「わたしは残酷で冷酷で非道で――そいで可憐な化物でありんす」
メインデータ
名前シャルティア・ブラッドフォールン
shalltear bloodfallen
種族異形種(アンデッド)
分類NPC
異名鮮血の戦乙女
役職ナザリック地下大墳墓 第一〜第三階層守護者
住居第ニ階層死蝋玄室
属性邪悪〜極悪
カルマ値:-450
種族レベル吸血鬼(ヴァンパイア)
真祖(トゥルーヴァンパイア)
Lv.10
Lv.10
職業レベルワルキューレ/ランス
カースドナイト
クレリック
ブラッドドリンカー*1
など
Lv.5
Lv.5
Lv.10
Lv.?
残りLv.60
サブデータ
年齢身長140cm
趣味嗜虐・性行為全般性別
創造主ペロロンチーノ声優上坂すみれ
登場web 書籍人気投票5位 8,496p
◎画像はpixiv 冬扇様から「シャルティア」を許可を得てお借りしています。二次配布、無断使用などは禁止です。
種族 Lv.20 職業 Lv.80 合計 Lv.100


概要

 シャルティア・ブラッドフォールンは、ナザリック地下大墳墓第一、第二、第三階層の「墳墓」に配置された100レベルのNPCである。階層守護者の設定を与えられた吸血鬼であり、真の姿はヤツメウナギに例えられている。ちなみに偽乳。

 書籍化に伴い戦闘力が大幅に強化されたが、見た目だけはほとんど変わりがない*2。書籍版では、web版での役目の一部が書籍新キャラに取られたり、おバカな性格が他の性格変更キャラとやや被るなど、書籍化で割りを食ってる感がある。頭のいい書籍アインズの鎖役になった可哀想な子*3

外見

 長い銀色の髪を片方に集め、肌は白蝋じみた白さ、瞳は真紅。服装は漆黒のボールガウン(舞踏会用ドレス)。スカート部分は大きく膨らんで、かなりのボリューム感を出している。フリルとリボンの付いたボレロカーディガンを羽織り、レース付きのフィンガーレスグローブを付けているため、肌はほとんど出ていない*4。記述は無いがキャラクターの絵を見る限り、ドレスと色を合わせた大きなリボンの付いたフリルのあるヘッドドレスを被っている。

 一見巨乳のように見えるが、実は貧乳でパットを何枚も重ねている。創造主のペロロンチーノは貧乳吸血鬼でイラストを依頼したが、出来上がったイラストが巨乳だったため「貧乳を恥じてパットを何枚も入れている」という設定が加えられた*5
真っ平らすぎて激しく動くとパットがブラジャーごとどっかにいく*6

真の姿

 上記の美しい外見は偽りの姿であり、単純にデザインしたギルドメンバーのイラストが上手く、なおかつ立体化が上手くいったからに過ぎない。本来はヤツメウナギと称される禍々しいモンスター『真祖トゥルーヴァンパイア』が彼女の真の姿である*7。なお更に上位種の始祖オリジンヴァンパイアはより化物然としているそうだが、本編ではそれに該当するモンスターは出ていない。

完全武装時

 伝説級レジェンドアイテムの真紅の全身鎧と、神器級ゴッズアイテムのスポイトランスを装備。兜は顔の部分が開いており、白鳥の頭部のような形で左右から鳥のような羽が突き出している。胸から肩を経由して、鳥の翼をイメージした装飾があり、腰は真紅のスカートをが巻き付いている。

ゲヘナ時の偽装

 白亜の仮面を付け、純白の布地に銀の刺繍が入った丈の長いドレスを身に纏い、クリスタルのような輝きがあるハイヒールを履いている。これら以外にネックレスやイヤリングなど、現地人から見て大貴族の令嬢がするようなアクセサリーを多数身につけている*8

性格

 「エロゲーイズマイライフ」と豪語した創造主のペロロンチーノから、エロゲーに有りがちな設定をてんこ盛りにされてシャルティアは生まれた*9。「サド」や「マゾ」を始め、「死体愛好癖ネクロフィリア」などの設定を持ち、彼女はアインズの骨格を「神の造形」とベタ褒めし、同じく死体のユリも好みで「男女どっちでもOK」な性癖を持つ*10。また、間違った廓言葉(くるわことば)で喋るという設定も持っており、一人称は基本的に「わたし」ではあるが、一日一度は「わらわ」を使うようにしている*11。だが気が動転したときや、怒ったときは普通の喋り方になるので、本人は意識して廓言葉を使っている模様。

 性格は嗜虐心が非常に強く、相手を見下し、一方的に蹂躙することに性的興奮を感じ、殺人そのものを楽しんでいる。いたぶる事も当然好きだが、だいたい直ぐ殺してしまうので、ソリュシャンの「じっくり楽しむ」という話を聞いて感心していた*12。ヒステリーなところもあり、web版アルシェ曰く「山の天気よりも変わりやすい」とのこと。そんなときはだいたいシモベ兼妾のヴァンパイア・ブライド達が犠牲になるらしい。

 頭が悪いというほど悪いわけではないのだが、基本的に自分が圧倒的強者かつ上位者だと自負しているため、相手を見下し快楽に興じた結果、判断を誤る危うさを持っている。さらには血を浴びると、スキル「血の狂乱」が発動することで判断能力を失い、殺戮衝動に捕らわれてしまう。主人のアインズでさえ、考えの逆張りをされるなど頭脳面の信頼度は低い。他の守護者から「シャルティアだから」という程度で扱われているが、普段は階層の巡回警備、領域守護者の意見を取りまとめ、警備状況の確認、どこぞの駄犬と違って忠勤を尽くしている真面目な娘。

 番外編『がーるずとーく』ではアルベドの自室でのお茶会で出された紅茶が、あまりにも高価なものだったため気後れし、カップに手を伸ばすのを躊躇う描写がある。また、匂いを嗅ぐだけで銘柄を当てる等、紅茶への潤沢な知識を持っている。

強さ

種族:トゥルーヴァンパイア(アンデッド)
職業:神官職
特色:総合力最強
武器:神器級アイテム
防具:伝説級アイテム
切り札:死せる勇者の魂(エインヘリヤル)

 魔法職だったweb版から、書籍版では前衛信仰系職になって階層守護者最強に繰り上げられた、ナザリック地下大墳墓最強のNPC*13(ルベドは除く)。守護者特色:序列一位「総合力最強」*14
 シャルティアはガチのクラス構成であり、単独で高い戦闘能力を誇る*15。全てが高水準で噛み合わさっており、総合力最強の名は伊達ではない。ガチのクラスを選択した結果なのか、ステータスも頭一つ分他の守護者やアインズより高くなっている。戦士系ではなく信仰系魔法詠唱者であり、「クレリック」と「ワルキューレ/ランス」という肉弾戦が得意な信仰系のクラスを修めている。

 ※信仰系のクラスを修めているが、アンデッドのため通常の回復魔法は使用できない*16(3-136の文章はブリタがダメージを負った場合はどうするか?という内容)。ただし、《リジェネート/生命力持続回復》はアンデッドでも回復できる*17

装備・スキル・魔法

 防具こそ伝説級アイテム止まりだが、武器は神器級アイテム「スポイトランス」を所持*18。与えたダメージを吸収する武器の能力と、「血の狂乱」による攻撃力増大のコンボは凶悪なものとなっている。

 他にも信仰系魔法や、MP消費で必中となる「清浄投擲槍」、攻撃と防御を兼ねる「不浄衝撃盾」、能力値の同じ人造物を生み出す切り札「エインヘリヤル」などある。アンデッドは疲労が無いため、相手に殺されない限りは暴れ続ける事が可能。

 これら以外に、移動阻害完全耐性*19、魔法を宿していない飛び道具の無効化*20など。
ヴァンパイアの特徴
 闇視、高速治癒、魅惑の魔眼、生命力吸収、吸血による下位種の創造、冷気耐性、精神作用無効など*21

 ヴァンパイアのシャルティアにダメージを与えるには武器耐性を持っており、有効な武器は銀製で一定以上の魔力を内包するか、圧倒的魔力が込められているか、ある特定属性の武器のみ*22。また、シャルティアはヴァンパイアのスキル『吸血』によって、殆ど人間と同じ知力のあるヴァンパイアにすることが出来る(web版では10体まで*23)。吸血鬼の花嫁ヴァンパイア・ブライドでは知性の低い下位吸血鬼レッサーヴァンパイアしか作れない*24
クラスの特徴
 クラス「カースドナイト」の特徴として、強力な治癒魔法でなければ癒えない傷を与えることが出来る。だがクラスのペナルティとして、レベル40程度の低位のアイテムは破壊されてしまうため使用できない*25。食器とかそういった道具は壊れないが、戦闘に使えたりするアイテムは壊れるみたいな感じらしい*26

 ブラッドドリンカー*27のクラススキルに「鮮血の貯蔵庫(ブラッドプール)」があり、殺害した相手の血を貯めてMPの代わりにすることができる。

アインズの評価

「プレイヤースキルを加味しないなら上の下。全身を神器級にしたら上の中。相手によって装備品を変更できれば上の上に肉薄する」
「スペック上のシャルティアの正しい運用方法は、敵のリソースを削るために、矢のように放って敵陣で暴れさせること」
アインズが考えるシャルティアの評価 11-056〜057

 アインズはシャルティアに勝利したが、あくまでも課金アイテムをじゃぶじゃぶ使った周到な事前準備とシャルティアが相手を侮ったという戦略・戦術的な勝利である。もしあの時に、分身(エインヘリヤル)を召喚してその間に準備を整え、攻撃魔法とスキルを打ち尽くしてから血の狂乱を発動させて、接近戦をやられた場合は間違いなく撤退していただろうと発言している。

 死霊系魔法職のロールプレイで構成されたアインズにとって、シャルティアは天敵と言える存在である。アンデッドのためにアインズの得意魔法がほとんど効かず、逆にシャルティアはアンデッドに効果的な信仰系魔法を幾つも持っている。肉弾戦にも長けるため、後衛職のアインズにとっては非常に分が悪い。戦闘前にコキュートスが下した判断は「アインズの勝算は三割」*28。完全戦士化して戦うアインズは、シャルティアに「勝算は七対三」と発言している*29

 余談だが、アインズの切り札「The goal of all life is death」の対策になる蘇生アイテムを創造主のペロロンチーノからこっそり渡されており、アインズは「俺対策のつもりか?こんちくしょー!」とぼやいていた*30

web版

 web版では前衛神官のクレリックではなく*31、魔力に長けた「プリーステス」になっている*32
 web版ではカースド・ナイトの他に「カースド・キャスター」のクラスを修めており*33、こちらも「カースによるアイテム破壊」のペナルティがある。戦闘力は竜人セバスやアウラ(魔獣&魔法)より劣り、作者の感想返しでは最低限以上の装備をしない条件で序列4位*34

100レベルNPC比較

作中の動向

 ナザリックが異世界に転移し、第6階層の闘技場に階層守護者が招集された時に登場。異世界の情報を最優先したアインズは、自身も含めて人間の国へ人型NPCを派遣し、情報収集を図る。シャルティアはアインズより、「武技、魔法、世界情勢に詳しい犯罪者の捕獲」を命じられ、セバスソリュシャンのチームに合流した。

 その任務中に野盗のアジトを襲撃するが、持ち前の性格が災いして、武技を使える戦士のブレイン・アングラウスを逃してしまう。さらにある理由から、「災厄の竜王」を討伐するためにスレイン法国から派兵された漆黒聖典と鉢合わせになり交戦。ワールドアイテムの効果で、種族特性を超えて精神支配を受ける。数多の偶然が重なり合った不幸がシャルティアを襲った結果だった。

 操られたシャルティアは、討伐に向かったアインズと激しく争い敗北する。その後、ナザリックの玉座の間にて5億枚の金貨を媒介にして復活。この戦いはアインズの支配者としての覚悟と成長を促す事となった。

決闘後

 アインズは己の浅慮な判断が原因と考え、シャルティアは罪に問われなかった。
 シャルティアはナザリック出立以降の記憶を喪失したため、この事件以降、守護者には未知の敵(ワールドアイテム)対策に、ナザリックのワールドアイテムの所持が許され、ナザリックの警戒レベルは数段回上がる。シャルティアは、性格とスキル「血の狂乱」による暴走を危惧され、功績を立てる機会から遠ざけられてしまう。酔えもしないのにバーで呑んだくれ、アインズから一応の罰を与えられたものの、心の傷は消えることはなかった。

 リ・エスティーゼ王国の王都で行われた、一大作戦の「ゲヘナ」では、目立った役目を与えられず、ゲートを使ったタクシー兼物資運搬人として黙々と仕事をこなす。その途中でかつて逃したブレインと対峙。記憶が無いため、誰か理解できないまま捕獲しようとするも、付近に手を出してはいけない人間(クライム)がいたため見過ごした。

魔導国建国後

 ナザリックの警備を行いながら、兵を輸送、物資を輸送、報告書付きのリザードマンを移動、特別な任務を与えられていないシャルティアは運搬人としての仕事が板についてくる。そんな中、アインズの身辺警護という大役をまかせられ、アインズとアウラと共にドワーフの国へ向かう。その道中の彼女の行動は、アインズの行動全部をメモに取るなど読者を非常にハラハラさせた。しかしアウラのサポートや滅私の精神で、読者の「11巻でシャルティアはどんな失敗をするんだろう」という下馬評を大きく覆し、見事任務を達成して雪辱を果たした。

 以後、カルネ村に『ペタン血鬼航空 フロド05便』と言うフロスト・ドラゴンがルプスレギナ・ベータを乗せて登場した*36。ドラゴンをメインにした飛行系モンスターによる航空便を管理している。14巻では魔導国(エ・ランテル)から帝国、ドワーフの国、アベリオン丘陵に航空路があり、そのノウハウを生かして陸送関係の交通網を確立する作業をしている*37

web版

 web版では野盗のアジトで同じくブレインと対峙。書籍とほぼ同じ流れで野盗や冒険者相手に見境なく大暴れしたため情報を若干漏洩させてしまったが、ブレインを吸血して従僕化させたので程度は任務成功している。漆黒聖典がそもそも法国を出ていないので遭遇せずそのままナザリックに帰還する。
 
 web版にはアルベドが居ないため、基本的にアインズの秘書の立ち位置になっている。では内務能力や作戦立案能力があるかというと、そういった描写はあまり見られず、おバカキャラに変わりはない。活躍というよりもアインズと舞踏会で踊るなど、立場から来る役得が多いキャラになっている。

装備

  • スポイトランス …… 神器級アイテム。与えたダメージの数パーセントを吸収し、装備者を回復するデータクリスタルばかりで作成されている。*38
  • 真紅の全身鎧 …… 伝説級アイテム。書籍ではアインズが使った神器級の武器で防具が破壊された。
  • 背中の翼 …… 飛行能力があるか、ただの装飾かは不明。
  • ワールドアイテム …… アインズが第8階層から持ってきたワールドアイテム。本来はオーレオール・オメガのものだった。
  • 爪や牙 …… 肉体武器扱い。武器破壊系スキルで破壊可能。治癒魔法で生命力とともに回復する*39

スキル

その他

  • ヴァンパイアの武器耐性
  • 移動阻害完全耐性*43
  • 魔法を宿していない飛び道具の無効化*44

魔法

関連項目

その他

  • 『吸血鬼幻想』元ネタ考察・推察サイト:Tomb of the Overlord *49
  • 女性守護者では唯一処女ではないが、異性経験は無い。
  • 「カースドナイト」の他に、web版では「カースドキャスター」というクラスも取得していたが、書籍では記述が削られた。取得しているかは不明。
  • 神祖カインアベルを信仰しているが、雑魚イベントのボスだった。*50
  • WEB版アルシェに使っていた18禁グッズ(ギャグとかプラグとか尻尾とか)はユグドラシルに存在しないアイテムの為(作るための技能がいらない為)、シャルティアが一から製作した。*51
  • ルプスレギナと違い、「招待された家にしか入れない」という吸血鬼の伝説を持つが*52、本当に入れないわけではない*53
  • 不死者のoh4巻第20-1話「ペ○○ンチーノを作ろう」によると、シャルティア(ヴァンパイア)は食事が出来ないらしい(作者に確認済み)。
    • web後編「舞踏会-4」に飲食ができるような発言をしている*54
    • 4巻の副料理長のバーで酒を飲んでいるため、アインズのように体の構造上「食事が出来ない」とは違う可能性がある。

このページへのコメント

創造主の方が優れている…ね
後々の裏切りフラグにならなきゃいいけど

例え最悪の結果になってもアインズの味方になるのはパンドラとアルベドか…

0
Posted by 名無し 2020年11月22日(日) 11:52:25 返信

WEB:真祖-3でのブレインとの会話から
ヴァンパイアの種族的能力として回復能力を持ってるみたいです

0
Posted by 名無し 2020年11月21日(土) 13:07:05 返信

14-371で「ふわりと軽く地面から浮かび上がった」のは
翼か魔法のフライか、どっち?

0
Posted by 名無し 2020年11月18日(水) 07:43:18 返信数(2) 返信

魔法っぽい気がする

0
Posted by 名無し 2020年11月23日(月) 22:31:42

スキルだと思ってました。
三巻だとフライよりも早く飛べるって書いてあるのでそういうスキルを持っているのかなと

0
Posted by 名無し 2020年11月25日(水) 14:15:06

爪とか牙は肉体武器らしいけど防具には入らないんだ?

0
Posted by 名無し 2020年11月18日(水) 06:55:11 返信数(1) 返信

全身から爪が生えてきたり、野球ゲームなら爪は大切だから防具扱いでしょうけど。
このゲームは弾いて防御してくれという扱いなんだろうたぶん

0
Posted by  tanaka203 tanaka203 2020年11月18日(水) 20:12:16

魔法戦士って中途半端な器用貧乏で弱いイメージあるけど、
《インプロージョン/内部爆散(第十位階)》、《ヴァーミリオンノヴァ/朱の新星(第九位階)》、《ゲート/転移門》
といった高位階魔法まで使える神官戦士(魔法戦士)のシャルティアが近接も守護者上位の強さで、総合最強なんだよな
よっぽど他の守護者に遊びが入ってるんでもなければ、魔法戦士も捨てたもんじゃないな

1
Posted by 名無し 2020年09月22日(火) 04:10:52 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

データベース


メンバーのみ編集できます