「(あー、心が安らぐ。ここに来て初めて、安らいだ感じがする。もう……帰ってもいいかもなぁ)」
メインデータ
画像
名前ジルクニフ・ルーン・ファーロード・エル=ニクス
jircniv rune farlord el nix
種族人間種(人間)
分類現地出身
異名鮮血帝
役職バハルス帝国皇帝
住居バハルス帝国帝城
属性
種族レベル人間種のため種族レベル無し
職業レベルエンペラー(一般)
ハイエンペラー(一般)
カリスマ(一般)
など
?.Lv
?.Lv
?.Lv
?.Lv
サブデータ
誕生日上風月1日身長
年齢22歳性別
趣味他国の情報を収集し自国の状況と比較・検討する事家族正妃無し
登場web 書籍声優櫻井孝宏
人気投票22位備考  

概要

 ジルクニフ・ルーン・ファーロード・エル=ニクスは、バハルス帝国の皇帝である。貴族からは畏怖され、臣民からは尊敬される、歴代最高の皇帝と謳われている。一方、多くの貴族を粛清した事から「鮮血帝」と呼ばれ、近隣諸国から恐れられている。

 王様優秀度*1は、12キャラ中、2位(化け物)である*2

外見

 眉目秀麗。金髪に、濃い紫で切れ長の瞳をしている。足はすらりと長い。生来の支配者のオーラを身に纏っている。

性格

 生まれながらの支配者。
 部下たちが不安にならないよう、薄く笑みを浮かべて堂々とした立ち振舞をすることで、強い皇帝を演出しているところがある。

 自分の子供に対する愛情は持っておらず、将来の妃が生んだ子供が優秀でなければ愛妾の優秀な子供とすげ替えようと思っている。これは実父である前皇帝が実母である皇后に毒殺された事や、即位直後に自身の兄弟の幾名かを処刑した事により心の一部が壊れたためである*3

 web版では落ち着き払った皇帝らしい態度を崩すことは殆どなかったが、書籍では一人の時は喚き散らしたり、部下に愚痴をこぼしたり、ストレスでハゲてきたりとだいぶ人間味が増した。

 脳内嫌いな女ランキングでは、籠の中の鳥でありながら帝国の動きを読むラナーがここ数年にわたり常に1位で、ドラウディロンが若作り婆として2位を守り通している。

 また、ローブル聖王国カルカ・ベサーレスのことを、王としては綺麗過ぎて八方美人、才能はあるはずだが間違っているところが不愉快として嫌っている*4

賢さ

 代々優秀な者が続いた歴代皇帝と比べても圧倒的な才覚を持っているが、デミウルゴスから「中途半端に賢い」と評されている。

 アインズに対して、先に間違った情報や考察を前提に組み立ててしまい、アインズ・ウール・ゴウンを自身を凌駕する鬼謀の持ち主と思い込んでいる*5
 そのため、本当は場当たり的なアインズの行動を勝手に深読みしてしまって頭を悩ませる羽目になっている。最近では彼の事を考えるとストレスで胃がキリキリと痛み出し頭髪も抜け落ちてくるようになった。

作中の動向

 10代前半の頃、前皇帝の父親が不慮の事故(皇后による毒殺)で死亡後に即位。即座に母方(皇后)の貴族家を皇帝暗殺の容疑で断絶。兄弟たちを次々に処刑。皇后も事故死する。反対勢力の有力貴族たちを皇太子の頃に掌握した騎士団の武力を背景に掃討。忠誠を尽くすものだけを残して中央政権を確立し、鮮血帝と呼ばれるようになる。
 さらに無能者たちの貴族位を剥奪し、優秀であれば平民でも取り立てる政策を取ることで権力を盤石にしていった。

 作中では、リ・エスティーゼ王国カルネ村に現れた謎の魔法詠唱者アインズ・ウール・ゴウンについて、フールーダと話し合う場面で登場。
 ナザリック地下大墳墓なる勢力の存在する事を知ると同地を調査するため、捨て駒である貴族を誘導しワーカーを送り込ませた。自分の痕跡が残らないように誘導したはずであったが、ナザリックの使から恫喝にも近い要求をされると、謝罪をするため部下を率いナザリックに向かう。
 ナザリックではアインズと同盟を結び、魔導国建国を勧めた。王国に宣戦布告しアインズに魔法の行使を依頼した事が結果的にカッツェ平野での大虐殺のきっかけとなった。表面的には魔導国との同盟を維持しながらも、本心では魔導国を人類共通の敵と認め周辺諸国と対魔導国での同盟を模索した。

 魔導国建国後しばらくして帝国闘技場で秘密裏にスレイン法国と国内の急進派である神殿勢力との会合を持とうとするが、突如現れたアインズのせいで台無しとなる。法国からの信用が失墜しアインズとの謀略戦に完全に敗北したと思い込んだ事でアインズに属国化を願い出る。魔導国に従属してからは、ストレスから来る胃痛や頭髪の抜け落ちも無くなり、肩の荷が下りた晴れやかな心持で毎日を過ごしている。
 アインズに拝謁する際、待合室で出会ったペ・リユロとは、両者とも同じ境遇であったため、あっという間に親友となり、本心を語り合える間柄となった。

web版

 大虐殺まではおおよそ同じ。
 書籍では会談前に早々と裏切ったフールーダだったが、こちらではフールーダを臣下から外してアインズへの弟子入りを許可している。
 以降はアインズ・ウール・ゴウン辺境侯の恐るべき智謀に悩まされながらも対策を講じている。

関連項目

その他

  • 腹話術の特技がある*10

このページへのコメント

ジルクニフ、リユロ、デケム、この三人に共通する事で、
「私がどんな悪い事をしたって言うんだッ!」と、全員が発言できる処が凄いわw散々、他国を攻めたり、自国の人間を虐げたりして来た者達の自覚の無さが凄い。要するに【独裁者】が如何に自分中心にしか物を考えないか。と、云う事でもあるな。

0
Posted by 名無し 2023年09月25日(月) 08:53:33 返信数(2) 返信

相手からやられたというならともかく全く無関係の第三者だし

0
Posted by 名無し 2023年09月25日(月) 20:08:28

ある意味、自分の国と民のために権力を握り他国を攻め利益を得るのが王や皇帝のつとめだし。

0
Posted by 名無し 2023年09月27日(水) 03:57:41

9巻のデミウルゴスによると、当初の計画では帝国の属国化は王国が滅んだ後の予定だった。
12巻のヒルマによると、フィリップ劇場=王国滅亡は2年後の予定だった。
アインズが出張らなければ、ジルクニフは後3年以上禿げ続けていたわけだ。
ジルクニフはアインズを闘技場に誘ったアインザックに感謝すべきかもしれないw

1
Posted by 名無し 2022年11月08日(火) 00:57:43 返信数(4) 返信

でも人類全体、または現地世界って目線で見ればジルが諦めて帝国が予定よりもナザリックに早く降ったことにより、アインズの目がエルフの国に向いて番外が退場することになった可能性があるから現地勢から罵声を浴びせられてもおかしくないと思う。神の視点で見れるやつがいれば

2
Posted by 名無し 2022年11月08日(火) 08:12:35

それは色々と視点と立場がごっちゃになっているね。

2
Posted by 名無し 2022年11月09日(水) 00:33:29

時間が進めば「帝国が真っ先に降ったおかげで無用な争いが減り、犠牲者も減ったのだ」ってなるパターンもあるから神視点でもまだまだ評価はくだせんよ

4
Posted by 名無し 2022年11月09日(水) 11:29:54

下手するとツルッ禿げになっていた可能性もあった。アインズ様は彼の子孫の毛根を救ったのだ。

0
Posted by 名無し 2023年09月25日(月) 08:55:42

中の人のやらかしで今後が不安

0
Posted by 名無し 2022年11月01日(火) 12:21:24 返信数(3) 返信

そもそも出番があるかどうかちょっと怪しいので大丈夫じゃないかな、どっちにしても書籍版には関係ない話だし、アニメになるならその辺りはどうにでもなるでしょ、声優変更、出番カットとか

2
Posted by 名無し 2022年11月01日(火) 23:10:48

劇場版でリユロとのシーンは見たかったけど、カットされそう。

1
Posted by 名無し 2022年11月02日(水) 14:15:20

ほとんど出番が終わったオバロはまだマシ
これから主要キャラをやる予定だった作品が山のようにあるだろうから本当に悲惨なのはそっちだろうな
タイミング的にダイの大冒険終わったから記事にしたのかな?

1
Posted by 名無し 2022年11月02日(水) 17:45:29

法国の上層部とどっちが優秀なのだろうか?

法国上層部は運が悪いだけでかなり優秀なイメージがあるけど

0
Posted by 名無し 2022年10月06日(木) 17:07:54 返信数(5) 返信

直感で答えるならジルクニフ。

2
Posted by 名無し 2022年10月08日(土) 06:07:51

ジルは完全に頭脳特化
法国上層部は神官として優秀だったり軍事に明るかったりと各部門のエリートって感じでまたちょっと優秀さの方向性が違う気がする
あと持ってる情報の質が法国は高すぎる

1
Posted by 名無し 2022年10月08日(土) 11:12:58

ジルは完全に頭脳特化
法国上層部は神官として優秀だったり軍事に明るかったりと各部門のエリートって感じでまたちょっと優秀さの方向性が違う気がする
あと持ってる情報の質が法国は高すぎる

0
Posted by 名無し 2022年10月08日(土) 11:12:58

法国は積み上げてきたものは大きいし今の仕組みを作った六大神時代の人達は辣腕だったんだろうけど
当代の首脳陣もそうかというとどうなんだろうな…会議シーン見てるとあんまり物事が決まらないし
背負ったものの大きさに萎縮してあまり行動できないでいるイメージ

1
Posted by 名無し 2022年10月08日(土) 14:05:20

最高会議で、モモンとアインズとヤルダバオトとシャルティアがグルの可能性を真剣に検討してたり、プレイヤーだと気づいてたりと多分最も現地勢では真相に近づいてたからかなり優秀だと思う

0
Posted by 名無し 2022年10月08日(土) 17:34:52

生き残ってる連中見ると本当に賢い連中だけやな、愚か者は全部死んでる
愚か者は死んでもなんも感じないあたり作者の魅せ方がうまいわ

0
Posted by 名無し 2022年08月25日(木) 06:28:43 返信数(3) 返信

属国化の即断はあっさりした描写だったけど、すごいと思うわ
今まで自分が命がけで必死に積み重ねてきたものを、ぽっと出の勢力に渡すなんてなぁ。
まだ22歳だし、普通なら野心、プライド、意地が邪魔するはず。
それを飲み込んで従属を選択する、しかも行動や決断も迅速。
王様優秀度2位は伊達ではない。

7
Posted by 名無し 2022年08月26日(金) 16:44:18

法国に見放されて心身ともに追い詰められた末の属国化の決断だからねぇ・・・
ある意味アインズのファインプレーに助けられたようなものでしょう
もしアインズが乱入しなかったらデミウルゴスの計画通り悲惨なことになってた可能性大
シャルティアの洗脳の件がバレて法国と帝国が繋がってる状況だったら滅亡確定?

5
Posted by 名無し 2022年08月26日(金) 17:45:37

単に国の違い。
1だけ別格、2〜4なんて団子で大差ないよ。
先代もそこそこ優秀で、競争相手もせず、好きに決断できる環境ができているジルクニフと、全部敵のザナック、交渉前提で行ったのに聞く耳持たないシャルティアが相手だったリユロ、個人的には差なんてほぼ無いですね。
全員優秀だが、ジルクニフがザナックやリユロの立ち位置になっても、何も変わらんでしょ。
ラナーがやる気になった時ぐらいしか、何も変わらんよ。

1
Posted by 名無し 2022年09月14日(水) 21:26:48

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

データベース


どなたでも編集できます