パチンコ・パチスロを無料で楽しめるアプリ「グリパチ」を楽しむための情報を記載したwikiです。一人で暇なときにのんびりと更新しています。

概要
今更説明不要なGODシリーズ機種。
ただ、「アナザーゴッド」の名の通り、これまでのGODシリーズとは一味違うシステム。
皆わかっていると思うので詳細には書かないが、とりあえず「犬ゲー」。
天井は1570G+前兆30Gで1600G(ペナルティなしの場合)。
AT初当たり確率、CZ突入率、黄7図柄3連・ダイヤ2連時当選率に設定差があるが判別が難しい台。
2019年末ぐらいまで実機稼働可能。

一部音楽が課金購入扱いとなっている。
曲としての著作は問題ないようだが、コーラスの著作がある模様。
ホントかどうかは知らん。多分、タッチも流れない。

エンペラー設定では初当たりは若干軽くなるかもしれないが体感できるほどではない。
元々設定差のない「GOD次第」な台のため、決してお勧めはできない。
そもそも実機の設定6ですら、GODを除くと機械割が100を切るという都市伝説すらある台である。
引きによっては設定1並みになることも不思議ではない。

OSの違いについて
本機についてはゲーム性の根幹にかかわる部分が大きく異なる。
まずはノンスト、AUTOはiOSではAT当選ごとに停止となるがAndroidでは赤7とGODでのみ停止となる。
なお、iOSではケルベロス、ペルセポネ、ハーデスによる特化ゾーン終了後に特殊がカウントし、停止する。
当たった直後ではないので、スタミなどで対象となった場合はスロ直の利用時など気を付けよう。
また、iOSのボナカには「超高速」がないのに対してAndroidでは超高速がある。
元々の速度もAndroidが早い上にこの差は大きく、イベント時などは注意が必要となる。

各種アイテムについて
基本的に取りこぼしの発生する役はチャンス目のみで1枚役。
普通に打ってても1/2で取りこぼす仕様なので達人は不要。
ボナカはATを高速消化する。iOSでは「超高速」がないので、凱旋に比べ時間はかかる。
確率破壊は初当たり確率ではなくGOD確率が33倍になる。
元々が1/8192→1/250なので、ボナカ使用でも当たらん時は当たらん。
初当たりは変わらないので直などでATをスタートさせないと効率が悪い。
直撃使用時は紫7が当選する。通常時だと犬75%なので注意。
ただ、凱旋と比較してスロ直が紫7であり前兆がなく、AT中でも使用できるのはメリット。
スロ直でATを継続させつつGOD待ち…ということができる。
一度GODを引くと延々と上乗せしていくので非常に効果的である。
ストック数に限界があるので、オーバーしないように調整が必要(60という噂)。

マイレコ攻略
本機種のマイレコは比較的少ないチャンスでGODを必要とするものが難易度高い。
「No.63 GOD in HELL ZONE」「No.64 GOD in 特化ゾーン」など、チャンス自体が少ないため取りにくい。
また、「No.84 冥界モードGG当選」などそこそこ困難なものもある。
上記2つ以外にも若干時間を要するものが点在しており、1つ1つはそれほどでなくても
全部を…となるとそれなりの難易度になっている。
ただ、GG中の演出などはボナカ+破壊でかなりゲーム数を稼げる=演出など出易い部分もある。
ノンストだとボタン演出は表示されないが、押さなくてもクリアになる。

ミッション攻略
ボナカ高速消化+破壊は非常に効果高く、故に鬼ミッション非対象機種となっている。
スターミッションで対象となった場合はAT系のミッションでは破壊+ボナカで一撃だろう。
なお、本機ではGOD揃いがBIG、紫7、冥王がREGでカウントされる。
カウント自体も各種特化ゾーン終了時にアップするので、ミッションで使用する際は注意が必要。
また、GOD揃いで得たJM3つはすべてBIGでカウントされる。
どの確定役の場合も、そのAT中に当選したJMはすべてBIG、もしくはREGカウントとなる。
カウントについては独特の動きとなるので、それを踏まえて使用しよう。

その他
人気のGODシリーズでは異端児的な機種。
個人的にはGODシリーズでは特に好きな機種で、よく打っている。
いかに「トップブリーダー」になれるかがカギの台だと思っている。
通常時は90%犬だからね。がおー。
このころのペルさんは比較的落ち着いた雰囲気。
ここから一度ユルくなって、その後急激にビッチ化していく。
きっと、ダメおやじ養うために夜の街に働きに出たのだろう。


機種概要トップ

メインメニュー
トップページ

Menu

管理人/副管理人のみ編集できます