デジタルキッズカードゲーム「ガンダムトライエイジ」および3DSゲームソフト「ガンダムトライエイジSP」のWikiです。


VS IGNITION 02(VS2弾)

VS2-056C
ステータスHP+900アタック+1200スピード+1300
バーストスピードこれからの時代は我々が作ろう。バーストLv1
スキル威圧的な援護アシストをした時、ずっと相手のアタック-500。【毎回】
背景VS2弾Cリーオー
備考閣下が排出カードに降り立ったものの、アシストスキル持ちスピードバースト枠とそのままでは使いにくいものとなってしまった。例によって、強襲持ちかダンタリオンの「滅」以外の選択肢は無い。
ちなみに、デュオと同じく覚醒・ゼロシステムを所持していないが、本編においてゼロシステムがトレーズに何も見せなかったことが理由と思われる。

OPERATION ACE 02(OA2弾)

OA2-057M
ステータスHP+2500アタック+1700スピード+800
バーストディフェンス我々は退かない。私は地球が好きなんだ。バーストLv3
スキル常にエレガントであれHPが80%以下の時、ダメージを50%に軽減する。【毎回】
ACE効果ラウンド1からずっと仲間全員の受けるダメージ-500。
備考EW特集に伴いトレーズ閣下はMに昇格。ステータス合計値は5000。
スキルは、B5弾PCCAアムロとは違い、HP80%以下で発動するので、使い方がかなり違ってくる点に注意。機体候補としては受けに特化しているので逆襲や烈破で火力不足を補うのが最適。装甲もトレーズ側で不発の保険がかかってるので悪くない。スピードの低さから、戦迅対策に先制か迅雷も良いだろう。
過去弾の高レアなので持ってない人は無理しなくてもいいが、装甲だけでなくフォトンライズも持っているVS3弾ANNIV.Gセルフ(パーフェクトパック)が特にお勧め。

プロモーションカード

TPR-029箔押しバージョンありプロモ
ステータスHP+1200アタック+2200スピード+800
バーストディフェンス私は・・・敗者になりたい・・・!バーストLv3
スキル華麗なるアシストアシストをした時、ずっと相手の必殺技-1500。【毎回】
背景鉄PRリーオー
備考SPカードパック15収録。
ガンダム史上最もエレガントな人が参戦。ステータス合計値は4200。
性能としては、BG6弾シアと同じ性能のスキルを持ちつつ、ディフェンスバースト持ちであり、アシストカットされてもディフェバで受けれるので必然的にシアより使いやすくなる。
搭乗機は背景のリーオー…は電刃なのでスキルが生かしにくい為、より生かせる強襲持ちに乗せてやれば自身のアシストしているバトルと僚機のバトルに参加し必殺を下げて回る事が出来るので、相手の能力を封じてエレガントに勝つプレイスタイルには御誂え向きである。
強襲持ちを乗せるとしたら、彼に次ぐエレガントな人が専用機の鉄血2弾SEC天ミナだと、似合っているし相性も抜群である。
その他、HPが高くアシストカット対策にもなる鉄血1弾SECナイチンゲールや鉄血6弾MエピオンEWあたりで倒されにくくして、二択を迫るのもいいだろう(アシストカットしないと必殺が下げられるが、アシストカットすると逆襲や烈破こみの反撃が飛んでくるのを選ばされる)。

キャラクター解説

登場作品新機動戦記ガンダムW
置鮎龍太郎
年齢24歳
階級少将/総帥
専用機リーオー
トールギスII
特記事項エピオンは設計・開発をしただけで劇中では一度も搭乗したことはないが
組み立てられた本機で試験搭乗しているかもしれないものの本ゲームでは専用補正は入らない。

秘密結社OZの総帥、後に世界国家2代目国家元首。
生来のカリスマ性を持ち、副官のレディ・アンを始め、多数の将兵に慕われている
彼のためなら命を投げ出すことを厭わないほどである。
また、彼と袂を分かった財団派(下記)の兵士たちですら「閣下」と敬称と敬語を付けて話すほどのカリスマの持ち主である。
基本的に沈着冷静で、不快感を示すことはあっても感情的に激怒したことは本編中では一度もない
逆にときた先生の漫画版では「怒った顔」が見ることができる。
その内容が「無抵抗のコロニーを住人ごとミサイルで爆破し、多くの犠牲者を出す」という虐殺行為なのでティターンズアロウズギャラルホルン統制局アリアンロッドばりの暴虐な行為のため流石の閣下も怒りの色を隠していない。

MSの操縦技量も非常に高く、OZの前組織であるスペシャルズ(SMS)を設立する前は連合でMS部隊教官を勤めていた。
その時から青と白に塗られた機体を愛用しており、彼のパーソナルカラーとなっている。

当初は連合の一将官としてガンダム各機に応対していたが、連合という組織自体に限界を感じていたため、
様々な権謀術数を用いて地球圏統一連合内のスペシャルズ(特殊MS部隊)を一斉蜂起させ、OZの総帥として歴史の表舞台に立った。
またその際にガンダムに戦いから遠ざかろうとしている連合の平和論者でもある上層部を一掃させるという暴挙を行わせるように仕向けている

その後、単身暗殺に向かってきた張五飛を正面から生身で撃破。
彼にチャンスと敗北感を与えた。

様々な策略を用いてガンダムを追いつめていったが、
OZの母体となる組織であるロームフェラ財団はMSを完全自動化した機体・・・MD(モビルドール)の投入を画策していた。
しかし己の思想(後述)に真っ向から反するその機械人形を自らリーオーを駆って破壊した。
※肝心の戦績はリーオーの解説項参照

ゼクスは親友でもあると同時に部下でもある。
シベリアでの戦いに水を差されたため、
個人的な理由(完全な決着が望み=決着を望む者)で決闘を行うべく自爆したガンダムを秘密裏に修復し、パイロットを南極に呼び寄せていたが、それが財団にバレてしまい、ゼクスを反逆者として始末することを財団(というよりその代表のデルマイユ候)から迫られる。
そのためゼクスに70機もの追討部隊を差し向けるが、彼としてはそれを撃破して生き延びる(表向きには戦死)ことを期待していた。

上記の通り血の通わぬ兵器であるMDの投入には一貫して反対の立場を取っていたが、
他作品のキャラで言う所の罪の意識すら持つ気がないのか!」のセリフの通り人殺しの極みである戦争がゲーム感覚になってしまうため)
彼の行動もむなしく戦争の中心的な存在はMDに移って行ってしまった。
自身の思想に反した財団の合理主義によるMD導入に反対する旨を総会で表明(プロモのバースト台詞を発言)し、OZ総帥の座を解任され、
ルクセンブルグの古城に幽閉されることとなった。

その結果OZは分裂し、財団派(MD主体のOZの本流)と
トレーズ派(トレーズの思想に共鳴する兵たちが挙兵したグループ)が
鎬を削り、その争いにガンダムが介入する状況を呈した。

また、この頃秘密裏にガンダムエピオンを製作に取り掛かっていた模様。
囚われの身の上で好き勝手にMSを建造出来たあたり、財団派の警備体制はザルだった(か、上記の通り財団派の兵もそういう風に気を利かせたとも取れる)ようだ。

その後はルクセンブルグ基地の戦いに介入したヒイロと対面し、
完成したエピオンを託した。
※初代プレイステーションのゲームのTHE・バトル ガンダムWではトレーズがエピオンに乗って登場している。

財団はリリーナ・ピースクラフトを新たなトップに迎えて世界国家を樹立した。
その際にOZを解体し、全ての武力を放棄しようとした直前に
ミリアルド・ピースクラフトを指導者とする武装組織・ホワイトファングが蜂起した。
何とか話し合いで解決を図ろうとするもののそれも適わなかった。
そのため再び立ち上がることを決意、リリーナを失脚させ、2代目国家元首に就任した。

地球圏で最後の戦争を起こすべく地球上の全兵力をMO−IIに集結させ、
ホワイトファングとの決戦に臨んだ。
世界国家軍は彼の意向でMDは一切使用せず、
旧式のリーオーが主兵力となっていた(一応、トーラスも有人型はあるのだがMD仕様がメインであるためか採用しなかったようだ)。

決戦では指揮官機「トールギスII」に搭乗し、最前線で陣頭指揮を執った。
殺人的な加速能力(ゼクスは肋骨を折り、内臓を痛めるほどの大怪我はするし副官のオットーと五飛の嫁はそれがもとで亡くなっている)を持つ
トールギスを「宇宙空間において対G効果のあるパイロットスーツ抜きの軍服姿で」平然と涼しい顔で操縦するあたりスーパーパイロットもビックリの操縦能力を持っている。
最終的には再び向かってきた五飛のアルトロンガンダムに討たれ、壮絶な最期を迎えた。


彼の思想は「戦う姿勢は美しく、華美する」というものであり、エピオン項にもある様に
どんなに険しい道のりであっても諦めずに己の意思で突き進む者を好んでいる。
また、そういう者たちに時に試練を与え時に手を貸したりもしている。
(そのため、戦いから避けようとしたり、逃げたりする連合首脳部を謀殺している。セカンドシーズン序盤の沙慈(本ゲームでのやられゼリフも含む)も軽蔑の対象になる)
ただし、戦いであること=戦争であり(※「戦う事=武器を取る」ではない)、多くの人命を奪う関係上「悪」と本人も見做しており、
そのことを取って五飛は「悪」と断じているため閣下は「最大の理解者」と評している。
ちなみその考えを突き詰めると極力人の死の無くなるガンダムファイトやゲームで決着をつけるガンプラバトルになってしまうのはご愛敬。

また、EWでリリーナも「平和は誰から与えるものではなく、自分の手で勝ち取らなくてはならない」(バーストエール)という言葉もある様に
ある程度リリーナも閣下の影響を少なからず受けているようだ。

戦争の惨劇と悲しみを強く実感しており、彼は自ら起こした戦争で犠牲となり亡くなった人の数と名前(のべ99822人)を全て憶えている。
(最終的にはその数は自分自身を含めて10万10人分にもなった。)
また、一貫して「人の手を汚さない戦争などあってはならない(意訳)」というスタンスであり、前述のように無人機を大量投入する戦術前提のMDについて不快感を示している。
また、「本当に決闘しか出来ないガンダムを建造する」
機体を託したパイロットに『その機体で勝者になってはならない』(≒単なる兵器ではなく、現状打破の為の最終手段として使うべきだ)と発言する」
そして前述のように「最後の戦争とするつもりで開戦する」など、ゆくゆくは戦争行為そのものを無くすつもりだったようだ。

ガンダムWの登場人物は数字から取られることが多く、
トレーズはフランス語で13(ガンダムシリーズで13はかなりキーパーソンな数字であり、W以外の作品でもところどころ登場する。「立部隊」、「第13回ガンダムファイト」、ビルドダイバーズのマギーのフォース「アダムの林檎」も世界ランク13位・・・など)を意味する。

また、ドロシーとは親族の間柄でマリーメイアの実父でもある。
当時SMSの新兵だったルクレツィア・ノインを教導中テロリストに襲われ、ノインを庇って負傷し入院することを余儀なくされてしまうのだが、
そこで当時看護婦だったレイア・バートンと出会い、恋仲となって最終的には結ばれることになった。
・・・そう、このテロリストこそ後のガンダム01のパイロットであり、閣下からすれば恋のキューピッドという側面も持っていたりする。

そんな大人物の閣下だが、自分のセンスや思想を人に押し付けるという悪癖(上記のエピオンの件)を持っている他、
物事を面白半分にややこしくする(ゼクス評)という常人には理解できない趣味(要は悪趣味)を持っている。
入念に極秘情報を操作してカトルを女の子(その理論で行けば男の娘)扱いさせて、Gチームを陥れる一計を謀ったりもした。
その他、ノインのスリーサイズをゼクスともども把握している。
また、この時に「私は何でも知っているのだよ!」という問題発言をしているが、CCAのシャア天才シロッコさん、Z〜ZZハマーン様UC全裸さんF91鉄仮面(カロッゾ・ロナ)Gガン師匠御大将ともども「この人じゃ仕方ない」で済む(寧ろ納得させられる)人物の一人かもしれない。

演じる置鮎氏はTV版の収録当時、閣下の人物像や思想が上手く捉えきれなかったようで
リリーナ役の矢島女史共々収録に悪戦苦闘したという。

ガンダムシリーズで閣下(本項目でも多数使用)といえばこの人かエギーユ・デラーズ(デラーズ・フリートの総帥(中将))、ストライクフリーダムガンダム(某所にて)のことを指す。

Menu

メニュー(7/22更新・DW02)

トップページ

概要・遊び方
カードデータ説明
イグニッションカード
ヴァリアブルカード
戦場
モビルスーツアビリティ
ハイパーアビリティ
パイロットスキル
パイロットハイパーアビリティ
バースト
必殺技

ICカードでの遊び・対人戦等
階級・アバター
バトルパートナー
Gオーダー
機体レベル
パーツ
AGEシステム
ビルドMSシステム
ビルドMS一覧
ビルドMS開発リスト
マルチフレームシステム
フレームMS一覧
対戦ルール
(OA1弾で「ACEバトル」、OA3弾で「コストバトル」、DW1弾で「デルタバトル」、追加)

一人用ゲームモード紹介
ミッション系統
ミッション概要
オペレーションモード
クロニクルモード(VS弾)
チャレンジモード
クロニクル保管庫
※過去(VS弾まで)について保管
疑似対戦系統
ネットワークマッチングモード DW1弾より
ランクアップバトル
SPライバル
エンブレム

カードリスト
DW02カードリスト
DW02IGN
DW02CP
プロモーションカードリスト

バージョンアップ履歴
登場MSリスト
登場パイロットリスト
登場予定・敵MSリスト
関連商品
用語集BGM
セリフ集

3DSゲームソフト
ガンダムトライエイジSP
概要など
「SP」専用メニュー

編集にはIDが必要です