず、一部だけが、BBC Radio 4の番組で紹介されている。以下は、その番組から、Peter Donaldsonアナウンサー(1945-2015)による録音部分を切りだしたものである。なお、英文は公表された予定原稿と微妙に違っている。


ついでに、「聞きなれない声で淡々と読まれたらBBCが壊滅したという印象を与えるのではないか」という意見」について考えるために、BBCが予定原稿好評の時に作成したHarry Shearerによる朗読と、Peter Donaldsonアナウンサーによる予定音声、音声合成samバージョンを並べてみた。



予定原稿

BBC transcript to be used in wake of nuclear attack
原文日本語訳コメント
This is the Wartime Broadcasting Service. This country has been attacked with nuclear weapons. Communications have been severely disrupted, and the number of casualties and the extent of the damage are not yet known. We shall bring you further information as soon as possible. Meanwhile, stay tuned to this wavelength, stay calm and stay in your own homes.これは戦時放送です。我が国は現在、核攻撃を受けています。通信は著しく損害を受けており、死傷者数や被害状況は判明していません。情報が入り次第、お伝えします。それまで、ラジオの周波数はそのままにして、落ち着いて、家の中にとどまってください。
Remember there is nothing to be gained by trying to get away. By leaving your homes you could be exposing yourselves to greater danger.家を出ても、状況は改善しません。家を出ると、放射性降下物に身をさらすことになり、非常に危険です。
If you leave, you may find yourself without food, without water, without accommodation and without protection. Radioactive fall-out, which follows a nuclear explosion, is many times more dangerous if you are directly exposed to it in the open. Roofs and walls offer substantial protection. The safest place is indoors.家を離れると、食糧や水の供与や避難所への収容や保護などを受けられなくなります。屋外で核爆発に伴う放射性降下物に身をさらすと、何倍も危険です。屋根や壁はかなりの防護になります。最も安全な場所は屋内です。
Make sure gas and other fuel supplies are turned off and that all fires are extinguished. If mains water is available, this can be used for fire-fighting. You should also refill all your containers for drinking water after the fires have been put out, because the mains water supply may not be available for very long.ガスなどの燃料供給を止め、すべての火を消したことを確認してください。水道が使える場合は、消火に使ってください。水道の給水はあまり長く続かないかもしれませんので、火が消えたら、あらゆる容器に飲料水を貯めてください。
Water must not be used for flushing lavatories: until you are told that lavatories may be used again, other toilet arrangements must be made. Use your water only for essential drinking and cooking purposes. Water means life. Don't waste it.水洗トイレの水は絶対に使わないでください。使っても良いと公報されるまで、別方式のトイレを使ってください。水は飲用および調理用のみに使ってください。水は生命です。絶対に無駄遣いしないでください。水道は止まると想定される。水洗トイレでムダ遣いできる状況ではない。
Make your food stocks last: ration your supply, because it may have to last for 14 days or more. If you have fresh food in the house, use this first to avoid wasting it: food in tins will keep.食糧の貯えをもたせてください。14日以上もちこたえる必要があるかもしれませんので、食糧を節約してください。生鮮品がある場合、無駄にしないように、まず生鮮品から食べてください。缶詰は長持ちします。
If you live in an area where a fall-out warning has been given, stay in your fall-out room until you are told it is safe to come out. When the immediate danger has passed the sirens will sound a steady note. The "all clear" message will also be given on this wavelength. If you leave the fall-out room to go to the lavatory or replenish food or water supplies, do not remain outside the room for a minute longer than is necessary.放射性降下物警報が出ている地域にお住まいの方は、出ても安全だと言われるまで、シェルターの中にいてください。このラジオの周波数で、空襲警報解除をお伝えします。トイレや、食料や水の補充のためにシェルターを出る場合は、必要以上に1分たりとも、外にとどまらないでください。
Do not, in any circumstances, go outside the house. Radioactive fall-out can kill. You cannot see it or feel it, but it is there. If you go outside, you will bring danger to your family and you may die. Stay in your fall-out room until you are told it is safe to come out or you hear the "all clear" on the sirens.いかなる場合も、家の外に出てはいけません。放射性降下物で命を落とすことになります。放射能は見ても、触ってもわかりませんが、そこにあるのです。家の外に出れば、家族をも危険にさらすことになります。そしてあなたも死ぬかもしれません。外に出ても安全だと言われるまで、あるいは空襲警報解除のサイレンが鳴るまで、シェルターの中にとどまってください。
Here are the main points again:重要な点を繰り返します。
Stay in your own homes, and if you live in an area where a fall-out warning has been given stay in your fall-out room, until you are told it is safe to come out. The message that the immediate danger has passed will be given by the sirens and repeated on this wavelength. Make sure that the gas and all fuel supplies are turned off and that all fires are extinguished.家の中にいてください。放射性降下物警報が出ている地域にお住まいの方は、出ても安全だと言われるまで、シェルターの中にいてください。危険が去ったら直ちにサイレンが鳴ります。この周波数でも繰り返し、お知らせします。ガスなどの燃料供給を止め、すべての火を消したことを確認してください。
Water must be rationed, and used only for essential drinking and cooking purposes. It must not be used for flushing lavatories. Ration your food supply: it may have to last for 14 days or more.水は節約してください。必要不可欠な飲用と調理用にだけ使ってください。絶対にトイレの水を流さないでください。食糧を節約してください。14日以上もたせてください。
We shall repeat this broadcast in two hours' time. Stay tuned to this wavelength, but switch your radios off now to save your batteries until we come on the air again. That is the end of this broadcast.我々はこの放送を2時間おきに繰り返します。この周波数に合わせたままにしてください。ただし、電池の節約のため、次回の放送までラジオのスイッチを切ってください。これで、今回の放送を終わります。


日本語音声合成による朗読







このページへのコメント

こんな物日本じゃあ北朝鮮

0
Posted by FELIX 2016年01月10日(日) 16:01:45 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます