「Wenn es meines Gottes Wille(我が神のお望みとあらば)」
メインデータ
名前パンドラズ・アクター
pandora's actor
種族異形種(二重の影ドッペルゲンガー
分類NPC
異名千変万化の顔無し
役職ナザリック地下大墳墓 宝物殿領域守護者
住居宝物殿管理責任者室
エ・ランテル別宅
属性中立
種族レベル二重の影ドッペルゲンガー
上位二重の影グレータードッペルゲンガー
など
15.Lv
10.Lv
残り20.Lv
職業レベルエキスパート
クラフトマン
ロード・オブ・ア・キャッスル
など
10.Lv
10.Lv
15.Lv
残り20.Lv
合計種族45.Lv 職業55.Lv 合計100.Lv
登場『オーバーロード3 鮮血の戦乙女』-429
サブデータ
誕生日?身長177cm
年齢?性別
趣味マジックアイテムに関すること全般。マジックアイテム磨き、整理、語ること等制作者モモンガ(名付けは別(後述*1
登場web 書籍声優宮野真守
人気投票9位 5,568ポイント備考
◎イラストは、pixiv「黒歴史」を、作者のれおん様から許可を得てお借りしています。二次配布、無断使用は禁止です。


概要

パンドラズ・アクターとは、ナザリック地下大墳墓、宝物殿の領域守護者であり、財政面の責任者*2。作成者のモモンガをして「うわー。だっさいわー」と発言させてしまう『生きる黒歴史』である。

書籍もwebでもその仰々しい振る舞いで周囲を引かせている。アニメでは、宮野真守のアドリブでその姿が更に強化され、登場回のアニメ1期11話の殆ど全てを掻っ攫って行った。
本当は「びっくりボックス」という名前になるはずだったが、ウルベルト達によって「パンドラズ・アクター」が提案された*3

外見

顔はピンク色の卵のようにツルリと輝いており、毛は一本も生えていない。顔にはペンで丸く塗りつぶしたような黒い穴が3つあるだけ*4。イラストでは黄色にしか見えないが、文章上はピンク色である。

衣服は、アインズ・ウール・ゴウンのギルドサインの入った帽子を被り、欧州アーコロジー戦争で話題になったネオナチ親衛隊の制服に酷似した軍服を着用している。なお、書籍では黄色の軍服だが、web版ではダークスーツを着こなし、ストライプのネクタイ、白いシャツと白い手袋、そして黒色の革靴を履いている。隆起のない玉子頭であるが、メガネを掛けている*5

性格

「アクター(舞台役者)だからオーバーアクションを取るべき」 製作当時のアインズ(モモンガ)が格好いいと思って「そうあれ」と設定したため、一々仰々しいオーバーなアクションとポーズを取る*6

ギルドメンバーが、それぞれ自分の作ったNPCが生きて動いている姿を見たら悶絶して転げ回る……そういうタイプのNPC*7。だが、ナザリックで唯一、創造主(アインズ)が現存しているだけに忠誠心は高く、「他の至高の方々に戦いを挑めと言われても、それを迷いなく実行するでしょう!(3-294)」と発言している。

そんな彼だが、頭脳は設定上ナザリックトップクラスであり、保有する能力(後述)も非常に応用力が高く、場合によっては守護者全員分の働きができるほど優秀である*8。だがアインズにとって、彼の意義は仲間の姿を保管することであり、戦闘や組織運営のためではなかった。そのためか、web版アインズから「組織運営に長けるNPCを作っておけばよかった」という台詞があり、外回りで忙しいweb版デミウルゴスはともかく、彼はそれではないらしい*9

また、マジックアイテムフェチであり、宝物殿に1人でいても可笑しくないように、マジックアイテムに関することだけでご飯が食べれるという設定を持っている*10。そのため、マジックアイテムに触れ合えないとストレスがたまるのか、魔導国建国後、しばらく宝物殿に戻れずアインズに直訴したときはオーバーアクションが無くなっていた*11

強さ

ドッペルゲンガーの能力で、「他者をコピーし、その能力の80%の力で使用できる*12(召喚モンスターは影響を受けない*13)」
パンドラズ・アクターはその能力で、アインズ・ウール・ゴウンのギルドメンバー全員の外装をコピーしている*14。記述では「45の外装をコピーし〜*15」とあるが、ギルドメンバー(41人)以外の4名は不明。

弱点は、素の状態は弱いクラスで構成されているため非常に弱い(下記100レベルNPC比較表においても、合計値でデミウルゴスを下回り最下位となっている。)。しかもコピー状態を強制的に解除される場合もある*16。また、一部の職業はコピー不可能*17。つまりそのコピーできない職業から習得できるスキルや魔法は使えない。
 
アクターの設定が幸いして(?)、アインズやモモンの影武者として活動する場合がある。
タブラ・スマラグディナに変身した姿をアルベドは見破ったため、本物とは何かが違うらしい*18。なお。ナザリックのNPCたちは仲間を『揺らめくような気配』で判断している*19。中でも至高の41人は、遠くでも感じ取れるほど強い輝きの気配がある*20。6巻でセバスが見破れなかった理由は不明。セバスはアインズに化けたパンドラズ・アクターの演出じみた立ち振る舞いに違和感を覚えた程度だった*21
モモンの歩き方は本物(アインズ)よりも遥かに英雄然としているらしく、アインズはもう少し情けなく歩いて欲しいと思いつつも動きを盗もうと観察している*22

ドッペルゲンガーの特徴

 外見だけなら服装や装備品までコピーする事が出来る*23。変身を剥ぎ取る魔法が少なくとも2つはあり、アインズが使用できる上位のものは副次効果で一定時間変身をできなくする*24
 「変身中に精神操作系の特殊能力を使って、対話している相手や周囲の者の簡単な表層思考を読み取り、変身元の人物の情報を抽出する*25という能力を使用して演技に取り入れている。それはユグドラシルではただのモンスターテキストに書かれた設定にすぎなかったが、転移後は本当に機能するようになった。これは精神攻撃扱いなのでレベル差等で抵抗されたりもする。記憶のコピーは出来ない。つまり、「この人は普段このような行動を取る」というイメージを読み取る能力。
 
ドッペルゲンガー(モンスター)
 40レベル程度までの能力をコピーできる。変身前は弱い。装備に条件が必要な武具でも扱えるが、遺物レガシー級以上のアイテムは使えない*26
グレーター・ドッペルゲンガー(モンスター)
 60レベルまで変身が可能。90%の能力コピーが出来る*27。体力の偽装が可能*28(パンドラズ・アクターのHPは「可変」が無い)。

100レベルNPC比較

作中の動向

 作中では、シャルティアの洗脳を解くべく、宝物殿にワールドアイテムを取りに来たアインズ一行と出会うところで何故かタブラ・スマラグディナの姿で登場する。そのオーバーな身振り手振りで創造主であるアインズの精神安定を連発させ、アニメでは、声優:宮野真守がアドリブで「(壁)ドン!」を炸裂させ*30、強烈なキャラクター性を視聴者に与えた。

 シャルティアの反乱後は、同じ轍を踏むことを嫌ったアインズの指示で、宝物殿を出て活動を始めた。と言っても、商人スキルのある音改の姿を借り、「エクスチェンジボックス(通称:シュレッダー)」を使って、物品を金貨にする作業がメインである*31

魔導国建国後

 モモンの身代わりとして活動しつつ、アインズの姿を借りて、カッツェ平野で集めた死体を『中位アンデッド創造』でデス・ナイトに変えている。また、アルベドによる「至高の四十一人捜索チーム」の副官でもあるが、捜索チームがどのような活動をしているのかは全く不明。

 魔導国がリ・エスティーゼ王国に侵攻した際は、現地の大物が釣れると予測されたため、アインズの姿に化けてリク・アガネイア(白金鎧ツアー)と戦い情報収集を行った。油断を誘うために土下座まで行った事をアルベドから非難されるが、アインズから非常に褒められた。主人の勝利に対する貪欲な姿勢に畏敬の念を抱いた。
 その際の戦いを描いた14巻の表紙において、いわゆるモモンガ玉が腹部に描かれていないが、本文中でも一切説明がないため何故かは不明。

web版

 web版でも仕事は基本的に同じだが、隠し番外編の1つでその査定する様子を窺えるお話がある*32

装備

スキル

  • 45の他者の外装・能力をコピー(一部不可*33
    • アインズ・ウール・ゴウン
    • 音改……商人スキルでエクスチェンジボックスの査定額増加

考察

  • web版と違いがなければ、「ドッペルゲンガーは種族クラスが1つ上がると、コピーできる外装が1つ増える」*34
  • Arcadia感想返し:[3390]に、「パンドラズアクターの7割コピー能力はクラススキル」とあるため、外装コピーはドッペルゲンガー。能力コピーはクラススキルである模様。
  • 同じく、その感想返しに、そのクラスは種族レベルを46以上取ると取れないクラス(職業レベル55で取得できるクラス)とある。
  • 召喚モンスターは能力低下の影響を受けない。ただし、召喚モンスターを強化するスキルの能力は低下する模様*35

魔法

関連項目

その他

  • 守護者級は魔法を宿していない飛び道具の無効化ができる*36。パンドラが守護者級に当てはまるかは不明。
  • 14巻の段階で、デミウルゴスアルベドパンドラズ・アクターは数ヶ国の言語を読み解ける*37
  • 「びっくりボックス」がモモンガの考えた元々の名前。この名前を聞いたウルベルトとその仲間たちによって「パンドラズ・アクター」と名付けられた*38

このページへのコメント

アニメではアインズの影武者描写ばかりだけど恐らく裏じゃ一番働いてるだろうなって人(主に換金作業で)

0
Posted by 名無し 2024年03月28日(木) 16:23:45 返信

セバスも見抜けなかった云々とあるけど、あの時点ではセバスはパンドラの存在は知ってても能力は知らんのじゃないの?
シャルティア洗脳〜ツアレ連れてナザリック戻るまでずっと外回りでしょセバス。
なのでアインズが偽物っていう発想自体生まれようが無いかと(違和感は抱いてたが)

0
Posted by 名無し 2024年02月27日(火) 06:40:09 返信数(6) 返信

パンドラ以外にもドッペルゲンガーはいるし発想自体はできるんじゃない?
ドッペルゲンガー以外にも変身能力ある種族もいるかもしれんし

3
Posted by 名無し 2024年02月29日(木) 02:23:02

アルベドが偽物と気づいたというのと比較して書かれているのでは?

0
Posted by 名無し 2024年02月29日(木) 20:42:35

これちょっと修正案件にしますね。

アルベドが偽物と気が付いたってどこでしたっけ?

0
Posted by 名無し 2024年02月29日(木) 23:35:49

アルベドに対してアインズ本人のふりをしているパンドラズアクターと言う状況とそれを看破した事はないです。

って、ああタブラ様の事か....

0
Posted by 名無し 2024年03月01日(金) 02:59:09

あーなるほど
じゃあ例の如く事実に寄せてましょう。
モモンの評判が”街の住人から”格好いいと言われているという描写があったような?
ご存じの方是非ご一報ください

以下修正案
アインズやモモンの影武者として活動する場合がある。
タブラ・スマラグディナに変身した姿をアルベドは見破った。
モモンの姿は本物(アインズ)よりも英雄然としているらしい。

0
Posted by 名無し 2024年03月02日(土) 22:58:31

アニメでパンドラが、「元の姿のまま」アインズ装備着て喋っていたけど、アインズの姿に変身していなくてもアインズの装備って着れるの?

それともあれはアニメの都合で、原作ではアインズに変身したまま?

0
Posted by 名無し 2023年01月24日(火) 11:29:10 返信数(1) 返信

原作も、変身を解いても装備はそのまま着用して話が進んでいます。
装備できるかどうかは装備品側の条件次第なので、アインズ様の装備品はパンドラでも装備できる汎用性があるんでしょう

1
Posted by 名無し 2023年01月24日(火) 19:54:19

パンドラズアクターが最初にタブラの姿だったの、タブラさんのアカウントは残っていて、ワールドアイテムをイタズラでアルベドに装備させた時、たまたま宝物殿のパンドラズアクターの事が気になって自分の姿に化けさせた(自分の姿になる、面白い!くらいの感覚で)とか?

2
Posted by 名無し 2023年01月11日(水) 18:13:31 返信数(3) 返信

「なんでタブラさんの姿だったんだろう?」
って疑問だったけど、たしかにタブラさんはどこかのタイミングで宝物殿に入っているわけだから、
それで変身してた可能性はあるのか。

タブラさんが命令したのかどうかはわからないけど。
直近で入ってきた人になんとなく変身してただけなのかもしれないし。

1
Posted by 名無し 2023年01月29日(日) 06:52:55

私は、
最後に引退したギルメンがタブラさんで、
アインズがギルメンゴーレムを作る際に、パンドラに変身させて参考したのでは?

と、思っています。

アインズが、タブラに変身していたパンドラを見て動揺せず平然としていたのにも理由がつきますし。

9
Posted by 名無し 2023年01月29日(日) 17:34:30

ああー、ありそう。

1
Posted by 名無し 2023年01月30日(月) 03:36:20

よくアインズの影武者としてモモンに化けてるけどナーベとの絡み描写ないんだよね
雑な扱いされるパンドラズ・アクターだけど同じドッペルゲンガー同士どんな会話するんだろう

3
Posted by 名無し 2022年11月18日(金) 08:27:49 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

データベース


どなたでも編集できます