葉鍵キャラを政治家に見立て葉鍵国を統べる仮想政界「葉鍵政界」の派生wikiです。葉鍵板を参考に、99%のネタと1%の知性で盛り上げ楽しんでいきましょう。(元は葉鍵政期スレのまとめwiki的位置づけでしたが、現在は三次創作サイトの方向に突き進んでいます。)

葉鍵政界の政治家
人名柏木 梓
出身
所属葉鍵社民党
政治的思想・立場???主義

 柏木 梓(かしわぎ あずさ)は葉鍵社民党幹事長・地方格差是正担当。杏さん党柏木千鶴は姉。新党魁柏木楓うぐぅ民主党柏木初音は妹にあたる。

 実家は有名な温泉旅館。姉の千鶴が政治キチになったことがきっかけで四姉妹とも政界に興味を持つが思想は見事に四分割される。
 当初より鍵社民党党員として名が挙がっていたが、葉勢力の統合により、正式に葉鍵社民党の党員として認知され、幹事長に就任。
 葉鍵社民に入党したのは坂上智代党首の毅然さに憧れ、また武闘派政治家には個人主義・実力主義で自己主張の激しい面子が揃う中、武闘派でありながら家庭的でモラルや貞操観念の強い坂上党首に、自らに通じるものを感じたのと、ライバルである杏さん党に千鶴が所属している事で真っ向から対決できるとの思いがあったからだろう。
 党内では一番の常識人ゆえに他の党員との絡みが作りにくいのが難点。しかし幹部が選挙で次々と落選した中で坂上党首にとっては一番頼れる存在とも言えるだろう。

 2008年葉鍵政界総選挙では苦戦の連続だった。選挙区では千鶴・楓戦争に置いていかれる展開になり惨敗。ブロック区も獲得票が5票と精彩を欠いたが、なんとか滑り込んだ。
 一ノ瀬内閣時代には地方格差是正を訴えて改革批判を展開してきた。また「アニメの殿堂」問題を取り上げて一ノ瀬内閣の閣内不一致を表面化させ、杏さん党の与党離脱のきっかけを作った。一方で、白チーズと共に姉の千鶴の胸部水増し疑惑を追及したこともある。この頃から性格や思想が党首に近いこともあり、葉鍵社民党の葉側の代表としての座を確立し始めた。

 2010年葉鍵政界総選挙では定数が2に増え、千鶴につづいて2位で当選。選挙後、幹事長に留任し、天野美汐が副党首のポストを外され、副党首が不在となったことで党のナンバー2となる。
 その後、葉鍵社民党と杏さん党は関係改善に向け動き出し、オカル党革命美坂栞内閣発足を挟んで、連立政権樹立の構想が何度か出るが、坂上党首の無理難題のために進展を見ない状態であり、杏さん党側の葉鍵社民党担当の国対委員である長谷部彩は匙を投げようとするが、それを知って激怒した木田恵美梨は党本部に強く抗議し、梓に離党届けを突き付ける。坂上党首は離党して他の政党に合流するなり新党結成するなり本人に任せれば良いと離党を受け容れる考えを示していたが、梓はこの状況で恵美梨が離党すれば続いて木田グループが揃って離党、新党結成に走り、杏さん党はこの新党を連立相手に選び葉鍵社民党の政権参加は絶望的になると判断し、恵美梨の抗議を受け入れることを党中央に提案する。最終的に恵美梨と梓の直接会談の結果に任されることとなり、会談の結果党中央は杏さん党への妥協を受け入れることとなった。
 この結果、両党は藤林杏連立政権の成立に向けて大きく進むこととなった。続いて、うぐぅ民主党から甘党に移籍した神北小毬の活躍により甘党・杏さん党の和解がなされ、藤林杏内閣の発足に至る。


           ∧_∧
         < `ш´>
       _φ___⊂)_   このページは未だに未完成である。
     /旦/三/ /|    有志諸君による有意義な文書の編集を望む。
      l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l  |
      |超葉鍵政界|/

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます