デジタルキッズカードゲーム「ガンダムトライエイジ」および3DSゲームソフト「ガンダムトライエイジSP」のWikiです。


ジオンの興亡1弾(Z1弾)

Z1-059M
ステータスHP+800アタック+1600スピード+800
バーストアタックガンダムファイト!レディー、ゴーッ!!バーストLv3
スキルキング・オブ・ハート必殺技で攻撃すると、クリティカル発生【毎回】
備考作品の代名詞とも言える台詞をバーストに引っさげ、Mで参戦。
ステータス合計値は3200。スキルから考えればかの3弾Rゼハートの完全上位互換。アタックバースト2人目、全体では4人目の確定クリティカルスキル所持者であり、各種シャイニングガンダムの火力面での噛み合いは抜群である。ゼハート等で試した者も多い合体換装(FXバースト)2連クリティカルの威力は抜群であり、そちらも一考の余地ありだろう。なおスキルに隠れがちだがアタック補正の高さも魅力であるため、合体換装等で不足しがちな通常攻撃力も補える。B6弾より絆パートナーを得た。本当のパートナーは後々複座パイロットのもう1人としても、登場することとなった。
専用機・シャイニングガンダムは補正が優秀であるものの、それでもICによってはスピードが足りない事態も出てくるはずなので、4弾Pキュベレイ5弾P・Mオービタル6弾PFXなどの高スピード機体に乗せてそのクリティカル確定スキルを存分に生かす手もあるが、何といっても低燃費で足の速い速烈持ちのB1RAGE−1もイケるはず。
「必殺技に全力を注ぐ」というスタイルはドモンを象徴するスキルであったらしく、永い時を経て排出された愛のカード(にしてこのカードのほぼ上位互換)も同じ効果を持つスキルを所持している。
Z1-060C
ステータスHP+500アタック+1400スピード+500
バーストディフェンス貴様の攻撃すでに見切った!バーストLv2
スキルガンダムファイターガンダム系MSに搭乗すると、ずっと必殺技+500
備考ガンダムファイターがついに参戦。高い操縦(この場合は武闘)能力を生かしてか例外バースト持ち。
覚醒はもちろんないが組みやすいだろう。
ステータスは同弾ギュネイの能力補正変更版であり、スキルは搭乗制限付きになった。
Z1弾Cシャイニングにこのカードを乗せて小隊を発動させると最終ラウンドで必殺補正合計が+2000に達する事が出来る。

ジオンの興亡2弾(Z2弾)

Z2-062R
ステータスHP+1000アタック+1200スピード+500
バーストスピードキング・オブ・ハートの名にかけて!バーストLv2
スキル戦意高揚II敵を撃破するたびに、ずっと必殺技+500【毎回】
備考今回は例外バーストではない。
スキルの戦意高揚を生かすために速烈と組ませるのが良いか。スピードバーストなのでZ1弾Pシャイニングの補強などにも使えるだろう。1Rと2Rで上手く敵を倒せれば専用機補正と合わせて1500も必殺技の威力があげられるのも利点か。

ジオンの興亡4弾(Z4弾)

Z4-061R
ステータスHP+300アタック+2200スピード+300
バーストディフェンス戦いは弱い方が勝つ!バーストLv2
スキル受け継ぐ意志ラウンド1にGパワー+2
備考今回はディフェンスバーストで登場。
自身2回目のディフェンスバーストは歴代屈指のアタック(現在はアタック2300のパイロットが排出している)で登場…しかしアタックにすべてを賭けた結果他のステータスは歴代最低クラスと攻め重視がモットーのマスクも吃驚のブッ飛んだ超アタック特化カード。同弾Rコウと並んで極端な割り振りなのでその点では使う機体はよく考えたいところである。
とはいってもラウンド1Gパワーゲインの中では高レアがBG5弾まで現れなかったディフェンスバーストなので貴重な1枚である。
高いアタックを活用するならファンネル持ちや追加攻撃アビリティ反撃系ハイパーアビリティがベターか。それ以外ならHPの高い重量型先制/迅雷持ちがオススメ。また、アタック全振りであるが故に低いHPとスピードのお陰で出し易く(発動条件をクリアし易い。この場合は後攻で打つものとする)バーストを挟まない捨身もいい。
専用機に乗せるならZ4弾PシャイニングはHPの面では安定しているのでそちらに乗せてもよいが、武闘持ちでアタック、スピードの面で勝るZ1弾Pに乗せるのもアリだろう。B6弾からはビルドMS専用のゴッドマスターのスイッチ1回目、BG1弾CPゴッドは逆襲なので、耐えてからの後攻の強力な一撃という逆襲の基本に則った運用が出来るが、ビルドMSのゴッドマスターの場合は、HPが3000台+αにしかならないので要注意。またBG4弾クロスifCシャイニングが先制なのでバースト封じに対抗しやすいが地形に注意。
いずれもそうだが、スピード補正はないに等しい上に耐えてから返すのでHPがある程度無い機体に乗せないと敵の良い的になってしまうことと敵の先行系アビリティには脆いのでロックオンする相手はよく選ぼう。
いずれにしてもそうだが高HP補正+強力なダメージカットスキル持ち+低速で有名な壁ジュドー以下のスピード補正なのでバースト封じや閃烈には注意。
このステータスならアタックバーストのほうが、超低スピードの先制狩りに特化できるので良かったのだが(それは別のパイロットで達成済み)、ディフェバで受けてから強力な返しを狙えるのでこれはこれで。

BUILD MS1弾(B1弾)

B1-055C
ステータスHP+400アタック+1200スピード+900
バーストディフェンスこんな所で死ぬわけにはいかないんだッ!バーストLv1
スキル武道の達人単機でロックオンした時、そのラウンドのみ必殺技+800【毎回】
備考M師匠のスキルを持って排出。
変わらずアタック重視のためディフェンスバーストが死にやすいのが難点か。

BUILD MS4弾(B4弾)

B4-047C
ステータスHP+1300アタック+800スピード+500
バーストスピード流派東方不敗の名の下にーッ!!バーストLv1
スキル最後の一撃最終ラウンドに必殺技+800
備考HPが高めのスピードバースト。スキルはミッション向け。

BUILD MS6弾(B6弾)

B6-050P
ステータスHP+800アタック+2200スピード+1000
バーストスピード見えた!見えたぞ!水の一滴ッ!バーストLv3
パイロットアビリティ明鏡止水HPが減った状態でパネルに出し覚醒。
アタック+1000、ハイパーバースト追加
スキル勝利を掴むまで!ラウンドが進むたびにずっとアタック、必殺技+1000【毎回】
備考特集弾という事もあり、ついにP化を果たした。ステータス合計値は4000。
Mは必殺クリ確のアタックバースト、Rは敵機撃破で必殺強化のスピードバースト又はラウンド1Gパワー+2ゲインのディフェンスバーストとこれで4+1種のレアリティが全て揃った。
性能はドモンらしいアタック重視のスピードバーストであるが、バーストセリフに合わせて本弾から追加された第4の覚醒パイロットアビリティ・明鏡止水によりさらにアタックを底上げ可能。さらに新登場の「ラウンドが進むたびに」のスキルを持ち、そちらでもアタックが上昇。かなりの火力増強を狙える。スキルではアタックと同時に必殺も上昇するので、元々必殺火力が高い愛機たちとの相性もよく、HP補正からくる撃墜のされやすささえ気をつければミッションではかなり扱いやすいはず。
と書くと対人ルールでは活躍させにくいように見えるが、スキルは「ラウンドが進むたび」であるため、発動タイミングはラウンド2開始時(とラウンド3・ビルドファイターズモード及び対戦モード)と最終ラウンド開始時の2回(+1回)。撃破されても必ずステータスが+されるので、覚醒も含めてロックオンフェイズ中の攻撃アビリティと相性が良いのは先攻クリティカルとはまた違った持ち味でありビルドファイターズモードでの活躍も望めない訳ではない。特に高アタックの超狙撃や超電刃持ち・B2弾P・CPのデュナメス同弾PダークマターB3弾Pデスサイズあたりとの組み合わせは効果抜群。(ただしアビリティ不発で無駄足になる弱点もあるが基礎アタックが上昇するタイプ故に先攻クリティカルよりは無駄にはなり難く、そちらは上がった必殺威力でバーストバトルを狙うなどしてカバーしたい。)
BG3弾現在のではB2弾Pデンドロ強引な強襲/重武装への換装の組み合わせ(+更にブーストするスキルBAガン積み)が猛威をふるっており、そのうちラウンド指定封印BAが実装されるかもしれない。(一応、ある事はあるが・・・)とはいうものの、この戦術は周到な用意をした上でワンチャンス(ラウンド2)に賭ける一発屋的なものである為、初心者は真似できず、実行できるようになったとしても全射が不発に終われば一瞬で勝負が付いたと同義になる為、あまりお勧め出来るものではない(最悪ラウンド1の戦況に関わらず、十分な威力の超電刃持ちがいればそれだけで全射が不発に追い込まれる)。とはいえ爽快感は桁違いな為、ネットマッチングモードで一度試してその火力を堪能するのもよいだろうか。通常の全射機体を育てるのが追いつかないならビルドMS版のデンドロビウムを使えばアクションで自己強化も容易なので簡単(ミーティア装備は基礎アクションコストが4しかないので辛い)。鉄血弾以降は撃墜からの復帰ラウンドに全射が撃てなくなったため、使い勝手は悪くなったようだが、逆に最終ラウンドにも2機増援がある高難易度ミッションをクリアするために、アタックガン積みせずとも組み合わせて用意できると、クリアがかなり楽になる。
証言者は全然謎になってないこの人
余談だがパイロットスキル名の由来は挿入歌・勝利者たちの挽歌の一節から。
さらにこの歌、劇中で流れる通常版のほかにドモン役の関智一さんが歌うバージョンがあるため、ぴったりなスキル名と言える。
B6-051C
ステータスHP+1000アタック+1200スピード+400
バーストアタック必ず貴様を!倒してみせる!!バーストLv2
パイロットアビリティ明鏡止水HPが減った状態でパネルに出し覚醒。
スピード+1000、ハイパーバースト追加
スキル流派東方不敗アタッカータイプのMSに搭乗すると、ずっとアタック+800
備考本弾が特集弾…という事で、ついに第4のパイロットアビリティが実装となった。コモンとは言え例外バーストのLv2であるためZ弾時代のRに匹敵するスペックを持つ。
ステータス面も覚醒に加え例外バーストにアタック重視で初心者にも使いやすいが、スピード補正が低めのため闘気よりも武闘持ちで使ったほうが安定感はあるだろうか。スキルで武闘の威力も増すがあまりアテにしすぎない様にする事。覚醒しないことが前提だが、Z4弾Cに次ぐ低スピードなので、先制狩りに特化させるのも良いかも。
専用機を考えないなら同弾Mシュピーゲルに乗せればステが補完できるので扱いやすい。むしろ低階級で階級補正が低い時はそちらを推奨したい。
カードイラストは1stオープニングのワンカットがモデルとなっている。

BUILD MS7弾(B7弾)

B7-053C
ステータスHP+1000アタック+1200スピード+400
バーストスピード流派東方不敗の名の下にーッ!!バーストLv2
パイロットアビリティ明鏡止水HPが減った状態でパネルに出し覚醒。
アタック+1000、ハイパーバースト追加
スキルキング・オブ・ハート必殺技で攻撃すると、クリティカル発生【毎回】
備考前弾Cと補正がまったく同じで例外バーストも保持している。今回はスピードバースト。
同弾で排出されたもう一人の弟子キャラと同じく、スピードバーストかつ初参戦時のMレアのスキルを持つCだが、こちらはバーストLv2かつ覚醒持ちなので見た目以上に強力なスペックを保持するに至った。(似たようなスキル・バーストを持つカードにB1弾Rバナージ、B2弾Rアスランがいる)
必殺技確定クリティカルという事で、前弾のCPの変身ゴッドをはじめとした変身持ちの愛機に乗せるとCながらその効果は開祖を凌駕する。
ただしスピード補正はワーストをひた走るので、階級が低いとスピードが足りない事になる可能性もあるし、対人ルール戦ではほとんどバーストバトル不可避なのがネック。(ほぼ自分から挑んでいく羽目になる)。その反面、開祖とはHPとスピードのステの振り分けが正反対なのでバーストバトルで負けても一撃は持ちこたえるだけ(だいたい通常攻撃に限る)のHP補正はあるし後攻でも必殺技を放てばクリティカルになるというとは違った運用が出来るのがミソ。さらにアシストに回してもアタックではないのでバーストも死なない点で低コス機に乗せて毎ラウンド必殺を放つのも一考の余地あり。
とはいえ原作再現(スキル名)と実戦に耐えうるスペック(専用補正の必殺威力向上+必殺確定クリ+覚醒でバーストLv3相当)を兼ね備えた低レアとして古参から初心者コマンダーまで重宝するはず。どれだけ強力かといえば第4回全国大会オールエイジクラスの出場者たち8名中4名が本カードを起用するという状況を見ればわかって頂けるだろうか。特にビルドMSのゴッドマスター・ゴッドガンダムなど、専用機補正が乗せれる機体での運用で更にクリ確スキルが際立ってくる。
イラストはおなじみ、指パッチンでガンダムを呼び出すところから。
本ゲームではあの機体も呼び出せそう…
と思ったら実際に呼び出していた

BUILD G1弾(BG1弾)

BG1-050バーストカットインイラストC
ステータスHP+800アタック+800スピード+1000
バーストディフェンスその程度の攻撃が通用するものかッ!バーストLv2
パイロットアビリティ明鏡止水HPが減った状態でパネルに出し覚醒。
必殺+1000、ハイパーバースト追加
スキル脅威の戦闘力先攻を取ると、追加ダメージ+1000【毎回】
備考今度は例外バースト持ちのディフェンスで排出。
これで史上初となる覚醒付き例外バースト3色持ちCが揃うこととなった。
スキルはB6弾の師匠と一緒であり、スピード操作がないと活かしにくいものとなっていたが、愛機(ゴッドガンダム)にフルドライブ持ち(鉄6弾P繚乱5弾ANなど)が登場したため、そちらに乗せるといいかも。
イラストは待望のバーストカットインイラストとなった。

BUILD G4弾(BG4弾)

BG4-048C
ステータスHP+1300アタック+800スピード+500
バーストディフェンス貴様の攻撃すでに見切った!バーストLv1
パイロットアビリティ明鏡止水HPが減った状態でパネルに出し覚醒。
必殺+1000、ハイパーバースト追加
スキル先手必勝II先攻を取ると、そのラウンドのみアタック+800【1回限り】
備考今回は平凡にCのディフェンス。
スキルの先手必勝は今となっては効果が薄く、そもそもステ振りの関係から先制狩り機以外では使いにくい。本弾Rシャイニングが先制なので生かせそうだが、地形と封印に注意。
今までのドモンのカードのディフェバは、ステータスとバーストがかみ合っておらず、ひと癖あって使い手を選ぶテクニカルなカードがあるものの今回のカードはディフェンスバーストとしては初めて使いやすいカードとなったので、BG1弾CPゴッドとも組みやすくなった(スキルはない物として)。
証言内容はセカイ達の師匠はどんな人物なのかというもの。

BUILD G5弾(BG5弾)

BG5-048C
ステータスHP+700アタック+700スピード+1200
バーストアタック必ず貴様を!倒してみせる!!バーストLv1
パイロットアビリティ明鏡止水HPが減った状態でパネルに出し覚醒。
スピード+1000、ハイパーバースト追加
スキル烈火の如く覚醒していると、攻撃時クリティカル発生【毎回】
備考今回はスピードに重きを置いたアタバ。
このカードの特徴は初となる覚醒させるとクリ確になるという点。
台詞(の場面)と合わせてB6弾緑背景CPシャイニングあたりがオススメ
なるべくHPの多い機体に乗せよう。また、敵の追加攻撃で落されないようにするなどの工夫も必要。余談だがパイロットスキル名の由来はBGM我が心 明鏡止水 - されどこの掌は烈火の如くから。(筐体ではB6弾CPのゴッドでメイン必殺技を使用時に流れる)
さらにこのBGM、劇中で流れる時は明鏡止水になるため、ぴったりなスキル名と言える。

鉄血の1弾(TK1弾)

TK1-057特殊R
ステータスHP+1000アタック+800スピード+1400
バーストスピード見えた!見えたぞ!水の一滴ッ!バーストLv2
パイロットアビリティ明鏡止水HPが減った状態でパネルに出し覚醒。
アタック+1000、ハイパーバースト追加
スキル熱きファイターの戦いラウンドが進むたびにずっとアタック、必殺技+800。【毎回】
背景鉄1弾Rシャイニング
備考2弾置いての排出はRとなった。
BG2弾Mフェリーニのスキルを持って登場したため、バーストがスピードな事もあり、実質B6弾Pの下位互換といえる。ただしそのPよりもスピード補正が高い為、アタックが高くスピードが不足しがちな各種専用機との総合的な相性はP版よりもよい(バーストレベルの差を考慮しない場合)という利点がある。僅かながらHPもP版より高いので、うまく覚醒できればラウンド2でアタック補正がスキルと覚醒で+1800される為、Pにも引けを取らなくなるが…意図して狙うのはなかなか難しいか。とはいえ、P版を持っていなければ十分選択肢に入る良カードである。
カードイラストは覚醒画面の物であり、最終奥義・石破天驚拳を放つ所がモデルとなっている。

鉄華繚乱1弾(TKR1弾)

TKR1-061R
ステータスHP+1000アタック+1400スピード+900
バーストディフェンスこんな所で死ぬわけにはいかないんだッ!バーストLv2
パイロットアビリティ明鏡止水HPが減った状態でパネルに出し覚醒。
必殺+1000、ハイパーバースト追加
スキル命を賭ける覚悟ラウンド2からずっと仲間全員の必殺技+1000、必殺技コスト+1。
背景繚乱1弾Cゴッド
備考久しぶりにRで登場。
今回はディフェンス+必殺強化スキルで登場・・・なのだが、必殺クリ確のカードがある分この役は他の人に譲った方がいいかも。
勿論、その逆ならば起用することも選択肢に入るだろう。
このカードに限らず、「ラウンド2からずっと仲間全員の必殺技+1000、必殺技コスト+1」のスキルもVS4弾より登場したアビリティ・打破のおかげで、必殺コストアップのデメリットを帳消しにすることが可能となったが、効果の恩恵を受けられるのはラウンド3から、ミッションでは最終ラウンドのみなので注意したい。

鉄華繚乱4弾(TKR4弾)

TKR4-052R
ステータスHP+900アタック+900スピード+1500
バーストスピードキング・オブ・ハートの名にかけて!バーストLv2
パイロットアビリティ明鏡止水HPが減った状態でパネルに出し覚醒。
アタック+1000、ハイパーバースト追加
スキル戦意高揚II相手を撃破するたびに、ずっと必殺技+500。【毎回】
背景繚乱4弾CPゴッド
備考Rで再登場。
スピバ+戦意高揚なので基礎火力が低めとなる背景のゴッドにはちょうどいい。しかし、必殺クリ確のB7弾Cがいるのでクリ確封じの相手のときには出番となるか。
イラストは34話より、誰かさんがヘマした所為で濡れ衣を着せられてしまい、ネオホンコンの警察に被疑者としてライトアップされ追手として現れた師匠と拳を交えた場面から。
ちなみにこのポーズをとっているのはジャンク船のメインマスト柱の頂点。下からライトアップされている。

鉄華繚乱5弾(TKR5弾)

TKR5-056R
ステータスHP+1400アタック+1100スピード+800
バーストディフェンス戦いは弱い方が勝つ!バーストLv2
パイロットアビリティ明鏡止水HPが減った状態でパネルに出し覚醒。
必殺+1000、ハイパーバースト追加
スキル揺るぎなき信念ラウンド2のみ仲間全員のHP1000回復、スピード+500。
備考連続Rで連続登場。バーストセリフは色々問題のあるZ4弾Rの再録。
そのZ4弾と違い、アタックを低くした分HPとスピードを増やしているので使いやすくなっているが、スピードが高いのは先制、迅雷には少々不利な点に注意。
幸い、今弾ANゴッドはフルドライブとスピードが関係ないアビリティとなっている。もう1つが不屈とラウンド1はディフェンスバーストで耐え、ラウンド2に不屈で・・・ということが可能となる。

VS IGNITION 02(VS2弾)

VS2-049R
ステータスHP+400アタック+2200スピード+1000
バーストスピード見えた!見えたぞ!水の一滴ッ!バーストLv2
パイロットアビリティ明鏡止水HPが減った状態でパネルに出し覚醒。
アタック+1000、ハイパーバースト追加
スキル背負いし宿命HPが半分以下になると、ずっとアタック、必殺技+1000。【1回限り】
備考VS2弾のパイロットカードのトップで登場。
上記B6弾Pとほぼ同じステータスで、違いはHPとレアリティの違いによるバーストレベルくらいだが、スキルがHP半分以下条件で、HPが400しかないのもあって使いにくいものとなっている。

OPERATION ACE 05(OA5弾)

OA5-051C
ステータスHP+1100アタック+1500スピード+1100
バーストアタック俺の勝ちだぁーッ!バーストLv2
パイロットアビリティ明鏡止水HPが減った状態でパネルに出し覚醒。
スピード+1000、ハイパーバースト追加
絆カウンタージョルジュ・ド・サンドをパートナーとして発動。
撃破された時復活、連携カウンター攻撃を行う
スキル抑えられぬ怒り相手を攻撃するたびに、ずっとアタック+1000。【毎回】
ACE効果ラウンド2のみ必殺技+1000。
備考1年4ヶ月ぶりの登場は、ドモン初の絆カウンター持ちとなった。
スキルはB6弾の実質隠しミッション・降臨!最恐の邪神!で持っていた「抑えられぬ怒り」。どんどんアタックが増えていくので、同弾Cゴッドガンダムより同じゴッドガンダムでもTK2弾Cの電刃が良いか。

プロモーションカード

ZPR-012-
ステータスHP+500アタック+1800スピード+700
バーストディフェンスその程度の攻撃が通用するものかッ!バーストLv2
スキルガンダムという信頼ガンダム系MSに搭乗すると、防御力がずっとアップする
備考2012年10月26日発売 ガンダムエース12月号付録カード。
島本和彦先生描き下ろし、背景はどうやらスペシャルカードパック4版シャイニングガンダム(ZPR-005)の模様。
ステータス合計値は3000。Z弾のMレアクラスだが、バーストLv2である。安定感を取った例外バースト持ちと考えて差し支えないか。そしてディフェンスバーストだが、脅威のアタック補正+1800と最低クラスのHP補正+500を併せ持つある意味ドモンらしいステータスを持つ。スキルはディフェンスバースト初の防御力アップスキルであり効果は実感しやすいか。
だが実際に運用する場合には防御力アップスキルがあるものの、そのHP補正はやや不安が残るので、HPが高めの機体をチョイスするのがいいだろう。例としてはAGE系に乗せれば、AGEシステムのHP+と耐性+にスキルの防御力アップを重ねられるので、フォローしやすい。またステータスだけなら下位互換のZ1弾Cとは、永続スキルの機体無条件必殺アップとこちらの防御力アップで使い分けすると強力。

キャラクター解説

登場作品機動武闘伝Gガンダム
関智一
年齢20歳
階級なし
初代Gジェネでは少佐になっている。
別バージョンパイロットドモン・カッシュ&レイン・ミカムラ(同時出撃可能)
専用機シャイニングガンダム
ゴッドガンダム
ガンダムゴッドマスター
証言
特記事項レインとの合体版も存在。そちらとの同時出撃も可能。
キャラクターアイコンはSDガンダムGジェネレーションZERO/Fのテンション:普通の流用。
バーストカットインイラストは上記の強気状態からの流用。

「機動武闘伝Gガンダム」の主人公。
ネオジャパン代表のガンダムファイターでコロニー格闘技のチャンピオン、シャッフル同盟のキング・オブ・ハートの称号を持つ。

ミキノ・カッシュが殺され、父ライゾウ・カッシュが冷凍刑に処される原因を作り、デビルガンダムを奪い逃走した兄キョウジ・カッシュの行方を追い、パートナーのレイン・ミカムラと共に地球各地を放浪。
ガンダムファイトの中で師匠であるマスター・アジアとの再会、対立を経た別れや新生シャッフル同盟の結成、キョウジがデビルガンダムを奪った本当の理由をシュバルツ・ブルーダーから知らされるなどして成長してゆく。

終盤ではウルベ・イシカワの手によってデビルガンダムのコアになったレインを救うため、シャッフル同盟や各国のガンダムファイターが連携したガンダム連合と共にネオジャパンコロニーへ向かう。
最深部で待ちうけていたデビルガンダムのコアからレインを解放すべく、愛の絶叫告白を行いレインを救出。
最後は石破ラブラブ天驚拳でデビルガンダムを完全に破壊した。

なお、「ビルドファイターズトライ」ではカミキイノセ・ジュンヤの学ぶ
次元覇王流の師匠としてまったく同じ顔の人物が登場。
これは前期OPで大張氏が勝手にドモンのシルエットを入れてしまい、それを本編に逆輸入した形のようだ。
Gガンダムのドモンとの関係は不明だが、この作品のモブキャラクターに多い他人の空似、あるいはコスプレであると考えるのが自然だろう。

中の人の関智一さんは、後に「機動戦士ガンダムSEED」でイザーク・ジュール役としても出演している。

Menu

メニュー(5/17更新・DW01)

トップページ

概要・遊び方
カードデータ説明
イグニッションカード
ヴァリアブルカード
戦場
モビルスーツアビリティ
ハイパーアビリティ
パイロットスキル
パイロットハイパーアビリティ
バースト
必殺技

ICカードでの遊び・対人戦等
階級・アバター
バトルパートナー
Gオーダー
機体レベル
パーツ
AGEシステム
ビルドMSシステム
ビルドMS一覧
ビルドMS開発リスト
マルチフレームシステム
フレームMS一覧
対戦ルール
(OA1弾で「ACEバトル」、OA3弾で「コストバトル」、DW1弾で「デルタバトル」、追加)

一人用ゲームモード紹介
ミッション系統
ミッション概要
オペレーションモード
クロニクルモード(VS弾)
チャレンジモード
クロニクル保管庫
※過去(VS弾まで)について保管
疑似対戦系統
ビルドダイバーズモード OA1弾より
ランクアップバトル
EXダイバー
エンブレム

カードリスト
DW01カードリスト
DW01IGN
DW01CP
プロモーションカードリスト

バージョンアップ履歴
登場MSリスト
登場パイロットリスト
登場予定・敵MSリスト
関連商品
用語集BGM
セリフ集

3DSゲームソフト
ガンダムトライエイジSP
概要など
「SP」専用メニュー

編集にはIDが必要です