葉鍵キャラを政治家に見立て葉鍵国を統べる仮想政界「葉鍵政界」の派生wikiです。葉鍵板を参考に、99%のネタと1%の知性で盛り上げ楽しんでいきましょう。(元は葉鍵政期スレのまとめwiki的位置づけでしたが、現在は三次創作サイトの方向に突き進んでいます。)

 ジャム送りつけ事件とは、葉鍵政界史上最大の政治テロとして認知される、うぐぅ民主党杏さん党葉鍵新党を巻き込んだ事件である。

 葉鍵新党結成の際、水瀬秋子来栖川綾香と共に当時杏さん党に在籍していた美坂香里が連名で結成宣言を出した。
 美坂香里の意図としては、葉鍵新党が自らが属する杏さん党も含めた野党結集・政界再編の核となる存在になると水瀬秋子から説明を受けていた為、その先兵的役割として葉鍵新党への参加を表明したものであった。また、後の会見で美坂香里は水瀬秋子からジャムによる脅しを受けていたと語っているが、関係者によると単にテーブルの上にジャムの瓶が置かれていただけという話もあり、客観的にその真偽を判断するのはきわめて難しい。
 葉鍵新党結成会見後、藤林杏杏さん党委員長は直ちに美坂香里を呼び出し、真意を確認した。その過程で美坂香里は、葉鍵新党の結成を杏さん党サイドは何も知らされておらずまた政界再編に加わる意思もないことを知り、水瀬秋子に騙されたという感情を持った。
 美坂香里は杏さん党への残留を決め、杏さん党は記者会見の準備を進めていたが、その間に葉鍵新党が眠主党と提携し、眠主党サイドに美坂香里が葉鍵新党の人間である旨伝えられてしまった。再三の抗議にもかかわらず眠主党代表の水瀬名雪が会見でそれを前提にした発言をしたことで藤林杏は激怒し、後に怒りの一括と言われる会見をすることになる。
 結果的にこの怒りの会見で美坂香里の杏さん党残留が認知・確定され、葉鍵新党側が矛を収める形になる。
 騒ぎの最中、ことみん新党北川潤副代表がこれに便乗して美坂香里の引き抜きを画策するが、記者会見の際にあっさり拒絶されてしまう。

 この後、水瀬秋子代表からお騒がせしたお詫びにとお中元の名目で藤林杏・美坂香里の両名にジャムの詰め合わせが送られた。この時美坂香里は送り主と中身を見て速攻で捨てたが、藤林杏はジャムに関する十分な知識がなかった為に食べてしまった。その為に深刻な食あたりに罹り、同時に精神的な後遺症から党代表の職務を果たせない状態にまで追い込まれた。この為、杏さん党は緊急に代表代行として牧村南を選出している。
 この事態に、食と福祉を考える会を中心に葉鍵新党に猛烈な抗議の声が寄せられた。代表幹事の来栖川綾香が釈明会見に望み、これが明確な政治テロであることを認めた上で水瀬秋子に謝罪と党代表の辞任を求めた。
 が、水瀬秋子は頑なに「これはただのお中元である」と主張し、代表の座を降りようとはしなかった。それどころか今度は身の潔白を証明すると称してうぐぅ民主党古河派の古河早苗?と共謀し、総裁選まっただ中のうぐぅ民主党の議員全員に彼女の作ったジャムを使ったジャムパンを送りつけるという暴挙に出た。
 事前に水瀬秋子の動きを察知した葉鍵新党サイドからうぐ民党長岡派に極秘の情報が伝達された為、幸いにしてうぐぅ民主党からは被害者は出なかったものの、相次ぐ政治テロに葉鍵政界は震撼した。与党幹事長の母親が関与しているという事もあってか事件の真相は公のマスコミ向けには結局うやむやにされたが、うぐぅ民主党内部には大きなしこりを残した。うぐ民党総裁選で古河渚は最有力と言われていたにもかかわらず結果は3位と惨敗したことには、この事が遠因になったのではないかとの説もある。
 水瀬秋子の暴挙に怒った来栖川綾香は葉鍵新党を離党し新党魁に移籍する事態となった。このとき他の党員も離党し葉鍵新党は崩壊するという予測もあったが、離党したのは来栖川綾香一人に留まり、葉鍵新党は存続した。また、来栖川綾香の離党の直後に美坂香里も新党魁に移籍してしまう。

 最後には美坂香里と来栖川綾香が改めて自由主義政党の中心メンバーになってしまうなど、この事件には不審な点が多い。現在でも事件の真相は謎に包まれている。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます