デジタルキッズカードゲーム「ガンダムトライエイジ」および3DSゲームソフト「ガンダムトライエイジSP」のWikiです。


BUILD G4弾(BG4弾)

BG4-057P
ステータスHP+1500アタック+1000スピード+1800
バーストアタック何だろうと・・・私はぁーッ!!バーストLv3
スキル戦慄させる狂気攻撃時、ずっと相手のアタック、スピードを20%減少させる【毎回】
背景BG4弾Cデストロイ
備考デストロイの初代パイロットにして悲劇の少女はP1枚参戦。
ステータス合計値は4300。ステ配分は同弾の専用機P、デストロイとの総和を取った配分だが、使いこなすにはやはりデストロイよりも他の機体に乗せた方が活躍出切るだろうか。スキルは攻撃した時にアタック・スピードをダウンさせるという、B3弾Pデュオの類型のスキルで、こちらは必殺の代わりにスピードをダウンさせるが発動タイミングが攻撃時の為、ラウンド1で先攻を取るのには役に立たず、他の僚機との連携を視野にいれないとあまり活用できない。とはいえバーストがアタックなので、相手の攻撃による損害を抑えるためにも、やはり先攻は取っておきたいところ。先制系アビリティ等を用いて先手を取り、先にスキルを発動させるのがベターだろうか。その場合は発動率が低めながらもスピードに関わらず発動するフルドライブが最適である。無論、デュオ同様に電刃や狙撃で追加攻撃を狙っても良いが、BG6弾で実装された強襲持ちを使ってみるのも面白いだろう。
スキルを含めて考えると例としてはZ2弾Pクアンタ同弾MライトニングFbのような高スピードの反撃系ハイパーアビリティ持ちで反撃と共にスキルを発動させるという使い方が考えられる。また無双全射には上記デュオなどと同じで最初に攻撃する1機のみスキルが乗り、連撃・双撃は最初の通常攻撃にのみスキルが乗るという点(これもPデュオと一緒)を注意したい。

BUILD G5弾(BG5弾)

BG5-054C
ステータスHP+800アタック+1600スピード+400
バーストアタックやっつけなきゃ・・・怖いものは全部!バーストLv1
スキル戦意高揚II敵を撃破するたびに、ずっと必殺技+500【毎回】
背景BG5弾Cデストロイ
備考Cで続投。
アタック補正がレアリティに見合わず高く、スピード補正も相当低いので先制狩り機が安定するか。

VS IGNITION 04(VS4弾)

VS4-063C
ステータスHP+1700アタック+1000スピード+800
バーストディフェンス嫌・・・駄目・・・いやあぁぁぁーッ!!バーストLv1
スキル戦場のヒロイン最終ラウンドに仲間全員の必殺技コスト-1。
備考排出ではBG5弾以来、プロモを含めると鉄血弾以来の登場となる。
ステータスはHPが高くスピードが低いディフェンスバーストと使いやすいが、スキルはルナマリアも持っていた戦場のヒロイン。ミッションでも少々使いにくいか。

OPERATION ACE 05(OA5弾)

OA5-055R
ステータスHP+1400アタック+2000スピード+800
バーストディフェンス何だろうと・・・私はぁーッ!!バーストLv2
スキル迎撃の構え攻撃を受けるたびに、ずっとアタック、必殺技+1000。【毎回】
ACE効果ラウンド2からずっと必殺技+800。
備考パイロットカードとしては1年ぶりの登場。
HPとアタックが高くスピードが低いステータスで、スキルは受けるたびにアタック&必殺技強化。下記プロモ(スキル名違い)やVS4弾Rルナマリアも持っているもの。プロモの下位互換気味だが、誰でも持っているわけではないから嬉しいことだろう。ルナマリアとの比較は、HPの数値の違いからこちらが使いやすい。
裏面の証言は、色々な表情を見せる彼女についてだが、似た証言が出てこようとは・・・

プロモーションカード

TPR-044-
ステータスHP+2200アタック+1300スピード+800
バーストディフェンス嫌・・・駄目・・・いやあぁぁぁーッ!!バーストLv3
スキル止まらぬ想い攻撃を受けるたびに、ずっとアタック、必殺技+1000。【毎回】
背景プロモデストロイ
備考2016年10月からのトライエイジトーナメント参加者配布のスペシャルカードパック16に封入。ステータス合計値は4300。
性能としてはHP特化の配分かつ、鉄血4弾Mメカアインと同じスキルを持ち、そのアインよりもよりスキル運用に関して特化した性能を持つに至った。
さらに同時封入のデストロイもHPとアタックに秀でた重量型配分の逆襲持ちと完璧なマッチを見せており、対人でもミッションでも安定した活躍を見せてくれるはず。あえてデストロイに乗せないのであれば、自身が証言者を努める鉄血5弾CPグレイズ・アイン鉄血4弾CP第6同CP覚醒ユニコーンといった重量型配分の決戦持ちの機体に乗せてスキルと相乗効果を狙うのもよいだろう。対人では閃烈や反撃系に注意したいが、反撃系は烈破と組ませれば問題ない。ステータスも長所に尖る組み合わせとなるものが多い。検証不可能だがデストロイやガイアガンダムと同じ黒い機体のストライクノワールが烈破持ちで存在する。

キャラクター解説

登場作品機動戦士ガンダムSEED DESTINY
機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER
桑島法子
年齢不明
個人データは抹消されているため
階級不明
専用機ガイアガンダム(未参戦)
デストロイガンダム
特記事項初出が証言者となった人物の一人

地球連合が打倒コーディネーターを掲げて戦場へと送り出したエクステンデッド(早い話、強化人間)の少女。
口数が少なく、上官であるネオ・ロアノークスティング・オークレーのような親しい人物以外はほぼ会話しないが・・・
幼少期より、薬物投与やマインドコントロール、過酷な戦闘訓練により同世代の少年少女たちよりも高い戦闘能力を持つ反面、調整無しでは長生きできないと言う欠点がある。
また、ザフト兵を何のためらいもなく殺す様は、他のザフト兵に恐怖を与えた。
エクステンデッドはブロックワードと呼ばれるものがあり、彼女の場合は「死」と言う言葉を聴くと精神が不安定になり、暴走することもあった。

初登場は第1話
アーモリーワン襲撃前に街中でシン・アスカとぶつかった(この際のシンの同僚からのセリフでラッキースケベの言葉が誕生した。)のが2人の最初の出会いである。
その後スティング、アウルと共にアーモリーワンの基地を襲撃、
ナイフやマシンガンで次々に兵士を殺害(何人か生き残った兵もいる)後、ガイアガンダムを奪取。
ガーディ・ルー帰艦後ミネルバ追撃任務に付き、シン達と幾度となく交戦する。
途中、ディオキアでシンと再度出会い、このことが彼女のその後の運命を大きく変えることになる。

ダーダネルス海峡戦では、FAITHにしてエースパイロットのハイネ・ヴェステンフルスの乗るグフイグナイテッドを撃墜する戦果を挙げる。(実力自体は拮抗、ないしは彼の方が上だったがフリーダムの乱入によって生じた隙を突いた)
しかしロドニアのラボ付近でブロックワードにより暴走したアウルから自身のブロックワードを聞いてしまい彼女も暴走、無断出撃を行う。
そこを付近に居合わせたミネルバが察知、迎撃に向かったシンとアスランに撃墜され、乗機のガイア諸共身柄をミネルバに捕らえられる。
しかし、調整無しでは生きられない為どんどん衰弱するステラの姿にシンは耐えられず、シンは独断で彼女を「戦いの無い世界へ連れて行ってくれ」と言って地球軍のネオへ返すが、その願いもむなしく地球軍は再調整しデストロイガンダムの生体CPUとして再調整され、再度実戦投入された。

デストロイガンダムのパイロットとなったステラは、殺戮と破壊の限りを尽くすがベルリンの戦いで、シンがインパルスのコクピットハッチを開け、生身をさらす捨て身の説得に応じ、コクピットハッチを開けシンの姿を見て安堵するが、怖いものの象徴たるフリーダムが視界に入ったことで暴れだすが、フリーダムの攻撃がコクピット上部にあるスーパースキュラに当たり、その爆発の影響をまともに受ける。

コクピットから出されたステラは、シンに看取られながら息を引き取り、ペンダントをかけられて冷たい湖の底へと葬られた。
そしてシンはまたしても大切な人を守れなかった悲しみと己の無力さに打ちひしがれ、
二年前に彼の家族を奪ったフリーダムへの怒りを再燃させるのであった。

さらに時は流れ、DESTINYの最終決戦であるメサイアの戦い。
アスランインフィニットジャスティスに敗れ気を失っていたシンの無意識の中に現れ、「明日ね、明日・・・」と言って消えていった。

ガンダムには何らかの手段で体を改造された人間(つまり強化人間の類)は高確率で死亡するというジンクスが存在し、さらにステラのモデルとなったキャラクターがフォウという事もあり、彼女もまた死に近い存在だったのだろう。

余談ではあるが、声の担当の桑島法子さんは、SEED DESTINYと前作のSEEDでもフレイ・アルスターナタル・バジルールヴィア・ヒビキレイ・ザ・バレル(幼年期)役でも出演したが全てのキャラが最後には死亡している。
(そのおかげで桑島法子さんが演じるキャラは死亡フラグか立つという噂まで流れた。実際は一時期多かっただけで演じた役の9割以上はちゃんと生き残っている。)
また、主にスーパーロボット大戦シリーズでは特定の条件を満たすと死亡回避フラグが立ち、シンやキラ等と共闘できるようになっている。

本ゲームでは証言者として初登場(BG1弾CPインパルス)したのは上記の通りだが、
2度も証言者として登場するのは彼女のみ(2枚目はこれ)でさらにもう1回出演している。

ガンダムビルドダイバーズには、彼女はアバターであっても登場しないが、色違いの私服を着た1文字違いのアバター・ステアが登場する。使用ガンプラは、ステラと同じガイアガンダムとなっている。

Menu

メニュー(9/17更新・DW03)

トップページ

概要・遊び方
カードデータ説明
イグニッションカード
ヴァリアブルカード
戦場
モビルスーツアビリティ
ハイパーアビリティ
パイロットスキル
パイロットハイパーアビリティ
バースト
必殺技

ICカードでの遊び・対人戦等
階級・アバター
バトルパートナー
Gオーダー
機体レベル
パーツ
AGEシステム
ビルドMSシステム
ビルドMS一覧
ビルドMS開発リスト
マルチフレームシステム
フレームMS一覧
対戦ルール
(OA1弾で「ACEバトル」、OA3弾で「コストバトル」、DW1弾で「デルタバトル」、追加)

一人用ゲームモード紹介
ミッション系統
ミッション概要
オペレーションモード
クロニクルモード(VS弾)
チャレンジモード
クロニクル保管庫
※過去(VS弾まで)について保管
疑似対戦系統
ネットワークマッチングモード DW1弾より
ランクアップバトル
SPライバル
エンブレム

カードリスト
DW03カードリスト
DW03IGN
DW03CP
プロモーションカードリスト

バージョンアップ履歴
登場MSリスト
登場パイロットリスト
登場予定・敵MSリスト
関連商品
用語集BGM
セリフ集

3DSゲームソフト
ガンダムトライエイジSP
概要など
「SP」専用メニュー

編集にはIDが必要です