デジタルキッズカードゲーム「ガンダムトライエイジ」および3DSゲームソフト「ガンダムトライエイジSP」のWikiです。

同一人物のグラハム・エーカーグラハム・エーカー(ELSバージョン)とは同時出撃可能。

4弾

04-058バーストカットインイラストR
ステータスHP+400アタック+1500スピード+600
バーストスピードいざ、尋常に!勝負!バーストLv2
スキル一騎打ちを所望する!単機でロックオンした時、そのラウンドのみ必殺技+600【毎回】
備考3弾EXミッションで驚異的なスピードでコマンダーを圧倒して見せた乙女座の彼はRで登場。
ステータスで最初に目につくのはRでアタック+1500とRのアタック最高クラスの補正を堂々と更新(当時)しつつ、スピードバーストとまさしく3弾EXミッションでの性能を再現した様な一枚だが、RなのでバーストLv2かつ高いアタック補正のしわ寄せでスピード補正が低い。しかし実際にこのまま使用するのならばスピード補正が低いのを補うスピードバーストと理想的な関係なので気にならないはず…なのだが保険としてある程度スピードのある機体に乗せておく方がいいか。
パイロットスキルは新タイプ(当時)の単機スキルで必殺技威力を向上させる。+600という数値だけ見れば単体では当時最大、今でも高めの数字だが…今は同じスピードバーストでも先攻クリティカルスキル持ちが存在し、そちらのほうがコンスタントに高い火力を維持出来るのが辛い所。また【毎回】スキルだが単機ロックオンが条件なのも、前述の先攻クリスキルに劣るなど、現在使うには苦しいものがあるか。単機ロックオンという条件は、原作で刹那との一騎打ちに拘った部分から取られたと思われるのでらしいといえばらしいが。1ラウンドGパワーゲインや合体換装での更なる威力向上に、低コスト技持ちの機体に乗せ雑魚掃討・・などさせた方がスキル面は生かしやすくなるだろう。
出る愛機がことごとくスピードに恵まれず、ようやく恵まれた再高レア化…B2弾CPではなんと極限までスピードをそぎ落とし、先制からの一撃に賭けるもの…と、このカードとの相性は最悪のもの(スピードバーストバトルが発動すると先制がほぼ発動しないので、先手がとれなくなる)が出て希望がないかに見えたが…待望のビルドMS版がB6弾にて登場、こちらはスピード重視のステータスをしておりこのカードの低いスピード補正を補ってくれるので、活躍させたい方は是非。ちなみにビルド版はアビリティがいまいちなのでチューンは念入りに(できれば30回)。また、BG6弾では(G)版が登場。こちらは、1回目のアビリティに闘気がありスキルとの相性が良いが、スピードが厳しいので、スピード操作BAやスキルは必須。
カードの背後に写っているのはどうやら4弾Mのスサノオの模様。
04-059キャラクターアイコン設定画流用C
ステータスHP+700アタック+800スピード+700
バーストディフェンスならば君の視線を釘付けにする!バーストLv1
スキル先手必勝II先攻を取ると、そのラウンドのみアタック+800【1回限り】
備考Cではディフェンスバーストで登場。
Rと違いステータスは平坦になり、スキルは3弾ミッションで使用したものだが、当然次のラウンドではアタックは元に戻るため使い勝手の悪さは否めない。
バーストの台詞はトライエイジ未登場のスサノオの改造前の機体、マスラオでの初トランザム時の台詞。
カードの背後に写っているのはどうやら4弾Cのスサノオの模様。

5弾

05-065
ステータスHP+500アタック+800スピード+1000
バーストアタック私は純粋に戦いを望む!バーストLv1
スキル間合いを心得た!ステージが地上の時、アタック、スピード+300
備考Cとはいえ前弾よりも明らかに使いやすくまとまり、地上無条件スキルも持つ。
愛機であるスサノオよりも仇敵・ダブルオーガンダムに乗せた方がバランスがいいかも。

ジオンの興亡3弾(Z3弾)

Z3-064R
ステータスHP+800アタック+1500スピード+500
バーストアタックいざ、尋常に!勝負!バーストLv2
スキル修羅の道最終ラウンドに敵全員のスピード-1000
備考4弾ぶりに参戦弾と同じバースト台詞で復帰。ステータス合計値は2800と、Z弾のR標準補正である。
ステータス自体は4弾Rと同じアタック偏重補正でアタックバーストになったのでスピードを機体側で補正してやれば使い勝手はよいか。
しかしこのカードの真骨頂は全体スピードダウンスキルに尽きるだろう。古参Gコマンダーからすれば、「歪曲させる憎悪」(敵版)そのものである。自身のスピードの低さを補える点は歪曲の元祖と変わらず、専用機の最高レア・4弾Mスサノオの足の遅さもある程度カバー。スピードバーストを使う・スピードが6000以上の高スピードを持つ隊長機がいる・敵が総じて高いスピード…などの状況が多発するEXミッションで起用してやれば効果は抜群のはず。
今弾ではついにディフェンスバースト封じスキル持ちパイロットが追加されたのでその手のパイロットと併用すれば効果抜群だろう。

BUILD MS2弾(B2弾)

B2-063R
ステータスHP+700アタック+800スピード+1400
バーストディフェンスならば君の視線を釘付けにする!バーストLv2
スキル軍人の誇りHPが半分以下の時、ダメージを30%に軽減する【1回限り】
備考CP排出、00特集弾に合わせ再登場。
今回はディフェンスバーストであり、本弾CPスサノオの先制失敗時の保険を効かせる構成。前弾Mジュドーにも若干似ているが、スピード高めであるため中途半端なステータス構成にしないように注意は必要。
現在は、当時存在しなかったアビリティ、逆襲か決戦で高HPの機体と組ませるのがベスト。

BUILD G3弾(BG3弾)

BG3-051C
ステータスHP+700アタック+700スピード+1400
バーストスピード私は純粋に戦いを望む!バーストLv1
スキル本領発揮ラウンド2にGパワー+2
備考声の担当が同じ中村悠一氏の別キャラと違い、こちらは依然として低レアのCで登場。アロウズ系統のパイロットでは最多の6枚目なのだが、依然としてM以上の高レアに恵まれていない。
ステータスはスピードの高いスピードバーストとお手本のようなカードで、スキルは重要性が増したラウンド2のGパワー増加なので、スピバで先手とって相手撃破することで、生存率を上げる方が良いかも。そのため、同弾スサノオより他の機体と組ませるのがベスト。また、BG6弾で登場したビルドMSの(G)版の1回目のアビリティが、スピバと相性の良い闘気で、チューン傾向からスピードよりアタックが伸びていくので、このカードと組ませるとスピードを補うことが可能。
しかし、このスキル持ちのパイロットは大勢いるし、より強力なスキル持ちもいるので、無理にこのカードを使う必要は無いのが実情か。

BUILD G6弾(BG6弾)

BG6-056C
ステータスHP+1600アタック+800スピード+400
バーストディフェンスこの武士道だけはぁッ!!バーストLv2
スキル鍛えし心眼単機でロックオンした時、相手のアタックバーストを封じる。【毎回】
備考00特集弾により、Cの例外バースト持ちで登場。
スキル名こそ違うがB8弾Mカガリと同じもので、ディフェンスバーストなのでバーストバトルを封じられる。ちなみに左記のシーマ様とぶつかってシーマ様が先行を取った場合、互いにバーストを封じられた裸の状態でなぐりあいになる。
注意点はB6弾Mシュバルツを参照してもらいたい。
スサノオなら同弾Cと相性よく使える。他にもB2弾CPでバースト封じに対抗するのも良いだろう。他には逆襲、烈破、フルドライブがベスト。

鉄華繚乱5弾(TKR5弾)

TKR5-062C
ステータスHP+800アタック+1100スピード+1200
バーストスピードいざ、尋常に!勝負!バーストLv1
スキル最後の一撃最終ラウンドに必殺技+800。
備考1年10ヶ月ぶりの登場。
スピードバーストとしては使いやすいものの、スキルは最終ラウンド指定とミッション向けと使いにくいものとなっている。

VS IGNITION 03(VS3弾)

VS3-049C
ステータスHP+1700アタック+1100スピード+600
バーストディフェンスならば君の視線を釘付けにする!バーストLv1
スキル加速する想い味方が撃破されると、次のラウンドのみアタック、スピード+1000。【毎回】
背景VS3弾P−IGNスサノオ
備考00特集弾で、2弾開けての登場。
ステータスはBG6弾の上位互換だが、スピード、バーストレベルとスキルの利便性で劣る為上位互換とはならない。
そのスキルは味方が撃破されるとアタックとスピード強化。そのため、先制、迅雷、烈破が使いにくい。となると、逆襲が無難な選択肢となるだろうか。声の担当が同じ中村悠一氏の別キャラの機体と組ませてみるのもありだろう。

OPERATION ACE 04(OA4弾)

OA4-091バーストカットインイラストCP
ステータスHP+1700アタック+1700スピード+1700
バーストアタックその極みにある勝利を!!バーストLv3
スキル極めし武士道相手を撃破するたびに、ずっとアタック、スピード、必殺技+3000。【毎回】
ACE効果最終ラウンドに必殺技+1500。
備考正体のグラハムに遅れること10ヶ月、苦節6年余、ついにミスター・ブシドーの高レア(VS3弾P−IGNスサノオは別枠として)が仮面の男キャンペーンで登場。ステータス合計値は5100。
全能力同数値のステータスで、スキルは相手の撃破でアタック、スピード、必殺技3点強化と戦意高揚系スキルの(きわみ)と言える。ダメージを稼ぎやすいアタバなので、殴ってしまえば撃破すること自体は難しくないだろう。撃破することが大事なので、特に素のままで戦うことになるラウンド1で先攻を取られて何も出来ずに撃破されることがないよう、組ませるのは縛撃あたりが無難。発動させる自信があるなら追加攻撃系もいいだろう。闘気などでもいいがスピード操作、ラウンド1に限ればスピードバースト封印が必要なので、組ませるときは入念に準備しよう。打破の存在を考えるとOA2弾PEWカトルのような「自軍全体のスピードを上げる」カードの方が安定するだろうか。闘気に乗せるなら、アタックバーストということで繚乱5弾ANV強化型ZZなんかはどうだろうか。また、レベル上げや階級上げに連撃なんかもあり。階級が低いうちはパーセンテージよりも数値によるステータス上昇の方がいいので、スキルの都合上撃破する必要はあるものの、初心者でも使いやすいだろう。
専用機のスサノオに乗せる場合は持っている人が限られるがビルドMSのG版スサノオは闘気持ちなので非常に強力。排出カードは大半がトランザム持ちではあるが速烈持ちの繚乱5弾Rが最適。対人戦の場合コストバトル時に起用しよう。まかり間違っても先制狩り機の極致であるB2弾CPや無双持ちのBG3弾Rに乗せないようにしよう。
カードイラストは上記4弾Rを腰辺りまで引いた目線のもの。
余談だが、下記ビルドダイバーズの鉄仮面ズのメンバー全員の元ネタが今回のCPでカロッゾ以外の4人そろっているので、バトルパートナーをカロッゾ、イグニッションはこちら、ラウ、シャアのどれか、パイロットはハリーにイグニッションで選ばなかった2人と言う組み合わせで遊んでみるのもいいだろう。

DELTA WARS 03(DW3弾)

DW3-062M
ステータスHP+2100アタック+2100スピード+1200
バーストアタック切り捨て・・・御免ぇぇんッ!バーストLv3
スキル括目せよ!ガンダム系MSを攻撃すると、ずっとアタック、スピード、防御力が30%増加する。【毎回】
ACE効果ラウンド2のみ相手全員のトランザムアビリティを封じる。
備考Mで10ヶ月ぶりに登場。ステータス合計値は5400。
スキルは前々弾で登場した1stシーズンでの姿と同じガンダム系を標的指定で、永続と防御アップの2点でこちらが有利。もちろん相手にガンダム系がいないミッションなどではただの高レアアタバと化すので留意は必要。OA4弾のCPと比べると、相手を撃破せずとも最初からアタック+30%の効果を得られるのがこちらの有利な点。但しこちらは必殺威力が上昇しないので、通常攻撃が中心になってくる…と、近時の高レアグラハムさんどうしで使い分けが可能。
乗せる機体としてはスサノオはトランザム持ちが多く被攻撃時の保険になるので良い組み合わせ。死なない自信があれば今弾なら連撃のケルディムも面白いかも(斬り捨てないが)。他はアタバのセオリー的な運用になるが、スキルにスピードアップ効果もあるので先制・迅雷は微妙。

キャラクター解説

登場作品機動戦士ガンダム00 2nd Season
中村悠一
年齢32歳
階級上級大尉(ライセンサー)
別バージョンパイロットグラハム・エーカー(同時出撃可能)
グラハム・エーカー(ELSバージョン)(同時出撃可能)
専用機アヘッド・サキガケ
マスラオ
スサノオ
証言
特記事項本ゲーム上ではグラハム・エーカーグラハム・エーカー(ELSバージョン)とは、別パイロット扱いで専用機はあくまでブシドー時代のもの

地球連邦軍・独立治安維持部隊アロウズに所属する軍人。
9月10日生まれの乙女
仮面を付け陣羽織風改造軍服を着用している上に言葉使いまで独特なため「武士道」とあだ名される(ちなみに自称と思われたミスター・ブシドーの名は回りからそう呼ばれているもので自称ではない。この事に本人は迷惑千万と言っている)。
部隊内での戦闘行動において自由行動が許されるという特権「ライセンス」を所持しているため「ライセンサー」とも呼ばれる。

その正体は1stシーズンで刹那・F・セイエイと死闘を演じたグラハム・エーカーその人である。
(度々1stシーズンから見ている視聴者には一目で分かるほどの振る舞いの上、会話中にほめのかす発言まで入れられた為その正体を隠しているとは言い難い。実際、小説版では「隠すつもりはないがみんな本名で呼んでくれない(要約)」と明言している)

序盤で登場した際は宿命の相手が本調子でないのを見てあえて見逃している
※小説版では初交戦の時、ダブルオーに対し「キミは私のプリマドンナ一緒にエスコートさせてもらおう」と地の文で言っている
通常の軍隊なら懲罰モノだが、上記のライセンサーとしての特権で握りつぶしている。

2ndシーズン中盤、コロニー・エクリプスに居る王瑠美の救出及びヴェーダの所在地の情報の受け取りに訪れたダブルオーライザーの前に現れ、因縁の相手である刹那の前で仮面を取り正体を明かした(B2弾のイラスト)上で、ガンダムによって仲間や恩師等親しい人を悉くを奪われた上に自身の矜持まで砕かれた末に見たものは単純な恨みや憎しみなどの感情を超越した「宿命」だ、と刹那に語った上で刹那との一騎打ちを挑んだ末、敗北した。
※小説版ではこの一騎打ちの際、剣を打ち合った回数を数えていたり、その事で地の文にツッコミ(「正確には何回だと」)を入れたりと、刹那とは別の意味で変革しているのでは?、な描写がある
その後に「武士道とは死ぬ事と見つけたり」と思いつめ自決を図ろうとするが、直前に刹那が言い残した「生きるために戦え」という一言で思いとどまった(その後、敵、味方両方にその場に置き去りにされてしまったらしく、最終決戦には参加出来なかった。後日、回収されたようで、その際にはビリーの研究室を訪ねていた)。

劇場版では無くしていた本名で連邦軍に復隊した。

ドラマCDでは美少年好きで男色家な謎の仮面キャラ「ブシ仮面」として登場し、刹那やをメタ発言をしながら別の意味で襲ったり、ガンダムファイターばりの
高い身体能力を発揮しをフルボッコにしている。
しかもも。

さらにGジェネシリーズではシャイニングガンダムゴッドガンダムに乗せるとフィンガーの系の技と最終奥義をオリジナルのセリフで本家並みに使いこなしてしまう(そしてそのセリフはシリーズを重ねる事に別の方向にぶっ飛んでいく・・・)。

ガンダムビルドダイバーズには、第10話で鉄仮面ズの一員として、彼の姿をしたアバターが登場している。
違いは、髪の色とアバターのほうがやや太めの体型となっている。

Menu

メニュー(9/17更新・DW03)

トップページ

概要・遊び方
カードデータ説明
イグニッションカード
ヴァリアブルカード
戦場
モビルスーツアビリティ
ハイパーアビリティ
パイロットスキル
パイロットハイパーアビリティ
バースト
必殺技

ICカードでの遊び・対人戦等
階級・アバター
バトルパートナー
Gオーダー
機体レベル
パーツ
AGEシステム
ビルドMSシステム
ビルドMS一覧
ビルドMS開発リスト
マルチフレームシステム
フレームMS一覧
対戦ルール
(OA1弾で「ACEバトル」、OA3弾で「コストバトル」、DW1弾で「デルタバトル」、追加)

一人用ゲームモード紹介
ミッション系統
ミッション概要
オペレーションモード
クロニクルモード(VS弾)
チャレンジモード
クロニクル保管庫
※過去(VS弾まで)について保管
疑似対戦系統
ネットワークマッチングモード DW1弾より
ランクアップバトル
SPライバル
エンブレム

カードリスト
DW03カードリスト
DW03IGN
DW03CP
プロモーションカードリスト

バージョンアップ履歴
登場MSリスト
登場パイロットリスト
登場予定・敵MSリスト
関連商品
用語集BGM
セリフ集

3DSゲームソフト
ガンダムトライエイジSP
概要など
「SP」専用メニュー

編集にはIDが必要です