「違うわ、レエブン侯。演技をしていたわけではないわ。私は満たされていたのよ」
メインデータ
名前ラナー・ティエール・シャルドロン・ライル・ヴァイセルフ
renner theiere chardelon ryle vaiself
種族人間種(人間)
分類現地出身
異名黄金の姫
役職リ・エスティーゼ王国第三王女
住居ロ・レンテ城
属性
種族レベル人間種のため種族レベル無し
職業レベルジーニアス*1(プリンセス《一般》)
?.Lv
アクトレス(一般)
?.Lv
サブデータ
誕生日上火月7日身長
年齢16歳*2性別
趣味クライムを眺めること家族王家
登場web 書籍声優安野希世乃
人気投票26位備考 
◎イラストは、pixiv「黄金と忠犬」を作者の、るるキチ様から許可を得てお借りしています。二次配布、無断使用などは禁止です。

14巻キャラクター紹介(ネタバレ)


概要

 ラナー・ティエール・シャルドロン・ライル・ヴァイセルフは、リ・エスティーゼ王国第三王女である。「黄金」と呼ばれる美しい姫。web版での名はラナー・ティエール・シャルドロン・ランツ・ヴァイセルフ。

 王様優秀度は、12キャラ中、2位のジルクニフ(化け物)を大きく引き離すぶっちぎりの1位(理解外)である*5
ラナー(理解外)>>>ジルクニフ(化け物)>ドラウディロン(王様苦労経験値では周辺国家断トツトップ)>ザナック(普通に優秀)=リユロ(経験値もあるし、素で優秀)>バザー(戦闘国家になってそう)>ランポッサ(失敗はないが、大きな成功もない)>カルカ(強い政策が取れない)>オラサーダルク(自分を優先)>バルブロ(王としての知識を持っているだけ)>>シャースーリュー(世界が狭い)>鈴木悟(凡人)

12巻雑感 王様優秀度 ※同じ国を運営した場合、20年後に国を裕福にしている順位

 正:ラナー・ティエール・シャルドロン・ライル・ヴァイセルフ
 誤:ラナー・ティエール・シャルドン・ライル・ヴァイセルフ
※ファンの間で「シャルドルン」のラナーが非常に増えているが、間違った名前なので注意。

外見

 母親の美貌を受け継いでおり、黄金の髪は長く後ろに艶やかに流れている。唇は微笑を浮かべた桜の花の如くで、色素は薄いが健康的な色合いをしている。深みのある青の瞳はブルーサファイアを思わせ、柔らかい色を湛えている*6。その美貌は吟遊詩人達がこぞって歌を送って来る程*7ラキュースを「生命の輝き」と呼ぶならラナーは「宝石の輝き」である*8

web版

 17歳*9。その美しさは肖像画が描けないといわれる程。

性格

 温厚で慈悲深い性格。国や民の事を慮り被支配者側の国民に則した政策・法律を立案するため、見識のある者や恩恵を受けた者からの評価・人気は高い。一方、自案を制定するために必要となる根回しは苦手*10。「自分に理解出来る事が他人は何故理解出来ないのか」が分からないのが欠点*11。相手を理解できないweb版よりも性格は真面になったが、単純に精神が歪んだだけである*12
 クライムを愛しており途轍もなく執着している。

精神の異形種

 極少数しか見た事のある者がいないラナーの本当の姿。瞳の輝きが欠けた状態で、それを見たザナックはおぞましい化け物に変貌したように見えたとか異質な存在と評する*13

 善悪は理解するが、自分の目的のために家族や国民を平然と裏切り、それに後ろめたさや後悔は微塵も覚える事無く行動できるタイプ*14。幼少の頃から類まれな才能を発揮したが、周囲には自身と同じ領域に到達していた者が皆無であり、「得体の知れない事を呟く少女」「理解不能な事を述べる薄気味悪い少女」という評価を受ける。母譲りの美貌のため嫌悪は大して無く愛情も多少は得ていたが、「同等の人間」がいない事はラナーの精神に甚大な影響を与え徐々に歪んでいった。身体的にも拒食症を発症し緩やかに死に向かっていったが、拾った子犬が自分に向ける視線の中に、「自分と同じ人間」を見出したため、満たされる事となる*15

web版

 心の一部が壊れているが、同時にクライムが望む自分を演じるという愛情深い人*16。優秀だが根回しとかが上手くない。天才ゆえに一般人の事が良く分からない歪んだ人*17

賢さ

 数多の断片的な情報を凄まじい洞察・観察能力で組み上げ事実に到達出来るという、洞察力・観察力・発想力・理解力等「思考する」という行為に関連する全能力が比類なきまでに発達している*18。そのため、八本指の拠点から入手した暗号文の解読等は造作も無い*19。また、自分付のメイド達との会話等からブルムラシュー侯が王国を裏切っている事を見抜いている等*20、貴族・王派閥の真実を把握している。

 レエブン侯は、少女だったラナーの言葉の意味・価値を後に理解して、「私が及びもつかない高度な洞察から、計り知れない価値のある言葉を述べていた少女」と評している*21。神視点の地の文だと、大陸全土を見ても彼女の「天才とも、神から授かったとしか形容出来ない才能」に匹敵する人間はいないとされ、唯一人外の極少数の存在が比肩するとされる。ナザリック地下大墳墓においてはアルベドデミウルゴスでほぼ五分五分とされる*22
 その上、王女として対面する際の笑顔、情報を漏らす愚かな姫の笑顔など、場面により多くの表情・態度を使い分ける高い演技力を併せ持つ*23

web版

 全権を委任して全員がラナーの奴隷の如く動けば幸せな未来が待っている*24

作中の動向

 王国を改革するため多くの政策を立案するが、その都度大貴族の横槍でほとんど廃案となった。実行出来たのは冒険者に対する報奨金の支払い*25、奴隷売買の禁止*26、小規模ではあるが王直轄の部隊における街道警備など*27、通行税の廃止は頓挫した*28。作中では王国の犯罪組織『八本指』の調査を蒼の薔薇に組合を介さず直接依頼していた*29

悪魔襲来

 ナザリック側では「ゲヘナ」と呼ばれる、王国を震撼させた出来事にラナーは一枚も二枚も噛んでいる。蒼の薔薇に依頼し、麻薬栽培をしていた村の畑を焼き払った後の次の行動を検討していた折、セバスの提出した資料を読んだデミウルゴスが興味を抱きラナーの元を訪れた*30。その際、八本指に関する情報交換及び協力関係の構築、八本指の拠点に対しての互いの襲撃時間の調整を行ったらしい*31。ラナーの近辺には影の悪魔シャドウ・デーモンが監視及び連絡役で控えるようになる。また、ラナーは「ある人物(クライム)の生命保護」の条件を提示したらしく、ナザリックの作戦行動でクライムを傷つける事は原則禁止となった*32
 ラナーはザナックから新たに八本指の麻薬部門の本拠地を襲撃対象への追加を提案されると即座に了承し*33、自身に付けられている影の悪魔シャドウ・デーモン*34がデミウルゴスに連絡している*35

 ヤルダバオトの王都襲撃の際は蘇生魔法を使えるラキュースを生存させるために、彼女の再出撃時に問題が起きる手筈を整えた*36。冒険者組合も協力を約束するが、どのような問題が起こる手はずだったかは不明(ラキュースは結局再出撃はしている*37)。出撃後だが、鱗の悪魔スケイル・デーモンが消耗したラキュース達の前に現れ、他の冒険者が蘇生を期待する状況になった事や、復活魔法に耐えられない国王・ランポッサ契、及び王を守るガゼフが前線に出てきた問題が発生している。

 クライムには捕虜救出任務を命じた*38*39。彼が捕虜救出に成功した事で、戦後、街を警邏したザナックの行動同様*40、高い名声を得たと思われる。また、王自らの出陣もラナーの提案であり*41、王派閥に有利な状況を作った*42

大虐殺後

 ナザリックを利用して自分の目的のために行動している。ナザリック側にも利益があるので、笑顔で見守っている感じ*43。未亡人の就労・治安悪化の防止や、才能のある子供の発見といった様々な理由から孤児院を設立している。魔導国に通じており、ゲヘナで功を上げた事からアルベドよりアインズからの褒美(封印が施された小箱)を賜る*44。封印解除の条件は不明。ラナーがしていることが露見すればナザリックから切り捨てられる。自身の望みが叶った後は、ナザリックの領域守護者と同等の地位を与えられる予定。

ナザリック入り

 ザナックが頼りにしていたレエブン侯が自領に引きこもったため、ザナックの片腕となり、聖王国の使節団と会わせないようにするなど、作戦通り王国が滅びるよう誘導をしている*45。まだ魔導国による王国侵攻が始まっていない段階で、魔導国が行っていた聖王国支援部隊が襲撃されたという報告書を見て素で驚いている。この事がきっかけで作戦が王国殲滅に変更されたため切り捨てられた心配をしたが、功績を認められクライムと共にナザリック入りを果たした。クライムは真実を知らない。
 王国を踏みにじったことに罪悪感はない。食材に対する感謝の気持程度の感情は一応あるらしい*46。己の夢を最高の形で叶えたこの世で最も幸せな女。

 いつの間にか小箱の開封は済んでおり、『堕落の種子』によって小悪魔インプになっている。クライム用の『堕落の種子』もアルベドから与えられた。種族変更の時期や条件などは不明な点が多いため割愛。デミウルゴスと出会ってから王国が滅亡するまでの出来事の9割がラナーの発案だった*47。アルベドやデミウルゴスは高く評価している。アインズは自分が凡人と見抜かれることを恐れているが、ラナーも他のNPC同様、アインズは謀略と知略の才人と思っている。

web版

 イビルアイの正体が「国堕とし」である事を知っている*48。目立った活躍は無くナザリックと接触していない。

服装

  • 細かい意匠が施された白いドレス
  • 金のネックレス

関連項目

その他

  • ラナーはプリンセス(一般)のクラスが異様に低く、アクトレス(一般)のクラスが異様に高い。*50
    • 希少職業の『ジーニアス』の効果でレベルを『プリンセス』に置き換えていると判明した*51。つまり、プリンセスは持っていない=異様に低い、ということ。
  • 作者によると、孤児院の設立は本当に孤児院を作っただけで子どもたちに未来はあるらしい(2016年)*52
  • クライムとブレインの給金はラナーの歳費から支払われている。王家に雇われているわけではない*53
  • 『役職●●』は14巻の段階では絶対にわからないことらしい*54
  • アプリゲーム「MASS FOR THE DEAD」でもラナーは14巻と似たような経緯と目的でナザリック入りを果たした*55
    • 残念ながら「堕落の種子」の使用条件の詳細は不明のままだが、14巻との差異から考察が多少進んだと思われる。
      • .バマスでも人間多数を料理で毒殺。
      • ∋匐,籠親は生贄に使用されていない。
      • F濃Ω紊飽魔となりナザリック内で登場(※毒殺後、即座に悪魔化したわけではない。)。
      • ぢ塚遒亮鏤劼鬟薀福爾僕燭┐燭里蓮毒殺終了後、ラナーがナザリックに帰還してから*56
  • 夢が叶ったラナーはアニメ4期で踊り歌った。原作では願望の独白のみ。
    • これはアニメスタッフが原作文章の「(嬉しさの余り)踊りたい。歌いたい。*57」を、「歌いたい踊りたいと書いているなら、アニメでは歌って踊っている絵を作らないとダメなんだろうな」と解釈した結果だという*58
    • アニメ4期はこのシーンのために制作されたという点も少々あったらしい。

このページへのコメント

どうかんがえても小箱の封印を解除する要件は玉璽と王冠

0
Posted by 名無し 2024年01月28日(日) 14:55:52 返信数(7) 返信

どう考えれば

3
Posted by 名無し 2024年01月28日(日) 20:36:40

それ以外玉璽だの王冠だのを隠す必要がないです。何故こんなエピソードを挟む必要があるのか?を考えてみた。

0
Posted by 名無し 2024年02月06日(火) 01:36:59

賛成しない

2
Posted by 名無し 2024年02月06日(火) 06:03:46

そのセット隠したのはクライムが城にいない間に王を仕留めるためでしょ
そもそも必要なら最初から隠す意味がない

2
Posted by 名無し 2024年02月06日(火) 06:39:58

まあ、ラナーの仕事は王国を売り渡す事なのでそれに付随するはず。そういう意味では王を切るのも入るかな?

0
Posted by 名無し 2024年02月06日(火) 20:53:33

rennerの修正ありがとうございます

まだあったのでさらに修正を翔けました

0
Posted by  tanaka203 tanaka203 2024年01月16日(火) 04:27:01 返信

特集の話をその他に追加

0
Posted by 名無し 2023年07月31日(月) 22:21:51 返信

影の支配者→陰の支配者
合わせない→会わせない
表幅変更
内部リンク追加

0
Posted by 名無し 2023年03月13日(月) 13:40:19 返信

オバマスの件をその他欄に追記

1
Posted by 名無し 2023年03月03日(金) 00:36:59 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

データベース


どなたでも編集できます