創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

関連ネタ>末日聖徒イエス・キリスト教会と進化

BYU: 進化と人間の起源


末日聖徒イエス・キリスト教会のフラッグシップ大学であるBrigham Young University (BYU)は1992年に、末日聖徒イエス・キリスト教会の「進化と人間の起源」についての公式的立場を表明している文献集をまとめて公開している。ただ、その内容は、明確に進化論について述べたものではない。

キリスト教のコンテキストで「origin of man(人間の起源)」とあれば、創造論の立場を主張するか、有神論的進化論っぽい立場を表明しそうに思える。しかし、この文献集はそうではない。
evolution and the origin of man (進化と人間の起源)

This packet contains, as far as could be found, all statements issued by the First Presidency of the Church of Jesus Christ of Latterday Saints on the subject of evolution and the origin of man, and a statement on the Church's attitude toward science. The earliest First Presidency statement, "The Origin of Man," was issued during the administration of President Joseph F. Smith in 1909. This was followed by a First Presidency Message in 1910 that included brief comments related to the study of these topics. The second statement, "Mormon View of Evolution," was issued during the administration of President Heber J. Grant in 1925. Although there has never been a formal declaration from the First Presidency addressing the general matter of organic evolution as a process for development of biological species, these documents make clear the official position of the Church regarding the origin of man.

This packet also contains the article on evolution from the Encyclopedia of Mormonism, published in 1992. The current First Presidency authorized inclusion of the excerpt from the First Presidency minutes of 1931 in the 1992 Encyclopedia article.

Various views have been expressed by other Church leaders on this subject over many decades; however, formal statements by the First Presidency are the definitive source of official Church positions. It is hoped that these materials will provide a firm foundation for individual study in a context of faith in the restored gospel.

このパケットには、見つけられる限り、進化と人間の起源についての末日聖徒イエスキリスト教会大管長会の全声明、教会の科学に対する態度についての声明を収録した。大管長会の最初の声明「人間の起源」は、1909年のJoseph F. Smith大管長の在任時代に出された。その後、1910年に大管長会のメッセージが出され、これらのトピックの研究に関する簡単なコメントがなされた。第2の声明「進化論のモルモン教徒の見解」は、1925年のHeber J. Grant大管長の在任時代に出された。生物学的種の発達の過程としての生物進化全般について述べた教会の公式声明はないが、これらの文書は教会の人間の起源に関する公式の立場を明らかにしている。

このパケットには、1992年発行のモルモン教百科事典の進化の項も収録している。現在の大管長会は、1992年版百科事典もある1931年の大管長会議事録からの引用を承認している。

数十年にわたり教会の指導者たちはこの主題に関して、様々な見方を表明してきた。しかし、大管長会の公式声明は公式な教会の立場の最も信頼できる典拠である。これらの分遣が、回復された福音における信仰内容の個別研究のための確かな基礎となることを望みたい。

Approved by the Board of Trustees, June 1992.(1992年6月、理事会承認)

[ "evolution and the origin of man" (1992) by BYU ]


人間の起源 (1909)
THE ORIGIN OF MAN(人間の起源)

By The First Presidency of the Church(大管長会)

Inquiries arise from time to time respecting the attitude of the Church of Jesus Christ of Latter-day Saints upon questions which, though not vital from a doctrinal standpoint, are closely connected with the fundamental principles of salvation. The latest inquiry of this kind that has reached us is in relation to the origin of man. It is believed that a statement of the position held by the church upon this subject will be timely and productive of good.

In presenting the statement that follows we are not conscious of putting forth anything essentially new; neither is it our desire so to do. Truth is what we wish to present, and truth--eternal truth--is fundamentally old. A restatement of the original attitude of the Church relative to this matter is all that will be attempted here. To tell the truth as God has revealed it, and commend it to the acceptance of those who need to conform their opinions thereto, is the sole purpose of this presentation.

教義の観点からは重要ではないが、救いの基本原理と密接に関連する、末日聖徒イエス・キリスト教会の態度についての疑問がときどき起こる。我々に届いた最新の疑問は、人間の起源に関するものである。この主題に関して教会の立場の表明は、時宜を得た、そして善の産物である。>

このあと提示する声明は、何ら本質的に新しいことを打ち出すことを意識したものではない。そうすることは我々の願いでもない。我々が提示したのは真理であり、真理すなわり永遠の真理は根本的に古いものである。ここで試みていることは、この主題について教会のもともとの態度を修正再提示することがすべてである。神がそれを明らかにされたように真理を語り、それを意見を一致させる必要がある人々の受け入れに委ねることが、このプレゼンテーションの唯一の目的である。

"God created man in his own image, in the image of God created he him; male and female created he them." In these plain and pointed words the inspired author of the book of Genesis made known to the world the truth concerning the origin of the human family. Moses, the prophet-historian, "learned," as we are told, "in all the wisdom of the Egyptians," when making this important announcement, was not voicing a mere opinion, a theory derived from his researches into the occult lore of that ancient people. He was speaking as the mouthpiece of God, and his solemn declaration was for all time and for all people. No subsequent revelator of the truth has contradicted the great leader and lawgiver of Israel. All who have since spoken by divine authority upon this theme have confirmed his simple and sublime proclamation. Nor could it be otherwise. Truth has but one source, and all revelations from heaven are harmonious with each other. The omnipotent Creator, the maker of heaven and earth--had shown unto Moses everything pertaining to this planet, including the facts relating to man's origin, and the authoritative pronouncement of that mighty prophet and seer to the house of Israel and through Israel to the whole world, is couched in the simple clause: "God created man in his own image"(Genesis 1:27; Pearl of Great Price--Book of Moses, 1:27-41).

「神は人を自分のかたちに創造された。神のかたちにこれを創造し、男と女に創造された。」これらのわかりやすく、直接的な言葉で、創世記の霊感を受けた著者は、人間の家族の起源に関する真理を世界に知らせた。預言史家モーセは、我々が言われているように「エジプト人のすべての知恵から学び」、この重要な発表を行うとき、表明されるのは単なる意見ではなく、古代人のオカルト伝承の研究から導き出された理論だった。モーセは神の代弁者として語り、彼の厳粛な宣言は永遠のすべての人々のためのものだった。その後の真理の啓示者は、イスラエルの偉大な指導者および立法者と矛盾することはない。それ以来、このテーマについて神の権威によって語る全ての人は、モーセの単純で崇高な宣言を追認した。それ以外はありえない。真理には一つの源しかなく、天からのすべての啓示は互いに調和している。天と地の創造者である全能の創造主は、人間の起源に関連することなど、この惑星に関するすべてのものをモーセに提示している。そして、預言者からイスラエルの家へ、そしてイスラエルから全世界へのその強力な預言者の権威ある宣言は、「神は人を自分のかたちに創造された」(創世記1章27節, 高価な真珠/モーセ書1章27-41節)という単純な節で表現されている。

The creation was two-fold--firstly spiritual, secondly temporal. This truth, also, Moses plainly taught--much more plainly that it has come down to us in the imperfect translations of the Bible that are now in use. Therein the fact of a spiritual creation, antedating the temporal creation, is strongly implied, but the proof of it is not so clear and conclusive as in other records held by the Latter-day Saints to be of equal authority with the Jewish scriptures. The partial obscurity of the latter upon the point in question is owing, no doubt, to the loss of those "plain and precious parts of sacred writ, which, as the book of Mormon informs us, have been taken away from the bible during its passage down the centuries (1 Nephi 13:24-29). Some of these missing parts the Prophet Joseph Smith undertook to restore when he revised those scriptures by the spirit of revelation, the result being that more complete account of the creation which is found in the book of Moses, previously cited. Note the following passages:

創造は2つあった。第1に霊的であり、第2に現世である。この真理もまた、モーセははっきりと教えた。もっとはっきりと、現在使われている聖書の不完全な翻訳の中で我々に降りてきたということである。その中で、現世の創造に先行する霊的創造の事実は強く暗示されているが、その証拠は、末日聖徒がユダヤ人の経典と同等の権威を持っているとしている他の記録ほど明確で決定的ではない。問題の点での後者の部分的な曖昧さは、モルモン書が我々に告げているように、何世紀にもわたち伝わるなかで取り除かれた(ニーファイ第1書13章24-29節)間違いなく、聖典の明白で貴重な部分の喪失によるものである。これらの欠けている部分のいくつかは、預言者ジョセフ・スミスが啓示の霊によってそれらの聖句を改訂したときに復元することを約束した。先に引用したモーセ書の中で、次の箇所に注意。

And now, behold, I say unto you, that these are the generations of the heaven and of the earth, when they were created, in the day that I, the Lord God, made the heaven and the earth;

​さて​見よ、わたし​は​あなた​に​言う。これ​が​天地​創造​の​由来​で​ある。主​なる​神​で​ある​わたし​が​天​と​地​を​造った​とき

And every plant of the field before it was in the earth, and every herb of the field before it grew.

地​に​は​まだ​野​の​植物も​なく、また​野​の​草​も​生えて​いなかった

For I, the Lord God, created all things of which I have spoken, spiritually, before they were naturally upon the face of the earth. For I, the Lord God, had not cause it to rain upon the face of the earth. And I, the Lord God, had created all the children of men, and not yet a man to till the ground; for in heaven created I them, and there was not yet flesh upon the earth, neither in the water, neither in the air.

主​なる​神​で​ある​わたし​は、わたし​が​語った​すべて​の​もの​を、それら​が​地​の​面​に​自然​に​存在​する​に​先立って​霊的​に​創造​した。主​なる​神​で​ある​わたし​は、地​の​面​に​まだ​雨​を​降せて​いなかった​から​で​ある。主なる​神​で​ある​わたし​は、人​の​子ら​を​すべて​創造​して​いた​が、まだ土​を​耕やす​人​は​いなかった。わたし​は​彼ら​を天​で​創造​した​の​で​ある。そして、地上​に​も、水​の​中​に​も、空​に​も、まだ​肉​なる​もの​は​いなかった

But, I, the Lord God, spake, and there went up a mist form the earth, and watered the whole face of the ground.

​しかし、主​なる​神​で​ある​わたし​が​語る​と、霧​が​地​から​立ち上って、土​の​全面​を​潤した

And I, the Lord God, formed man from the dust of the ground, and breathed into his nostrils the breath of life; and man became a living soul, the first flesh upon the earth, the first man also.

主​なる​神​で​ある​わたし​は、土​の​ちり​で​人​を​形造づくり、命の​息​を​その​鼻​に​吹き​入れた。そこで​人​は生る​もの、地上に​おける最初​の​肉​なる​もの、また​最初​の​人​と​なった。

Nevertheless, all things were before created, but spiritually were they created and made, according to my word (Pearl of Great Price- -Book of Moses, 3:4-8. See also chapter 1 and 2, and compare with Genesis 1 and 2).

しかしながら、すべて​の​もの​は​以前​に​創造​された​が、それ​は、わたし​の​言葉​に​従って​霊的​に​創造​され、造られた​の​で​ある(高価な真珠-モーセ書3章4-8節。第1章と第2章も参照。創世記1.2章と比較のこと)。

These two points being established, namely, the creation of man in the image of God, and the two-fold character of the creation, let us now inquire: What was the form of man, in the spirit and in the body, as originally created? In a general way the answer is given in the words chosen as the text of this treatise. "God created man in his own image." It is more explicitly rendered in the Book of Mormon thus: "All men were created in the beginning after mine own image" (Ether 3:15). It is the Father who is speaking. If therefore, we can ascertain the form of the "Father of spirits," "The God of the spirits of all flesh," we shall be able to discover the form of the original man.

確立されているこれらの2つのポイント、すなわち、神の形での人間の創造と、創造の二重の性格について、今、我々は問う:最初に創造されたものとして、人間の形は霊として、身体として、そんなものか? 一般に、この論説のテキストとして選択された言葉のなかに与えられている。「神の形で神は人間を想像した」それはモルモン書でより明確に表現されている。「すべて​の​人​は​初め​に​わたし​自身​の​形​に​造つくられた​の​で​ある」(エテル書3章15節)。話しているのは主である。したがって、「霊の父」「すべての肉の霊の神」の姿を知ることができれば、原初の人間の形を見出せるだろう。

Jesus Christ, the Son of God, is "the express image" of His Father's person (Hebrews 1:3). He walked the earth as a human being, as a perfect man, and said, in answer to a question put to Him: "He that hath seen me hath seen the Father" (John 14:9). This alone ought to solve the problem to the satisfaction of every thoughtful, reverent mind. The conclusion is irresistible, that if the Son of God be the express image (that is, likeness) of his Father's person, then His Father is in the form of a man; for that was the form of the Son of God, not only during His mortal life, but before His mortal birth, and after His resurrection. It was in this form that the Father and the Son, as two personages, appeared to Joseph Smith, when, as a boy of fourteen years, he received his first vision. Then if God made man--the first man--in His own image and likeness, he must have made him like unto Christ, and consequently like unto men of Christ's time and of the present day. that man was made in the image of Christ is positively stated in the Book of Moses: "And I, God, said unto mine Only Begotten, which was with me from the beginning, Let us make man in our image, after our likeness; and it was so....And I, God, created man in mine own image, in the image of mine Only Begotten created I him, male and female created I them."(2:26,27).

神の子、イエス・キリストは「神の本質の現れ」である。(ヘブライ人への手紙1章3節)彼は台地を人として、完全な人として歩み、投げられた質問に対して答えていった。「私たちに御父をお示しください」(ヨハネによる福音書14章9節)これだけで、すべての思慮深く敬虔な心が満足するように問題を解決する。神の子が彼の父の人の明白なイメージ(つまり、似ている)であるならば、彼の父は人の形であるという結論はさけがたい。それは、神の御子の姿であり、彼の死すべき生涯の間だけでなく、彼の死すべき誕生の前、そして彼の復活の後でもそうだった。父と子が2人の異なる人物としてジョセフ・スミスの前に姿を現したのは、彼が14歳の少年として最初の示現を受けたときだった。もし神が彼自身のイメージと形で人、つまり最初の人を創られたのなら、神は彼をキリストのように、そしてその結果としてキリストの時代と現在の人のように創られたに違いない。その人がキリストの形で造られたことは、モーセ書に明白に述べられている。「そしてそうなった。... 神​で​ある​わたし​は、自分​の​形​に​人​を​創造​した。わたし​の​独子​の​形​に​人​を​創造​し、男​と​女に​創造​した。」(モーセ書2章26,27節)

The Father of Jesus is our Father also. Jesus Himself taught this truth, when He instructed His disciples how to pray: "Our Father which art in heaven," etc. Jesus, however, is the firstborn among all the sons of God--the first begotten in the spirit, and the only begotten in the flesh. He is our elder brother, and we, like Him, are in the image of God, All men and women are in the similitude of the universal Father and Mother, and are literally the sons and daughters of Deity.

イエスの父は我々の父でもある。イエス自身は。弟子たちに祈り方を教えたときに、この真理を教えた。「隠れた所においでになるあなたの父」など。しかしながら、イエスは神の子すべてのなかで最初に生まれた子であり、最初に霊的に生まれ、唯一肉によって生まれた子である。イエスは我々の長兄であり、我々はイエスのように、神のかたちに創造された。すべての男性と女性は、普遍的な父と母の類似性にある。文字通り神の息子と娘である。

"God created man in His own image." This is just as true of the spirit as it is of the body, which is only the clothing of the spirit, its complement; the two together constituting the soul. The spirit of man is in the form of man, and the spirits of all creatures are in the likeness of their bodies. This was plainly taught by the Prophet Joseph Smith (Doctrine and Covenants 77:2).

「神は人を自分のかたちに創造された。」「神は彼自身のイメージで人を創造されました。」これは、身体は霊の衣服であり、その補完物であるという点で、霊にもあてはまる。2つは一緒に魂を構成する。人間の霊は人間の形をしており、すべての生き物の霊は彼らの体に似ている。これは預言者ジョセフ・スミスが明確に教えている。(教義と聖約77章2節)

Here is further evidence of that fact. More that seven hundred years before Moses was shown the things pertaining to this earth, another great prophet, known to us as the brother of Jared, was similarly favored by the Lord. He was even permitted to behold the spirit-body of the foreordained Savior, prior to His incarnation; and so like the body of a man was gazing upon a being of flesh and blood. He first saw the finger and then the entire body of the Lord--all in the spirit. The Book of Mormon says of this wonderful manifestation:

ここにその事実のさらなる証拠がある。モーセがこの地球に関係する事柄が示される700年以上前に、ヤレドの兄弟として我々が知る別の偉大な預言者が同様に主に支持された。彼は、受肉する前に、人間の体が肉と血の存在を見るように、予見された救い主の霊体を見ることさえ許されていた。彼は最初に指を見て、次に主の全身を、すべて霊の内で見た。モルモン書はこのすばらしい現れについて次のように述べている;

And it came to pass that when the brother of Jared had said these words, behold the Lord stretched forth His hand and touched the stones one by one with His finger; and the veil was taken from off the eyes of the brother of Jared, and he saw the finger of the Lord; and it was as the finger of a man, like unto flesh and blood; and the brother of Jared fell down before the Lord, for he was struck with fear.

And the Lord saw that the brother of Jared had fallen to the earth; and the Lord said unto him, Arise, why hast thou fallen?

And he saith unto the Lord, I saw the finger of the Lord, and I feared lest he should smite me; for I knew not that the Lord had flesh and blood.

And the Lord said unto him, Because of they faith thou hast seen that I shall take upon me flesh and blood; and never has man come before me with such exceeding faith as thou hast; for were it not so, ye could not have seen my finger. Sawest thou more than this?

And he answered, Nay, Lord, show thyself unto me.

And the Lord said unto him, Believest thou the words which I shall speak?

And he answered, Yea, Lord, I know that thou speakest the truth, for thou art a God of truth and canst not lie.

And when he had said these words, behold, the Lord showed himself unto him, and said, Because thou knowest these things ye are redeemed from the fall; therefore yea re brought back into my presence; therefore I show myself unto you.

Behold, I am He who was prepared from the foundation of the world to redeem my people. Behold, I am Jesus Christ, I am the Father and the Son. In me shall all mankind have light, and that eternally, even they who shall believe on my name; and they shall become my sons and my daughters.

And never have I shewed myself unto man whom I have created, for never hath man believed in me as thou hast. Seest thou that ye are created after mine own image? Yea, even all men were created in the beginning after mine own image.

Behold, this body, which ye now behold, is the body of my spirit, and man have I created after the body of my spirit; and even as I appear unto thee to be in the spirit, will I appear unto my people in the flesh. (Ether 3:6-16).

​そして、ヤレド​の​兄弟​が​これら​の​言葉​を​述べ​終える​と、見よ、主​は​て​を​差し​伸べて、指​で​一つ​一つ​石​に​触れられた。すると、ヤレド​の​兄弟​の​目から​​幕​が​取り除かれ、彼​は主​の​指を​見た。それ​は​人の​指の​よう​で、血肉​の​指に​似て​いた。ところが、ヤレド​の​兄弟​は​恐怖に​打たれ主​の​前に​倒れた。

主​は​ヤレド​の​兄弟​が地​に​倒れた​の​を​見て、彼に​言われた。「立ち上がり​なさい。なぜ​あなた​は​倒れた​の​か。」

​そこで​彼は主​に​答えた。「わたし​は主​の​指を​見て、主​に​打たれる​の​で​は​ない​か​と​恐れ​ました。主​が​血肉​を​お​持ち​で​ある​こと​を​知らなかった​から​です。」

​すると主​は​彼に​言われた。「あなた​は​信仰​が​ある​ので、わたし​が​将来の​血肉​を​受ける​の​を​見た​の​で​ある。これまで​に​あなた​の​よう​な​深い​信仰​を​もって、わたし​の​前に​来た​者​は​一人​も​いない。もし​そう​で​なければ、あなた​は​わたし​の​指を​見る​こと​が​できなかった​で​あろう。あなた​は​これ​以外​に​何か​を​見た​か。」

​そこで​彼は​答えた。「いいえ。主​よ、わたし​に​御​自身​を​現わして​ください。」

すると主​は​彼に​言われた。「あなた​は​わたし​が​告る​言葉​を​信じる​か。」

​そこで、彼は​答こたえた。「はい。主​よ、わたし​は​あなた​が​真実を​告げられる​こと​を​存じて​います。あなた​は​真理の​神​で​あり、​偽り​を​いわれる​こと​は​あり​ません。」

​彼が​これら​の​言葉​を​述べ​終える​と、見よ、主​は​彼に​御​自身​を​現して​言われた。「あなた​は​これら​の​こと​を​​知って​いる​ので、堕落​から​贖なわれ、わたし​の​前に​連れ​戻されて​いる。そこで、わたし​は​あなた​に​わたし​自身​を​現す。

​見よ、わたし​は、自分​の​民​を​​贖なう​ため​に​世​の​初め​から​備えられた​者​で​ある。わたし​は​イエス・​キリスト​で​ある。わたし​は​父​で​あり、子​で​ある。わたし​に​よって​全​人類​は​​命​を​得る。すなわち、わたし​の​名​を​信じる​者​は​永遠​に​命​を​得る。そして、これら​の​者​は​わたし​の​​息子​と​なり、娘​と​なる。

​わたし​は、これまで​わたし​の​造った​者​に​一度​も​わたし​自身​を​現した​こと​は​ない。あなた​ほど​深く​わたし​を​信じた​者​が​いなかった​から​で​ある。あなた​は、あなたがた​が​わたし​自身​の​形​に​造られて​いる​こと​が​分わかった​か。まことに、すべて​の​人は​初め​に​わたし​自身​の​形​に​造られた​の​で​ある。

​見よ、あなた​が​今見て​いる​この​体​は、わたし​の​霊の​体​で​ある。わたし​は​自分の​霊の​体に​倣って​人を​造った。わたし​は​今、霊れの​状態で​あなた​に​現れて​いる​よう​に、将来肉に​あって​わたし​の​民に​現れる(エテル書3章6-16節)。

What more is needed to convince us that man, both in spirit and in body, is the image and likeness of God, and that God Himself is in the form of man?

人間は精神的にも肉体的にも神のかたちであり、神自身が人間の形をしていることを我々に納得させるのに、さらに何が必要だろうか?

When the divine Being whose spirit-body the brother of Jared beheld, took upon Him flesh and blood, He appeared as a man, having "body, parts and passions," like other men, though vastly superior to all others, because He was God, even the Son of God, the Word made flesh: in Him "dwelt the fulness of the Godhead bodily." And why should He not appear as a man? That was the form of His Spirit, and it must needs have an appropriate covering, a suitable tabernacle. He came unto the world as He had promised to come (III Nephi 1:13), taking an infant tabernacle, and developing it gradually to the fulness of His spirit stature. He came as man had been coming for ages, and as man has continued to come ever since. Jesus, however, as shown, was the only begotten of God in the flesh.

その霊体をヤレドの兄弟が見守る、神の存在が血肉を引き受けたとき、彼は他の人と同じように「体、部分、情熱」を持った人間として現れた。しかし、彼は神であり、他のすべての人々よりもはるかくに優れていた。神の子でさえも、御言葉が肉体をつくった。「完全なる神を肉体に住まわせた」のである。そして、なぜ彼は人として現れてはならないのか?それが彼の霊の形であり、適切な覆い、適切な幕屋が必要だからだ。彼は来ると約束したとおりに世に来て(第3ニーファイ書1章13節)、幼児の幕屋を取り、それを徐々に彼の完全なる霊的身体へと成長させた。彼は人が何年も来ていたように、そして人がそれ以来ずっと来続けているように来ました。しかし、示されているように、イエスは肉の中に唯一神から生まれました。

Adam, our progenitor, "the first man," was, like Christ, a pre-existent spirit, and like Christ he took upon him an appropriate body, the body of a man, and so became a "living soul." The doctrine of the pre-existence, --revealed so plainly, particularly in latter days, pours a wonderful flood of light upon the otherwise mysterious problem of man's origin. It shows that man, as a spirit, was begotten and born of heavenly parents, and reared to maturity in the eternal mansions of the Father, prior to coming upon the earth in a temporal body to undergo an experience in mortality. It teaches that all men existed in the spirit before any man existed in the flesh, and that all who have inhabited the earth since Adam have taken bodies and become soul in like manner.

我々の偉大な祖先であるアダムは、キリストのように「最初の人間」であり、先在の霊であり、キリストのように適切な肉体、人間の肉体を受けて、「生ける魂」となった。先在の教義は、そうでないなら人間の起源の神秘的な問題に、あふれかえる素晴らしい光の洪水を注く。それは、霊としての人間が生まれ、天の両親のもとに生まれ、限りなく十分に成長する。死の経験をするために一時的な体で地上に来る前の父の住処。それは、すべての人が肉体に存在する前にすべての人が霊の中に存在したこと、そしてアダム以来地球に住んでいたすべての人が同じように肉体を取り、霊になったと教えている。

It is held by some that Adam was not the first man upon this earth, and that the original human being was a development from lower orders of the animal creation. These, however, are the theories of men. The word of the Lord declares that Adam was "that first man of all men" (Moses 1:34), and we are therefore in duty bound to regard him as the primal parent of our race. It was shown to the brother of Jared that all men were created in the beginning after the image of God; and whether we take this to mean the spirit or the body, or both, it commits us to the same conclusion: Man began life as a human being, in the likeness of our heavenly Father.

アダムはこの地球上で最初の人間ではなく、原初の人間は低い階級の動物から発達したと、一部の人は考えている。しかし、これらは人間の理論である。主の言葉は、アダムが「すべての人の最初の者」であったことを宣言している(モーセ書1章34節)。したがって、我々はアダムを我々の種族の第一の親と見なす義務がある。ヤレドの兄弟には、すべての人間が最初に神の形に創造されたことが示された。そして、我々がこれを精神もしくは肉体、あるいはその両方を意味すると解釈するかどうかにかかわらず、それは我々に同じ結論を約束する:我々の天の父のように、人間は人間として始まった。

True it is that the body of man enters upon its career as a tiny germ embryo, which becomes an infant, quickened at a certain stage by the spirit whose tabernacle it is, and the child, after being born, develops into a man. There is nothing in this, however, to indicate that the original man, the first of our race, began life as anything less than a man, or less that the human germ or embryo that becomes a man.

確かに、人間の体は小さな胚としてのキャリアに入り、それは幼児になり、ある段階でそれが幕屋である精神によって速められ、子供は生まれた後、人間に成長する。、我々の種族の最初の人である原初の人間、人間に劣る生命体か始まったか、人間の胚より劣る生命体が人間になったといったことを示すものは何もない。

Man, by searching, cannot find out God. Never, unaided, will he discover the truth about the beginning of human life. The Lord must reveal Himself, or remain unrevealed; and the same is true of the facts relating to the origin of Adam's race-God alone can reveal them. Some of these facts, however, are already known, and what has been made known it is our duty to receive and retain.

人は、捜しても、神を見つけられない。人は、助けを借りずして、人間の起源についての真実を発見することは決してない。主が自ら明らかにしないかぎり、明かされないままである。そして、同じことがアダムの種族の起源に関連する事実にもあてはまる。神だけがそれらを明らかにできる。しかし、これらの事実のいくつかはすでに知られており、知られていることは、受け取り、保持することが我々の義務である。

The Church of Jesus Christ of Latter-day Saints, basing its belief on divine revelation, ancient and modern, proclaims man to be the direct and lineal offspring of Deity. God Himself is an exalted man, perfected, enthroned, and supreme. By His almighty power He organized the earth, and all that it contains, from spirit and element, which exist co-eternally with Himself. He formed every plant that grows, and every animal that breathes, each after its own kind, spiritually and temporally-"that which is spiritual being in the likeness of that which is temporal, and that which is temporal in the likeness of that which is spiritual." He made the tadpole and the ape, the lion and the elephant but He did not make them in His own image, nor endow them with Godlike reason and intelligence. Nevertheless, the whole animal creation will be perfected and perpetuated in the Hereafter, each class in its "distinct order or sphere," and will enjoy "eternal felicity." That fact has been made plain in this dispensation (Doctrine and Covenants 77:3).

信仰を神の古代と現代の啓示に置く、末日聖徒イエス・キリスト教会は、人間は神の直接かつ直系の子孫であり、人間は神の子であり、神の似姿に形成され、神性を授けられているものだと表明する。神はの全能の力によって、地球とそこにあるすべてのものを、神自身と共に永遠に存在する精神と元素から構成した。神は成長するすべての植物と呼吸するすべての動物を、それぞれ独自の種類として、霊的および現世に形成した。「霊​の​もの​は​現世​の​もの​の​形​で​あり、現世​の​もの​は​霊​の​もの​の​形​で​ある」神は、オタマジャクシと類人猿、ライオンと象を作ったが、神自身の形にはそれらを作らなかった。神のような理性と知性を彼らに与えなかった。それにもかかわらず、動物の創造全体は来世で完成され、永続化され、各階級はその「明確な秩序や領域」であり、「永遠の幸い」を享受する。その事実はこの神の摂理で明らかにされた(教義と聖約77:3)。

Man is the child of God, formed in the divine image and endowed with divine attributes, and even as the infant son of an earthly father and mother is capable in due time of becoming a man, so the undeveloped offspring of celestial parentage is capable, by experience through ages and aeons, of evolving into a God.

人は神の子であり、神のイメージで形成され、神の属性を授けられています。そして、地上の父と母の幼い息子がやがて人になることができるとしても、天の親の未発達の子孫は可能です、神へと進化するという、長年にわたる経験によって。

Joseph F. Smith,
John R. Winder,
Anthon H. Lund,

First Presidency of The Church of Jesus Christ of Latter-day Saints

(Improvement Era 13:75-61 [November, 1909])


大管長会からの季節の言葉(1910)

とても婉曲的で、「我々の宗教は現実の科学と敵対していない」とはいうものの、進化について明言しているわけでもない。
WORDS IN SEASON FROM THE FIRST PRESIDENCY

Deseret Evening News December 17, 1910, part 1 p.3

In this Christmas message, the First Presidency devoted several sentences to the Church's position with regard to questions raised by science:

Diversity of opinion does not necessitate intolerance of spirit, now should it embitter or set rational being against each other. The Christ taught kindness, patience, and charity.

Our religion is not hostile to real science. That which is demonstrated, we accept with joy; but vain philosophy, human theory and mere speculations of men, we do not accept nor do we adopt anything contrary to divine revelation or to good common sense. But everything that tends to right conduct, that harmonizes with sound morality and increases faith in Deity, finds favor with us not matter where it may be found.

このクリスマスメッセージでは、科学によって挙げられた問いについて、大管長会は教会の立場を記述する:

意見の多様性は精神の不寛容を必要とはしない。合理的存在が互いに敵対したり、対立したりすることはない。キリストは親切、忍耐、そして慈善を教える。

我々の宗教は現実の科学と敵対していない。実証されたものを我々は喜んで受けいれる。しかし、空虚な哲学や、人間の理論や、人間の憶測にすぎないもを、我々は受け入れない。神の啓示や常識に反するものは受け入れない。しかし、正しい行動をとる傾向があり、健全な道徳と調和し、神への信仰を高めるすべてのものは、それがどこにあるかに関係なく、我々は選好する。



進化についてのモルモンの見方(1931)

「進化について」という題目だが、実際には直接的に進化論に言及しているわけではない。「人間は神の子であり、神のかたちに形成され、神性を授けられている」としているが、それによって進化論を肯定も否定もしていない。
"MORMON" VIEW OF EVOLUTION (進化についてのモルモンの見方)

A Statement by the First Presidency of The Church of Jesus Christ of Latter-day Saints

末日聖徒イエス・キリスト教会大管長会声明

"God created man in his own image, in the image of God created he him; male and female created he them."

「神は人を自分のかたちに創造された。神のかたちにこれを創造し、男と女に創造された。」

In these plain and pointed words the inspired author of the book of Genesis made known to the world the truth concerning the origin of the human family. Moses, the prophet-historian, who was "learned" we are told, "in all the wisdom of the Egyptians," when making this important announcement, was not voicing a mere opinion. He was speaking as the mouthpiece of God, and his solemn declaration was for all time and for all people. No subsequent revelator of the truth has contradicted the great leader and law-giver of Israel. All who have since spoken by divine authority upon this theme have confirmed his simple and sublime proclamation. Nor could it be otherwise. Truth has but one source, and all revelations from heaven are harmonious one with the other.

これらのわかりやすく、直接的な言葉で、創世記の霊感を受けた著者は、人間の家族の起源に関する真理を世界に知らせた。預言史家モーセは、我々が言われているように「エジプト人のすべての知恵から学び」、この重要な発表を行うとき、表明されるのは単なる意見ではなく、古代人のオカルト伝承の研究から導き出された理論だった。モーセは神の代弁者として語り、彼の厳粛な宣言は永遠のすべての人々のためのものだった。その後の真理の啓示者は、イスラエルの偉大な指導者および立法者と矛盾することはない。それ以来、このテーマについて神の権威によって語る全ての人は、モーセの単純で崇高な宣言を追認した。それ以外はありえない。真理には一つの源しかなく、天からのすべての啓示は互いに調和している。

Jesus Christ, the Son of God, is "the express image" of his Father's person (Hebrews 1:3). He walked the earth as a human being, as a perfect man, and said, in answer to a question put to him: "He that hath seen me hath seen the Father" (John 14:9). This alone ought to solve the problem to the satisfaction of every thoughtful, reverent mind. It was in this form that the Father and the Son, as two distinct personages, appeared to Joseph Smith, when, as a boy of fourteen years, he received his first vision.

神の子、イエス・キリストは「神の本質の現れ」である。(ヘブライ人への手紙1章3節)彼は台地を人として、完全な人として歩み、投げられた質問に対して答えていった。「私たちに御父をお示しください」(ヨハネによる福音書14章9節)これだけで、すべての思慮深く敬虔な心が満足するように問題を解決する。父と子が2人の異なる人物としてジョセフ・スミスの前に姿を現したのは、彼が14歳の少年として最初の示現を受けたときだった。

The Father of Jesus Christ is our Father also. Jesus himself taught this truth, when he instructed his disciples how to pray: "Our Father which art in heaven," etc. Jesus, however, is the first born among all the sons of God-the first begotten in the spirit, and the only begotten in the flesh. He is our elder brother, and we, like him, are in the image of God. All men and women are in the similitude of the universal Father and Mother; and are literally sons and daughters of Deity.

イエス・キリストの父は我々の父でもある。イエス自身は。弟子たちに祈り方を教えたときに、この真理を教えた。「隠れた所においでになるあなたの父」など。しかしながら、イエスは神の子すべてのなかで最初に生まれた子であり、最初に霊的に生まれ、唯一肉によって生まれた子である。イエスは我々の長兄であり、我々はイエスのように、神のかたちに創造された。すべての男性と女性は、普遍的な父と母の類似性にある。文字通り神の息子と娘である。

Adam, our great progenitor, "the first man," was, like Christ, a pre-existent spirit, and, like Christ, he took upon him an appropriate body, the body of a man, and so became a "living soul." The doctrine of pre-existence pours a wonderful flood of light upon the otherwise mysterious problem of man's origin. It shows that man, as a spirit, was begotten and born of heavenly parents, and reared to maturity in the eternal; mansions of the Father, prior to coming upon the earth in a temporal body to undergo an experience in mortality.

我々の偉大な祖先であるアダムは、キリストのように「最初の人間」であり、先在の霊であり、キリストのように適切な肉体、人間の肉体を受けて、「生ける魂」となった。先在の教義は、そうでないなら人間の起源の神秘的な問題に、あふれかえる素晴らしい光の洪水を注く。それは、霊としての人間が生まれ、天の両親のもとに生まれ、限りなく十分に成長する。死の経験をするために一時的な体で地上に来る前の父の住処。

The Church of Jesus Christ of Latter-day Saints, basing its belief on divine revelation, ancient and modern, proclaims man to be the direct and lineal offspring of Deity. By his Almighty power God organized the earth, and all that it contains, from spirit and element, which exist co-eternally with himself.

信仰を神の古代と現代の啓示に置く、末日聖徒イエス・キリスト教会は、人間は神の直接かつ直系の子孫であり、人間は神の子であり、神のかたちに形成され、神性を授けられているものだと表明する。神はの全能の力によって、地球とそこにあるすべてのものを、神自身と共に永遠に存在する精神と元素から構成した。

Man is the child of God, formed in the divine image and endowed with divine attributes, and even as the infant son of an earthly father and mother is capable in due time of becoming a man, so that undeveloped offspring of celestial parentage is capable, by experience through ages and aeons, of evolving into a God.

人は神の子であり、神の形で創られ、神性を授けられている。そして、地上の父と母の幼子がやがて人になれるように、天の親の未発達の子孫は、長年にわたる経験によって、神へと進化することが可能である。

Heber J. Grant
Anthony W. Ivins
Charles W. Nibley
First Presidency


モルモン百科事典: 進化 (1992)

「地質学と生物学と考古学と人類学は、人間の魂の救済にはいずれも関係しておらず、科学研究に任せておけばよい」との立場をとり、それはそれとして「人間は神の直接かつ直系の子孫であり、人間は神の子であり、神の似姿に形成され、神性を授けられているものだ」と考えるという記述となっている。

ENCYCLOPEDIA OF MORMONISM (モルモン百科事典)

EVOLUTION (進化)

The position of the Church on the origin of man was published by the First Presidency in 1909 and stated again by a different First Presidency in 1925:

The Church of Jesus Christ of Latter-day Saints, basing its belief on divine revelation, ancient and modern, declares man to be the direct and lineal offspring of Deity.... Man is the child of God, formed in the divine image and endowed with divine attributes (see Appendix, "Doctrinal Expositions of the First Presidency").

人間の起源についての教会の立場は、1909年の大管長会が表明し、1925年の別の大管長会が再度、表明している。

信仰を神の古代と現代の啓示に置く、末日聖徒イエス・キリスト教会は、人間は神の直接かつ直系の子孫であり、人間は神の子であり、神の似姿に形成され、神性を授けられているものだと表明する。

The scriptures tell why man was created, but they do not tell how, though the Lord has promised that he will tell that when he comes again (D&C 101:32-33). In 1931, when there was intense discussion on the issue of organic evolution, the First Presidency of the Church, then consisting of Presidents Heber J. Grant, Anthony W. Ivins, and Charles W. Nibley, addressed all of the General Authorities of the Church on the matter, and concluded,

聖書は、なぜ人間が創造されたかを教えているが、どのようにして創造されたかは教えていない。しかし、神は自らが再臨するとき、そのことを教えると約束している。1931年当時、Heber J. GrantとAnthony W. IvinsとCharles W. Nibleyで構成される大管長会は、教会の全包括的権限を以って本件に取り組み、結論した。

Upon the fundamental doctrines of the Church we are all agreed. Our mission is to bear the message of the restored gospel to the world. Leave geology, biology, archaeology, and anthropology, no one of which has to do with the salvation of the soul of mankind, to scientific research, while we magnify our calling in the realm of the Church....

教会の根本的教義について我々は全面的に同意する。我々のミッションは、世界に回復された福音の言葉を伝えることである。地質学と生物学と考古学と人類学は、人間の魂の救済にはいずれも関係しておらず、科学研究に任せておけばよい。我々は教会の領域で神のお召しを讃える。

Upon one thing we should all be able to agree, namely, that Presidents Joseph F. Smith, John R. Winder, and Anthon H. Lund were right when they said: "Adam is the primal parent of our race" [First Presidency Minutes, April 7, 1931].

我々が一つ同意すべきは、Joseph F. SmithとJohn R. WinderとAnthon H. Lundの大管長会は「アダムは我々の人種の始祖」であると述べたことは正しいという点である。(大管長会議事録 1931年4月7日)

WILLIAM E. EVENSON

(Encyclopedia of Mormonism, Vol.2)

Reprinted with permission of Macmillan Publishing Company from Encyclopedia of Mormonism, edited by Daniel H. Ludlow. Volume 2, page 478. Copyright 1992 by Macmillan Publishing Company, a division of Macmillan, Inc.






コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます