あにまん掲示板の各種スレッドに掲載されているR-18小説を保管するためのwikiです。

男は人魚の唇を奪う。
もがく人魚を黙らせるように、その口内を蹂躙する。
その行為に配慮など無く、欲望のままに。

「ん……じゅる……」

男が人魚の口内を舌で舐めていると、向こうから舌が差し出される。
それを応えるように男は舌を伸ばし、人魚のそれと絡ませる。

「ちゅ……んっ……」

水音を立てながら舌を絡め合う二人。
しばらくして男が唇を離すと、銀色の糸が伸びる。

「はぁ、はぁっ……」

人魚──ハゥフニスは蕩けた表情で息を荒げていた。

「大丈夫か?」

そんな彼女を見て男──ライヒハートは優しく声をかける。

「うん……ありがとう」

彼はそう答えたハゥフニスの頰を撫で、彼女の唇を再び奪う。

「ん……」

バードキスを繰り返してライヒハートはハゥフニスの胸に触れ、柔らかい感触を手で楽しむように揉みしだいていく。

「あんっ……」

手に力を入れる度に彼女の身体が震え、甘い声が上がる。

「かわいいな……」

ライヒハートはそう呟き、頭を下げてハゥフニスの胸へと吸い付く。

「ひゃっ……!んあっ……!!」

突然乳首を吸われ、彼女は驚きと快感の混じった声を漏らす。
そんな彼女を愛おしそうに見つめながら、彼はもう片方の胸に手を伸ばしてその先端を指先で弄ぶ。

「やあっ!だめぇっ!」

ハゥフニスの口から拒絶の言葉が漏れるが、真意を知るライヒハートは動きを止めない。
彼は舌で彼女の乳首を転がすように舐め、甘噛みし吸い上げる。

「ライヒ、まって……!」

ハゥフニスの言葉にライヒハートは動きを止め、身体を離す。

「私ばっかり気持ちよくなってる……」

「俺は構わないんだが……」

「一緒に気持ち良いことしなきゃ、ダメ」

ハゥフニスはそう言うと、彼の手を取って自らの秘部に導く。
そこは既に濡れそぼっており、彼女の興奮を示していた。

「分かったよ……」

ライヒハートの言葉に微笑むと、彼女は彼の陰茎に触れる。
既に硬さを持ったそれを優しくヒレで包み、上下に動かす。
同時にライヒハートも秘部へ指を入れ、ハゥフニスの中を搔き回していく。

「ライヒ、気持ちいい……?」

「おう、気持ちいいぜ」

そのまましばらくお互いを愛撫し続け、先に彼女の手が止まる。

「はぁ……んっ……ライヒ、そろそろ……」

ハゥフニスは潤んだ目でライヒハートを見つめ、口を開く。

「今日はどうする?」

「えっとね、私が動くから座ってて」

「あいよ」

ハゥフニスは膝立ちして座ったライヒハートの陰茎を自らの秘部にあてがうとそのまま腰を落とし、ゆっくりと挿入していく。

「んっ……全部入った……」

自分の中に彼を収めきり、ハゥフニスは息を吐く。

「動くね……」

「無理すんなよ」

ライヒハートの言葉に頷くと彼女は彼の肩に両手を置き、ゆっくりと腰を上下に動かし始めた。

「あっ……んっ……」

腰の動きが徐々に速くなり、肌のぶつかり合う音と荒くなる2人の息が部屋に響く。
彼女の中は熱くうねり、ライヒハートのそれを刺激する。

「はっ……あ……ん……!」

蕩けた表情で腰を振り続けるハゥフニス。

「んっ……ライヒっ……!」

限界が近いのか、ハゥフニスは切なげな声を上げる。

「俺もそろそろ……!」

それに応えるようにライヒハートはハゥフニスの腰を掴むと、下から激しく突き上げた。

「やぁっ、だめっ♡イッちゃう……!」

その衝撃に彼女は身体を仰け反らせ絶頂する。
それと同時に膣内が収縮し、彼の陰茎を締め付ける。それに呼応するようにライヒハートも射精した。

「ハゥフニス、俺も……!」

陰茎が力強く脈打ち、ハゥフニスの中を白く染め上げる。
それを感じながら彼女はぐりぐりと尻を押し付ける。

「ライヒの、出てる……」

「今出してんだから刺激すんな……」

ライヒハートは困ったような笑みを浮かべ、ハゥフニスの頭を撫でる。

「ライヒ、愛してる……」

「ああ、俺も愛してるぜ」

「ね、このまま寝たい……だめ?」

「お前なぁ、前もそうだっただろ」

「だって……」

ハゥフニスは頰を膨らませる。

「仕方ねぇなぁ、ほら」

「ありがとう、ライヒハート」

2人は互いに抱き合いながらベッドに倒れ込むと眠りについた。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます