葉鍵キャラを政治家に見立て葉鍵国を統べる仮想政界「葉鍵政界」の派生wikiです。葉鍵板を参考に、99%のネタと1%の知性で盛り上げ楽しんでいきましょう。(元は葉鍵政期スレのまとめwiki的位置づけでしたが、現在は三次創作サイトの方向に突き進んでいます。)

葉鍵政界の政治家
人名能美 クドリャフカ
出身リトルバスターズ!
所属維新政党わふー
政治的思想・立場国際主義

 能美 クドリャフカ(のうみ・くどりゃふか)は維新政党わふー所属の政治家。
 日本・テヴア共和国との三重国籍者であり、さらにテヴアの軍籍も保持している。国際協調主義の立場から多重国籍はむしろ推進すべきとの立場であり、多重国籍の排除を主張する葉鍵社民党からは攻撃対象という事になるが、葉鍵社民党所属の棗鈴とはさほど深刻な対立関係には無い。これは、クド自身の温厚な性格に加え、棗鈴自身も坂上智代葉鍵社民党代表と良好な関係とは言えないこと、さらに同じ維新政党わふーあーちゃん棗恭介に入れ込んでいる関係から、棗グループから離れるわけにはいかない、という事情がある。
軍事について独学を進めるうち、「軍隊は、知れば知るほど嫌いになる組織」という認識を持つに至ったという。

2008年政権交代まで


 飛び級に次ぐ飛び級により宇宙科学の博士号を取得し、葉鍵宇宙科学研究所の教授に迎えられ、一ノ瀬ことみと並ぶ女流科学者にして稀代の科学者として一躍有名人となる。
 一方で、葉鍵国の宇宙開発を含む科学技術振興政策や、国際社会に対する姿勢に疑問を抱き、主にテヴァ共和国への支援と宇宙開発を中心とした科学技術振興を目的とした個人政党「維新政党わふー」を立ち上げるも、眠主党三枝葉留佳に「泡沫候補」と一蹴される。
 その後、ルームメイト繋がりで二木佳奈多から眠主党入りを誘われている。また、眠主党のリトバス県超野党連合離脱騒ぎに絡み、同じくルームメイト繋がりのある西園美魚から杏さん党入りを打診された。

 その後、棗恭介が突発的に全葉鍵超野党連合の創設を提言するに至り、党の存在感を示す目的もあって3番目の加盟政党として維新政党わふーを加盟させる。この時同時に、リトバス県超野党連合にも加盟した。

 この後、公職選挙法の改正に伴いリトルバスターズ!県の定数が3になったことから、リトバス県超野党連合でも3人目の候補擁立が検討され始めた。だがこの時、予備選で3位であった棗鈴葉鍵社民党上層部と所属問題でもめたばかりで今更離党できる立場になく、また4位であった二木佳奈多眠主党の超野党連合離脱問題絡みで眠主党を離党できる立場には既に無かった為、消去法的に能美が選出されることになった。

 尚、規定によりリトバス県超野党連合公認候補は元の所属政党を離党しなければならない為、能美は維新政党わふーを旧知の仲であるあーちゃんに預けることとなった。

 私は、「和」という言葉が大好きです。平和の和。和やかの和。和をもって貴しとするの和。この「和」という言葉を、私は政策の主題テーマとしたいと思います。
 まず、軍事的には、平和を阻害する軍備の不用意な拡張には断固反対です。もちろん、他国軍隊の国内駐留など、もってのほかです。他国を侵略する意図がないのなら、自国を守るのに必要十分な軍備だけを持っていればよいのです。軍事組織は軍事利権の確保の為に軍備拡張に走りがちなので、これに対する監視も強化して行かなくてはなりません。
 あと、競争第一主義は良くないと思います。仲良く遊んでいる分にはよいのです。でも、競争が人を伸ばす代わりに、失うものもたくさんあるはずなのです。科学技術を例に取れば、過当競争によって日の目を見ることの出来なかった優秀な技術がどれだけあるか、皆さんご存じでしょうか? これは、国にとって、社会にとって損失以外の何者でもありません。競争だけではなく、協調によって伸ばしていくべき分野もあるのだということを、私たちは忘れてはいけません。
 そして、国際協力です。外国の人とは仲良くしなければなりません。これも「和」の精神です。特にデヴァ共和国とは、宇宙開発の分野でお互いに得るものがあるはずです。隣国の人とも、むやみに悪口を言ってはいけません。悪口を言うよりも、どうしたらお互いの利益になるのかということをまず考えるべきです。
 それが、私の唱える「和」の政策です。

2010年総選挙以降


 2010年葉鍵政界総選挙で、クドは落選。ただ、維新政党わふーからはあーちゃんが当選し、やはり現職の直枝理樹が落選して代わりに棗恭介が当選したリトバス社会大衆党とあわせ、カップル交代と揶揄される。
 
 総選挙直前に、クドわふたー県の分離開発が突如決まり、クドはそちらに異動となる。ただ、あーちゃんも同様にクドわふたー県に異動となった為、維新政党わふー内での競合関係はむしろ悪化したとも言える。
 この点は、智代アフター県で不沈空母と称されるほど盤石な地盤を誇る坂上智代とは対照的である。
 この為、クドわふたー県知事選への転向を模索しているとも言われる。
2012年4月には海外訪問、原発視察を行い、原発の現状を把握し、原発及び自然エネルギーの安全性に関する協議も行った。

 


-----------------------------------------            ∧_∧
         < `ш´>
       _φ___⊂)_   このページは未だに未完成である。
     /旦/三/ /|    有志諸君による有意義な文書の編集を望む。
      l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l  |
      |超葉鍵政界|/

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます