創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

批判サイド>否定論・陰謀論を信じる理由, 懐疑論と否定論

動機付けられた懐疑主義


陰謀論支持者は自らを懐疑論者と位置づけていたとしても、実際にはそうではない。選択的に疑う対象を選んでいるだけだという。
How can so many people, in the name of skepticism, promote so many absurdities? The answer is that people who suspect conspiracies aren’t really skeptics. Like the rest of us, they’re selective doubters. They favor a worldview, which they uncritically defend. But their worldview isn’t about God, values, freedom, or equality. It’s about the omnipotence of elites.

かくも多くの人々が、懐疑論の名のもとに、不条理を宣伝するのか? 答えは、陰謀を疑う者たちは本当は懐疑論者でないことにある。我々同様に、彼らは選択的に疑っている。彼らは、ある種の世界観を好んであり、彼らはその世界観を無批判に擁護する。しかし、その世界観は神や価値や自由や平等についてではない。全能のエリートたちについての世界観だ。

[ William Saletan: "Conspiracy Theorists Aren’t Really Skeptics" (2013/11/19) on Slate ]
ひとつの陰謀論を信じる者は、他の陰謀論も信じる傾向がある。これは多くの調査で示されている。
Many studies and surveys have documented this pattern. Several months ago, Public Policy Polling asked 1,200 registered U.S. voters about various popular theories. Fifty-one percent said a larger conspiracy was behind President Kennedy’s assassination; only 25 percent said Lee Harvey Oswald acted alone. Compared with respondents who said Oswald acted alone, those who believed in a larger conspiracy were more likely to embrace other conspiracy theories tested in the poll. They were twice as likely to say that a UFO had crashed in Roswell, N.M., in 1947 (32 to 16 percent) and that the CIA had deliberately spread crack cocaine in U.S. cities (22 to 9 percent). Conversely, compared with respondents who didn’t believe in the Roswell incident, those who did were far more likely to say that a conspiracy had killed JFK (74 to 41 percent), that the CIA had distributed crack (27 to 10 percent), that the government “knowingly allowed” the 9/11 attacks (23 to 7 percent), and that the government adds fluoride to our water for sinister reasons (23 to 2 percent).

多くの研究や調査がこのパターンを記録している。数か月前、Public Policy `Pollingは米国有権者1200名に、良く知られた陰謀論について調査した。51%がケネディ大統領の暗殺には巨大な陰謀が背後にあると回答した。25%がLee Harvey Oswaldの単独犯行と回答した。Oswald単独犯行と回答した人々と比べて、巨大な陰謀を信じる人々は、調査で質問した他の陰謀論も支持する傾向があった。1947年のRoswellのUFO墜落(32% vs 16%)や、CIAが米国の都市にクラックコカインを撒いているについて(22% vs 9%)、2倍がイエスと回答している。逆に、Roswell墜落事故を信じない回答者たちと比べると、ケネディが陰謀で暗殺された(74% vs 41%)や、CIAが米国の都市にクラックコカインを撒いている(27% vs 10%)や、9.11の攻撃を知りながら見逃した(23% vs 7%)や、政府が不吉な理由で水道にフッ素を添加している(23% vs 2%)にイエスと回答する比率は明かに高かった。

[ William Saletan: "Conspiracy Theorists Aren’t Really Skeptics" (2013/11/19) on Slate ]
これまでも繰り返し示されてきたことだが、陰謀論信条は連鎖しており、自らを懐疑論者だと思っていたとしても、実際にそのようには行動できていない。

それは動機付けられた懐疑主義と呼ばれるもの:
Clearly, susceptibility to conspiracy theories isn’t a matter of objectively evaluating evidence. It’s more about alienation. People who fall for such theories don’t trust the government or the media. They aim their scrutiny at the official narrative, not at the alternative explanations. In this respect, they’re not so different from the rest of us. Psychologists and political scientists have repeatedly demonstrated that “when processing pro and con information on an issue, people actively denigrate the information with which they disagree while accepting compatible information almost at face value.” Scholars call this pervasive tendency “motivated skepticism.”

明らかに、陰謀論に影響されやすいか否かは、客観的証拠評価の問題ではない。疎外感の問題である。そのような陰謀論を信じた人々は政府やメディアを信頼しない。彼らは公式情報のみを子細に調べるが、代替的説明についてはそうしない。この点で、彼らは我々と大して違わない。心理学者と政治科学者たちは「ある問題について支持する情報と反する情報を処理するとき、自分の意見と合わない情報の評価を積極的に落とし、支持する情報を額面どうり受け入れる」ことを示してきた。学者たちはこれを動機付けられた懐疑主義(Motivated skepticism)[ Ditto and Lopez 1992, Taber and Lodge 2006 ]と呼ぶ。

[ William Saletan: "Conspiracy Theorists Aren’t Really Skeptics" (2013/11/19) on Slate ]
「自分は真実に目覚めた者だ」という思いも、別の虚偽に騙されやすいことを示しているに過ぎないというのが、素っ気ない現実。






コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます