デジタルキッズカードゲーム「ガンダムトライエイジ」および3DSゲームソフト「ガンダムトライエイジSP」のWikiです。


5弾

05-054バーストカットインイラストR
ステータスHP+500アタック+600スピード+1200
バーストアタックおーやだ!あんたマザコンなの?バーストLv2
パイロットアビリティ絆カウンタージュドー・アーシタをパートナーとして発動。
撃破された時復活、連携カウンター攻撃を行う
スキルテクニカルな一撃アシストをした時、敵の防御力をずっとダウンさせる【毎回】
備考ガンダムチームの一員がRで参戦。そして本弾通常排出における貴重な絆カウンター実装者であった。
基礎性能はRにしては低めに抑えられているが、パイロットスキルでのアシストを主体とすれば問題ない範囲であろうし、万が一カットされた場合も絆カウンターが使用可能…という応用力を持つ。
しかも5弾Mジュドーをはじめとした各種ジュドーとは絆カウンターを相互連携可能、Mの場合アシストスキルも相互に働かせることができ、ベストパートナーといえよう。クリティカル確定とはいえディフェンスバーストであるジュドーにかわって雑魚撃墜も良い。

6弾

06-059C
ステータスHP+1200アタック+500スピード+500
バーストディフェンス戦うのよ、それが生きることに繋がる筈よ!バーストLv1
パイロットアビリティ絆カウンタージュドー・アーシタをパートナーとして発動。
撃破された時復活、連携カウンター攻撃を行う
スキル援護攻撃IIアシストをした時、ダメージ+1000【1回限り】
備考Cに格下げだが続投。
ディフェンスバーストになったが補正値が100低下。昨今のCの基本補正値を割っている。しかしそれを補って余りある絆カウンターの存在からこのカードの出番は意外と多いはず。
本弾でもジュドーをパートナーにすることが可能。プルがパートナーの5弾CP、6弾Rとも連携できるのは強みである。その代わり、冒頭でも挙げたステータス補正がやっぱり低いことやスキルが援護攻撃なことに注意。アシスト中心に使うのは5弾時と変わりない。

ジオンの興亡2弾(Z2弾)

Z2-060C
ステータスHP+700アタック+700スピード+1000
バーストスピード悲しみからは、何も生まれないわ。バーストLv2
スキル決死の回避必殺技を受けた時、ダメージを50%に軽減する【1回限り】
備考例外バーストで再登場。
絆カウンター設定可能は5弾Mジュドーのみなので注意。

BUILD G2弾(BG2弾)

BG2-045M
ステータスHP+700アタック+1600スピード+1200
バーストアタック戦いに気をとられて、一番カンに触るのよ!バーストLv3
スキル勝ち気な少女攻撃時、ずっと相手のスピードを20%減少させる【毎回】
備考BG弾までまたいでついにMで再登場を果たした。絆カウンター設定は上記に準ずる。ステータス合計値は3500で、当然本パイロット最大。ジュドーをも越えるガンダムチームの主力となろう。
ステータス配分はアタック・スピード寄りな速攻型アタックバースト、攻撃時スピード減少スキルの使い方が鍵となる。
あまり援護に回しすぎるとアタックバーストの利点が生かせないという事になりかねずアシストカット待ちもHP補正が低めで難しいことに注意。
その点から同じ内容のスキルを持つB5弾Mレーンよりも援護や足止めに回し辛く、使いどころの難しい一枚となっている。
アシストよりも追加攻撃で相手の能力をSageSage(ダブルダウン)させてから先頭に立ってアタックバーストで殴り倒す戦法がベターか。
そうなると電刃+スキルで足を奪ってから僚機のサポートを行いつつ、自身は単に足の速いアタックバーストとしても運用する・・・というドクトリンが良いか。
強襲持ちで戦闘とアシストの両方をこなすという方法が可能だが、アタックバーストなので戦闘順番に注意。これは、5弾Rにも言える。

プロモーションカード

OPR-012箔押しバージョンあり-
ステータスHP+1400アタック+1000スピード+2500
バーストディフェンス色々しなくちゃならないこと、あるからね!バーストLv3
スキル麗しき乙女攻撃を受けた時、相手のアタックを30%減少させる。【毎回】
ACE効果-
背景NEWSPパック03Z
備考NEWスペシャルカードパック03に封入。ステータス合計値は4900。
スピード、HP、アタックの順に低くなっていく技巧型配分寄りなステータスだが、ディフェンスバーストとステータスとバーストがかみ合っていないが、スキルはBG3弾Mミライと同じもの。HPの低さをアタックを下げることで耐える戦法となるか。スピードの高さは逆に問題なので、逆襲、決戦、ファンネル、フルドライブが良いだろう。反撃系もありだが、急襲には弱いのでそこは考えたい。
尚、イラストは5弾R使い回しである。鉄血ブースターを除けば、排出カードと同じイラストで収録されるのは異例と言える。

キャラクター解説

登場作品機動戦士ガンダムZZ
松井菜桜子
年齢17歳(初登場の7話時点では16歳)
階級少尉
専用機Zガンダム
証言
特記事項作中では他にZZガンダムにも搭乗している

エゥーゴの女性士官。
志願兵上がりでガンダムチーム唯一の正規兵である。
容姿端麗でスタイルが良く、勝ち気な性格だが毒舌家。

紫がかった色のロングヘアが特徴で、本編中の髪型はストレートロングあるいはサイドテール。
『GUNDAM EVOLVE../10』ではショートボブとセミロングの中間位の長さに変更されている。

グリプス戦役終結後、物資・人員共に整わないアーガマに、ラビアンローズよりZZガンダムのパーツの一部であるコア・ファイターを輸送した。青地に流星のパーソナル・エンブレムが描かれた専用のパイロットスーツを着用。MSパイロットとして比較的高い腕前を持ち、カミーユジュドーにしか乗りこなせなかったZガンダムを乗機に選んだだけでなく、ZZガンダムも乗りこなした。
ただし職業軍人としては多少間の抜けた面もある。

当初は立場の違いもあってかジュドーらシャングリラ組と衝突することもあったが、持ち前の明るさで打ち解けていった。
ジュドーがZZガンダムの主席パイロットとなって以降、Ζガンダムのパイロットとなりチームの一員として第一次ネオ・ジオン抗争を戦い抜いていく。また、ジュドーが戦術上の観点からZガンダムに搭乗した際には、上位機種であるZZガンダムにも搭乗し、これを無難に乗りこなしている(ビーチャではZZガンダムを使いこなせなかった)。またジュドーと共に潜入作戦を行った際には、戦闘機を乗りこなしている。
ジュドーとは喧嘩の絶えない仲だったが、共に戦い抜く中で互いに惹かれ合っていった。リィナが生死不明になり落ち込んだジュドーに対し、きつい言葉で活を入れようとしたこともある(第29話)。

また、ネオ・ジオンのグレミー・トトや砂漠の町で会った芸術家のジュネ・コクからも一目惚れされており、劇中での恋愛模様は華やかである。グレミーとは敵として幾度も戦場で対峙することになるが、その中でも頻繁に口説かれていた。アクシズ陥落時には彼の搭乗するクィン・マンサと遭遇、乗機Zガンダムを中破させられるも、プルツーが離脱してクィン・マンサのコクピットが開放した瞬間にビームライフルを発射し、彼に止めを刺した。彼に対して素っ気無い態度を取り続けていたルーもこの時は涙した(専用勝利セリフの元ネタ)。

終戦後は、ジュドーと共に木星船団に志願。彼と共に木星圏へ旅立つ。
その後の彼女とジュドーの関係について描かれた作品は幾つか存在するが、公式な設定ではなく、それぞれ解釈も異なる。
最も公式に近い映像作品『GUNDAM EVOLVE../10』では木星船団の航行中、ジュドーとコミカルな会話を交わすルーの姿がある。
漫画『機動戦士VS伝説巨神 逆襲のギガンティス』においては、ジュドーの発言から離別したとされている。
漫画『機動戦士ガンダム ムーンクライシス』においては、彼女らしき人物がジュドーと共に地球圏へ帰還している姿が見られる。

Menu

メニュー(5/17更新・DW01)

トップページ

概要・遊び方
カードデータ説明
イグニッションカード
ヴァリアブルカード
戦場
モビルスーツアビリティ
ハイパーアビリティ
パイロットスキル
パイロットハイパーアビリティ
バースト
必殺技

ICカードでの遊び・対人戦等
階級・アバター
バトルパートナー
Gオーダー
機体レベル
パーツ
AGEシステム
ビルドMSシステム
ビルドMS一覧
ビルドMS開発リスト
マルチフレームシステム
フレームMS一覧
対戦ルール
(OA1弾で「ACEバトル」、OA3弾で「コストバトル」、DW1弾で「デルタバトル」、追加)

一人用ゲームモード紹介
ミッション系統
ミッション概要
オペレーションモード
クロニクルモード(VS弾)
チャレンジモード
クロニクル保管庫
※過去(VS弾まで)について保管
疑似対戦系統
ネットワークマッチングモード DW1弾より
ランクアップバトル
SPライバル
エンブレム

カードリスト
DW01カードリスト
DW01IGN
DW01CP
プロモーションカードリスト

バージョンアップ履歴
登場MSリスト
登場パイロットリスト
登場予定・敵MSリスト
関連商品
用語集BGM
セリフ集

3DSゲームソフト
ガンダムトライエイジSP
概要など
「SP」専用メニュー

編集にはIDが必要です