創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

関連ネタ>末日聖徒イエス・キリスト教会と進化

末日聖徒イエス・キリスト教会の「進化」についての公式見解


末日聖徒イエス・キリスト教会の「進化」についての公式見解は、以下のよう「公式の立場を持たない」というもの。(なお、日本語ページには以下の記述は見当たらない。)
The Church has no official position on the theory of evolution. Organic evolution, or changes to species’ inherited traits over time, is a matter for scientific study. Nothing has been revealed concerning evolution. Though the details of what happened on earth before Adam and Eve, including how their bodies were created, have not been revealed, our teachings regarding man’s origin are clear and come from revelation.

Before we were born on earth, we were spirit children of heavenly parents, with bodies in their image. God directed the creation of Adam and Eve and placed their spirits in their bodies. We are all descendants of Adam and Eve, our first parents, who were created in God’s image. There were no spirit children of Heavenly Father on the earth before Adam and Eve were created. In addition, “for a time they lived alone in a paradisiacal setting where there was neither human death nor future family.” They fell from that state, and this Fall was an essential part of Heavenly Father’s plan for us to become like Him. (See Elder Jeffrey R. Holland of the Quorum of the Twelve Apostles, “Where Justice, Love, and Mercy Meet,” Apr. 2015 general conference.)

[末日聖徒イエス・キリスト]教会は進化論に関して公式の立場を持たない。生物進化あるいは種の遺伝形質の経時変化は、科学的研究の問題である。進化に関しては何も啓示されていない。アダムとイブの前に地球で起こったことの詳細は、彼らの体がどのように作られたかを含めて啓示されていない。人間の起源に関する我々の教えは明確であり、啓示から来ている。

我々は地上に生まれる前に、天の両親のイメージの体の、天の両親の霊的な子である。神はアダムとイブの創造を指示し、彼らの霊を彼らの体に置きた。我々は皆、神の形に創造された最初の両親であるアダムとイブの子孫である。アダムとイブが創造される前は、地上には天の御父の霊の子はいなかった。さらに、「しばらくの間、彼らは人間の死も将来の家族も存在しない、楽園環境で暮らしていた。」彼らはその状態から堕落した、そしてこの堕落は我々が神のようになるための天の御父の計画の本質的な部分だった。

[ What does the Church believe about evolution? (2016/10) on The Church of Jesus Christ of Latter-Day Saints ]
立場を表明しない末日聖徒イエス・キリスト教会だが、そのフラッグシップ大学であるBrigham Young Universityには、進化を含む生物学専攻もある。

もちろん、反進化論な立場から語る人々もいる。たとえば、素朴な創造論ぽい論が末日聖徒イエス・キリスト教会のサイトにはある。
In the countless billions of opportunities in the reproduction of living things, one kind does not beget another. If a species ever does cross, the offspring cannot reproduce. The pattern for all life is the pattern of the parentage.

This is demonstrated in so many obvious ways, even an ordinary mind should understand it. Surely no one with reverence for God could believe that His children evolved from slime or from reptiles. (Although one can easily imagine that those who accept the theory of evolution don’t show much enthusiasm for genealogical research!) The theory of evolution, and it is a theory, will have an entirely different dimension when the workings of God in creation are fully revealed.

生物の繁殖における数え切れない数十億の機会の中で、ある種が別の種を生むことはない。種が交配した場合、子孫は繁殖できない。すべての生物のパターンは、親子関係のパターンである。

これは非常に多くの明白な方法で示されている。普通の心でさえそれを理解できるはずだ。確かに、神を畏敬の念を抱く人は、神の子供たちが粘液や爬虫類から進化したとは信じられなかった。 (進化論を受け入れる人は系図研究にあまり熱意を示さないことは容易に想像できる!)進化論は理論であり、創造における神の働きは完全に明らかにされている。

[ Boyd K. Packer: "The Pattern of Our Parentage" (1984/10) on The Church of Jesus Christ of Latter-Day Saints ]

あるいは「爆発では何もできない」という、よくある創造論な論を今世紀に述べている例もある。
Anyone who studies the workings of the human body has surely “seen God moving in his majesty and power.”Because the body is governed by divine law, any healing comes by obedience to the law upon which that blessing is predicated.

Yet some people erroneously think that these marvelous physical attributes happened by chance or resulted from a big bang somewhere. Ask yourself, “Could an explosion in a printing shop produce a dictionary?” The likelihood is most remote. But if so, it could never heal its own torn pages or reproduce its own newer editions!

人体の働きを研究する人は誰でも、確かに「神がその威厳と力で動くのを見た」だろう。人体は神の法によって支配されているので、どんな癒しもその祝福が前提となる法に従うことによってもたらされる。

しかし、一部の人々は、これらの素晴らしい物理的属性が偶然にできたとか、どこかのビッグバンから生じたと誤って考えている。 「印刷所での爆発は辞書を作れるか?」と自問してみよう。その可能性は最も低い。しかしそうだとすれば、それはそれ自身の破れたページを癒したり、それ自身の新しい版を複製したりすることは決してできない!

[ Elder Russell M. Nelson:"Thanks Be to God" (2012/04) on The Church of Jesus Christ of Latter-Day Saints ]

かと思えば、地球は6000歳というわけでもないという記述も...
Even when it is realized that chapter 1 of Genesis does not describe the beginning of all things, or even the starting point of mankind, but only the beginning of this earth, it cannot be said definitively when that beginning was. In other words, the scriptures do not provide sufficient information to accurately determine the age of the earth. Generally speaking, those who accept the scriptural account subscribe to one of three basic theories about the age of the world. All three theories depend on how the word day, as used in the creation account, is interpreted.

The first theory says that the word day is understood as it is used currently and therefore means a period of 24 hours. According to this theory, the earth was created in one week, or 168 hours. Thus, the earth would be approximately six thousand years old. (Many scholars agree that there were approximately four thousand years from Adam to Christ and that there have been nearly two thousand years since Christ was born.) Very few people, either members of the Church or members of other religions, hold to this theory, since the evidence for longer processes involved in the Creation is substantial.

創世記第1章がすべてのものの始まり、あるいは人類の始まりさえも説明しておらず、この地球の始まりだけを説明していることに気付いたとしても、その始まりがいつだったかを明確には言えない。言い換えれば、聖書は地球の年齢を正確に決定するのに十分な情報を提示していない。一般的に言って、聖書の記述を受け入れる人々は、世界の年齢についての3つの基本的な理論のうちの1つに同意する。3つの理論はすべて、創造の記述で使用されている「日」という単語がどのように解釈するかによって異なっている。

最初の理論では、日という言葉は現在使用されているとおりの意味で理解されており、したがって24時間を意味する。この理論によれば、地球は1週間、つまり168時間で創造された。したがって、地球は約6000年前のものになる。 (多くの学者は、アダムからキリストまで約4000年、キリストが生まれてからほぼ2000年であることに同意する。)教会の信者であれ他の宗教の信者であれ、この理論を支持する人はほとんどいない。なぜなら、創造に関わるより長いプロセスの証拠はかなりのものだからだ。
...
A second theory argues that Abraham was told through the Urim and Thummim that one revolution of Kolob, the star nearest to the throne of God, took one thousand earth years (see Abraham 3:2–4). In other words, one could say that one day of the Lord’s time equals one thousand earth years. Other scriptures support this theory, too (see Psalm 90:4; 2 Peter 3:8; Facsimile No. 2 from the book of Abraham, figures 1, 4). If the word day in Genesis was used in this sense, then the earth would be approximately thirteen thousand years old (seven days of a thousand years each for the Creation plus the nearly six thousand years since Adam’s fall). Some see Doctrine and Covenants 77:12 as additional scriptural support for this theory.

2番目の理論は、アブラハムが、ウリム​と​トンミム​に​よって​、神の御座に最も近い星であるコロブの1回転に1000地球年かかると言われたと主張する(高価な真珠/アブラハム書3章2-4節)。言い換えれば、主の時間の1日は1000地球年に等しいと言える。他の聖句もこの理論を支持している(詩篇90篇4節、ペテロの第二の手紙3章8節、高価な真珠/アブラハム書からの模写第二 参照)。創世記の日という言葉がこの意味で使用された場合、地球の始まりは約1万3千年前になる(創造のためにそれぞれ千年の7日とアダムの堕落から約6千年)。教義と聖約77章1節2をこの理論に対する追加の聖書的支持として見る者もいる。
...
A third theory says that the word day refers to a period of an undetermined length of time, thus suggesting an era. The word is still used in that sense in such phrases as “in the day of the dinosaurs.” The Hebrew word for day used in the creation account can be translated as “day” in the literal sense, but it can also be used in the sense of an indeterminate length of time (see Genesis 40:4, where day is translated as “a season”; Judges 11:4, where a form of day is translated as “in the process of time”; see also Holladay, Hebrew and Aramaic Lexicon of the Old Testament, pp. 130–31). Abraham says that the Gods called the creation periods days (see Abraham 4:5, 8).

3番目の理論によれば、「日」という言葉は、時間の長さが不確定な期間を指し、したがって、時代を示唆している。その意味で「恐竜の日」などで使われてる。創造の記述で使用されるヘブライ語の日は、文字通りの意味で「日」と翻訳できるが、不確定な時間の意味で使用することもある(創世記40章4節を参照。ここで、日は「季節」;士師記11章4節、1日の形式は「時間の過程で」と訳されている。Holladay:"Hebrew and Aramaic Lexicon of the Old Testament"、130-31ページも参照)。アブラハムは、神々が創造期間を日と呼んだと言う(高価な真珠/アブラハム書4章5,8節参照)。

[ "Genesos 1-2" on The Church of Jesus Christ of Latter-Day Saints ]
公式的な立場を持たないため、人により、いろいろあるもよう。





コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます