デジタルキッズカードゲーム「ガンダムトライエイジ」および3DSゲームソフト「ガンダムトライエイジSP」のWikiです。

開発系統:GPシリーズのMSの一覧。
ビルドMSシステムで呼び出し、開発する。
ここでは初期性能を記載することとし、チューンアップ後の性能等については稼働後情報まとまり次第となります、ご了承ください。

ガンダム試作1号機フルバーニアン

ビルドMSMSカードありタイプガンナー
ステータスHP 1600アタック 2100スピード 2600
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2000ジツダン防御 2200
必殺技フルバーニアン・スラスト3700コスト5MSアビリティ反撃
適性宇宙◎地上▲水中▲森林×砂漠×
通常武器ビーム必殺武器打撃パイロットコウ・ウラキ
ビルドアクションステージが宇宙の時、ずっとスピード+800BAコスト3BA最大コスト5(OA2弾まで)
8(OA3弾〜)
開発可能機体ガンダム試作2号機チューンアップ5回以上
ガーベラ・テトラチューンアップ10回以上
シーマ・ガラハウ使用回数5回以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ10回以上(鉄血の1弾から)
ガンダム試作1号機(ティターンズ仕様)チューンアップ15回以上(グレード4解放必須)
開発系統「ティターンズ」レベル20以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ15回以上(鉄血の1弾から)
ガンダム試作3号機チューンアップ15回以上(グレード4解放必須)
開発系統「GPシリーズ」レベル20以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ15回以上(鉄血の1弾から)
成長傾向/チューン始点標準型/スピードスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/捨身
30回チューン(2回目)ディフェンダー/突撃
備考GPシリーズの起点。ガンダムNT−1から開発するのが王道か。運に自信があるならAGE−2ノーマルから開発、遠回りしていいならGP−02(デラーズ)から開発してもいい。なお、B8弾では「駆け抜ける嵐」をクリアすれば即座に開発可能だった。鉄血弾に入り、AGE−2からの場合はランダム設計図の獲得は不要となった。鉄華繚乱2弾以降は「策謀の宙域」にて当該機を撃破し、設計図をドロップすることで開発可能。
2号機〜4号機までを本機のみで開発可能な上にオリジナルMSであるガンダム試作1号機(ティターンズ仕様)の開発に半ば必須の機体なので3号機と平行して開発可能な最短ルートとして是非とも強化したい。
機体性能はスピード特化のフルバーニアンらしいスピード重視ステータスにスピード強化アクション。アビリティは反撃であり無印初期の回避よりも強化された感じを受ける。さらに追加アビリティの中で特筆すべきは、2回目追加の突撃。スピードチューンスタートが存分に生きるアビリティであり、排出カードに恵まれなかった本機体を存分に活躍させてやるチャンスである。
専用パイロットのコウならB2弾MやVS1弾Pで反撃と捨身、TK4弾Mで突撃を活かせるはず。
開発ルートは、ガーベラ・テトラおよびそれに続く00系の条件はシーマ(BG6弾時点での排出カードはMレア2枚)のどちらかを使用することだった。現在はエクシア、デュナメス共に別ルートからの開発が可能なので無理にこちらから作成する必要がなくなったうえ、鉄血弾からは、ガーベラ開発にシーマのカードは不要となった為、かなり作りやすくなった。しかし、先述の通り強化必須の機体なので、できれば強化ついでに開発しておこう。

ガンダム試作2号機

ビルドMSMSカードありタイプディフェンダー
ステータスHP 2700アタック 2000スピード 1600
ダゲキ防御 2200ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技サイサリス・インフェルノ4700コスト8MSアビリティ鉄壁
適性宇宙○地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器打撃
検証ページ参照
パイロットアナベル・ガトー
ビルドアクションラウンド1にGパワー+2BAコスト2BA最大コスト6(OA2弾まで)
9(OA3弾〜)
開発可能機体ガンダム試作1号機チューンアップ5回以上
ガーベラ・テトラチューンアップ10回以上
シーマ・ガラハウ使用回数5回以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ10回以上(鉄血の1弾から)
ノイエ・ジールチューンアップ15回以上(グレード4解放必須)
設計図(一定確率)(BUILD G6弾まで)
チューンアップ15回以上(鉄血の1弾から)
成長傾向/チューン始点防御力重視型/HPスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/捨身
30回チューン(2回目)ガンナー/逆襲
備考0弾Pと同じ鉄壁持ち、典型的なディフェンダーテンプレ機体。開発はガンダムNT−1試作1号機からすることになるだろう。ガンダムX魔王からも開発できるので、この機体から試作1号機を開発しGP計画系の開発を進めるのも悪くない。鉄華繚乱2弾以降は「ソロモンの悪夢」にて当該機を撃破し、設計図をドロップすることで開発可能。
必殺威力がチューン傾向も相まってかなり燃費が悪目なのが最大の欠点。ただし自身にGパワーゲインのアクションがあることやアクション最大コスト6(OA3弾以降は9)もあり、ビルドアクションでの補強は十分に通用する。
豊富なコストを生かして今回追加分のコストダウンアクションとコストダウンパーツにパイロットも使えばコストは大体6程度まで下げれるが…鉄壁を含めたデコイ役に徹するなどの選択肢もあるので、無理に狙う必要もない。
追加アビリティである捨身・逆襲はチューン傾向と合っているが、専用パイロットのガトーとはやや相性が悪いので注意。
他の用途としてBAが使いやすいラウンド1がGパワーゲインであるため、入れ替えスターボーナス(★×6)を獲得すべくEz8ウイニングと交換しながら他の機体をチューンするというテクニックがある(筐体版限定)。
開発先の機体は、鉄血弾に入り、ガーベラにシーマのカード、ノイエにランダム設計図は不要となったため、どちらも作りやすくなった。

ガーベラ・テトラ

ビルドMSMSカードありタイプアタッカー
ステータスHP 2000アタック 2300スピード 2000
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2000ジツダン防御 2200
必殺技ガーベラ・サディスティック4200コスト6MSアビリティ電刃
適性宇宙◎地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットシーマ・ガラハウ
キララ(B5弾〜)
ビルドアクションラウンド2のみアタック+1500BAコスト3BA最大コスト5(OA2弾まで)
8(OA3弾〜)
開発可能機体ゲルググ(量産型)チューンアップ5回以上
開発系統「ジオニック社」レベル10以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ5回以上(鉄血の1弾から)
ガンダム試作1号機(ティターンズ仕様)チューンアップ15回以上(グレード4解放必須)
開発系統「ティターンズ」レベル20以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ15回以上(鉄血の1弾から)
ガンダムエクシアチューンアップ15回以上(グレード4解放必須)
開発系統「ソレスタルビーイング」レベル10以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ15回以上(鉄血の1弾から)
成長傾向/チューン始点標準型/アタックスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ガンナー/突撃
30回チューン(2回目)ディフェンダー/逆襲
備考開発にM2枚(BG6弾時点)しかないシーマのカードが必要なある意味レア機体。
00系の条件が緩和されていく中こちらはBG弾になってもシーマのカードを使う以外、迂回ルートが全く存在せず、レア機体のままだった(BG2弾でやっとシーマのカードが再排出されたがまたもMと入手しづらかった)。当該弾ミッションをやり続けていればいつかは出るはずの「SP」ならともかくとして、筐体版で使うには中古ショップで買うしかなかったが、鉄血弾に入り、シーマのカードを開発目的で入手する必要はなくなった。
鉄華繚乱2弾以降は「強襲、阻止限界点」にて当該機を撃破し、設計図をドロップすることで開発可能。
開発直後はアタックの数値が微妙だが、アタックチューンスタートなので進めていくと中々のアタックに成長するため、メインに使っていきたい場合はチューン数を稼いでおきたいところ。
初期アビリティは電刃で、追加アビリティはどちらも使い勝手の良い突撃と逆襲だが、チューン傾向から逆襲は生かしにくい。
B2弾当時はソレスタルビーイング系の唯一の通常開発元だったが、現在は他の開発手段が充実してきたため開発目的のチューンは避けた方が無難。鉄血弾に入り、系統レベル条件は外れた。

ガンダム試作3号機

ビルドMSMSカードありタイプガンナー
ステータスHP 2400アタック 2500スピード 1500
ダゲキ防御 1200ビーム防御 3000ジツダン防御 2000
必殺技デンドロビウム・ゼロファイア5000コスト8MSアビリティ装甲
適性宇宙★地上▲水中×森林×砂漠×
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットコウ・ウラキ
ビルドアクションステージが宇宙の時、防御力がずっとアップする(+400)BAコスト3BA最大コスト5(OA2弾まで)
8(OA3弾〜)
開発可能機体ガーベラ・テトラチューンアップ10回以上
シーマ・ガラハウ使用回数5回以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ10回以上(鉄血の1弾から)
ガンダム試作1号機(ティターンズ仕様)チューンアップ15回以上(グレード4解放必須)
開発系統「ティターンズ」レベル20以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ15回以上(鉄血の1弾から)
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/アタックスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ディフェンダー/不沈
30回チューン(2回目)アタッカー/全射
備考B2弾の開発ミッション「不動の覇者!」をクリアする必要があったが、現在は試作1号機から開発可能。また、BG3弾からSPライバル「コウ・ウラキ」クリアでも開発可能になったが、鉄血弾に入り、SPライバルが廃止された為、通常開発する必要が出てきた。鉄華繚乱2弾以降は「駆け抜ける嵐」にて当該機を撃破し、設計図をドロップすることで開発可能。
排出カードでは未だ登場していない装甲持ち。Iフィールドジェネレーター搭載の設定を生かしたのだろうかデフォルトで3000という破格のビーム防御を持つ。ただし、代わりにダゲキ防御を大幅に削られてしまっている。
それ以外は火力面が元から高いステでアタックチューンスタートと、装甲持ちとしては破格の火力を持つのが特徴。ただしクリ効果重視型で防御力が低いのは通常排出版と変わらないので、装甲に期待しすぎず防御面を補うのも忘れずに。
B5弾からのアビリティスイッチにより30回チューン以降からは他の排出版同様、全射が開放される。先に登場した全射の2機は共にBA最大コスト4である為、本機が初のBA最大コスト5の全射持ちとなる。BG弾にBA最大コスト6の新しい全射持ち(Gセルフパーフェクトパック)が登場したが、宇宙での優位性は1番である。また、その全射も鉄血弾に入り、仕様が変更されたため、安易に荒業(ラウンド1に撃破されてスター1個を犠牲にし、満タンで復活するラウンド2に発動)を取ることが出来なくなった為、HP温存手段を考える必要が出てきた。この機体の場合は、ステータスからHPが高めなので守りを固めた方がよいが、チューン傾向からスピードもそれなりに伸びてくるし、主な戦場となるであろう宇宙では+1000されることを考えると、先手撃破も視野に入れたほうが良いかも。
黒の試作1号機を本機からも開発可能だが、普通に開発した場合は元の試作1号機がチューン条件を満たしているはず。更にBG弾以降の環境だと両方の条件を満たしている場合、開発しなかった方は自動で開発可能状態になっているので単純な使用(愛用する)目的以外でのチューンは控えるべきか。

ガンダム試作2号機(R)

ビルドMSMSカードありタイプアタッカー
ステータスHP 2900アタック 2600スピード 1900
ダゲキ防御 2200ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技サイサリス・インフェルノ5900コスト7MSアビリティ烈破
適性宇宙○地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器不明パイロットアナベル・ガトー
ビルドアクションラウンド2からずっと相手全員の必殺技を20%減少させるBAコスト3BA最大コスト9
開発可能機体ガンダム試作1号機チューンアップ5回以上
ガーベラ・テトラチューンアップ10回以上
ノイエ・ジールチューンアップ15回以上
成長傾向/チューン始点防御力重視型/アタックスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ディフェンダー/装甲
30回チューン(2回目)ガンナー/乱射
備考OA6弾稼働中の2019年5月9日〜5月22日まで、ビルドダイバーズモードに登場するEXダイバー・ガトーに勝利すると開発できた(現在は開発不可能)。
HPとアタックの高いステータスで、アタックチューンの為アタックに尖ることになる。
アビリティは初期が烈破、追加が装甲と乱射。烈破は元のHPが高い為それなりに役に立つが、スピードが最終的に2750と高くなってしまう点は注意。装甲は防御関係の伸びが1番悪いアタックチューンなので、あまり期待しないほうがいいが、ACEバトルだとACEに任命すると防御力重視型のおかげでそれなりに役に立つだろう。乱射は本編中で乱れ撃ちのシーンはなく不似合いだが、アタックチューンということもあり実用性は非常に高いため、HPを半分以上残す手段をしっかりと構築して、烈破と乱射を軸に使うと使いやすい。
パイロットはガトーでは烈破と乱射はやや生かしにくいので、コウなどのディフェンスバースト持ちのパイロットと組ませるのが一つの手か。

Menu

メニュー(9/17更新・DW03)

トップページ

概要・遊び方
カードデータ説明
イグニッションカード
ヴァリアブルカード
戦場
モビルスーツアビリティ
ハイパーアビリティ
パイロットスキル
パイロットハイパーアビリティ
バースト
必殺技

ICカードでの遊び・対人戦等
階級・アバター
バトルパートナー
Gオーダー
機体レベル
パーツ
AGEシステム
ビルドMSシステム
ビルドMS一覧
ビルドMS開発リスト
マルチフレームシステム
フレームMS一覧
対戦ルール
(OA1弾で「ACEバトル」、OA3弾で「コストバトル」、DW1弾で「デルタバトル」、追加)

一人用ゲームモード紹介
ミッション系統
ミッション概要
オペレーションモード
クロニクルモード(VS弾)
チャレンジモード
クロニクル保管庫
※過去(VS弾まで)について保管
疑似対戦系統
ネットワークマッチングモード DW1弾より
ランクアップバトル
SPライバル
エンブレム

カードリスト
DW03カードリスト
DW03IGN
DW03CP
プロモーションカードリスト

バージョンアップ履歴
登場MSリスト
登場パイロットリスト
登場予定・敵MSリスト
関連商品
用語集BGM
セリフ集

3DSゲームソフト
ガンダムトライエイジSP
概要など
「SP」専用メニュー

編集にはIDが必要です