デジタルキッズカードゲーム「ガンダムトライエイジ」および3DSゲームソフト「ガンダムトライエイジSP」のWikiです。


鉄華繚乱1弾(TKR1弾)

TKR1-045Mタイプディフェンダー
ステータスHP 3700アタック 3200スピード 1800
必殺技エリート・リジェネレーション4000コスト4MSアビリティ先制
適性宇宙◎地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器実弾必殺武器実弾パイロット石動・カミーチェ
備考9月29日まで情報が伏せられていた4機目のシュヴァルベはM一枚で参戦。ステータス合計値は8700。
本弾M石動のスキルに合わせたディフェンダーの先制狩り機。同弾M石動を乗せる事でスピードを抑えつつ、高いHPとアタックを得る事が出来る。とはいえスピード合計値は素で2500と、先制機体にしては些か高い数値となってしまう。得意地形の宇宙よりは、水中・地上戦に出した方が良いだろうか。その場合、恒例のスーパークイックのバトルゲージとお付き合いする事になるので、不慣れな人は注意。
それよりもアタック・必殺が微妙な数値なので、思い切ってアタックバーストを乗せて火力を補強しておいた方がいいかもしれない。その際は低スピード補正のパイロットが望ましいが、Gオーダーなどで後から下げて対応するなど、博打を打つ場合は多少高くても(それでも+1000〜1500以下程度に収めないと下げきれない場合があるので注意)よいだろう。

鉄華繚乱2弾(TKR2弾)

TKR2-038Cタイプアタッカー
ステータスHP 1900アタック 2700スピード 1900
必殺技エリート・リジェネレーション3600コスト4MSアビリティ迅雷
適性宇宙◎地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器打撃必殺武器実弾パイロット石動・カミーチェ
備考リジェネレーションC落ち。
アタック一点特化なステが目立つ。迅雷狩り機としてはスピードがやや速い事とHP心許無いので壁スキルを持っている本弾Mコウの様なパイロットで耐久面を補ってやろう。
石動を乗せる場合はブースターパック一択しかないだろう。
証言は石動に渡った由縁を整備兵が語っている。

鉄血のオルフェンズ ブースターパック

TP-016プロモタイプガンナー
ステータスHP 3500アタック 3500スピード 1700
必殺技エリート・リジェネレーション4600コスト5MSアビリティ反撃
適性宇宙◎地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器実弾必殺武器実弾パイロット石動・カミーチェ
備考石動セット付属のもの。ステータス合計値は8700。
HPとアタックに重きを置いた反撃持ち。
TP-026プロモタイプディフェンダー
ステータスHP 2900アタック 2500スピード 2100
必殺技エリート・リジェネレーション4400コスト5MSアビリティ鉄壁
適性宇宙◎地上○水中×森林▲砂漠×
通常武器実弾必殺武器実弾パイロット石動・カミーチェ
備考マクギリスセット付属のもの。
迅雷のマクギリス機の僚機としては最適な鉄壁持ち。

機体解説


マクギリス機と基本的には同一
登場作品機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(2期)
開発系統フレーム(成長傾向:標準型
マクギリス機はクリティカル重視型
その他特殊系統ギャラルホルン系
格闘武器バトルアックス打撃
射撃武器グレイズ専用ライフル(ロング)実弾
ディフェンダー通常武器:射撃武器
フレームMS鉄華繚乱1弾
特記事項マクギリス機アイン機の時と違い装備は変えていないので容姿・モーションは完全に同一
よって名前を除く風貌はマクギリス機と全く同じだが、成長傾向とディフェンダーの使用武器は異なる

マクギリスの副官である石動・カミーチェが駆るシュヴァルベ・グレイズ。
マクギリスが一期にて一話限りしか搭乗しなかった彼のシュヴァルベ・グレイズと同一機体。
(機体概要などはあちらの項目やグレイズ項を参照)
地球外縁軌道統制統合艦隊司令になったマクギリス専用のグレイズリッターを用意したため
搭乗者が居なくなったシュヴァルベは彼の部下である石動に譲渡された。
(何の因果かマクギリスのかつての親友も同じような理由で乗らなくなったシュヴァルベを堅物の部下に貸与している

石動自身の戦闘能力は決して低くはなく、「夜明けの地平線団」との会戦では鉄華団の支援を担当。
ワイヤークローなどを巧みに操り三日月達を援護した。

続くハシュマル騒動では地上戦という事もあり、基本的には宙間戦闘用チューンの本機ではなく
グリムゲルデをベースにより地上用にチューンしたと思われるヘルムヴィーゲ・リンカーが登場。
そちらに乗り換えた後は登場せず、こちらも一話限りで出番を終えている。


上位演出技:エリート・リジェネレーション
モーションは全てマクギリス機と同じ内容である。

鉄華繚乱の輝かしい初弾特集ページに記載されたスクリーンショットで取っている態勢からも
かつてと同じくハイマニューバの流用と看破されており、
実際のところエリート・ハイマニューバの流用である。

リジェネレーションには「生まれ変わる」という意味がある。
実際、アインが乗り換えた事で機体チューンなどが大きく変更され、
生まれ変わったシュヴァルベ・グレイズ(ガエリオ機)は
阿頼耶識を搭載した機体さえ凌駕する動きを見せた。
2期の劇中では夜明けの地平線団との会戦の際のみだったが、
こちらのシュヴァルベも新たなパイロットを乗せる事で
地味ながらも堅実かつ良き働きを行っている。

Menu

メニュー(7/22更新・DW02)

トップページ

概要・遊び方
カードデータ説明
イグニッションカード
ヴァリアブルカード
戦場
モビルスーツアビリティ
ハイパーアビリティ
パイロットスキル
パイロットハイパーアビリティ
バースト
必殺技

ICカードでの遊び・対人戦等
階級・アバター
バトルパートナー
Gオーダー
機体レベル
パーツ
AGEシステム
ビルドMSシステム
ビルドMS一覧
ビルドMS開発リスト
マルチフレームシステム
フレームMS一覧
対戦ルール
(OA1弾で「ACEバトル」、OA3弾で「コストバトル」、DW1弾で「デルタバトル」、追加)

一人用ゲームモード紹介
ミッション系統
ミッション概要
オペレーションモード
クロニクルモード(VS弾)
チャレンジモード
クロニクル保管庫
※過去(VS弾まで)について保管
疑似対戦系統
ネットワークマッチングモード DW1弾より
ランクアップバトル
SPライバル
エンブレム

カードリスト
DW02カードリスト
DW02IGN
DW02CP
プロモーションカードリスト

バージョンアップ履歴
登場MSリスト
登場パイロットリスト
登場予定・敵MSリスト
関連商品
用語集BGM
セリフ集

3DSゲームソフト
ガンダムトライエイジSP
概要など
「SP」専用メニュー

編集にはIDが必要です