「アインズ・ウール・ゴウンか……。くだらない」
メインデータ
名前アルベド
albedo
種族異形種(悪魔)
分類NPC
異名慈悲深き純白の悪魔
役職ナザリック地下大墳墓 守護者統括
正妃(自称)
住居玉座の間
第九階層のギルドメンバー用の予備部屋*1
属性極悪
カルマ値:-500
種族レベル小悪魔(インプ)
サキュバス
ほか
10.Lv
?.Lv
残り20.Lv
職業レベルガーディアン
ブラックガード
アンホーリーナイト
シールド・ロード
暗黒騎士ダークナイト*2
ほか
10.Lv
5.Lv
10.Lv
5.Lv
?.Lv
残り40.Lv
サブデータ
誕生日?身長170cm*3
年齢?性別
趣味編み物制作者タブラ・スマラグディナ
登場書籍声優原 由実
人気投票2位 11,217ポイント備考
◎画像はpixiv『アルベド』をsio様から許可を得てお借りしています。二次配布、無断使用などは禁止です。
種族 Lv.30 職業 Lv.70 合計 Lv.100


概要

 アルベドとは、本作のメインヒロイン及び、作者公認メインヒドインの1人である*4

 玉座の間の玉座の隣に配置されたNPC。書籍追加されたキャラクターで、web版には登場しない。その役割はナザリック地下大墳墓全NPCの頂点であり、7人いる階層守護者の守護者統括の地位についているという設定を与えられている*5。また、3姉妹で全員創造主が同じ。姉にニグレド、妹にルベドがいる。

外見

 外見は、「純白のドレスをまとった美しい女性だ。僅かな微笑を浮かべた顔は女神のごとく。ドレスと正反対の黒髪はつややかに流れ落ち、腰のあたりまで届いている。(一部抜粋)」*6。人ではなく悪魔であり、瞳は金色で瞳孔は縦に割れ、頭から突き出した山羊のような角、腰から漆黒の天使の翼が生えている。ちなみに翼は飾りではなく、実際に飛べる*7

設定

設定の概要

 タブラ・スマラグディナが作った設定には、内務能力に長けており、ナザリック全階層のシモベをたった1人で管理することが出来る。守護者統括の肩書に偽りはない*8。当然、頭脳も優秀で、階層守護者たち会議ではデミウルゴスと同じく先生サイドについて、アインズの数少ない言葉からその真意を見抜き(好意的な深読み)、皆に伝える役割をしている。

 しかし、デミウルゴスには智謀で劣り、シャルティアには戦闘力で劣っているなど、決して万能性を持ち合わせているわけではない(アルベドの設定)。創造主であるタブラ・スマラグディナから長々とした設定文を与えられたが、その中には暇な時は編み物をしているなど女性的な設定もある。

 「ちなみにビッチである。」の設定はユグドラシル最終日に、モモンガの遊び心で「モモンガを愛している。」に変更された。異世界に転移するとは露程も考えてなかったモモンガは、その「自分を愛している」という一面がでるたびに酷く後悔することになる。 

アルベドの設定(一部)

性格

 多くのナザリックNPCの例に漏れず、人間を「ゴミ」「虫けら」と判断している。基本的に微笑を崩さない絶世の美女であり、それは敵味方問わず誰に対しても殆ど変わらない。腹芸の出来る女で、同じ知恵者であるデミウルゴスと話す時にそれがよく見られる。

 だが、自分の主人(アインズ)絡みのこととなると途端にダメになり、甘い吐息を漏らしながら自分の世界に入り込んでしまって使い物にならなくなる。そこには狡猾で残忍な面は一切なく、頭は回るのだがアインズ以外のことに一切の注意が行かなくなり、暴走した挙句、話のオチになる展開が彼女を待っている。それが原因で3日間の謹慎処分を受けたことがある。

 ナザリックNPCでは恐らく唯一「モモンガ以外のアインズ・ウール・ゴウンそのものを憎んでいる」という立ち位置を取っている。それは誰にも知られていないが、アインズの何よりも大切な物は、彼女にとっては敵視の対象でしかない*9
 

強さ

 守護者強さ序列同率三位、防御最強。

 王の守りという役割を与えられた彼女は防御に特化し、防御を重視した騎士職ばかり取得しているため、HPと防御力は守護者トップである*10。装備している鎧は3重装甲になっており、ダメージを鎧に受け流すスキルによって、超位魔法すら3回耐えることができる。パリーを始めとする防御スキルが充実し、武器攻撃に特化したコキュートスのスキルの一撃を片腕を犠牲にしつつ防ぐなど、王の盾として相応しい防御力を持つ。
 
 攻撃力も高いが、防御に特化した分、他の戦士系守護者であるコキュートスやセバスに劣っている。しかし、対物体最強のワールドアイテム「真なる無(ギンヌンガガプ)」を与えられ、それを形状変化させ主武器にしている*11。だが対人ではさほど使えるアイテムではないらしい*12

 シャルティア曰く「大口ゴリラ」。それが彼女の元となった姿らしいが、真の姿に変身できるような記述がある*13

100レベルNPC比較

作中の動向

 作中ではその優れた内務能力を遺憾なく発揮してナザリックの管理は勿論、アインズの秘書として活躍している。
 高い防御力が有りながらも人間を完全に見下しているため、冒険者モモンのパートナー候補から外れた。だが彼女が居るおかげでアインズは安心してナザリックを出て外で活動できているため、設定を書き換えたアインズの罪悪感はともかく、web版と違ってアインズの出番が増えたことは彼女の功績と言える。

 元々自室を持っていなかったため、アインズからギルドメンバー用の予備部屋を与えられた*15。部屋のドレスルームには、自作の大小様々なアインズのヌイグルミや抱きまくらで満たされており、部屋は掃除するメイドすら立ち入り禁止となっている。その部屋にはナザリックNPCの誰もが敬意を表すべきアインズ・ウール・ゴウンの紋章旗がホコリまみれとなり、部屋の片隅に放置されている。アインズ・ウール・ゴウンを「下らない」と本人がハッキリと明言しているため、彼女の敵愾心は本物である。

 その関係性が高いであろう「至高の四十一人の捜索隊」や、魔導国建国後に個人的な理由を持ってリ・エスティーゼ王国に赴くなど、非常に不穏な動きが目立つ。14巻の冒頭で何らかの陰謀を企てていることが語られた。デミウルゴスやラナーを始め、他の守護者の活動を警戒している。自分のための人員と資金が足りないことに頭を悩ませている。 

装備品・スキルなど

装備

  • 真なる無(ギンヌンガガプ)…… 世界級アイテム。主武器に形状変化させている。対物体最強の世界級アイテムだが、対人ではさほど強くないらしく、特化した神器級アイテムに劣る。*16 なお、カルネ村に出撃した際はこれを所持していない。*17
  • 3F(バルディッシュ)…… 病んだような緑色の微光を宿した巨大な斧頭を持つ武器。*18
  • 鎧(ヘルメス・トリスメギストス) …… 神器級アイテムの3重装甲の全身鎧。物理的な強固さに特化しているため、その他の力は皆無。
    • 外側……漆黒の全身鎧。2層目の各所を覆っている追加装甲鎧。
    • 中間……スーツアーマーの全身鎧。
    • 内側……液体に似た同化鎧。アルベドの真の姿の皮膚と同化して肉体を硬質化させる。

アイテム

  • 騎乗動物召喚用のマジックアイテム …… アルベドでも乗れる騎乗動物が召喚できるアイテム*19
  • 漆黒のカイトシールド …… 完全武装のときに装備する盾。アニメでは省略された。
  • リング・オブ・アインズ・ウール・ゴウン …… ナザリック内で転移できるアイテム。アインズから二番目に貰った。
  • ボストンバッグ …… アルベドの私物入れ。玉座の間の隠しスペースに置いてある。
  • 移動速度上昇系のアイテム……アインズから借りた*20
  • 「(インベントリ内)彼女が使える魔法系統の巻物だろうか」*21

詳細不明

  • 移動阻害に対する耐性(完全かは不明)*22
  • 魔法を宿していない飛び道具の無効化*23
  • 自分の翼で飛ぶ(フライより若干遅い)*24

魔法

  • <メッセージ/伝言> (要考察アルベドはメッセージを使えないと思われる*25

関連項目

  • タブラ・スマラグディナ
    • 創造主。アルベドは彼が設定したビッチだった頃の自分を覚えていない模様。
  • モモンガ
    • 私の愛しいお方。ナザリック地下大墳墓は全てモモンガのためにある。
  • ニグレド
    • 探査特化型NPC。長女。仲はいいがルベドの件では意見が割れる。
  • ルベド
    • 通常とは違う方法で作成されたNPC(?)。可愛い妹(三女)。
  • デミウルゴス
    • 悪魔的智謀で様々な分野の功績を立てている。正直、仕事以外のことで相談はしたくない。*26
  • シャルティア
    • 正妃争いをしているライバル。想い人が同じであるだけに時々意気投合する。
  • アウラ
    • アルベドとシャルティアとの正妃争いの詰り合いを「何言ってんだこいつら」という目で見ている
  • 一般メイド
    • 「アルベド様はお優しいからきっと教えてくれるわよ(裁縫を)」
  • アインズ謹製のエルダーリッチ達>エルダーリッチ
    • 魔導国のエ・ランテルの内務をするために教育を施している。
  • 八肢刀の暗殺蟲(エイトエッジ・アサシン)
    • 「アルベド様、御乱心!」 「アルベド様、御乱心!」
  • 名前の元ネタ
    • 名前の元ネタ一覧の項目。

その他

  • 服は無いが下着だけはやたらもっている
  • 10巻で、主人のベッドで○○○○をするのが癖になっていると判明した、
  • アルベドの名前の元ネタは、錬金術用語の「白化」「精神的浄化」「啓発」と思われる。
  • ミカンの皮の下の白い部分(果実の中果皮)をアルベドと言う。不死者のoh!2巻061頁でネタにされた。なおオレンジ色の部分(外果皮)のことは「フラベド」と言う。
  • 読者の考察だが、モモンガに設定を書き換えられたので、ゲーム最終日のモモンガのギルドメンバーへの怒りの感情が性格に反映された可能性がある。
  • 12-273で、暗黒騎士ダークナイトがその他系の位階を伸ばすことが判明した。つまりアルベドもレベル次第では位階魔法を何か使えるかも?
  • スキル「ウォールズ・オブ・ジェリコ」の元ネタは不明だが、旧約聖書の「エリコの壁」を ウォールズ・オブ・ジェリコと呼ぶことがある。「異世界かるてっと2」6話ではスキル発動時に同名のプロレス技 (鯱式逆エビ固め)をグランツ少尉にかけた。

このページへのコメント

今更だが「作中の動向」の場所は概要か性格の下だよなぁ
なんで強さと装備スキル魔法が離れてるんだろう

1
Posted by  tanaka203 tanaka203 2020年07月11日(土) 23:38:55 返信

14巻の王国に宣戦布告しに行くシーン。
アルベドはいつもの白のドレスではなく薄い桜色のドレスを来て王国に行っていたけど
どういう意味があるんでしたっけ?

0
Posted by 名無し 2020年07月05日(日) 23:21:09 返信数(1) 返信

どういう意味があるのかは語られてないですね
ザナックには分からなかったみたいです

1
Posted by 名無し 2020年07月06日(月) 00:41:24

もう長ーーーいことアルベドとアインズが話すシーンを見る度に不安になる
最新刊でもアルベドのセリフに「…」この三点リーダーがある度にその間で何を考えてるんだろうって思うし、パンドラズ・アクター目線でデミウルゴスやシャルティアの表情は見えてるのにアルベドだけよく見えないとかさ

1
Posted by 名無し 2020年06月13日(土) 23:16:11 返信数(1) 返信

ギルドを大切にしてるモモンガとその他NPC、モモンガのみに忠誠を捧げているアルベドでは向いている方向が違いますしね
現状ナザリックを支配しているのはモモンガだけですし、他のギルメンは登場しなさそうですから自発的に敵対することはないでしょうけど
本心や計画がバレた場合は確実にギルド内に不和を招くでしょうし、最悪内紛に繋がりそうですね
その時モモンガはアルベドとどう向き合うのだろうか・・・・

3
Posted by 名無し 2020年06月19日(金) 22:46:16

アインズの命令に違反したら即処分とか言い出すくせに自分はアインズに襲い掛かって罪悪感もないとかカス過ぎるんだよなぁ
作者はその辺なにも考えてないのかね、普通ならシャルティアじゃなくてもガチギレしそうだけど。

5
Posted by 名無し 2020年06月07日(日) 04:06:50 返信数(5) 返信

アルベトってずっと自分本位じゃない?

4
Posted by 名無し 2020年06月07日(日) 05:49:34

本編時空(特典小説含む)で、恋愛感情などの利己的な思いからアインズ様に対して盛大にやらかしたのはアルベドとソリュシャンの二人だけかなと思うんだけど、ソリュシャンもだいぶ大目に見られている。

アインズ様の命令に関しては、命令と言うか指示と言い換えれば至高の41人でさえ無意味に破り続けるようなら最終的にギルドからの追放が見えてくるだろう重いもの。

一方、アルベドがアインズ様に圧し掛かったり、ソリュシャンが三吉くんを盗み隠して代わりに自分を使ってくれと言い出したのは、かっこ良過ぎるアインズ様の女性問題として認識されてるんじゃないかな。

デミウルゴスやコキュートスも(想像だけど一般メイド軍団とかも)アインズ様の跡継ぎが欲しいみたいだし、アインズ様の女性問題としてカテゴライズ出来るものに関してだいぶ甘めに対応するのは、アルベドやシャルティアも含めたナザリックNPCの総意に近いんじゃないかなと。

6
Posted by 名無し 2020年06月07日(日) 07:53:23

Npcは(アインズもだけど)失う恐怖に怯えてるから繋ぎ止めるためなら少しは目を瞑りそう

1
Posted by 名無し 2020年06月07日(日) 08:44:35

「愛している」って命令だから、何もしない方が命令違反では

3
Posted by 名無し 2020年06月07日(日) 09:01:49

危害加えるために襲い掛かってる訳じゃないし、他のNPCからしても無礼ではあるけど当のアインズが大事にしてないし、でも自重はしろよ何やってんの?程度じゃろ。

1
Posted by 名無し 2020年06月07日(日) 11:14:46

項目「その他」の二つ目のところに(その他、が2カ所あるので)
アルベドもレベル次第では位階魔法を何か使えるかも?
と記載されていますが、そもそも魔法攻撃力がアウラと違ってありますし、、、
それに、王の使者の81ページに、アルベドがインベントリーの中に揃えている装備品の可能性として
「彼女が使える魔法系統の巻物だろうか」という記載があります。
このことから彼女がなんらかの魔法系統のスクロールを使用可能であることがうかがえます。
よって私はアルベドはメッセージの習得はしていないが、スクロールは使用可能と考えています。
ではなぜ使用せずエントマを頼るのか。
それはスクロールの材料の一つである羊皮紙についてはデミウルゴスによって供給安定化できたかもしれませんが
スクロールを使うには他にユグドラシル金貨が必要になります。
なので緊急事態やアインズの許可がない限りはスクロールの使用は、アルベドはしないのではないかと思います。

2
Posted by 名無し 2020年05月31日(日) 16:14:16 返信数(2) 返信

アインズがアルベドの暴走に強く叱責しないのは
転移時にキャラ設定を改変した後ろめたさが強いのだろう

1
Posted by 名無し 2020年07月11日(土) 21:41:12

>項目「その他」の二つ目のところに(その他、が2カ所あるので)
スキルの下につく「その他(のスキル?)」です
ありがとうございます。修正します

>彼女が使える魔法系統の巻物だろうか
ありがとうございます。追記します。

>なので緊急事態やアインズの許可がない限りはスクロールの使用は
一理ありますが、14巻は「緊急で会議を開く(14-012)」です。
アインズの許可な場合、アルベドの立場上、真っ先に無制限の使用許可が出ていると私は思います。

これはあくまでも私の解釈ですが、メッセージは魔力系の魔法ではないかと思っています。
ルプーがアニメで使ってるので、アニメソースとは言え矛盾が発生しています。
それはちょっと置いといて、その他系が伸びているアルベドはメッセージを覚えることができない、と考えています。

0
Posted by  tanaka203 tanaka203 2020年07月11日(土) 23:21:04

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

データベース


メンバーのみ編集できます